「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

かまどのつきやさんの「杵つき餅」

2010年 11月 30日
寒くなると、お餅が恋しくなります。

産直ぱあぷるの人気商品のひとつに、私も大好きな“かまどのつきや”さんの作る、杵つき餅があります。
f0238398_15512563.jpg


いつぞや家でこのお餅を食べていて、こんな話をしていました。

私 「このお餅、次の日になっても柔らかいですよね。なんか入ってるんですかねぇ?」
母 「いやーどうだろね。つきかたがあるんだよ、確か」
私 「杵つきって書いてるけど、ほんとに杵つきしてるんですかねぇ・・・」
母 「いやいや、餅つき機じゃない?毎朝なんだもの、大変でしょー」

自宅では毎年年末に、お正月用のお餅を餅つき機でつきますが、柔らかいのは熱々の出来立てのときだけ。あとはその日のうちにカチンコチンになります。どうしてこのお餅はこんなに柔らかいのでしょう・・・


後日、かまどのつきやの代表の小野寺さんにお話を聞く機会があり、さっそく聞いてみました。


「エッ!?毎朝ついてるんですか」
「そうよー」


なんと!!
毎朝、ぺったんぺったん?


餅屋さん(お菓子屋さん)などでは、ぺったんとつくタイプの餅つき機もあるようですが、そういう・・・・ものでは、どうやらないらしいのです。

昔ながらの杵つきは、わたしなどは1年に1~2回イベント時に見るぐらい。なのに、ここでは毎朝ついているのだそうです!!すごいっ。すごいです。

お餅をついているのは小野寺さんの旦那さんで、奥さまと息子さんが手伝い、搗いているそうです。


そして、あの柔らかさの秘密を聞いてみると・・・

・材料は水ともち米だけ(野田村産もち米100%)
・およそ1時間、時間をかけて搗いている(なんと!)

毎日6~7升(10kg以上)のもち米をふかすので、2回に分けてつくそうです。
およそ1時間の餅つきを、毎朝2回・・・!!

「やっぱり毎日作らないとね(産直に出さないとね)」とはおっしゃってましたが、機械ではなく昔ながらの杵つきをされているなんて・・・頭が下がります。。


つきたてのお餅は、水に漬けられたまますぐに近くの工場(こうば)へ運ばれます。
f0238398_11555043.jpg

ちなみにこの“かまどのつきや”さんは、野田村は明内地区にあります。(老人ホームことぶき荘さんの近くです)
f0238398_11555831.jpg

地元の主婦グループで、現在6名いらっしゃいまして、お隣・久慈市のJAいわてくじ本店の敷地内にある「ふれあい産直ショップ 花野果(はなやか)」にも出品されています。また、青森県八戸市の百貨店「三春屋」さんにも、月3~4回程度催事に出品されるそうです!



敷地内には、工場(こうば)、粉つき場、体験も受け入れる古民家があります。
この粉つき場でついたもち粉や米粉を使って豆しっとぎも作るそうです。
f0238398_121102.jpg


こちらの古民家も味わいのある雰囲気。木枠の窓、縁側、いいなぁ・・・。
f0238398_1211172.jpg



話を戻してお餅でございます!

手でお餅を握ると、ぷにっと親指と人差し指の間から出てきます。それをシュッと手でちぎってお皿へ。この一動作で2秒ぐらい?とにかく早いんです・・。
f0238398_11555555.jpg


「みんな、同じ大きさなんですか」
「ええ、同じだと思いますよー、量ってみてもいいですよ~」
「これ、皆さんできるんですか・・・」
「そうですねー、ゴッドハンドが増えてますよ」
「ゴッドハンド(神の手)・・・。」



うー、なんて柔らかそうなの~~ 美味しそう~
f0238398_11555326.jpg



こちらは杵つきの『切り餅』。次の日でもぷにっと柔らかいお餅です。
このお餅をトースターでチンしまして、海苔や大根おろしやお醤油を付けて食べると、とっても美味しいです。
でも、焼いて何も付けず食べても、餅米の甘~い味わいがしてとても美味しいんですっ。
f0238398_11555415.jpg

「こんなに柔らかいと、切りわけるのも難しそうですね」
「そうですね、やっぱり。慣れた人でないとですね」



さて、ゴッドハンドで分けたお餅にはあんこやクルミダレが絡められていきます。
こちら、できたてのあんころ餅。なんてつややか・・・!美味しそう~~。。
f0238398_11555813.jpg



ちょうどおにぎりも握っていましたが、これもまた皆さん鮮やかな手つき!さすが。毎日の鍛錬の賜物ですね。
「ガスで炊いたご飯なので、美味しいんですよ」
そうか!ガスか! どうりでうちのおにぎりと味が違うわけだぁ。
f0238398_11554632.jpg

一つ一つ手で握られたおにぎり(きれい!)。心を込めて作ったものだからこそ、おいしいのでしょうね。
f0238398_11554738.jpg

f0238398_11555383.jpg



そして出来上がった商品はすぐに車に積まれ、産直へ。
f0238398_11555972.jpg


赤飯におこわ、おにぎり、お餅をずらりと並べます。
f0238398_11555693.jpg

あとは、今日もお客様が、美味しいって食べていただけるといいな~。とお祈りするばかり。

ちなみに一番人気は「くるみ餅」だとか☆



産直にお餅が出てくれているおかげで、お正月以外でも美味しいお餅を食べることができます。考えてみると、雨の日も、風の日も、毎日産直に出すために朝早くからがんばっているのですね。


地元のお母さん方が心をこめて手づくりしたものばかり。ぜひぜひ、皆さんも美味しいお餅を召し上がってみてくださいませ。
f0238398_11555631.jpg

古民家の前に立つ、かまどのつきや代表・小野寺信子さん。



★小野寺さんから聞いた『かまどのつきやの切り餅』の保存方法

・その日のうちに食べないときは、すぐ冷凍庫で保存を。
・解凍はレンジを使わず、自然解凍でどうぞ。(レンジだとお餅が解けちゃうので..)



[PR]
by noda-kanko | 2010-11-30 16:01 | テイクアウト・お土産 | Comments(2)

30年来の造形植木-広内さんの植木畑

2010年 11月 29日
先日、『ナニコレ珍百景』に野田村の方が出演した記事を書いていて、「野田村ではないけれど、ナニコレな所がある・・・!」と思いたち、早速取材してまいりました。



野田村の入口から久慈市に伸びる国道45号、久慈市宇部町の直線道路。
盛岡・八戸・久慈方面から野田村(宮古方面)に向かう際は必ず通る道路です。

この直線道路の中ほど、野田村から向かって右手側に、いつも気になっている場所があるのです。


ここ!ここ!
道の駅のだからは車で1分程度でしょうか。
f0238398_1521249.jpg

宇部川の橋のところです。


こちらの畑、様々な形に切りそろえられたオンコの造形植木が、なんと約200種もあるのです!
f0238398_1521748.jpg

いっぱいあるとは思っていたけど、まさかの200。

ずっと昔からありましたが、畑に入って見たのは初めてです。
f0238398_15205638.jpg

畑の入口にはこんな看板もありました!


ちなみに、北海道から北東北ではイチイの木のことを「オンコ」と呼ぶそうです。この辺ではあとは“チャラブクの木”とも呼ばれている、赤い実のなる木です。

この畑にある植木の9割は、このオンコの木なのだそうです。



ここは久慈市宇部町にあるんですが、どなたがコレをお作りになったかというと・・・なんと、野田村の方だったのです!(えー!)


この方があの植木畑の主、広内さん。ばっちり野田村民です。
f0238398_15205577.jpg

ちなみに、ご職業は特に造園とは関係なく、あくまでご趣味でやっていらっしゃるそうなのです。・・・私は勝手に「造園屋さんが練習用に作ってるのかなぁ?」なんて想像していたので、個人の方と知りビックリー。

「朝とか、空いた時間とか、なんだかんだいって1年の1/3ぐらいはあそこにいるかなー」とにこにこお話してくださった広内さん。


始めたのが今から実に30年ほど前、ご自身が30代の頃だったそうで、人から譲っていただいたオンコの木が大きくなったので切ってみるかなと、自己流で作ってみたそうです。そのうち、木をもらったり、増やしてしているうちに、この見事な植木畑になったそうです。すごい!
f0238398_1521837.jpg

とにかくいっぱいの植木


一つの作品につき、大体10年から15年もかかるそうで(うわぁ~~)、1年に数回ちょっとずつ手入れし、このすばらしい造形になっているそうです。


さてこちら、皆さん分かります?魔法のランプです。ボワワ~ン♪
f0238398_15285414.jpg

上のところがきれいに空洞になっているのですが、これは木の中にブイ(漁業で使う、海に浮かぶボールみたいなの)を仕込み、このような形に成長するようにして作ったそうです。時間がかかる作業ですよねぇ・・・。



この畑の顔とも言えるカエルさん。近くで見るとけっこう大きくて立派な木です。
f0238398_15205630.jpg

見てください、可愛らしいこの後姿、絶妙な丸っこいライン!奥さまも一番のお気に入りという逸品です。
f0238398_15205427.jpg

カエルさんのお目めはザルでした!
f0238398_1521420.jpg


こちらは、可愛らしい3体のふくろうさん。
f0238398_15205982.jpg


めでたい亀!庭で毎日見てたら長生きできそう~~
f0238398_1521097.jpg


あ!これは愛知万博のときのモゲロー!? あ、モリゾーでした。
f0238398_1521273.jpg


ん?これはなんだっけ? なんかすごく見たことがあるような・・・
f0238398_1521666.jpg

あとで娘と通ったとき「バイキンマンー!!」と叫んでいました。そうだ!バイキンマンだ!


そしてこちらのかわいい猫ちゃん。
f0238398_15324549.jpg

ちょっと写真分かりづらいんですが、なんと手がピースしてるんです・・・!!細かいぃぃ
f0238398_1521685.jpg

このほかにも、あんなのやこんなのや、とにかく楽しいものがいっぱい。


「何にするかなぁと考えているときが一番楽しい。初めは全部カエルにしようかなとも思ってたんだけどね」

見ているとどの作品もとてもイキイキと楽しくて、広内さんの遊び心が伝わってくるようです。

f0238398_1521331.jpg

「もともと見せるために作ったものではなかったので、あまり見られると恥ずかしいんですが・・・良かったら見てみてください」と広内さん。
(いやいや、こんなお見事なのに!)

ここを通った観光バスが畑の前で徐行することもたまにあり、そのときは慌てて隠れた(笑)とお話していました。国道沿いですからねぇ・・・。



こんな季節に取材してしまいましたが、やはり6~7月が綺麗だそうです。
なお、お車は畑のすぐ横にある農道から入ってお留めください。(※国道で交通量がありますので、出入りの際にはじゅうぶんにお気をつけください。) 見学は自由だそうです。
f0238398_15473790.jpg



[PR]
by noda-kanko | 2010-11-29 15:39 | 野田の人びと | Comments(2)

のだ塩入りのシュー生地でギュギュ! ロールケーキ「シュロー」

2010年 11月 26日
昨日、観光物産館の記事を書いていて、「そういえばシュローを取り上げてなかったなぁ。。」と思いまして、今日はシュローでございます♪

「んっ??シュローって何?」

というあなた!シュローとは、青森県八戸市の『丸美屋(まるみや)』さんで作っているロールケーキのことなのでございます。

このロールケーキ、わが野田村の天然塩「のだ塩」味のもっちりシュー皮で包んだ、人気の塩ロールケーキなのです!
f0238398_16152922.jpg


まるみや 楽天市場店でも販売中でございまして、
「20万本突破!!
ロールケーキ博覧会ベスト10入りした話題の自然塩入りロールケーキ」

とか書いてあります!
(ロールケーキ博覧会なんてあったんですね・・・)


のだ塩は、野田の海からくみあげた海水から、伝統の直煮製塩によりつくられる天然塩。ミネラルが豊富で、まろやかな味わいが特徴です。
この“のだ塩”を入れることによって、旨みが2倍にも3倍にも広がるのだそうです!
f0238398_16152732.jpg



この焼け目が美味しそうなシュー生地で、スポンジとクリームをギュ~っと包み込んでいます。
f0238398_16153257.jpg

シュローの生地はあくまでどっしり&しっとり。そしてその分、ギュッと細めロールなので、その美味しさもあってペロリと食べてしまいます。なので、「恵方巻みたいに一本丸ごと食べてみたい・・・」という願望にかられます(笑)
f0238398_1615327.jpg

このとおり細め。何ともいえないクセになる味、飽きのこない甘さが人気の秘密。


ところで、「なんかクリームがピンクっぽいな~」と思われた方もいらっしゃるかも・・。そう、このシュローは山ぶどうジャム入りのシュローなのです!
f0238398_16152831.jpg

ほのかなピンク♪ あっ違う、パープル♪
さわやかな酸味がシュローにぴったり!普通のクリームも美味しいけど、この山ぶどうジャム入りのクリームも美味しいなぁ・・・。


観光物産館ぱあぷるでは、2種類の味のシュローが販売されています。
また「ちょっとだけ食べたい」「試してみたいな」という方は、ハーフサイズもございますヨ~♪

黒いパッケージが目印デス!
f0238398_161528100.jpg

f0238398_16153213.jpg

というわけで、今日のおやつは自然塩入りロールケーキ『シュロー』でした★
ごちそうさまでした!


→ご購入はこちらから (ネットぱあぷる)


お菓子処 まるみや


〒031-0802 青森県八戸市小中野8-8-35
合名会社 菓子処 丸美屋
公式ウェブサイト
楽天市場店


[PR]
by noda-kanko | 2010-11-26 16:20 | テイクアウト・お土産 | Comments(0)

ネットぱあぷるでお歳暮キャンペーンスタート

2010年 11月 25日
「観光物産館ぱあぷる」のネットショップ「ネットぱ@ぷる」が、
今日からお歳暮キャンペーンで期間中は送料無料となるそうです!!

o(*'o'*)oおおぉ~(パチパチパチ)

この機会を逃すテはございません!
一部商品は対象外なのですが、そのほかの商品は全て送料無料です。「久しぶりに食べたいなぁ」というあの商品や、普段気になっていたあの商品を、この機会にぜひどうぞ。



というわけで今日は、「観光物産館ぱあぷるスタッフがおすすめする3品」を聞いてまいりました。ご参考にどうぞ!!
f0238398_11454663.jpg

お一人3個ずつ、5人の方にお伺いしてみましたよ。


★スタッフおすすめ・その1
森のぱあぷる(山ぶどう原液果汁)
f0238398_1145417.jpg

のだ塩ベコの道(天然塩)
f0238398_11475928.jpg

シュロー(自然塩入りロールケーキ)
f0238398_11455243.jpg

おっ、これは物産館でも売上の上位に入る品ばかりですね!
野田村といえばのだ塩。ここぞ!というお料理に使っています。山ぶどうの原液果汁も、贈り物として定番品。「森のぱあぷる」は3種類ある山ぶどうの原液果汁の中で、甘みと酸味のバランスの取れた味になっています。
塩ロールケーキ『シュロー』も、ファンの多い人気商品です。美味しいですよね♪


★スタッフおすすめ・その2
のだ塩麺つゆ
f0238398_11454720.jpg

炊き込みご飯の素・塩味(のだ塩入り)
f0238398_11454979.jpg

のだ菊あめ
f0238398_11495554.jpg

「新商品をおすすめしたいです。ぜひ一度お試しください!」とFさん。
塩味の炊き込みご飯の素、シンプルで美味しいですよねぇ!
あと、この夏は「のだ塩あめ」がかなり売れたそうなんですが、このたび「のだ菊あめ」が新登場。こちらにものだ塩が入っていて、また菊には身体をあたためる効果があるとか!?
味も菊のクセなんかはなく、やさしい味です。夏の塩あめ、冬の菊あめですね!


★スタッフおすすめ・その3
のだ塩らーめん
f0238398_11454852.jpg

シュロー(自然塩入りロールケーキ)
森のぱあぷる(山ぶどう原液果汁)

ここで「のだ塩らーめん」が入りました!
みずき園さんで作る麺は美味しいと他でも評判なのです!これにアッサリとしたのだ塩のスープがからまって大変おいしゅうございます。イケナイわ~と思いつつ、つい飲み干してしまうスープです。美味しいですよー


★スタッフおすすめ・その4
山ぶどうかりんとう
f0238398_11454788.jpg

塩クッキー(ほかのクッキーもおすすめ)
f0238398_11454712.jpg

のだ塩焼きそば
f0238398_11454523.jpg


今度は「かりんとう」が入りました!歯ごたえもあって美味しい山ぶどうかりんとう。塩クッキーも甘さ控えめで美味しいですよ。もちろん、のだ塩やきそばも大好きです。「もし焼きそばのスープが余ったら、野菜炒めに使ってもいいですよ」とのこと。ナルホド!合いそう。


★スタッフおすすめ・その5
のだ塩ベコの道(天然塩)
のだ塩焼きそば
山ぶどうピューレ
f0238398_11454579.jpg

今度は「山ぶどうピューレ」が入りましたね。ヨーグルトが大好きなので、いつもこのピューレを入れて食べているそう。あとは「のだ塩ソフトが一番です」ということです。のだ塩ソフトと同じものをカップアイスにしたものもありますヨ★

のだ塩アイス
f0238398_11454322.jpg


最後に、会長がおすすめしていたという商品です!

こちら、山ぶどう酒~~♪
f0238398_11455010.jpg

おとなりの山ぶどうワインも「甘めで飲みやすい」と好評です。

・・・アレッ!?まてよ。
お酒はネット販売してないんだった!く("0")>
“観光物産館ぱあぷる”にお立ち寄りの際にどうぞ~。



あとは一番人気の活ホタテも忘れちゃいけません。こちらももちろん、送料無料となります!

というわけで、送料無料のお歳暮キャンペーンは本日から12月15日(水)まで(12/31発送分まで)!
セット商品も取り揃えていますので(もしセットになっていないものがあれば、セットで希望とお申し付けください)ご贈答に、またご家庭用に、ぜひご利用ください。

ネットぱあぷる
【キャンペーン期間】 2010/11/25~12/15
一部対象外の商品もございます。詳しくはネットぱあぷるをご覧ください。



[PR]
by noda-kanko | 2010-11-25 17:17 | 村のお便り | Comments(0)

ナニコレ珍百景、野田村から出た~!

2010年 11月 25日
先日告知いたしましたが、11/24(水)OAの『ナニコレ珍百景』、ご覧になりましたか?

金ケ崎町観光協会さんのブログでもちょっと書いていただきましたが・・・

も の すごかったですね~~!


ゲストの高田純次さんから「売り出したら相当な値段になると思うよ」とコメントも・・・。
めでたく、珍百景No.809として登録されました♪


「魚だらけの民家」 公式ウェブサイトにも掲載されましたっ。ドウゾ!
テレビ朝日|ナニコレ珍百景 - 珍百景コレクション(2010年11月24日 OA分)



野田村から出たのはもちろん初めてなんですが、この辺だとどうかな・・・と思ってみてみましたら、お隣の久慈市からは【珍百景No.197】「降りたくない列車」(こたつ列車)というのがありました!
確かにあの光景は、珍百景かも・・・^^;


ん?採用されたら・・・3万!?
隊長、私も珍百景を探す旅に出てきます~!


[PR]
by noda-kanko | 2010-11-25 17:15 | 新聞・テレビ・雑誌掲載 | Comments(0)

テレビOA情報です

2010年 11月 24日
今日はテレビ・オンエア情報が二つ!あります。


一つは今夜(11/24)なのですが(汗) テレビ朝日系列の「ナニコレ珍百景」にて、野田村の方が映りますっ!
魚の木彫りの漁師さんといえば村民の皆さんはお分かりになるでしょう。私もご自宅はお伺いしたことがないのですが、とにかくものすごいらしいです。
番組は今晩7時からですので、ゼヒ見てみてくださいね!

ナニコレ珍百景
毎週水曜日 夜7時~



二つ目は、FNN系列の岩手めんこいテレビ「あなろぐ」にて、野田村が映りますっ。
こちらは今週と来週の土曜日! 11月27日(土)と12月4日(土)の2回に分けて放送されるそうです。野田村の漁師さんたちが映るそうですヨ!

あなろぐ
毎週土曜 昼12時~



[PR]
by noda-kanko | 2010-11-24 15:18 | 新聞・テレビ・雑誌掲載 | Comments(2)

野田村の観光パンフレットが新しくなりました

2010年 11月 22日
今朝は朝イチで、こちらが届きました。

じゃんっ★
野田村の観光パンフレットが、新しくなったのです!先週納品されたばかりの出来立てホヤホヤの品だそうです。
f0238398_1781721.jpg

ぬけるような青空に、眼下に広がる太平洋と野田村。いい表紙ですねぇ~!
野田村で一番高い山、和佐羅比山(わさらびさん)からの眺めですねっ。ちなみにこちらは、野田村で年2回行われている「塩の道を歩こう会」の写真です。



ちなみに以前のパンフレットは、内容の改変は毎年していたものの10年ほど同じものだったそう。とっても久しぶりのリニューアルですね。

役場の観光担当の方にお話をお伺いしてみたら、製作期間は約半年。
「校正作業が大変でしたね・・・」と語り始めました。
f0238398_1782010.jpg

重ねる校正、赤ペンの数々


今回の新しいパンフレットは、以前のコンパクトなものより3倍は大きいサイズです。

大きいサイズのパンフレットは、たくさんの情報を詰め込めるし、写真も大きく映えます。その大きさを生かして、「野田村各地のきれいな風景を皆さんに見てほしい・・・」という想いがあったものの、その写真を撮るのにご苦労されたそうです。

なにせ海・山、どこもお天気に左右されるようなところばかり、カメラマンさんに無駄足を踏ませてしまったことも多かったとか。表紙である和佐羅比山も、途中で天候が悪くなってしまったりと4~5回空振りしてしまったそうです・・・。



トップを飾るのは野田村自慢の活ホタテ!!(この前に、美しい十府ヶ浦海岸の写真もあるのですがっ) でっかくて美味しそうなホタテの写真ですねぇ~(≧∇≦)
「これも空けてみて良いホタテにあたるまで何度か...」(担当者)
f0238398_1781816.jpg



さすが・・・浜辺の花火の写真が美しいです・・・!(夏の十府ヶ浦砂音祭)
f0238398_1782024.jpg



国民宿舎えぼし荘のお風呂から、朝日が昇るところを撮影した写真も。(若干小さい写真ですが...)
f0238398_1782227.jpg



磯ラーメン豪華ー!美味しそうぅ~。
f0238398_1782188.jpg



このパンフレットは、野田村の魅力を目一杯!詰め込んだものになっています。

道の駅のだ(ほか、今週中には観光各所にがんばって配り歩くそうです)にありますので、ぜひ1部お手にとってみてくださいね!
もちろん野田村役場・野田村観光協会(野田村商工会)窓口にもございますー。


☆おまけ☆


野田村の過去の観光パンフレットを見せていただきました。
奥が古くて、手前が新しいもの。
f0238398_1782277.jpg

歴史を感じますなぁ・・・


[PR]
by noda-kanko | 2010-11-22 17:21 | 村のお便り | Comments(0)

のんちゃん特集第1弾はローカルクイズだ!

2010年 11月 19日
野田村のシンボル・ご当地キャラクター、のんちゃん。
今年は着ぐるみもデビューいたしましたよねー。この可愛さにはノックアウトでした...
f0238398_16345860.jpg

この愛くるしいのんちゃんは誕生して16年
今では野田村におおいに浸透しています。


というわけで今日は、突然ですが
のんちゃんクイズをご用意いたしましたっ!

このクイズを通して、のんちゃんがどれだけ当村に浸透しているかをご紹介したいと思います。



問題はすべて、「この写真は、“どこの”のんちゃんでしょう!?」です。(一部答えが書いてあるものもありますが...)
なお、答えは写真の下に書いてありますので、ゆっくりスクールしながら進んでくださいね。

全9問。
野田村民なら全問クリアしてほしいところですよぉ~


〔第1問↓↓↓〕
f0238398_16345765.jpg

↓↓↓

野田村玉川、『国民宿舎えぼし荘』の入口に立つのんちゃん像。
「えぼし荘」と書いてあるサーフボードを持っている。
・・・・一応ひっかけ問題なので、ひっかかった人がいたらうれしい(;^◇^;)


〔第2問↓↓↓〕
f0238398_1635060.jpg

↓↓↓

(久慈市側の)野田村の入口ののんちゃん像(国道45号沿い)。
野田村に来た人、初めて来た人、故郷に帰って来た人、みんなの心をガッチリつかむ。
こちらでは波乗りをしていますが、そう、野田村にはサーフスポットがあるのです。


〔第3問↓↓↓〕
f0238398_1635271.jpg

↓↓↓

野田村役場前の村民広場(役場職員の駐車場としても使用されている)。
正式名称は「村民広場」なのだが、村民には「のんちゃん広場」と呼ばれている。


〔第4問↓↓↓〕
f0238398_1635239.jpg

↓↓↓

これは村内各地で見ることができます・・・。
この“キャラクターマンホール”は全国各地にあるらしいです。


〔第5問↓↓↓〕
f0238398_1635435.jpg

↓↓↓

道の駅のだの観光案内版(塩ベゴのモニュメントの隣にある)に描かれています。
ちょっと歴史を感じるのんちゃんです。


〔第6問↓↓↓〕
f0238398_1634572.jpg

↓↓↓

道の駅のだ 三陸鉄道北リアス線の入口にある、自転車盗難への注意をうながす立看板。
(気を) がジワジワと来る看板です。


〔第7問↓↓↓〕
f0238398_1635365.jpg

↓↓↓

玉川千仞橋(野田村玉川・根井地区) →ブログ記事
「のんちゃん橋」と呼ぶ人も。「触るといいことがありそう」と撫でていく人もある。


〔第8問↓↓↓〕
f0238398_16345074.jpg

↓↓↓

まるきん・大沢菓子店の『のんちゃんまんじゅう』
これはまごうことなき、のんちゃんのおなか!おもわずスリスリとさわりたくなるような、まんまる~いおまんじゅう。しっとり生地に野田塩入りミルク餡、あんこには野田塩入りだそう。観光物産館ぱあぷる、まるきんさんにて販売中。

f0238398_1635434.jpg
なお同店のどら焼き“まるどら”にも、のんちゃんの焼印が押されている。(右写真)



〔第9問↓↓↓〕
f0238398_1635840.jpg

↓↓↓

キャラクターマンホールの十府ヶ浦バージョン
これは十府ヶ浦海岸・停車帯(はまなす食堂様向い付近)にあるもの。
十府ヶ浦海岸と、野田村花はまなすの花も描かれている。


*  *  *  *


はい、どうでしたでしょうか。
分かりましたでしょうか!?


このほかにも、村の交通機関である野田村営バス(ワインコインバス)にも。
移動してますので村内各地で見ることができます。
f0238398_15523531.jpg


そのバス停。村内各所にあるバス停はクレヨン&のんちゃんです。
f0238398_16345283.jpg


プールの近くにある、寺ノ沢橋ののんちゃん
f0238398_15522325.jpg


一家に一枚あるかもしれない(ないかもしれない)のんちゃんタオル
f0238398_16521133.jpg


ワタシの携帯にも揺れている、のんちゃんストラップ
f0238398_16524312.jpg


たまに車に付けているのを見かける、のんちゃんカーマスコット(このマスコットは目がちょっと小さい...)
f0238398_1653937.jpg


さらには地元保育園のお遊戯会では“のんちゃん(に扮した子ども)がサケに変身する”というネタまで出てきました!!


なかなかの浸透っぷり、いかがでしたでしょうか。


とりあえず道の駅だけでもけっこうあります。野田村へお寄りになった際は、ぜひこの写真を思い出して、のんちゃん探しをしてみると楽しいかもしれません。

他にも「ここにのんちゃんがいるよ!」という情報もお待ちしております♪


[PR]
by noda-kanko | 2010-11-19 17:09 | 村のお便り | Comments(0)

野田港のお台場公園はいい眺め!

2010年 11月 17日
今朝は霜がおりました!まぢの方で霜が降りたのは今年初めてかな?
-2度と、12月中旬並みの気温だったとか・・・。
f0238398_14523751.jpg


ところで!
先日、金ケ崎町観光協会さんよりご連絡をいただきまして、公式ブログ「今日もいいことComeOn日記」にて、当・野田村通信ブログをご紹介&リンクしていただきました!どうもありがとうございます~!

金ケ崎町観光協会さんのブログはとっても読みやすい、楽しいブログです♪ ぜひぜひ、覗いてみてください。

うちでも、(*゚∀゚)っな顔文字や∑( ̄ロ ̄|||) な顔文字を使ったら楽しくなりそうだなぁと思いましたが、どうも使いこなせる自信がありません・・・ チョットずつ精進していこうと思います。

金ケ崎町観光協会さんに、きっといいことComeOnかもん♪



さて、昼間はうってかわって小春日和となりました。
とっても気持ちよい青空♪

こちら野田港です~。
f0238398_14523497.jpg

海面に日が当たってキラキラ・・・ きれ~い。
f0238398_14523889.jpg

ミュウミュウ!ミュウミュウ!カモメたち大騒ぎ。
f0238398_14523579.jpg




そしてこちらは、野田港の手前にある「御台場公園」。への階段です。こんなとこ・・・あったんだ・・・。
f0238398_1585427.jpg

この階段を昇ります。。

段数を数えながら・・・ ・・・
f0238398_1594726.jpg

70段でした!追加で+10段ありました!
ふー・・・


おー、いい眺め~!
f0238398_1555212.jpg

f0238398_1555059.jpg

諏訪神社があります。公園というだけあって、東屋と古い滑り台もありました。
f0238398_155541.jpg

ここはかつて『遠見番所』(野田浦御備場所)で、砲台もあった場所なのだそうです。異国船が来ないか見張っていたんだとか・・・。
f0238398_1555281.jpg


ちなみに

「番所」とは!
・・・警備や見張りのために設置された番人が詰めるために設けられた施設(ウィキペディアより引用)
「台場」とは!
・・・台場(だいば)とは、幕末に設置された砲台で、要塞の一種である。(ウィキペディアより引用)

だそうです。
お台場って、そういう意味だったんですか!知りませんでした・・・。

f0238398_15304748.jpg

ここで毎日、不審船が来ないか見張ってたんだなぁ・・・。
いやー、ちょっと寂れた感もありますが、
幕末の異国船への対応を物語っている場所でございました。


眺めが良いので、お散歩がてらどうぞ☆

栗の木があったみたいで、カッチャ(イガグリ)踏んでアイタ!って帰ってきました。
みなさんはお気をつけて(ノ△・。)


[PR]
by noda-kanko | 2010-11-17 15:49 | 村のお便り | Comments(2)

普代村・下川原商店 おいしい手づくりパンの移動販売

2010年 11月 16日
今日は野田村のお隣・普代村の下川原商店さんが移動販売にいらっしゃいました。

下川原商店さんは美味しい手づくりパンや和洋菓子を作っているお店なのです!
週に2度、パンの移動販売をされているそうです(ちなみに野田村へは月2回程度とか)
f0238398_9172723.jpg

地元で人気の懐かしの味のお菓子も


ラスク、クリームパン、ジャムパン、コーン、あんぱん、さつまいも・・・♪
ん?・・・あんチーズ??
f0238398_9172439.jpg

「あんチーズですか」
「あんチーズです。美味しいですよ」

少々疑りながらも、あんこもチーズも好きなので試しに買ってみたら、コレが美味しかったのです!
f0238398_9172760.jpg

パン生地もモチモチッとしてて美味しい~!レンジでチンすると、きっともっと美味しい。
f0238398_9172964.jpg


下川原商店の中村英伸さん。カメラを向けるとビシィッ!とナイスなポーズを!
f0238398_9282626.jpg

「野田村に移動販売に行く日は午前3時には起きます。今朝は2時半起きでした・・・」
に、2時半!パン屋さんの朝って漁師並に早いんですねぇ・・・。




ところで、普代村といえば“昆布”で有名ですね!!

下川原商店さんでは「昆布之介」や「コン・ブッセ」など、ユニークな三陸こんぶスウィーツも展開されています。

今年9月に新登場した「昆布之介」は餡の中に昆布が練りこまれている饅頭。
「コン・ブッセ」の方はサンドクリームに昆布粉末を使用しているブッセです。
f0238398_1234230.jpg

それぞれ忍者、くノ一のイラストが目を引くパッケージ。これは野田村の道の駅のだ・観光物産館ぱあぷるでも取り扱っています(上写真)。
甘味と塩味(潮味)がコラボした新感覚スウィーツです。ぜひ一度ご賞味あれ♪



★下川原商店(普代村)


→普代商工会 下川原商店のページはこちらから
*TEL: 0194-35-2037
*営業時間: 7:00~21:30
*定休日: 年中無休
*住所: 〒028-8335 岩手県下閉伊郡普代村13地割字95番地2
*交通・アクセス: 三陸鉄道普代駅から徒歩約5分


[PR]
by noda-kanko | 2010-11-16 17:00 | 野田村外での話題 | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル