「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

山形村短角牛を味わう会2011

2011年 02月 24日
“山形村短角牛”(登録商標)の知名度アップ&PRを目的とした
『山形村短角牛を味わう会2011』

先日のツアー記事など何度か告知をしていたので気になっておりましたが、
先週の2月19日(土)、華やかに開催されました。


写真を提供していただいたので、そのときの様子をご紹介しますねー。
(✿写真提供ありがとうございました!✿)


会場内は人がどわっ!
f0238398_118367.jpg

その数なんと約170名!

すごい、「会費4500円で定員120人かー、人集まるかなー」と心配していましたが、定員オーバーしちゃってるじゃないですか!



この山形村短角牛、首都圏を中心に会員数約8万人を越えるという大規模な食材宅配サービス「大地を守る会」の商品ラインナップに加わっています。

ここでは、農薬・化学肥料は極力使用せず、環境保全を考えた農産物を会員へお届けできるよう、「大地を守る会 有機農産物等生産基準」を独自に定め、厳しい基準をクリアしたもののみ出荷されているとか。

山形村短角牛はそんな「大地を守る会」の契約農家となり、会員の皆様のもとに届けてられ、好評をいただいているそうです。

しかし・・・・ 肝心の地元の人間が食べる機会というのが、あまりないのです。
なので今回の会は、地元民にとって大変珍しい機会というわけ!



元東急レストラン総料理長、現在は大地を守る会などの商品開発顧問をつとめる
大塚義夫さん

東京都の大地を守る会直営の日本料理店「山藤」
総料理長・梅田鉄哉さん

山形村短角牛を中心とした食材を利用したレシピ集『風の食卓』を出版している
料理研究家・井上穹子さん・・・
f0238398_1183587.jpg

この3人のプロフェッショナルが、山形村短角牛に(野田村の天然塩のだ塩もコラボして)いったいどのような魔法をかけてくださったのでしょうか!


山形村短角牛の部位ごとの特徴を活かし
さまざまな創作料理に変身。
f0238398_1184025.jpg


こちらは短角牛肉を野田塩で数日間漬けこみ、コトコト煮込んだジューシーでとびきりな美味しさという「短角牛のソルテッドビーフの煮込み」
f0238398_1184229.jpg


こちらリブロースステーキの鉄板焼きコーナー。短角牛の濃厚な旨味を堪能・・・!
f0238398_1194614.jpg

ひゃー、おいしそ~~(´。・ω・。`)


ちなみに今回皆様には、お料理と一緒に野田村産・山ぶどうワイン“SHIZUKU”も堪能していただいたそうです・・・
f0238398_1183783.jpg

きっと、お腹をぱんぱんにしつつ「山形村短角牛を応援したい!」そんな気持ちに火が付いた会になったのではないでしょうか。

これを機に、もっと地元の食堂やレストランなんかでも食べられる機会が増えたら素敵ですね!


★山形村短角牛を味わう会実行委員会事務局


山形村短角牛 取扱店等お問合せは以下までどうぞ。

(有)総合農舎山形村
TEL 0194-75-2929 FAX 0194-75-2930
〒028-8713 岩手県久慈市山形町霜畑12-105
総合農舎山形村ホームページはこちら
f0238398_1184073.jpg

(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-24 11:11 | 野田村外での話題 | Comments(2)

大好き!ほうれん草

2011年 02月 22日
今日も昨日にひきつづき快晴の野田村。

春も近いね、、そんな話題がのぼるこの頃です。
f0238398_14352330.jpg

きもちい~ね~

カモメもひなたぼっこ中。
f0238398_14352158.jpg

もそもそ パタタッ



さて、ところで「道の駅のだ」の産直ぱあぷるさんでは・・・

ただいま・・・
f0238398_14314034.jpg


ただいま・・・
f0238398_14314165.jpg

ほうれん草が絶賛・旬です☆(-∀・*)



野田村を代表する冬野菜「寒じめほうれん草(ちぢみほうれん草)」
レギュラーほうれん草など、ほうれん草づくしです!!
ちなみにひと束100円~120円ぐらい。


最近美味しかったほうれん草レシピは、野田小の給食で目コピした「ほうれん草のツナサラダ」に、「チーズとほうれん草のチヂミ」
(チーズとほうれん草のチヂミは、ご興味のある方は検索してみてください♪)


ちなみにコロッケにほうれん草も入れてみたほうれん草コロッケは、ごく普通のコロッケになってしまいました!クリームコロッケにほうれん草足すとウマイかもしれませんね!

そうそう、先日のツアーではほうれん草農家の生産者の方に
「ほうれん草に、カマボコの薄切りと海苔をあえて、レモンドレッシングをかけると美味しいですよ」
と教わりました!


「寒さに耐え、味の深みが増す。そんなところが、野田村の人柄にどこか似ているようです。」 とは今月の広報のだから。うまい!うまいです!S川さん!


今の時期はアクも少なく、甘くてとっても美味しいほうれん草。
12月末~3月いっぱいぐらいの期間限定です。
ぜひぜひ、いろんなほうれん草お料理をお試しください☆
(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-22 15:20 | 村のお便り | Comments(2)

ハレの日のこびる~駅-1(エキイチ)グルメ

2011年 02月 18日
先日、えぼし荘さんの駅-1(エキイチ)グルメをご紹介しましたが、三陸鉄道北リアス線・陸中野田駅の駅-1(おすすめ)は、レストランぱあぷるさんのこちら

食の匠3姉妹☆「野田のこびるスイーツセット」 
でございます。(¥700)
f0238398_13101553.jpg

「こびる」というのは方言でおやつとか軽食のこと
(ひょっとして「小昼」と書くのかしら?)

こちらのセットは、野田村に代々伝わる、田舎の伝統の味の3姉妹が食べられます。


まずは郷土料理である「けいらん」
f0238398_13101626.jpg

「けいらん」(鶏卵)はもち米の粉でつくったお団子に、くるみ、黒砂糖、からしが入ったもの。椀の中に入ったおそうめんや春雨などの麺類は、卵を包み込む“鳥の巣”のイメージだそう・・。


食べるとピリッとからしの風味が広がり、そしてクルミと黒砂糖の甘みが追いかけてきます。
f0238398_13101756.jpg

意外とからしのアクセントがイイ!
もっち~りしてて美味しいし、もう1個たべたーい・・・。


こちらはしだみ団子。 うむ美味しいです。
f0238398_13101740.jpg

どんぐりあんを使った、めずらしい一品なのです。


そして今日はあんぴん(大福餅)の代わりに、豆しっとぎでした。これも美味しい。
f0238398_13101995.jpg

香ばしくやさしい豆の風味。

最後に、野田村産の山ぶどうジュースをきゅっと飲んで「くぅ~~!」
ぷはー、やっぱ山葡萄ジュースはいいわー


お団子は産直ぱあぷるでも買えますが、こうやって半分ずつ食べられるのもウレシイですね。
こちらのメニュー、来月・3月いっぱいまでの限定メニューとなってます。

また「けいらん」はこの辺で食べられるお店がないと思いますので、「けいらんってどんな味??」というご興味のある方、ぜひこの機会におためしくださいな♪ (ご予約は不要です)


※明日2011/2/19(土)は臨時休業とのことです!お気をつけて。


ソフトクリーム販売所で、のだ塩蒸し焼き芋(¥120)もゲットですー
f0238398_13101754.jpg

ほくほく。



-お店データ-

レストランぱあぷる


〔営業時間〕 午前11:00~午後3:00
〔定休日〕  毎週水曜日(※年末年始は12/29~1/1まで休業) 2011/2/19(土)臨時休業
〔住所〕  〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
〔電話〕  0194-78-4191
〔交通〕  三陸鉄道北リアス線陸中野田駅隣接 (観光物産館ぱあぷる2階)
野田村観光協会 レストランぱあぷるさんデータ

(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-18 13:40 | 飲食店 | Comments(0)

ねとらじ

2011年 02月 17日
先日、インターネットラジオ『くじ広域ラジオ』に少しだけ出演させていただきました。
f0238398_11222322.jpg

↑今回出演のみなさまで。

電波ではなくインターネット上にデータ配信されるラジオ、インターネットラジオ。私はあまり馴染みなかったんですが、企業や団体だけでなく、個人など様々なジャンルの番組がたっくさんあるそうです。

そして、このくじ広域ラジオさんというのは3年前にスタートした番組で、現在は月1回番組を配信しているそうです。
(こんな活動を続けているディレクターさん、エライ!!)


久慈市にて夜の収録だったためあまり長居はできなかったのですが、貴重な経験をさせていただきました~。

しかし初めての経験なので、大分オタオタしながらお話してしまいました。(赤面・・・。

でも今回は女性4人(ディレクターさんだけ男性)ということで、お話も弾む楽しい収録現場でしたよ~。
hiro713さんに「まだまだ勉強が必要だな!」と言われましたが(lll´Д`)、MC小雪さんをはじめとするフリーなトークをぜひ聞いてみてください♪


★くじ広域ラジオ


http://kujiradio.web.infoseek.co.jp/
(2011年 第2回放送です)
(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-17 11:29 | お知らせ | Comments(0)

愛しの焼き豆腐

2011年 02月 16日
昨日のテレビを観て、もっぱらお煮しめの焼き豆腐が食べたくなったharuです。

うちのテレビは録画機能を持ち合わせていないので、がんばって夜9時半に間に合わせました!(ちびちゃんの寝かしつけを、、)


山里の正月 豆腐とともに~岩手県野田村~
のテロップでスタートする番組。


「○○さんだ!!」 とか

「電話がのんちゃんネットだ!!」 とか

「あれはマミーさんのさつまあげだ!!」 とか


そんな話題で盛り上がりながら、楽しく拝見・・・


内容はこの地域にとっての豆腐という点にスポットをあてたもの。
番組の今回のテーマでもありましたお正月。お正月のお節料理には、三が日食べられる煮しめがかかせません。
というわけで、お正月に備えお豆腐を作るご家庭の一場面の取材となりました。


三陸鉄道へ乗り、十府ヶ浦海岸の朝日を眺める旅人・森沢さん。
朝の直売所で、村人にこの村にとっての豆腐について聞いてみる。
そして場面は野田村日形井地区へ。
とあるご家庭をたずねる旅人。
朝方から始まる豆腐づくり。
弟さんやそのお孫さんも加わって、にぎやかにお豆腐づくり。
そして出来上がった豆腐のほとんどは、ご近所や親戚、おともだちなどへおすそ分け。
受け継いでいるのは、豆腐作りの技術だけではなく、人と人とのつながり・・・


最後は、雪のふる大晦日の夜、囲炉裏でぐつぐつと煮込まれる煮しめ鍋。
「今年は6つのこったね。去年は2つだったから、4つ多いな」
そして、味がしみた、ふくふくの焼き豆腐にむしゃりとかぶりつく旅人・森沢さん・・・

「うん、うまい」

・・・・

私も、食べたい~!



ん?
明日はちょうど16日だ!市日だ!



というわけで、今月も市日日和のすっきり良い天気の野田村です。

ああ、まちがニンニク味噌の香り~
f0238398_15401029.jpg

ハッ!北末さんはとんかつの日です

くんくん・・・
f0238398_15401189.jpg


ふっふっふ。日形井婦人部さんの豆腐田楽と串餅ですよ。
f0238398_1540982.jpg


がぶ! いただきます!
f0238398_1540788.jpg

↑こっそり写るツナさん。


豆腐ふわふわ!ウマイー!
やっぱり焼きたては最高だわ~。

今はちょっとアレなので、また買いにこよーっと。


しかし再び訪れてみると、既にスッキリ売り切れた後でございました・・・
ああ~Σ(T▽T;)

【関連記事】




(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-16 16:12 | テイクアウト・お土産 | Comments(2)

迷い猫ニャ~

2011年 02月 15日
雪つもる十府ケ浦。(こないだの土曜日に撮影しました)
f0238398_13112830.jpg

先週からここ数日、ご用があって野田村村内をウロウロしています。

野田のような小さい村でも、知らない道はい~っぱい。
地図とにらめっこしながら、迷っては戻り、迷っては戻りながら歩いています。


和野平地区はさすがに分かるかなと思いながらも、怪しい・・・。
f0238398_15462183.jpg

冬の果樹園


ニャ~
f0238398_15462135.jpg

このか細い泣き声は・・・ 子猫!
めんこい。

アレ?こっちにも。
f0238398_15461939.jpg

雪ふる中、寒くないかな。


次は新山地区へ。道の駅のだのウラ手の方、久慈港があるあたりです。

野田港の手前で、左側に山をぐーっとのぼってゆくと・・・
海!
f0238398_15462173.jpg

ここは高い位置から野田湾を眺められるし、山道から急に目の前に海が開けるので、すごく眺めがいいのです。


晴れの日はまた素晴らしく、冬もまた冬の見ごたえがありますよ~
f0238398_15462065.jpg

さらにずっと行くと久慈市宇部町の久喜~さらにさらに行くと小袖海岸、「北限の海女」で有名な海女センターに出ますー。



そしてお次は玉川、下安家地区へ。渓流安家川とかえぼし荘のある方です。

あっ!
f0238398_15462087.jpg

三鉄!
ちょうどトンネルを抜けてきたところを目撃。

ここは三陸鉄道北リアス線の中でも素晴らしい眺めスポットということで、この陸橋の上は(時間帯により)ゆっくり走ってくれます。
なので、路肩に停車して写真を撮るということも間に合うのです(笑)


ちょうど下に写っていた、小野旅館さんからの眺め。いいなぁ~。
f0238398_15461540.jpg



さて、ところで!
先日告知いたしましたテレビは今夜でございますよ!奥さん!
というわけで・・・
f0238398_15461718.jpg

【関連記事】



(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-15 16:28 | 村のお便り | Comments(0)

JAスマイル直売所からのお知らせ~っ

2011年 02月 10日
今年はなかなか雪の積もらない野田村・・・

しかし今朝は、うっすら雪化粧!
f0238398_16174596.jpg

ほんとうっすらなんですけどね。

さむ~いっ。


さて。去年の10月にオープンしたばかりの
JA『スマイル直売所』は、
毎日元気に営業中。

3月(来月)までの、毎月10日・21日「ほっかほっかデー」だそうです♪

店舗前にて、ほっかほっかの豆腐田楽・串餅・おでんの販売をするそうです!
f0238398_16124326.jpg

くし餅スキ好き!
f0238398_1637276.jpg

f0238398_16124465.jpg

時間:10時~ なくなり次第終了 だそうです!

★スマイル直売所


営業時間: 9時~午後5時まで
Tel:  0194-78-2153
住所: 岩手県九戸郡野田村大字野田20-10 (JA新いわて野田支所)

【関連記事】

(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-10 16:26 | テイクアウト・お土産 | Comments(0)

野田村がBSハイビジョンに登場します

2011年 02月 09日
みなさん、NHKハイビジョン、見てますか~!

(地デジにしたら、見れました~!)

f0238398_11211774.jpg


今回の情報は、衛星放送(BS)が付いてるご家庭の方限定の話題で申し訳ないのですが・・・


 NHKハイビジョン
 「こんなステキなにっぽんが」



こちらに、来週 2月15日(火) 午後9:30~9:55
野田村が登場するんだそうですー!




去年の暮れにNHKプラネット東北さんが取材にいらしたそうなんですが(12月のはじめにはこちらにわざわざご挨拶にいらっしゃいました)、無事放送となるようです。ヨカッタですねー(暮れといえば大・大荒れの天候でしたが、、)


「冬に生きる」という5回シリーズもので
テーマは「山里の正月 豆腐とともに~岩手県」

岩手県ってありますが
この回(25分番組)は野田村だけです。たぶん。


今回はご家庭にのこる豆腐作りを取材したい・・・ということで、野田村は日形井地区の方のご家庭と、米田の直売所(安来)などを、作家・森沢明夫さんと共に取材されたそうです。


ちなみにこの森沢明夫さんのオフィシャルブログ「あおぞら落書帳」でも、取材のときの様子がチョコッと書かれています!2010年12月と、2011年1月にまたがって書かれていますが、ご興味のある方はよかったらソチラもご覧になってみてください♪

どんな映像になったでしょうね~。楽しみです...。


またこの番組はNHKハイビジョンのほか、衛星放送第2(BS2)でも再放送されます。

・2011年2月17日(木) 12:00~12:25 BShi(NHKハイビジョン)
・2011年2月18日(金) 09:00~09:25 BShi(NHKハイビジョン)
・2011年2月20日(日) 05:30~05:55 BS2(衛星放送第2)
・2011年2月21日(月) 09:30~09:55 BS2(衛星放送第2)
・2011年2月27日(日) 17:30~17:55 BS2(衛星放送第2)

一応テレビ番組欄でチェックしてみてくださいね!


★詳しい番組情報は、番組ホームページをご覧ください。
こんなステキなにっぽんが
(haru)

◆クリックで野田村知名度アップ大作戦!→ 《人気ブログランキング・岩手》


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-09 11:25 | 新聞・テレビ・雑誌掲載 | Comments(0)

短角牛に会いにいく

2011年 02月 08日
空に曇が広がりはじめた静かな午前中、
振興局・農政部のK原さんから一本のお電話が・・・


「午後、お時間ありますか?」


というわけでデートのお誘いを頂いてしまい、さっそく馳せ参じてまいりました。

やってきたのは『県北地域食材の魅力体験ツアー&意見交換会』(県北広域振興局・農政部主催)です。


今回のツアーは、主に食材を“使う”立場の皆さま方が、生産現場へ行き生産者とふれあい、最後に試食会をして、地域の魅力を体験するという内容です。
関東の方を対象にしたツアーはこれまでも開催していたそうですが、地元関係者を対象にしたツアーは今回初めての試みだそうです。


というわけで一行は大型バスに乗り込み、寒締めほうれん草農家さん、短角牛農家さんの二つの生産現場へ見学に参ります。


曇り空だった空からは雪が降り始めています。
あたたかかった最近では珍しく、ついには吹雪き始めました。
f0238398_10444194.jpg

開催関係者の心労が伺えます...


まず始めに、寒締めほうれん草農家へ(久慈市山形町戸呂町)。
ハウスにおじゃまいたしますー。
f0238398_10474054.jpg

寒締めほうれん草は、寒さの中で100日~120日ほどかけてゆっくり育つので、味が濃く、糖度の高い、美味しいほうれん草になります。

地方は北東北の中では比較的温暖で、天然の冷蔵庫のような気象なのだそうです。(そうだったのか) その特性を活かした栽培法なのだそうです。


ぺったりと地に這うように、横に広がって育っています。
f0238398_10444713.jpg

育て方は?土は?農薬は?収穫方法は?
飲食業の皆さんや、ふだん野菜を育てている方も多い野菜ソムリエの皆さんも興味しんしん。


寒締めほうれん草は長い期間ゆっくり育てるためか、地中では根が広がっています。
f0238398_10443758.jpg

そのため普通のほうれん草のようにスポッと抜けないので、カマで切り収穫するのだそう。袋詰めも手間がかかるそうです。葉がぎゅぎゅっと入ってますものね。


寒締めほうれん草は今が旬。
少しかじってみるとアク(エグミ)もなく、甘みが広がります。普通のほうれん草に比べると、ふかっとした厚みがあるのも特徴ですねえ。
f0238398_10444644.jpg

かじると甘い。


再び吹雪の外へ出て、再びバスへ乗り込み次は短角牛農家へ向かいます。
f0238398_1050483.jpg

雪だ雪だ。

でっ・・・でっかい!
f0238398_10444436.jpg

「気をつけてくださいね、こっち側は闘牛ですから」

こちらでは、8頭もの闘牛も育てているのだそうです。初めて近くで見ましたぁ・・・。


短角牛は岩手を中心に飼育されている赤牛で、飼育頭数は肉用牛全体のわずか1%という貴重な存在。
f0238398_10444442.jpg

冬の間は牛舎の中で育ち、春になると広大な牧草地に母子で放牧され、そこで自然のままのびのび育つそうです。
これは「夏山冬里」という短角牛の育て方だと前からよく聞いていたのですが、母子で放牧されて育つのは短角牛だけなんだそうです。

えっ、そ~なの!?
ほかの牛は、違うの?

交配も、人工ではなく自然交配なんだそうです。(夏の間に交配されるので、ただいま皆お腹に赤ちゃんが。もうすぐ出産ラッシュとなるんだそうです。)
飼料もなんと、100%国産。
短角牛というのは、とっても「健康」に育つ牛なのです。
f0238398_10444258.jpg

いや・・・大変タメになるお話を聞いている最中なんですが・・・

ブォォォ~~~!!!!

すぐそこにいる闘牛くんの大音量の鳴き声が恐い。

ガツッ!ガツッ!(隣の牛同士で角を突く音)
f0238398_10444081.jpg

ひえええ!

闘牛に舐められても平気であしらう下舘さん。さすが。

闘牛といえばオーレ!なイメージが強い方も多そうですが、わが野田村の『のだ塩ベコの道』とも深い係わり合いがあります。

その昔、野田村で作られた塩を運んでいたベコ(牛)たち。その牛の先頭を歩くのは「一番強い牛」でした。ほかの牛たちは強い牛に着いていく習性があるそうで、牛と牛とを角突きさせ、一番強い牛を決めたそうです。

それで今も、ここ久慈市山形町では、東北唯一の闘牛大会が行われています。
その猛牛たちを操る勢子(セコ)を務める一人が、この下館さんです。
(ホームページもあります→ いわて平庭高原闘牛会

短角牛のたくましさ、元気さを実感しました。



そして一行は短角牛に別れを告げ、久慈グランドホテルへ。
これから、お楽しみの試食会が始まります。
f0238398_10444917.jpg


久慈グランドホテル」、「エルコリーヌ」、「フォレストキッチン」、「まめぶの家」の料理人たちが腕をふるって考案したメニューです・・・!
f0238398_10444491.jpg

きれいですねー!

こんなのいただいちゃっていいんでしょうか・・・。


「海老をすりおろしまして・・・」
f0238398_10444815.jpg

ふむふむ


野田人としては注目の一品はこちら
レストラン エル・コリーヌさんが作った「山形村短角牛の山葡萄ワイン漬け」
f0238398_10444517.jpg

野田村産山葡萄ワインとみりんを沸かした液に、フライパンで焼き目を付けた短角牛モモ肉のさくを半日ほど漬け込んだもの。
とっても柔らかく、ソースの付け具合で色んな味わいに。

今回資料にレシピも付いてきたんですが・・・、料理人さんってすごい。なんでこんなの思いつくんでしょう。
f0238398_10443519.jpg

短角牛がぷりぷりに柔らかい「山形村短角牛と変わりだんご汁」。

f0238398_10444733.jpg

寒締めほうれん草のしんじょう焼きも、オープンサンドも、テリーヌとやらも、もう、ホントどれも美味しかったです・・・。

その後は寒じめほうれん草や短角牛について、生産者と消費者でいろんな課題などについても意見交換がされました~。


今回は、五感で味わうことって、すごく大事だなーと思いましたよ。
話に聞いたり、本やネットで読んだり、テレビ映像でも見てはいるけど、自分の目で見て初めて理解できること。まさに百聞は一見にしかずでございました。

とはいえ情報発信の課題というものもありますからね。ワタクシもがんばるぞ!

農政部さん、生産者の皆さん、シェフの皆さん、ありがとうございましたー!
これからもがんばってくださいー!
f0238398_10443633.jpg

嬉しいおみやげも、ありがとうございます。

★山形村短角牛を味わう会2011


日時 : 2011年2月19日(土) 18:30~20:00
会場 : ロイヤルパークカワサキ(久慈市長内町)
会費 : 4,500円(ドリンク飲み放題)
定員 : 120人

◇チケットのお求め
野田村産業開発(株)(観光物産館ぱあぷる) TEL 0194-78-4171

なお、短角牛はこのあいだ紹介した久慈市の「焼肉たむら屋」さんでも食べることができます。出席者によれば、短角牛ハンバーグは「超おいしい!(・∀・)b」だそうです。

(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2011-02-08 11:28 | 野田村外での話題 | Comments(0)

ホタテが食べたい~駅-1(エキイチ)グルメ

2011年 02月 04日
ああ、野田のホタテが食べたいなぁ・・・
f0238398_16492324.jpg


というわけで、えぼし荘です。
f0238398_16503521.jpg


先日紹介したホタテの玉手箱ですっ!(予約済みですっ!)
f0238398_16541494.jpg

はーっ!(*△*)

ホタテのお刺身。
f0238398_16491937.jpg

とろける甘さ!

ホタテのフライ。
f0238398_16491621.jpg

さくさく!

ホタテの照り焼き。
f0238398_16491925.jpg

ぷりぷり!

ホタテのヒモの含め煮。
f0238398_16491729.jpg

こりこり!

そしてホタテが入ったホタテ餃子。
f0238398_16491324.jpg

これ、ホタテの身が入っちゃってるんです。肉はなし。ホタテを3日乾燥させた粉末と、ホタテの「身」と、隠し味に紹興(しょうこう)酒。しかものだ塩に、そのホタテ粉末をブレンドしたホタテのだ塩(?)を付けて食べるんです。

こ、これは・・・・ 食べるとプリッ!として、フワッって風味がして、おいしい!

分かりますか!

分からない方は、食べにいってください。

いつも食べ物にはちょっと辛口めなK田さんも、「ウマいじゃん!これはいけるよ」と褒めていらっしゃいました。


お行儀悪くも、迷い箸をしてしまいます・・・・。どれも美味しい><
これで1500円は絶対お得!
f0238398_16501332.jpg

はーっ。
ほたてさまでした。いや、ごちそうさまでした。


あ、サンフラワー号かな・・・。
f0238398_16491843.jpg


国民宿舎えぼし荘さんでは、ランチもやっています。
定食・丼物・麺類など、“お料理が美味しい♪”と評判のえぼし荘さんのお食事を味わえます。ぜひどうぞ!


<ご注意>
今日ご紹介した「ホタテの玉手箱」は、新鮮な帆立の仕入れのため、恐れ入りますが前日予約をお願いしますとのことでした。



あと、えぼし荘さんは最近ホームページもできたそうです!
→国民宿舎えぼし荘ホームページはこちらから


えぼし荘さんのブログに載っていた、えぼし荘のアイドルくんにも会って来た。
f0238398_164914100.jpg

な、なんだ君は・・・!
ん? でも、よく見ると、ぎょろっとした目がかわいい・・・かわいいかも!

ぜひ会いに行ってみてください。



-お店データ-

国民宿舎えぼし荘 (レストラン)


〔営業時間〕 昼 11:30~14:00 / 夜 18:00~20:00
〔定休日〕 水曜日定休
〔住所〕 〒028-8202 岩手県九戸郡野田村大字玉川2-62-28
〔電話番号〕 0194-78-2225



【関連記事】




(haru)

◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~

[PR]
by noda-kanko | 2011-02-04 17:14 | 飲食店 | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル