「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

カテゴリ:野田の人びと( 13 )

ひとつひとつ手作り~さをり織り~

2016年 07月 07日
こんにちわ~★★akkoです★★
今日は7月7日「七夕の日」ですね。
何をお願いしようかな・・夜は何を作ろうかな・・emoticon-0111-blush.gifと悩んでおります。
f0238398_14542365.jpg
道の駅ぱあぷるには七夕飾りがありましたemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif



さてさて、昨日は野田村の織姫!「さをりひろば野田」へお邪魔してきました。
f0238398_14192627.jpg
「さをり織り」は、大阪の主婦の方によって生み出された最も簡単な「はた織り」のひとつで、野田村では東日本大震災の支援がきっかけで、心の励みとしてスタートしたそうです。

さをり織を作るグループ「グラシアSAORIの会」さんは、震災で被災した野田村の女性が集まり活動されています。

f0238398_15490252.jpg
中へお邪魔してみると・・
色鮮やかなさをり織りがたくさん!

f0238398_09092860.jpg
バッグも素敵ですね~💛

バッグは人気があり、たくさんの注文があるそうですよ。
f0238398_09250852.jpg
ギッコン♪バッタン♪

セットされた縦糸に、好きな色の横糸をシャトルという道具で編んでいきます。
横糸の入れ方によっていろんな柄の出来上がりになるようで、「編んでみないと色の具合もわからないから、常に勉強だね~」とおしゃっていました。

f0238398_10172552.jpg
こちらは縦糸をセッティング中の様子です。
5本の糸をまとめてかけていきますがすごい速さでした。職人技ですね‼


f0238398_10121964.jpg

ひとつひとつの穴に糸を通すのも大変(>_<)

f0238398_09484167.jpg
縦糸の色でだいたいの全体イメージが決まってきますが、横糸の選び方も大事ですね。
糸の柔らかさは、編んだ後でも柔らかいままでした。手作りのあたたかさを感じます。


こちらがグラシアSAORIさんの作品。
f0238398_11304930.jpg
左が、これからの時期に役立つ扇子入れ。(ペンケースにしてもよさそう)
右の小さいのが、胸などにつけると素敵なワインポイントになりそうなピンバッジ

f0238398_11114319.jpg
こちらはコースター。形もかわいいですねemoticon-0152-heart.gif

f0238398_11291427.jpg
こちらは名刺入れいろいろな模様がありました。
お仕事でも使えてとても便利‼こんな名刺入れがあれば出すのが楽しみになりそう・・
f0238398_13235202.jpg
というわけで私も買いましたよemoticon-0136-giggle.gif

f0238398_13225518.jpg
さをり織りといっしょに頑張りますemoticon-0116-evilgrin.gif

f0238398_11123270.jpg
携帯電話が入るショルダーポーチ
今あまり作れていないそうですが、かわいい!


ちょっと見ると同じような柄に見えても一つ一つ違うもので、
作品を見てるだけで楽しくて時間が経つのがあっという間でした。

ストールの巻き方を教えて頂いたり、コーヒーを頂きワイワイお話しをして盛り上ったりと、初めて会った方達でしたがとっても優しくてお友達のように接してくれて、野田村のいい所のひとつだなと思いました。

外は雨が降っていましたが明るい気分になりました♬♬


f0238398_14471371.jpg
村内にある「農家食堂つきや」さんでは、お着物と一緒に素敵に展示販売しています。

f0238398_14490029.jpg
「パッと見て選んでも、身に着けて合わせてみるとまた違う。袋から出してみて、自分に合ったものを選んでほしい」と、ストールなどは袋は開いたまま展示してありました。
f0238398_14482962.jpg

「ご支援やボランティアでお世話になった皆さんに元気を恩返しできたら」という思いで、ひとつひとつ心を込めて手作りしているさをり織り。「グラシアSAORIの会」さんは野田郵便局隣にて現在は4名の方が活動されています。


野田村内では道の駅観光物産館や国民宿舎えぼし荘でも展示販売しておりますので、野田村にいらした際はぜひ作品をご覧ください。

ぜひ、さをり織りを身に着けて明るい気分になりませんかemoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0152-heart.gif


ブログをご覧いただきありがとうございましたemoticon-0111-blush.gif



グラシアSAORIの会 
  〔お問合せ〕TEL:0194-78-2300(狩野)
  〔村内取扱店〕道の駅のだ・観光物産館ぱあぷる、国民宿舎えぼし荘、農家食堂つきや
 
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


[PR]
by noda-kanko | 2016-07-07 16:04 | 野田の人びと | Comments(0)

*商店街フォト* 本町通りの皆さん

2016年 02月 25日
今朝もさぶかったですね~~~

商工会のとなりからはカンカンと工事の音が響いています。
そう、今週から大鳥居前の本町地区仮設店舗の解体が始まっているのです!

この用地は緑地公園になります。
f0238398_14335305.jpg
震災からもうすぐ5年・・・・
嵩上げ・土地区画整理事業が完了した本町地区にはどんどん家が建ってきています。
f0238398_13202132.jpg
というわけで今回は
本町地区にある6つの事業所さんにお邪魔しました!o(>▽<)9



まずは国道近くへ移設した本町地区仮設店舗から!
f0238398_11075016.jpg
鮮魚・食料品【小野商店】(小野さん)

f0238398_11075028.jpg
土木設計【福士土木設計事務所】(福士さん)


そして新しい店舗に移った2軒です☆
f0238398_11075073.jpg
床屋【理容白バラ】(北田さん)

f0238398_11075049.jpg
タクシー【トモエタクシー野田営業所】(馬渡さん)


そしてリフォームして頑張っている2軒です!!
f0238398_11075004.jpg
お米・食料品販売【佐幸商店】(佐藤さん)


f0238398_11075022.jpg
呉服店【徳屋】(佐藤さん)


この辺りには平成27年3月に本町・旭町災害公営住宅が、同年7月に岩手銀行野田支店、同年12月にコミュニティ複合施設『ねま~る』が建ち、これからさらに自力再建の住宅が増えることになります!!

ハード面の復興は進んでいる半面で、「村民の生活の復興」はまだ時間がかかりますが、一歩一歩進んでいます。



寒い中取材に応じてくださった皆さん、ありがとうございました(o_ _)o


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-02-25 13:38 | 野田の人びと | Comments(0)

杵で餅つき体験!!

2014年 01月 07日
みなさんは、どのようなお正月をお過ごしになりましたか?

昨年のある日、“苫屋”さんにお邪魔した時でした。
その時、苫屋さんにいらしていた野田村の小山さんご夫婦から、
「今度12月28日に、杵で餅つきをするからおいで~。」と声をかけてもらい、
小山さん宅にお邪魔させていただき、餅つき体験をしてきました。
f0238398_10372798.jpg



まず、蒸し器でもち米を蒸してもらい。
f0238398_1421722.jpg

約45分くらいだったでしょうか、蒸しました。
f0238398_142504.jpg

出来上がったもっちもちしたもち米は、そのまま食べてもおいしい!!

もち米を蒸している間に、小山さんが作った野菜たっぷりの鴨汁をいただきました。
f0238398_14284990.jpg

白菜、大根、人参、こんにゃく、きのこそしてわらびやふきなどが入っていて、
鴨の出汁が効いたとてもおいしい鴨汁でした。
ごちそうさまでした\(^o^)/


ということで早速、臼と杵を使って餅つきスタート!!
f0238398_14473642.jpg

臼にもち米を入れて、もち米が一通りつぶれるくらいこねました。
なかなか、大変な作業でした。

息子も初めての経験に楽しそうに、ペッタンペッタンとお餅を搗きました。
f0238398_1512094.jpg

苫屋さんの坂本さんに手伝ってもらいながら、頑張りました!!
子どもでも搗ける杵があって、よかったぁ~♪

さあ、次は大人の番です!!
f0238398_15413622.jpg

よいしょ!

そして・・私も挑戦!!
f0238398_15155910.jpg

よいしょ! よいしょ!!!
と、つい声が出てしまうほど、なかなか重い杵!(^_^)
そして、真ん中を搗くのがそれがまた難しく、「ゴン!」っと臼の縁を叩いてしまうことが何回もありました・・・(>_<)
力が必要な餅つき! 搗き終えた後少し息切れしていた私でした。

最後に、出来たお餅はまな板の上に置いて、均等に伸ばします。
f0238398_1531526.jpg

手の平で、同じ厚さになるように伸ばしていきました。
この作業もなかなか難しく、力が入りすぎると一部へこんでしまったり・・。


餅つきの後は、集まったみんなで薪ストーブを囲みながら搗いたお餅を食べたり、お話をしたりと、楽しい時間を過ごしました(^^♪
f0238398_9475998.jpg

f0238398_10364413.jpg

鴨汁にお餅を入れて食べたりと!
f0238398_15383055.jpg

毎年、12月28日に餅つきをしているという小山さん。
なかなか今では出来ない体験が出来て楽しかったです。
誘っていただいた小山さん。ありがとうございました。


そして、搗いたお餅を持って帰ってきて、くるみだれを作りました。
f0238398_1643155.jpg

すり鉢にくるみを入れて、粘りが出るまで摺り摺り・・・。
f0238398_16472818.jpg

f0238398_16482687.jpg

15分から20分くらい摺ったでしょうか。
くるみの油が出てきてねっとりしてきました。

そこに、水、砂糖、醤油、塩を混ぜた物を少しずつ加えていきました。
f0238398_117760.jpg

砂糖はたっぷり入れました。
f0238398_17210100.jpg

初めて作ったので、味加減があいまい。
今まで食べたくるみだれの味を想像しながら。
とにかく味見をして、醤油と砂糖を足しながら作りました。

そして、出来上がったくるみだれ~♪
f0238398_172347.jpg

ん~。おいしい~(>_<)!!

結局、くるみだれを作るのに1時間程かかりました。

焼いたお餅の上に、タラリとくるみだれをかけて!!
f0238398_100509.jpg

いっただきま-す\(^o^)/

自分で搗いたお餅に、自分で作ったくるみだれ!
搗きたてだったので、柔らかくてとてもおいしくたくさん食べてしまいました。

私のお腹ものんちゃんに近づいてきたかも・・・。
お正月の胃袋を整えるためにも、今日は『七草粥』を食べましょう!!


ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-07 11:49 | 野田の人びと | Comments(1)

野田村民運動会やりました。

2013年 10月 07日

今日、わたしすごく筋肉痛なんです(T_T)

というのも、昨日10月6日(日)、
野田村民運動会が、野田村山村広場で行われました。
f0238398_14523215.jpg


 ・新山地区
 ・玉川地区
 ・米田・南浜地区
 ・泉沢・中平地区
 ・城内上地区
 ・城内中地区
 ・城内下地区
 ・明内・横合地区

の8つのチームで地域の団結力を競い合いながら、
地域のふれあいの場として開催されました。

参加メンバーにいつの間にか私の名前もあり、参加してきました!!
私が参加した競技はなんと!!
「野田村一番力持ち!」という競技でした。
そんなに、力持ちではないんですけど・・・(笑)

灯油缶に10kgの水が入ってて、それを2つ持って走る!!
なかなか、重かったです。
第1走者で回りを見る余裕もなく、一生懸命走りました。
後から聞いた話、1位だったよ!と・・・・。

ゲッ!!
私、力持ち?(゜o゜)(笑)

その他に綱引きも参加しました。
そのため、本日私は筋肉痛で、上半身が痛いのであるぅ~。。。



村民運動会の様子をご覧ください♪
f0238398_1601397.jpg

f0238398_1604956.jpg

f0238398_1612432.jpg

f0238398_1615564.jpg

f0238398_1624388.jpg

f0238398_16143785.jpg

f0238398_16235419.jpg


最後に、各チーム15人以上参加で、「野田節・野田音頭」を踊り、
今年の野田村民運動会は無事終えました。

私は、野田村民となって初めての村民運動会参加でしたが、
子どもから大人まで楽しめるとても良いものだなと思いました。
震災もあり地域の方がバラバラに生活する中で、このような機会があると
久しぶりに会いふれあいの場となって、いいなぁと感じました。

もし、来年も参加メンバーに名前があったら、頑張ります。


(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-10-07 17:00 | 野田の人びと | Comments(2)

NHK ラジオ生放送がありました!

2013年 09月 11日
本日、NHKのラジオ第1で放送しているラジオ番組。
「ここはふるさと旅するラジオ」
野田村、道の駅のだより生放送されました。
f0238398_15515730.jpg

80ちゃん号です!!
カラフルな車です。

今週は岩手県からの放送だそうです。
f0238398_16853100.jpg

80アナウンサーの高橋秀和さんです。
f0238398_16141095.jpg

高橋アナウンサーは、岩手県盛岡市出身!!

f0238398_16323912.jpg

そして・・・。
オリジナルのあまちゃんうちわを頂きました。
ありがとうございます。


お昼、0:30~0:55までの短い時間でしたが、
野田村の紹介や被災後の野田村の様子を役場の方、
野田村でお仕事をされている方よりお話していただきました。
f0238398_16231459.jpg

出演していただいた皆さま。ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

全国のみなさんに、元気な野田村を伝えられることができました(^_^)
さっそく、お問合せもいただいたりと!!
嬉しく思います。
これからも野田村!がんばります!!



そして・・・。明日は。
野田村のお隣、久慈市「道の駅くじ、やませ土風館」より生放送です。


とうぞお聞き下さい。


***ラジオ放送***
ラジオ第1/FM  「ここはふるさと 旅するラジオ」
午後0時30分~午後0時55分まで




(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-09-11 17:15 | 野田の人びと | Comments(0)

だらすこ市民共同発電所!始動!!

2013年 06月 12日
野田村だらすこ太陽光発電所が完成し、
6月8日(土)に「だらすこ市民共同発電所・点灯式」
行われました。
f0238398_9374842.jpg


1泊2日で「野田村だらすこ市民共同発電所見学ツアー」も
開催され、東京・静岡・盛岡からのお客様が野田村にいらしてくれました。

ぞくぞくと、お客様が集まり14:00から、
点灯式が始まりました。
f0238398_101538100.jpg


太陽光発電所の建設にあたり、中心となって動いてくれたのが、
地元野田村、「だらすこ工房」のお父さん方(代表・大沢継弥さん)です。
f0238398_1057091.jpg


去年の11月から、だらすこ工房近くの山を切り始め、
長く厳しい冬を迎える前に少しでも建設に取りかかったというお父さん方。
12月には、専門家の技術指導を受けながらパネル用の架台設置工事に
取り組まれました。
5人のお父さん方で工事を行い、一つのものをつくりだす!!
復興を待つだけではなく、自ら何かに挑戦し、その姿を支援してくれた
人たちに見てもらう。

前向きはお父さん達の頑張りで・・・。


いよいよ点灯です!!
f0238398_1317832.jpg

カチッ!っとスイッチを入れ、電気が3つ点き
参加者の「お~」という声とともに、拍手喝采でした。

だらすこ工房のお父さんたちは、笑顔で嬉しそうな表情でした。

そして・・・。
だらすこ太陽光発電所のために歌を創ってくれた千葉 和(ちば なごみ)さん。
ダラスコ ホッホー  ~幸せ招く鳥の歌~】 を披露して頂きました。
f0238398_13404922.jpg

歌詞を一部紹介します(^^♪

♪♪本当は 分かっていたのさ 大切なものは 目に見えない 
 森の神が 優しく 歌うよ ホッホー ダラスコ ホッホー
 さぁ 明かりを一緒に 灯しましょう
 子ども等の 笑い声が 永遠に続くように
 宇宙(そら)から見れば とても ちっぽけで
 でも とっても 暖かな 光を
 ホッホー ダラスコ ホッホー 幸せ 招く 鳥が 歌うよ
 ホッホー ダラスコ ホッホー この願いが かないますように♪♪

ん~。歌詞だけ見ても感動します。
・・が、これに音楽がつきますと、もっと感動でした。
震災には負けない!!と思える歌です。

参加者のなかから、「CDを出してください。」という声も聞こえていたので、
もしかしたら、CDがでるかもしれません(^^♪
楽しみにしてましょう。

最後に、全員で記念写真!!
f0238398_14124944.jpg

点灯式が終わるころには、太陽も出てきて応援してくれているようでした。

f0238398_1419643.jpg

この写真のように太陽光パネルが216枚設置してあり、
一般家庭約30世帯分に相当する年間約5万2千キロワット時を
発電目標とし、全て東北電力に売電し、災害時には自立発電に切り変わる
ということでした。


点灯式が終わった後は、だらすこ工房へ移動!!
f0238398_14571582.jpg

ツアーのお客様は、木工体験を楽しみ。
f0238398_1504322.jpg

f0238398_1505531.jpg

f0238398_1511771.jpg

そのあとは、だらすこ工房・畑村さんのお話で、
だらすこ太陽光発電所ができるまでのことや震災当時のことを話してくれました。
f0238398_15301976.jpg

f0238398_15303385.jpg


地震がきたら!!
1歩でも高い所に逃げる!
1歩でも海から離れる!

この言葉が私には強く心に残りました。
ためになる話をしてくださった畑村さん、ありがとうございました。
そして、遠い所から足を運んでいただいたツアーの皆さま。ありがとうございました。


(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-06-12 16:18 | 野田の人びと | Comments(0)

のんちゃんの生みの親へ会いにゆく

2012年 08月 14日
お盆中にもブログをのぞいてくださっているありがたい皆様、こんにちは!


今日は野田村のマスコットキャラクター「のんちゃん」の生みの親でございます、野田村在住のグラフィックデザイナー
桜庭昇さんにお会いしてきましたので、その様子を!
f0238398_16464838.jpg


グラフィックデザイナー・似顔絵作家・1級賞状揮毫士教授・絵仏師。1940年生まれ。ご自宅は、野田の海が見える小高い場所にあります。
f0238398_16452019.jpg


ようやくお会いできて感激です!!

どきどき☆しながらお話させていただきましたよ。


とっても良い子の、犬のメロンちゃん。めんこめんこ。
f0238398_16452428.jpg


桜庭さんは、北海道登別市生まれ。
少年時代を野田村で過ごされ、中学卒業後に再び北海道へ行きデザインの修業を積み、仙台で独立。野田村のマスコットキャラクター(鮭の稚魚)のデザイン依頼を受けたのは、仙台にいらっしゃった頃。

そして野田村に戻ってきたのは、のんちゃんが生まれた約4年後の2004年、実に40数年ぶりの帰郷だったそうです。
f0238398_16452219.jpg

あっ!パネルの写真、背広のポケットにのんちゃんが・・・!  ↑ ↑

f0238398_16452250.jpg

さっきの写真とこれは、桜庭さんの息子さんが作ったパネル。息子さんもお父さんと同じく、デザインの道へすすんだそう。



それと、桜庭さんは「道の駅のだ」にある『観光物産館ぱあぷる』の名付け親でもあります。
“ぱあぷる”は紫のことですが、十府ケ浦海岸を覆う紫色の小豆砂から名付けられました。“ぱあぷる”はすなわち十府ケ浦海岸を示しているのですね。



たくさんの作品を見せていただきましたが、いろいろな作風がありますね。ニーズによってかきわけるとか・・・
f0238398_16452523.jpg

f0238398_16452535.jpg

f0238398_16452434.jpg

驚くことにこれらのイラスト、すべて手描き。
線もコンパスなど使って引くそうですよ。


すごいなーー。
どうやったらこんなに色ムラなく塗れるのかしら・・・


「機械音痴でね、パソコンもないし、携帯電話も持ってない。
車の免許もないよ。」
という桜庭さん。
正真正銘の手描き派だそうです。
f0238398_16544186.jpg

ぬくもりのある絵が、素敵ですよね・・・

こんな素敵なグラフィックデザイナーさんが村に在住してくださってるのは
とても素晴らしいことですね!
学校の職場体験では、絵の好きな学生さんが来て直にご指導を受けたこともあるそうです!うらやましい♪



そうそう。岩手県大槌町のキャラクター「おおちゃん」も、桜庭さんのデザインなんですよっ!「おおちゃん人形」とかあって、これもまためんこい!!
↓ ↓ ↓
<ゆるキャラに復興の願い込め・・・大槌町>




最後に、ずうずうしくも、桜庭さんにのんちゃんをリクエストさせていただきました。
f0238398_1732921.jpg

さすがさすが・・・紙の上に「のんちゃん」そのものが描かれます!

感激・・・
f0238398_1783897.jpg



よく見るとご自宅のあちこちに、物産館などで販売されているのんちゃんグッズがありました。

「のんちゃんがみんなに愛されている様子を見るのは本当に嬉しいですよ」
ありがたいお言葉をいただきました。

私もその言葉を聞いて、とっても嬉しかったです・・・。

どうもありがとうございました!(>_<。)

心置きなく、のんちゃんを全国に広めていこうと思います!!

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-08-14 17:17 | 野田の人びと | Comments(0)

漁師彫り作家 深渡栄一さん

2012年 07月 10日
野田村出身・野田村在住の深渡 栄一さんという方がいらっしゃいます。
現役の漁師さんであり、魚専門の木彫り師です。


過去テレビなどでも何度か登場し、野田村ではちょっとした有名人ですが、
前の記事のご縁もあってやっと玉川のご自宅へ取材に行ってまいりました!

f0238398_1136236.jpg

おじゃまします・・・・・・・


中に入ると・・・


きゃーーーw(゚ロ゚)w
f0238398_11362539.jpg

すごい(汗)
f0238398_11362657.jpg


お座敷3部屋ぎゅうぎゅうに、魚の彫刻が並べられています。

その数なんと600体


あちらにいらっしゃるのが、「漁師彫り作家」の深渡栄一さんです!こんにちは!!
f0238398_11363189.jpg

魚専門でやっていらっしゃる木彫り師は、世界中を探しても(たぶん)深渡さんだけだそうです。久慈市の水族館をご支援してくださった、さかなクンもいらしたそうですよー!



なんと正玄関にも、大作のクジラが鎮座していました・・・!
f0238398_11362551.jpg

見事すぎます

※隣にもう一つ玄関があるのでご心配なく


深渡さんは漁師歴45年。
25年間乗った遠洋漁船を降りてから、この木彫りを始めたそうです。


「9割はこの目で見た魚ばっかりだよ」とおっしゃいますが
ペンギンやアザラシもいます・・・・25年間でいろんな所へ行かれたんですねぇ。
f0238398_11362449.jpg

材料には地元産のケヤキを使っていて、土台には原木をアレンジされたものも。

ああ、こんな魚いるよね!ピョコっと顔出して!(〃゚∇゚〃)
f0238398_11362753.jpg

カチカ!
f0238398_11362652.jpg

ヒラメ!
f0238398_11362456.jpg

ヒラメって下にへばりついてるイメージが強いですが、こうやって岩場に張り付いてることもあるんですって。

亀さん!コレも素敵!
f0238398_11362784.jpg


文字通り「命を吹き込まれた」ケヤキの木たち。
木目が生きていて、生き生きして素晴らしい素晴らしいばかり・・・

売られたりしないんですか?


「欲しいって言ってくれた人には何回か売ったたことはあるけれども、実は俺には夢があるんだ。
 生まれ育った野田村に、世界で唯一ここだけの『木の魚の水族館』を作りたい。
 まぁそんな金ないから到底叶わぬ夢だけど、こうして手放さないのは、そういう想いがあるからかな」


そうでしたか・・・。


ご自宅は海と目と鼻の先ですが(「小野旅館」さんの近く)、高台にあったため津波の被害はまぬがれました。ですが船や、海の近くにあった作業小屋が流失。
中にあったチェーンソーや彫刻刀やノミなどの道具、それから収集していたケヤキの木、そして小屋にあった100体近い作品も流されました。


でもチェーンソーは村内の方から、彫刻刀は県外の方から、ご厚意でゆずっていただいたそうです。ただ作業小屋がないため、今は山の畑の木の下でやっていらっしゃるとか・・・(´□`;)



というわけで深渡さんが木彫活動を続けるために、ちょっとここでお願いです。

もしも
「使ってない集会用(イベント用)テントをゆずってもいいよ」
という素晴らしい方がいらっしゃいましたら、
い...いらっしゃいましたら...下記までご連絡くださいますか?


深渡栄一(ふかわたり えいいち)さん
電話&fax:0194-78-3788(夕方6時以降)


よろしくお願いします(>人<;)

「作品作りには終わりはない。手が動く限り続けたい」とおっしゃる深渡さん。
f0238398_11362373.jpg

これからもがんばってください!


●作品を見たい方もお気軽にご連絡ください。
(haru)

【関連記事】





いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングアイコン
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-07-10 12:04 | 野田の人びと | Comments(0)

のだ窯ギャラリーIZUMITAの泉田さん親子

2011年 05月 20日
すこし風がぬるく感じる今日の天候。
今日は、先日お留守だった玉川の「のだ窯ギャラリーIZUMITA」さんのところへ行ってみました。


わーい、震災以来ですね!おひさしぶりです!
f0238398_176032.jpg

うふふ、相変わらず可愛い息子さん。
お店もご自宅もご無事ということで、良かったです。

泉田之也さんは今日は東京に行っていらっしゃるそうで、今回の展示会でも募金活動をされるとか・・・。


元気なお顔が見られて良かったです。

陶工・泉田之也さんのホームページ
のだ窯のブログ

(haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活・ボランティアなどの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-05-20 17:15 | 野田の人びと | Comments(2)

苫屋さんの坂本夫妻

2011年 05月 11日
今日は苫屋(とまや)さんへ行ってきました!

被災後2度目ですが、今回はコーヒーもいただいてきました~
f0238398_15535248.jpg

今日は少し肌寒くて、囲炉裏の火がちょうどよく体をあたためてくれます。


思えば3月11日のあの日、苫屋さんの訪問の内容でブログを投稿していました・・・。
今見ると、もんのすごくのほほんとした内容でした(; ̄□ ̄A
その前の日は十府ヶ浦海岸を写しにいって、「(大震災前にあった)地震は大丈夫でした」とか書いてました。

あの日の午後のレポも書きたいなぁと思ってましたが、けっこぉ~長くなりそうで、どうコンパクトにまとめるか手腕が問われますねッ



それはともあれ、変わらない笑顔の坂本ご夫妻です。
f0238398_15542043.jpg

宿泊やランチ・カフェもやっておりますので、どうぞお越しくださいねっ。


ご夫妻から、野田村を想うボランティアの方々のお話・・・、義援金を集めてお送りいただいた話・・・、伊藤多喜雄さんのお話・・・、ご心配で他県から駆けつけてくださった方のお話・・・、支援物資をお送りいただいた方々のお話・・・、たくさん聞いてまいりました。

苫屋さんに直接支援物資が届いたので避難所など配りにいったり、災害の支援のお問い合わせがあってお返事をお書きしたり、個人的に村への義援金も募りたいとおっしゃっていました。


今まで自分の身の回りばかり必死でやっていましたが、今になってあたりを見渡してみると、すごくいろんな方が野田村のために活動されているのを改めて感じました。


このご恩はいつか返せるのでしょうか・・・。
本当にありがとうございます。




さて最後に、お知らせです!

現在ブログの更新は再開しましたが、インターネットはまだ開通できていません!
必要なときにだけ、一時的に携帯電話から繋いでます。
(ちなみにパソコンを含む備品は流失しましたが、ノートパソコンなど諸々、各所からお借りしたり、寄付していただいたりしています!!(ノ◇≦。))

観光協会宛のメールも、IDやパスワードなどが全部わからなかったこともあり、今日ようやく3/11以降のメールを受信をすることができました。
安否を気遣うお便りや、ボランティア・義援金のお問い合わせ他さまざまお寄せいただいておりました。
お返事をせずに申し訳ございません。今更感たっぷりになってしまいますが(汗)追って皆様にお返事させていただきたいと思います。
(haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活・ボランティアなどの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-05-11 16:11 | 野田の人びと | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル