「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今度の日・月は『ぱあぷる春まつり』

2010年 04月 28日
ゴールデンウィークももうすぐですね。
明日から7連休という方もいらっしゃるかも・・・!

しかし今日は、そんなウキウキした気分とは裏腹の雨模様です。。

で・も!
週間天気予報をチェックすると降水確率20~30%となかなかです。ホッ。


GW期間中は野田村45号沿いの道の駅のだを通る方もいらっしゃるかもしれませんが、「観光物産館ぱあぷる」さんより耳寄り情報がございます。



年に1度の、恒例「ぱあぷる春まつり」では
数量限定販売の「春まつり弁当」が販売されます!
f0238398_17165345.jpg

シメサバが乗ったちらし寿司、焼きホタテ、野田村のブランド豚肉「南部福来豚」など、地元食材をたっぷり使ったお弁当。
プチトマトとオレンジだけは手に入らなかったそうですが・・!
それ以外は全部野田村産だそうです!!
価格は千円。数量限定となっておりますので、売り切れご容赦です!


ぜひ食べたいという方は、ぜひご予約をどうぞ。
観光物産館ぱあぷる
0194-78-4171



ぱあぷる春まつり中は物産館店内全品1割引☆(9時~18時30分)
特設テントで何かお買い上げいただくと先着で国民宿舎えぼし荘入浴券他、プレゼントが☆

また、この春まつりでデビューする新商品である、のだ塩入り「塩味の炊き込みご飯の素」の試食も。
ご当地ソフトクリームである「のだ塩ソフト」も、春まつり中は50円引きとなります。(ソフトクリームハウスのソフトクリーム全品50円引きです)


道の駅には天然塩「のだ塩」、手づくり団子、山ぶどう・・・野田村の特産品が勢ぞろいです!
ドライブ中ちょこっと小腹が・・・というときは、ぜひ野田村の道の駅のだにお寄りくださいませ。
お待ちしております。

f0238398_1791182.jpg
 
f0238398_1793059.jpg


■ぱあぷる春まつり


【日時】平成22年5月2日(日)~3日(月) 各日10時~15時
【場所】野田村・観光物産館ぱあぷる前
《お問い合わせ》 観光物産館ぱあぷる 0194-78-4171
野田村観光協会ホームページ 情報ページ


[PR]
by noda-kanko | 2010-04-28 17:08 | 行事・イベント | Comments(2)

アジア民族造形館

2010年 04月 28日
本日は、冬期休業が開けたアジア民族造形館のご紹介です。
「アジア民族造形館」はその名の通り、アジア各国の資料の展示をしている資料館で、野田村の野田村の山あい、日形井地区にあります。



「なんで野田村にアジアの資料館があるの??」
という疑問が聞こえそうですが・・・・

野田村へ訪れた金子量重さんという方が、日形井地区の南部曲り家を見て、タイ(ヤオ族)の風景に似ていると感じられたんだそうです。
また、ちょうど村では「貴重な南部曲り家をなんとか後世に残したい」と考えていたこともあり、曲り家の数棟を改装、アジアの資料館として開館されたんだそうです。
f0238398_15245975.jpg

↑館内にある資料。たしかに、家や、のんびりとした雰囲気が似てるかも・・・ 自分たちで作ったものでしょうか、黒と赤の民族衣装が鮮やかできれいですね。



さて道順ですが、国道45号からのんちゃん・もしくは信号を野田村中心街方面へ曲がり、田中時計店さん(役場の手前)を右折します。
その辺からアジア民族造形館への看板が要所要所に立てられています。
細い道になったりするので長く感じると思いますが、15分ほどで着きます。
→詳しくはこちら!


さぁ、着きました~! 静かな山あいにある、アジア民族造形館です。
f0238398_11103731.jpg

まずは受付。第一展示棟に向います。ちなみに大人は300円、小・中学生は100円ですヨ。


きちんと刈り揃えられた茅葺の屋根。一番上に木が生えていますね。ここは芝土になっていて、重しの役割と、雨漏りを防ぐ役割があるのだとか。ここに鳥が種を運んできたりして、植物が生えるのだそうです。
f0238398_1111647.jpg


こんにちは~。第一展示棟の中に入ると、まず出迎えてくれるのが囲炉裏です。
f0238398_11112431.jpg

囲炉裏の煙で茅葺の屋根を燻し、虫がつかないようにするのだそうです。
ですので、夏でも囲炉裏の火は消えません。



第一展示棟ではアジア各国の民族衣装や陶器類、玩具、資料本を展示しています。
ここでは民族衣装を試着できるコーナーがあるのです。いわゆるコスプレ!(笑)
f0238398_15245665.jpg

ちょこっと気恥ずかしいけれど、やっぱり着てみたいですよね。(本日は一人っちゅーのもあるのでやめておきましたが・・・)
お子さま用もありまして、お聞きしたところこれなら2歳ぐらいから着られるんじゃないかなということです。

ちなみに一番人気はコレ!韓国の『チマ・チョゴリ』です。
f0238398_1114320.jpg

分かる方ならきっと分かりますよね・・・
そう、韓国ドラマ“チャングム”(※)♪♪

(※)「宮廷女官 チャングムの誓い」・・・16世紀初頭の朝鮮王朝時代に実在したといわれる医女・チャングムの生涯を描いた大河ドラマ。あんまりすぎるベタな展開とチャングムのたびたびのピンチにハラハラしつつ、つい見てしまったドラマです。(笑)


宝飾品もきれい~
f0238398_15245925.jpg





あとは花瓶・食器などの陶器、お面、藁細工の小物など。
日本のゆたんぽ、この形は知らなかったなぁ~ (「小さい頃はこんなだった」と懐かしむ方もいらっしゃるそうですよ。)
f0238398_11142946.jpg


お次は第二展示棟。
f0238398_11144697.jpg

こちらでまず目に入るのが寺院の門。(これはぜひ実物を見てみてくださいね~)


また、装飾品や籠の編組品、食器、真ちゅうの食器、色鮮やかな前掛けなどを展示しています。

真ちゅうの食器は毒が入ると色が変わり、お毒見がいらない食器なんだとか・・・! そういえばチャングムで、こんな食器で王様にお食事を出していたような。
f0238398_1529198.jpg

このお箸で食べたらきっと美味しいだろうな...


前掛けや額布など、とにかく刺繍が細かく鮮やか!
アジアの中には、こんな素敵なお洋服を毎日来て生活している方がいらっしゃるわけですね・・。
f0238398_1115474.jpg



そして、こちらはタイの高床式住居。
f0238398_11152334.jpg

「高床式」といえば、え~と、ネズミがのぼってこれないという・・・・
いえ、タイのは下が家畜を飼うスペースになっているのだそうです。
床板に少し隙間を持たせ、そこから下の家畜が見え、上で食べ残しなど落とせば下にいる家畜がそれを食べるといったふうに、合理的なつくりになっているんだとか。
へぇぇ~~。


こちらの二階では、のだ焼を展示しています。
玉川の方にあります「ギャラリーIZUMITA」にも展示がありますが、こちらには窯があるんです。
f0238398_15265145.jpg

頻繁には窯に火が入っていることはないそうですが、こちらで作品作りをしていることはあるそうです。
ろくろや手びねりなど陶芸体験してみたいという方は、あらかじめお電話(0194-78-3403)でご予約を。




今日はお二人の方にガイドしていただきながら、じっくりと見ることができました。

一見、なんだこりゃ??というのも、お話しを聞くと「なるほど!」とよく分かって、へぇ~の連続でした。

ご希望であれば説明を聞きながらの見学も可能だそうですので、ぜひ窓口でお声をかけてみてくださいね。(どうしても混み具合によるそうですが..)



アジアの文化資料を楽しむ方もいれば、一方、曲家を懐かしむ方もいて、楽しみ方はいろいろだそうです。
展示棟は改装されていて土間などはありませんが、近くには改装されていない曲家もあるそうですよ。


私の場合はチャングムワードで現物を見れたのも良かったですし、きれいなデザインの衣装も楽しめました。
資料本を読みながら、そして苫屋(南部曲り家民宿&カフェ)へ寄ってコーヒーをいただいたりと、半日ぐらいのんびりしていく方もたまにいらっしゃるそうです。

お時間がある方は、第一展示棟にある資料本を見てから実際の展示物を見るとより楽しめそうですよ。
f0238398_14211241.jpg

お話をお聞きしていると、南部曲家の維持には人手やお金がかかり大変なことのようですが、日本の文化としてぜひ次代に伝え、大切に残していきたいものだなと思いました。




ゴールデンウィークの最終日、5月9日(日曜日)には近くのアジアの広場にて『アジアの広場まつり』が開催されます。
手打ちそば、豆腐田楽などの郷土料理も自慢の逸品をご用意!
さらに当日は入館料が大人100円、小・中学生以下無料となります。
ぜひ、実物をご覧に来てみてくださいね。


▼だいぶ古い記事ですが、アジア民族造形館の館長をされていた金子量重さんの記事が掲載されたものです。よろしければ・・・。
「DATUMS」バックナンバー(RIC発行) - 南部曲屋で、アジアの暮らしの形に学ぶ


▼定休日、時間、料金などはこちらから
野田村観光協会 アジア民族造形館情報はこちらから
*冬季(12月31日~3月31日)は休館となります。
f0238398_1525021.jpg

[PR]
by noda-kanko | 2010-04-28 09:37 | 野田村の旅 | Comments(0)

まるきんさん・リベンジ

2010年 04月 27日
さて、今日も「まるきん」さんに来ております!
f0238398_1344768.jpg

今日はお店からガラス越しに見えるこうばでお菓子を作っています。
お忙しいところ、すみません・・。

昨日は見事に売れてしまっておりまして見られなかった和菓子がたくさん。
今日はたっぷりと季節の和菓子をご紹介いたしますよ!

まずはこちら、『柏餅』。レジのところにあります。
かしわ餅はこしあん、つぶあん、みそあんの三種類。
みそあんは甘じょっぱい味の餡だそうです。
f0238398_13442792.jpg

ぺろりと葉っぱをめくると・・・わかります?お餅が、かぶとの形をしてるんです!^^
鯉のぼりの挿絵も可愛らしいですよね。
f0238398_1344435.jpg


そしてお次はこちら。正面奥のショーケースに入っています。
f0238398_13445593.jpg

★道明寺(どうみょうじ)(写真一番上)
関西では「さくら餅」といえば、この「道明寺餅」を指すんだとか。
蒸したもち米の皮の中に、淡い色のこし小豆あんが入っています。
こしあん好きにはたまりません。

★うぐいす餅(写真右上)
こしあんをぎゅうひ餅で包み、うぐいすきなこをまぶしたもの。
“ぎゅうひ餅”?とハテナ顔をしましたら、「大福のアイスの皮みたいなかんじですよ」と教えてくれました。
実際食べてみるとぷにぷにとやわらかくほんのり甘く、餡に絡まって美味しいこと。幸せ~

★草もち(写真下)
上新粉で作った草もち。
草の香りが春の訪れを感じるお餅ですよね。
こちらの菓子はもう終わりだそうですが、「柏餅」のラインナップにも草もちがありますよ。

★春のおとずれ(写真左下)
春らしい三色が吹流しを思わせる、“浮島”が重なったお菓子。
浮島(うきしま)というのはあんこが入っている和菓子のスポンジだそうです。
しっとりして柔らかい味わいの美味しい和菓子です。

★桜饅頭(写真左上)
うすいピンクに桜の塩漬けがちょんと乗った姿が愛らしい、
桜の塩漬けを練りこんで煮たあんこが入ったお饅頭。
お使い物に人気の商品だそうです♪


6個ぐらい別々のものを詰め合わせしたら、とっても可愛い贈り物になりそうですね!!
和菓子のお値段は大体80円~200円ぐらいのようです。
お使い物にもいいんですが、たまに自分のご褒美に食べるのがたまりませんよね。
ご紹介したお菓子は5月中旬ぐらいまで出ているそうですよ。

あと、すべてではないのだそうですが、ケーキも作ってるんだそうです。(写真にあるのは作られたもの ※下段の果物ゼリー以外)
昨日来たときは純生ロールもありませんでしたから・・人気のほどが伺えますね~。
f0238398_1345479.jpg


野田村観光協会 まるきん(大沢菓子店)さんデータ
まるきん大沢菓子店ブログ


[PR]
by noda-kanko | 2010-04-27 13:12 | テイクアウト・お土産 | Comments(2)

季節のお菓子をどうぞ まるきんさん

2010年 04月 26日
野田っ子ならいつもお世話になっているお菓子屋さん、大沢菓子店

部活の帰りにカップラーメンを食べたり、夏はアイスや花火を買いに行ったりetc・・
あの懐かしの店舗は改装し、やわらかい黄色い外観のお店になりました。
大きく「まるきん」と書かれた看板が目印です。

野田村は通称「きんえいさん」(おじいさんのお名前)と呼び親しまれています。

f0238398_16272333.jpg

のんちゃん饅頭を始めとした村の銘菓はもちろん、カットケーキ、そして手づくりの和菓子。
この季節といえば端午の節句、こどもの日。
見てください。なんて愛らしい練り切り!
子どもに買っていったら喜ぶだろうなぁ・・。
f0238398_16275027.jpg

この菓子を作った職人さんは、この店の娘さんである心さん。
お茶をありがとうございました。。
f0238398_1628829.jpg

あとはつぶあん・こしあん・みそあんの種類があるという『柏餅』や、桜饅頭、うぐいす餅などなど。
実は、今日は午後にお伺いしたのでお菓子が売り切れが多くお写真を見送りました。すみません。
明日は午前中の、お菓子ができたての時間に行こうと思います!


野田村観光協会 まるきん(大沢菓子店)さんデータ
まるきん大沢菓子店ブログ


[PR]
by noda-kanko | 2010-04-26 16:30 | テイクアウト・お土産 | Comments(0)

今日の十府ヶ浦

2010年 04月 26日
今日はいいお天気です!
数日雨が降ったり(みぞれになったり!)したので気持ちいい気分です。
こちらのブログでまだ十府ヶ浦をご紹介していませんでしたから、一路十府ヶ浦パークゴルフ場へ。
f0238398_13455640.jpg

久慈市方面からは、野田駅を過ぎ、信号を一つ過ぎ、1分程度走ったところで、45号線を右折する道路がありますので、そこを曲がります。
曲がるとすぐに、パークゴルフ場の看板のある左折道路がありますので、左へ曲がります。
あとはまっすぐ。三鉄のガード下をくぐれば、見えてきます。

このパークゴルフ場は海のすぐそば。どれぐらいすぐかといいますと、
堤防を登って・・
f0238398_13461423.jpg

ばばーん。
綺麗!
f0238398_13475872.jpg

右を見ても、左を見ても、海・海・海。
f0238398_13465167.jpg

でも、さむーい!

まだ肌寒いですが、5月ぐらいになると風がそよそよ・・
浜のお散歩は本当に気持ちよいですよ。
[PR]
by noda-kanko | 2010-04-26 13:49 | 村のお便り | Comments(0)

膨らむ桃のつぼみ

2010年 04月 19日
今年の4月は、なかなか寒さが抜けませんね。
東北の方ばかりかと思いましたが、関東でも雪が降っていたりと驚きです。

でも少しずつではありますが、確実に春が訪れつつあるようで・・・
ここ野田村観光協会の窓からは、花桃の木のつぼみが日々膨らむ姿を見ることができます。

ちなみに桜の開花予想は4/29~5/1(ウェザーニュース予想)。満開になるのは、GW中か、明けあたりでしょうか・・・。
f0238398_12565413.jpg

あと春の訪れといえば“山菜”!
タラの芽など例年ならGW前後に出ますが、今年は寒いのでどうでしょう。。
桜の季節が待ち遠しいものです。
(haru)
[PR]
by noda-kanko | 2010-04-19 12:57 | 村のお便り | Comments(2)

産直ぱあぷるさん

2010年 04月 16日
野田村観光に来てまず寄るのが、野田村の玄関口「道の駅のだ」でしょうか。
f0238398_15485515.jpg

野田村観光協会ホームページでもご案内していますが、ここには三陸鉄道北リアス線陸中野田駅、観光物産館ぱあぷる、レストランぱあぷる、産直ぱあぷる、ソフトクリームハウスが併設されています。
駅や産直は地元の方も頻繁に利用されますし、観光客の方もよくドライブの一休みに訪れます。

本日お伺いしたのは「産直ぱあぷる」さんです。
f0238398_1549334.jpg

お店の方に売れ筋をお伺いしてみましたところ、
しだみだんご、炭火で焼いたホタテ、田楽・串餅あたりが人気とのこと!
今日は残念ながら“しだみ団子”が出ていなかったので・・・また次回ご紹介いたしますね!
f0238398_15494739.jpg

手作りパンや・・・
f0238398_1550176.jpg

旬のまつも。
まつもはお味噌汁のほか、大根おろしとあえてお醤油かけて食べると美味しいそうです。
今度やってみよう!
f0238398_15503273.jpg

そして田楽・串餅・焼きホタテ。
個人的に私はくるみ味噌を付けた「串餅」がおススメです!
もっちりしていて、クルミの甘味にお餅の塩味がとっても合っています。
ボリュームもあって、これ1本食べると結構満足できますよ~。
f0238398_15504747.jpg


産直ぱあぷるさんは今年で8周年!

今度の日曜日には8周年イベントが行われるそうです。
来てね!

■産直ぱあぷる8周年イベント<イベント当日は全品1割引!>
【日時】4月18日(日) 8:30~17:00
◎午前11時~
  豚汁おふるまい(ほうれんそうひっつみ入り!)
◎午後2時
  紅白もちまき大会
◎特設テント
  山ぶどうジュースやスイーツなど特価販売!
◎観光物産館ぱあぷる
  当日売店で千円以上お買い上げの方10%割引!(タバコ等一部商品を除く)
◎レストランぱあぷる
  のだ塩ラーメン・ぱあぷるラーメンなど、当日特別価格!
  さらに先着50名様デザートサービス(11時~15時営業)
◎ソフトクリーム全品150円!
などなど・・・

【お問い合わせ先】 0194-78-4171

f0238398_1549919.jpg

[PR]
by noda-kanko | 2010-04-16 15:54 | お土産・お店 | Comments(0)

16日市

2010年 04月 16日
今日は16日。野田の16日市です。
豆腐田楽・餅田楽、旬の野菜からお花や魚介類、大判焼きや陶芸品、手作り商品などなど、さまざまなものが販売されています。

市日はこの大~きな鳥居が目印の愛宕参道広場で行われます。
ここは野田村観光協会(商工会)のすぐ近く。朝から賑やかな様子です。
f0238398_14375158.jpg

ここで種や苗を買う方も多いようです。
f0238398_14402717.jpg


なお毎月6日・26日は「さんどう市」となっております。
つまり、「6」が付く日は野田村の市日の日になります♪
GW中だと6日にはさんどう市が行われますよ~
午前中に野田を通る方は、ぜひどうぞ!

★ちなみにお車でいらっしゃった場合は、
役場前の「のんちゃん広場」にお車を停めていらっしゃってくださいね。
[PR]
by noda-kanko | 2010-04-16 14:45 | 行事・イベント | Comments(0)

今日は浜の口

2010年 04月 16日
はじめまして!
この4月に野田村観光協会にまいりました、haruと申します。

Mさんとバトンタッチになります。。Mさん、お疲れ様でした!



「体験観光コーディネーター」というネームをぶらさげ、緊張しながら書いております。

実はわたくし、産まれは青森県です。
父は野田村出身なのですが、転勤族だったため県外・県内を転々。そして幼少期に野田村へ定住以来、村内学校を卒業後も地元(久慈市)へ就職、一人暮らしの経験もないまま野田村内に嫁いで早数年。


そのくせまだまだ村のことを知らない若輩者ですが、日々勉強させていただきたいと想いますので、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>。





さて、今日は旧暦の3月3日・雛祭り。
「浜の口(はまのくち)」といいまして、潮が最も引くという日です。

各所で行われていると思いますが、野田村でもこの日は1年に1度だけ一般の方に浜が開放される日なのです。


お恥ずかしいながら私は野田で育っておきながら、この日の存在を知ったのはほんの数年前・・・。
平日に当たる年の方が多いこともあって、今回初めて!!行ってまいりました。


漁協に問い合わせてみると、9時から入ることができ、10時半ぐらいまでなのだそうです!これは急がねば。
向った場所は野田港。
風は冷たいですが、今日はいいお天気です。


野田港に向うと、大きく「大唐の倉」が見えてきました。
f0238398_13585856.jpg


見ると結構車が止まっています。どれぐらい人がいるんでしょう・・・
よいしょと堤防を越えると、おーっ!本当に潮が引いています。
f0238398_13595580.jpg

のんびり砂浜に座っている人や、ふのりなど海草を獲ってみている方も。
幼稚園に入っていないぐらいの小さいお子様を連れている方もいました。

ぴかぴか光るふのり。
f0238398_1405226.jpg

私も磯のりやふのりを獲って、今晩のお味噌汁にでも入れたいなぁと思いましたが、
漁協の方にお話を伺ってみたら、私のような素人が獲るのは難しいそうです。^^;

でも家族で浜で遊ぶのはとっても楽しそうですね。
いつか休日に当たらないかなぁ~~

今年の浜の口は終わってしまいましたが、皆さんぜひ来年遊びに来てみてはいかがですか。
[PR]
by noda-kanko | 2010-04-16 14:02 | 行事・イベント | Comments(0)

ここが野田村です

2010年 04月 03日
野田村(のだむら)は、岩手県北部にあり、太平洋に面した小さな村です。

『北限の海女』で有名な久慈市、北緯40度線に位置し『黒崎海岸』が美しい普代村、また日本三大鍾乳洞に数えられる『龍泉洞』で有名な岩泉町と隣り合います。

f0238398_951031.gif


emoticon-0171-star.gif特産品
野田湾育ちのホタテワカメなどの三陸の海の幸はもちろん、
ほうれん草食用菊山ぶどうも特産です!

窯に薪をくべ、海水を数日間煮詰めて作る“のだ塩”も有名で、国道45号沿いにある「道の駅のだ」にはかつて内陸部へ塩を運んだ牛(ベコ)と牛方の像があります。
f0238398_14122537.jpg

ミネラル分が多くやわらかい口当たりが特徴で、
同道の駅で販売している『のだ塩ソフトクリーム』は大変人気があります。


emoticon-0171-star.gif村の花鳥木
はまなす(花)、せきれい(鳥)、くろまつ(木)。
6月頃には、海岸の砂浜にピンク色のハマナスが咲き、甘い香りを漂わせます。


emoticon-0171-star.gif気候
北国ですが、沿岸部のため冬は積雪はあまりありません。
一方夏は「やませ」という冷たく湿った海風が吹くこともあり、比較的涼しい土地です。
f0238398_9471246.jpg

△時に、断崖や地平線がやませ(下層雲)に覆われている幻想的な風景を観ることができます。


emoticon-0171-star.gif1年で一番大きなイベント
8月下旬に行われる「野田まつり」


emoticon-0171-star.gif代表する景勝地
約3.5kmのゆるやかな砂浜が続く「十府ケ浦(とふがうら)海岸」です。
f0238398_14122435.jpg

陸中海岸国立公園(岩手県北部から宮城県北部に至る海岸線一帯を占める国立公園)の中の一つで、名勝歌枕ゆかりの地です。


emoticon-0171-star.gifご当地キャラクター
村のイメージキャラクターは「のんちゃん」。鮭の稚魚がモデルです。
f0238398_14144527.jpg

清流・安家川(あっかがわ)の流れる野田村下安家地区には、全国有数の「サケ・マスふ化場」があるんですよ。



emoticon-0171-star.gif日本で野田村だけ
ロードナイト(ばら輝石)というバラ色の鉱石が産出されます。
日本ではここ野田村でしかとれません。
幸せを呼ぶパワーストーン「マリンローズ」として販売されています。
f0238398_10431812.jpg




emoticon-0171-star.gifその他
・TV番組「ナニコレ珍百景」 登録数:
珍百景No.809 珍百景No.1468



詳しいアクセス方法や宿泊施設情報など、詳しくは野田村観光協会ホームページへどうぞ。
f0238398_1444829.gif


(追記)
 平成24年(2011年)3月11日に発生した東日本大震災の大津波で村中心部は甚大な被害を受け、現在防波堤・海岸などの復旧・嵩上げ工事中です。国道、また三陸鉄道北リアス線は復旧しております。

 ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問合せください。

   野田村観光協会 0194-78-2012
[PR]
by noda-kanko | 2010-04-03 13:48 | はじめまして | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル