「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

野田村商工会ビフォーアフター

2011年 05月 13日
2カ月経ってからの被災レポです。
量が多いので、今回の記事は野田村商工会に特化しております。


職業柄「なにかあったら写真を撮る!」んだったんですが、このときはあんまり撮りませんでした。撮ってる余裕もあまりなかったですし、撮る気になりませんでした。でもそこはさすが局長、しっかり撮っておりましたので、ご紹介したいと思いますー。


商工会玄関

▽3月14日
f0238398_13474959.jpg

商工会は道路から少し入るため、メインストリートの道路がなんとか開けられて、さらにがれきを超えていけたのは3日後でした。しばらくは、がれきの山を乗り越えて入っていき作業をしていました。

▽復旧作業後
f0238398_1348053.jpg

入口は重機の力によりすっきり☆(何週間も経ってからだったけど)
f0238398_15552247.jpg

▽ガラス戸の入口がなくなったため、2階の階段前に仮設ドアを付けてもらいました~
f0238398_1605269.jpg

▽無残な姿の商工会カー
f0238398_1559756.jpg


1階・事務局

▽3月14日
f0238398_13481918.jpg

ここには商工会職員と観光協会のデスクが7つ並んでいました。
海側の壁はすっかり突き破られ、津波で押し流された木や家の木材や家財が押し寄せ中に入り込んでいます。(冷蔵庫の中身や通帳、洗濯洗剤、DVD、写真etc) 私の使ってたデスクとパソコン、結局どこいったんだろ・・・

▽復旧作業後
f0238398_13482557.jpg

中はオール手作業。スコップで重い泥を何度も、何度もかき。水が復旧したあとは水洗い・・・。ラストスパートは近隣の商工会の皆さん方などから2~3度応援に来ていただき、ここまできれいになりました。
補修作業はまだしていません。



1階・事務局その2

▽3月17日
f0238398_13483176.jpg

大物を手作業で窓の外へどかしたあとは、泥にまじり黒松?の枝や葉っぱがびっしり。一見ふかふかに見えますが、例えるなら田んぼの泥でございます。足取られます。一体どっから来たんですかこの土は。

▽復旧作業後
f0238398_13483872.jpg

復旧作業中はたいへん見渡しと風通しの良かった海側ですが、応急処置ということでぴったりとブルーシートを張ってもらいました。暗いわ~。っていうか、津波が来ても見えないわ~。
f0238398_15582784.jpg




1階・相談室
▽3月14日
f0238398_1348678.jpg

ここには応接テーブルがありました。
上の方に泥の跡が見えます。本当に1階で無事なのは蛍光灯ぐらい...

▽復旧作業後
f0238398_13481393.jpg

ひとまず倉庫にしてます。


1階・女子トイレ

▽3月15日
f0238398_1350365.jpg

フラッシュをたいて撮影したものですが、窓の外がぎっしりのため真っ暗でした。
そういえばここの窓は無事でした。男子トイレも窓は無事なんです。さすがトイレ。

▽復旧作業後
f0238398_13501156.jpg

なんということでしょう!泥を掻き出し、便器を取り外して洗ったら、水洗トイレも復活しましたよ・・・!
便座はつべたいし、ウォシュレットは使えないですけど、素晴らしいことですね!



1階・奥の部屋

▽3月17日
f0238398_13523045.jpg

この窓の向こう側に木造の家がありましたが、その家は跡形もなく、代わりに流れ着いたお宅の2階がありました。

▽復旧作業後
f0238398_13524885.jpg

外側のがれきは撤去され、窓も打ち付けました。
金庫は業者さんに壊してもらいました。金庫の中にも水が入りました。
この金庫二つだってもんのすごく重いだろうに、部屋の中でもみくちゃになっていました。津波すごい。


2階からの景色 その1

▽3月15日
f0238398_13484530.jpg

流されてきた家々。木々。もろもろ。

▽復旧作業後
f0238398_13492059.jpg

すっきり・・・。とにかく重機ががんばり大活躍でした。がれきの上にショベルカーが乗り、原型を留めている家々をくずし、電柱をどかし、木や建材などトラックに積み、集積所へ運ぶ。この作業が何度となく繰り返されました。住宅は、割り箸で作った家かというぐらいくしゃっと壊されてました。重機すごい。


2階からの景色 その2

▽3月15日
f0238398_13493456.jpg

押し流されながらも2階は無事というお宅もあったでしょうが、相当危ない思いをしないと取りに行けなかったでしょう。この家々の中に取り残された方がいないかどうか、震災後すぐに自衛隊の皆さんが捜索され、いない場合は大きく「OK」と赤いスプレーでサインされました。

▽復旧作業後
f0238398_13494790.jpg

重機で取れない小物は、人の手での撤去作業になるんでしょうか・・・・。
今は、家の土台などの撤去も始まっています。

▽昨日は外側の泥かき(もう泥じゃないですが)を、災害ボランティアの方にも手伝っていただきました。大人数でとても早く、とてもきれいになりました!ありがとうございます・・・!
f0238398_16411363.jpg

皆さん、慣れない重労働と、日に日に募る疲労に耐え、地道に地道に作業してここまできれいになりました。家族のフォローがあってこそがんばれました。



「地震が来たら、今度こそすぐに逃げましょうね」
f0238398_14263511.jpg

(注 局長含む商工会職員3名は、窓から津波で家が流されてくるのを見てから走って逃げたため「商工会は最後に愛宕神社の階段を上った」と言い伝えられています)


毎日眺めているこの眺め、3年後にはどうなっているでしょう。


地震探知機(電気のヒモがわり)
f0238398_1414917.jpg




【関連記事】




(haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活・ボランティアなどの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-05-13 14:48 | 村のお便り | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル