「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

カテゴリ:自然・ジオ( 21 )

のんちゃんと浜の植物たち

2016年 06月 20日
こんにちわ~akkoです。

先日、海の植物に詳しいO氏に
「そろそろ、ニッコウキスゲが終わるころだよ~。」と聞き
急いで探しに行ってきました。


車を走らせ米田海岸付近へ(十府ヶ浦海岸近く)


f0238398_12010957.jpg
国道45号線沿いの山


小高い山の上の方に黄色いお花発見(*'▽')‼


気合いを入れて近くまで!(よいしょ!よいしょ!)
f0238398_11591551.jpg
f0238398_12014201.jpg
きれいだね~💛
                         

こんなにかわいいお花があるなんて‼(気づかなかった~。)


ニッコウキスゲは6月上旬から中旬にかけてが見ごろのようです。



そしてもう少し南へ車を走らせ玉川海岸へ。
玉川野営場から山道を下りて2,3分のところにあります。

f0238398_15493131.jpg

山中には木いちごもいっぱい~♬
小学生の時、帰り道で木いちごを探し食べながら帰ってたな・・。
(なんて思いながら^_^)


下りたらひろい海~‼

f0238398_11292425.jpg
風も強く大荒れでした(*´Д`)

f0238398_11400417.jpg
海岸の近くにも
小さくてかわいい花がたくさん🌼

f0238398_11424207.jpg
海の近くには潮風にも負けない植物がたくさんあるんですね~。

f0238398_11414145.jpg
海の音を聞きながら、海の植物を探しながら歩く。
いや~いいですね~。山あり海ありで贅沢すぎますemoticon-0144-nod.gif


玉川海岸は「みちのく潮風トレイル」のルートにもなっていますので、
いらした際はぜひ海の植物を探してみてはいかがでしょうか。


花の勉強もたのしそうだなぁと思ったakkoでした。
ブログをご覧いただきありがとうございましたemoticon-0111-blush.gif

f0238398_15591658.jpg



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら




[PR]
by noda-kanko | 2016-06-20 14:23 | 自然・ジオ | Comments(0)

ハマナスとハマエンドウ

2016年 05月 20日
野田は田植えのシーズン。
ツバメのシーズン。
ほんでもって野田村花”ハマナス”のシーズン。
f0238398_15295749.jpg
役場前を通るとふんわか香るハマナスの香り(^o^#)


野田のハマナスと言えば十府ヶ浦海岸ですが、今は防潮堤工事で淋しいかぎり。。
でも村内某所にある希少植物移植地を見に行くと、ハマエンドウの群生に混じって
チラホラとハマナスが咲いてくれてました!移植してから枝を伸ばしてくれて嬉しい!
f0238398_13372463.jpg
f0238398_15322274.jpg
ささやかなささやかな群生ですが!

f0238398_13333662.jpg
浜の植物の生命力には元気をもらえますね!

十府ヶ浦海岸の防潮堤工事が完了すれば、再び砂浜に移植される予定だそうです。
でも工事完了はまだまだ・・・この調子でたくさん増えていってほしいですね~!


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】



[PR]
by noda-kanko | 2016-05-20 15:45 | 自然・ジオ | Comments(0)

ちいさなツツジロード

2016年 05月 13日
こんにちは!今日は日差しが暑い~!ぬぐい~!


最近、車で走っていると、ツツジがたくさん植えられている場所を発見しました。
どれ行ってみようと、近くまで行って車から降りてみると・・・
f0238398_14594078.jpg
わおー!きれー!

階段?? 階段のぼっていけちゃうの?

このツツジに囲まれた階段を上がると・・・
ふはっ、すごいむせ返るような香り・・・
f0238398_15074212.jpg
キャー!さらにツツジロード~!すごーい。
f0238398_15010168.jpg
こんな素敵なところに一人で来るなんて...!
せめてのんちゃんと来れば良かったのに!!



それはともかく、ここはどーこだ、というと
f0238398_14594128.jpg
野田村の玉川地区、新玉川橋のところです!
国道45号のこのへんを通る方は車から見えます!

f0238398_14594130.jpg
よく見るツツジより赤色が濃く、まぶしいほどのピンク

f0238398_15112987.jpg
地域の方がお手入れや掃除をしているのか、とてもきれいに咲いていました


このツツジ階段へ行くには、
道の駅のだ方面から国道45号を行きパティオムラタ(村田酒店)さんを通過したのち、新玉川橋を渡りましたら青い「根井⇒ 3km」の看板を右折、玉川橋を渡りすぐ右手です。(村営バス「南坂」バス停のところに車を停めるスペースがあります)
f0238398_15162101.jpg
左が玉川橋、右上が新玉川橋(国道)

f0238398_15162119.jpg
橋の上はトラックや車が走っているけれど、鳥のさえずりと、川のせせらぎに包まれる素敵な所。
ただしこの小さい道も工事車両が多いので路駐はしちゃダメですよ。


端から端まで歩けばそれほど距離のない小さなツツジロードですが
行ってみたい方はツツジのきれいなうちに覗きに行ってみてくださいね。



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-05-13 15:35 | 自然・ジオ | Comments(0)

桜はまだだけど

2016年 04月 12日
昨日はいっときが吹雪いた岩手県北{{(>_<)}}
本日はあたたかい気温となり、車の中は汗ばむほどになりました。

県南では桜の便りが聞こえてきます♪
県北でも桜のつぼみが膨らんで、枝がピンクに!
f0238398_14172182.jpg
これは梅↑

今はチューリップ、スイセン、レンギョウetc様々なお花が咲いていますが
桜の前に咲く花の一つに『カタクリ』があります~(*^▽^*)
f0238398_14192677.jpg
群生で咲くのですが、数輪しか見つけられませんでした。
春の妖精「スプリング・エフェメラル」とも呼ばれるそうですが、まるで手をひろげておじぎするバレリーナのような可憐な姿ですね。




群生といえば、暖かくなると見頃となるミズバショウはもう咲いているかな!?
f0238398_14201715.jpg
いたいた~!行ってみると、白いふくらみが見えているミズバショウを数輪発見。


そういえば近くでクマよけの鈴を付けて歩いている方をお見かけしましたが、
クマはミズバショウを食べるので群生地に寄ってくるとかこないとか!?
私もカメラに鈴を付けよう(TωT)

まだ目撃情報はありませんが、皆さんも山を歩くときはじゅうぶんお気をつけくださいね~!


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-04-12 14:58 | 自然・ジオ | Comments(0)

野田港 大唐の倉

2016年 01月 25日
先週の金曜日、ジオに関連するパンフレットに掲載するお写真を撮るため
ボランティアガイドの吉田さんと野田港へ行ってきました。
f0238398_11064469.jpg
↑この縞模様の崖が大唐の倉です
海の被害はどうだったべなぁ・・


すると寒風吹きすさぶ中、大唐の倉の下で崖を観察しているお父さんが・・・
f0238398_10585675.jpg
何してんですか~ って、S屋さんじゃないですか。

f0238398_10585634.jpg
よく海に来ているというS屋さん、「この大しけでまた崩れてね・・」と崩れた岩場を見ていました。

f0238398_11002906.jpg
すごい波の威力で削られた崖。いろいろな石がむき出しになっています。
「こういう所から貝が出てくるかと思いきや、ないんだよ。大昔は海から離れた場所だったんだろうね・・・」

そう、この「大唐の倉」(だいとうのくら)、お隣の久慈市から野田村にかけて広がっている「野田層群」というおよそ3千万年前に形成された地層。
かつて久慈沖で活動した火山の痕跡が残されており、白い層は火山灰と灰が水に流されて堆積した凝灰断層で、植物化石も発見されています。

ジオパークの写真を撮りに来たんですが、まさにジオな話になりましたネ!(´・▽・`)

f0238398_11043751.jpg
貝殻は下にいっぱい落ちてるのだ
しかしシケでごみもいっぱい流れついていました

S屋さんは年中通っているので、色々なものを見つけたりするそうです~。


というわけで掲載用の写真をばしばし撮って帰ってきたんですが、
見てくださいこの写真!↓
f0238398_11064453.jpg
右のS屋さんが小人になってる!(笑)
(もしくは左の吉田さんが巨人)


野田港の大唐の倉、近くで見上げるとその迫力に圧巻です!
でも上だけでなく、下の方も観察するのもいいかもですね。
f0238398_13590340.jpg
吉田さんお気に入りの風景
海と野田富士「和佐羅比山」


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-25 14:04 | 自然・ジオ | Comments(0)

海も緑もあっての観光です!

2015年 11月 09日
砂浜海岸に多く見られる松林。
皆さんは海岸林の役目って知ってますか?

昔の人が長年かけて作った海岸林にはさまざまな働きがあります。

f0238398_13334142.jpg
野田村の松林の美しい遊歩道(過去記事より


★海岸林のはたらき★
防災機能、環境保全
  • 飛砂防止、防風、防霧、防潮など。家や農作物を守る。
    津波の際にはそのエネルギーを弱め、被害を軽減する役割を果たす
  • 生物多様性保全、CO2固定など
f0238398_09481832.jpg
津波を受け倒れた海岸林(野田の前浜)


★海岸林のはたらき★
地域振興、保健・休養、レクリエーション
  • 豊かな自然の恵みと美しい景観で、地場産業や観光産業の賑わいを生み出す
  • 砂浜と合わせ、運動、散策、観光、レクリエーションの場としての働き

f0238398_1625363.jpg
十府ヶ浦パークゴルフ場(過去記事より



今こそ海岸林は「津波を防ぐもの!」というイメージが強くなっていますが、震災前は海風を防ぎ、小さな子どもから大人までが集う賑やかな憩いの場所でした。

昨日11/8、この海岸防災林の再生について考えようと、
「みんなで考えよう 岩手の海岸・緑の再生シンポジウム2015」が久慈市内で開催されました。
f0238398_09361951.jpg
午前中は野田村前浜、そして村内「だらすこ工房」の視察を、
f0238398_15550727.jpg
だらすこ工房さんでは、村を守った黒松を活用して木工品を制作・販売し、
その売り上げの一部を防潮林の苗を買うため「千年の松」に充てています。


そして午後のシンポジウムでは
東京農業大学の竹田氏からは海岸林の再生と生業・地域づくりについてを、
森林総合研究所の坂本氏による基調報告では海岸林のはたらきについてを、
県北振興局林務部さんからは岩手県の昭和三陸沖地震からの海岸林の取組みを、
宮城県森林インストラクター協会の木村さんからは様々な企業の取組み事例を、
DCMホーマックの清田さんからは自社の植樹活動を、

f0238398_09014428.jpg
そして野田村内のメンバーからなる「のだ千年の松」プロジェクトの代表をつとめる坂本氏より、地元の人の想いを込めた参加者に向けた発表がありました。

f0238398_16120193.jpg
f0238398_09014468.jpg
地元応援団として「VSMYBLUES」の茜谷さんによる(会議室初)ライブで最後を飾りました!
はるばる名古屋から駆けつけてくれてくれました。ありがとうございます

f0238398_15563686.jpg
f0238398_15563681.jpg
東日本大震災で被災した総延長・約140kmの海岸防災林の復旧・再生は、防潮堤の復旧等が完了したのち、おおむね平成28年度から順次植栽を実施する計画だそうです。(~平成32年度までの目途)
「植えて終わり」ではなく、海岸林の再生には100年単位の時間が必要だそうです。




そして今日は、盛岡農業高校の生徒さんが野田村へ来てくれました!
f0238398_09032736.jpg
盛岡農業高校さんでは県や岩手県立大学さんと共に野田村の海岸植物の保全活動に参加してくださっておりまして、ハマナスをはじめとする数種類の浜の植物を高校で育ててくれています。

この日は現地・野田村内をボランティアガイドの中野さんと共にまわり、その後ハマナス移植地を見学していきました。

f0238398_09064095.jpg
この子たちも花を育ててくれているものの、防波堤が完成するのは卒業してからなので、植樹作業まではできません。
後輩に受け継いでくれたら嬉しいですね!



都市公園に芝や花や桜が、海岸に林が、砂浜に浜の植物が育ち、
ふるさとが緑あふれる姿になる日が待ち遠しいですね(*^▽^*)



-詳細-

「のだ千年の松」プロジェクト
http://ameblo.jp/sennenmatu/
東日本大震災を千年後の子供たちに伝えるため、「だらすこ工房」、「くる美人」、そして「苫屋」の坂本氏がグループとなり、2017年の植樹実現を目指しスタートしたプロジェクト。お問合せは、
〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田5-22 苫屋(とまや)坂本久美子 さんまで。

emoticon-0171-star.gif海岸林再生Navi 内に掲載の【連載】海岸林と地域の暮らし「第9回 千年語り継がれる“新興”への想い」も、ぜひご覧ください。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】



[PR]
by noda-kanko | 2015-11-09 15:06 | 自然・ジオ | Comments(0)

ミスティアイランド野田?

2015年 06月 10日
ミスティアイランドというのは「きかんしゃトーマス」(長編版)に出てくる、霧に包まれた謎の島の名前。

野田でいうと山背村・・・。(;´д`)

f0238398_16142400.jpg
f0238398_16133219.jpg
f0238398_15571894.jpg
f0238398_15571706.jpg
f0238398_15571895.jpg



もくもくもく・・・。

というわけで今日は午前中やませが吹きました。

海風がふきこむ中心地は真っ白でしたが、ちょっと内陸方面へ歩けばこのとおり↓

f0238398_15571785.jpg
うわー、いい天気!


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2015-06-10 16:10 | 自然・ジオ | Comments(2)

野田のハマナス ~あの風景にしばしのお別れ~

2015年 05月 18日
こんにちは!
どうもまだ肌寒くて、朝一のストーブがかかせません。。


さて三陸復興国立公園でもある野田村の景勝地・十府ヶ浦海岸の南側にあたる米田地区では、本格的に海岸防潮堤の工事※1 )が行われています。


それにともなって、このごろ十府ヶ浦の脇を走る国道45号が片側通行になったんですが・・・
砂浜に目をやると、土のう袋に囲われたの一帯にちょこちょこピンク色が混じってるじゃ~ありませんか。

f0238398_13423852.jpg

あれは何かといいますと、ハマナスの花です。

村民の命を守るための防潮堤工事が始まるにあたり、国道すぐ下の砂浜は掘削や工事用道路の工事用地として使用されます。


そうなると浜の植物がどうなるのかな~と気にかかっていましたが、
海浜性植物群落は保全されることになっているんだそうです!



というわけで浜辺へ降りてみることに。

f0238398_14041445.jpg
ザクザク。
f0238398_14330840.jpg
あれは・・・

f0238398_14115111.jpg

ところどころにハマエンドウなどの花が咲いていました。きれい!(*'▽'*)



ちなみに震災以降の写真から比較。
f0238398_14111094.jpg
f0238398_14111003.jpg
f0238398_14111020.jpg
このとおり大半がなくなったわけなんですが、先ほどの緑の一角(↓)はそのまま残してもらえることになったそうなんですね。

f0238398_13530481.jpg

どれどれ・・・・
f0238398_11533844.jpg
おお~! 降りて見てみると結構開花してますね!
例年より早いかも。
f0238398_11540970.jpg
周辺は香水のような甘~い芳香が・・・


もう一ヶ所あるんですが、こちらは残念ながら葉を付けなかったようです。

f0238398_14060610.jpg
でも、手前に生き残った株(?)もありますね!




ほかの工事用地になった部分に自生していた海浜植物の一部は、施工業者さんにより、国道を挟んで内陸側の所に移植されています。

工事の工期は平成29年7月までとなっており、工事完了後、また元の場所へ戻されることになっています。

f0238398_13564930.jpg
こちらも残念ながら葉を付けていませんが、ハマナスは上の部分が枯れても、根の方から若葉を伸ばしてくることが多いので、これからの経過を見守っていくということでした。(移植後に降水量が少なかったことも原因かも・・)



この海浜植物の保全を行っているのは米田地区防潮堤の工事を担当する岩手県ですが、岩手県立大学さんも保全活動に関わるそうです。

岩手県立大学の島田先生は、震災の年から沿岸地区の海浜性植物について調査を行っており、野田村にも何度も足を運ばれているそうです。

具体的な活動内容としては

  • 工事前の状態の砂浜を残す「現地保全」
  • 根茎や種子を含んだ表土を移動させる「移植」
  • 苗づくり
  • 海浜植物の種子保存

の4つの活動を行い、最終的な目標としては

  1. 十府ヶ浦米田地区での工事終了後に、工事前より生育していた海浜性植物が一種類もなくならず、良好な状態で十府ヶ浦に生育すること
  2. 工事前の十府ヶ浦米田地区よりも、より良い海浜性植物の生育地が復元されること

の二つを掲げているそうです。
ハマナス群落だけでなく、ほかの海浜性植物も保全されるんですね。


f0238398_16014764.jpg
△昨年のハマナスの写真(2014/6/5)

野田村のハマナス群生地はかつて十府ヶ浦海岸一帯にあり県下有数の規模を誇っていましたが、海岸防潮提の建設以降は年々砂浜の減少とともに少なくなり、かつての大群生地は見られなくなりました。


ハマナスは浜砂の飛散を防ぎ、砂浜の形成にも役立つとされます。
器量うるわしく、名も香も佳くて実用性も高く、東北の厳しい寒さに強い生命力を持つハマナスは、野田村の「村花」に指定されています。


2011年の東日本大震災でも数を減らしたものの、幸い米田地区の砂浜のハマナスは生き残り、初夏には力強く美しい花を咲かせ、皆さんに希望を与えてくれました。

f0238398_16010137.jpg
f0238398_16014795.jpg
△昨年のハマエンドウの写真(2014/5/20)


毎年ハマナスが満開になる前にハマエンドウの群生が満開になっていて、一角といえこちらも見事でしたぁ~。






あの風景にしばしのお別れ。

ハマナスを守ることは砂浜を守ること、逆もまた然り。

また再びよみがえるように、皆で守っていきたいですね!!p(>-<)q

f0238398_14004967.jpg



※ご注意
  • 今回は工事の休みを利用して撮影させていただきました。工事中の立ち入りは危険ですのでご遠慮ください。m(_ _)m


(※1)野田村米田地区 海岸防潮堤復旧工事(~平成29年7月)
現在の防潮堤をTP12mから14mに嵩上げし、北部を前浜地区までの防潮堤(林務防潮堤、海面高14m)と接続します。南側は道路自体を14mに嵩上げを行い、津波の流入を防ぎます。
現在、防潮堤工事にともなう国道45号のう回路として、村道の拡幅工事を行っています。


三陸復興国立公園(環境省)
http://www.env.go.jp/park/sanriku/


三陸の花

安原 修次/ほおずき書籍(2013)

東日本大震災の爪痕が生々しく残る三陸で、可憐に咲く170種あまりの花をとらえた愛蔵版写真随筆集。自然のたくましさは見る人を勇気づける。




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

[PR]
by noda-kanko | 2015-05-18 09:57 | 自然・ジオ | Comments(0)

ツツジが見ごろです

2015年 05月 13日
5月に入って、本当に新緑がきれいですね~~。

車を走らせていると目に飛び込んでくる鮮やかな青緑。

キラキラとした生命力にあふれていて、1年のうちで一番好きな季節です (^ー^* )

f0238398_11395235.jpg

この季節はいろいろな花が咲き乱れていますが、
いま目につくのはやっぱりツツジでしょうか♪

f0238398_11431028.jpg

道路沿いに咲くツツジもきれいなんですが・・・
このあいだ役場へ行ったとき、たまたま村長さんから「村内某所のツツジが今すごくきれいだ」とお聞きしまして、さっそくそちらへお花見に行ってきました。
f0238398_11534664.jpg
f0238398_11553472.jpg
わ~!すごーい!

f0238398_11533096.jpg
キレ~イッ!!ヽ(*゚O゚)ノ

ここはどこかと言いますと、
野田村の隠れたツツジスポット『城内公葬地』です。

えっ。

そう、お墓です。お墓でのんちゃん片手にお墓にカメラを向けてきましたよ。
(↑家のお墓もあるためあまり抵抗がない人)
f0238398_11560831.jpg

まあ桜並木が見事な八戸東霊園もお墓ですしね。

それにこんなにキレイだと、ご先祖様も陽気にお酒でも呑みながらお花見してるんじゃないかな~と思ってしまいます。



念のためお墓が写らないように撮ったのでボリューム感が伝わりませんが、入口にツツジ、登ってツツジ、階段の上にもツツジ・と2段・3段と山じゅうにツツジが咲き誇っていていて見事な眺めです!!

f0238398_11555636.jpg
みごとだねえ・・・

f0238398_12063470.jpg
満開を迎えチラホラ落ちている花もありますが、もう少し楽しめそうですよ。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

[PR]
by noda-kanko | 2015-05-13 12:09 | 自然・ジオ | Comments(4)

夢の風景 ミズバショウ

2015年 04月 24日
今日はものすごく気温が上がって汗をかいてしまいました。

あれ~、朝は寒くてストーブをつけたはずなのに!(笑)




さて・・・
水芭蕉(ミズバショウ)といえば、歌にもある「尾瀬」が有名ですね。


「村歴史文化手帳」(野田村教育委員会 編著)の22の項では、村内のミズバショウ群生地について書かれていますが、残念ながらその詳細な場所は記されていません。
この本の発行は昭和58年。今どれぐらいの群生地が残っているのでしょう? と思っていたら・・・

f0238398_16060701.jpg


f0238398_16093453.jpg
f0238398_16060820.jpg
f0238398_16053539.jpg
白いのは花ではなく仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)で、本当の花は中心部の黄色いところについている。 これは肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)と呼ばれる。(みんなの花図鑑より引用)

f0238398_16063201.jpg
ひっそりとした場所で、ぴんと咲く水芭蕉。


こんなところもあるなんて!

地元にもまだ知らない風景がたくさんあるなぁ(*・0・*)

ずっと残っていてほしい、夢のような風景でした。


「この風景を残したいな」と思いましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

[PR]
by noda-kanko | 2015-04-24 16:19 | 自然・ジオ | Comments(2)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル