「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今がチャンス!ぱあぷるでお歳暮ギフト

2011年 11月 30日
明日から12月、

スタッドレスタイヤも衣替え・・・。

道の駅のレストランぱあぷるさんでは早くも大掃除をやっていらっしゃいました。
(※今日は定休日)


というわけで、お歳暮の季節ですね・・・・!



道の駅・ぱあぷるさんでは今回、
通販限定で先着100名様 送料無料キャンペーンやっちゃうそうです!



がんばるなぁ・・・!


お歳暮のおすすめセットでもある「三陸りあす漬け」(鮭のしょうゆ漬け)
こちら12月中旬発送とすこーしお待たせいたしますが、
今年野田村の安家川に帰ってきた雄鮭を使用した
地域に古くから伝わる食べ方に加工したものです。
上品な味でとても美味しいです!


ごはんに乗っけて♪
f0238398_1682840.jpg

↑ 「かわごずら」(皮ごと切り落とし)の方

乗っけて♪
f0238398_1682879.jpg

↑ 「リアス漬け」(切り身)の方

召し上がってください!!

(一切れもあっという間になくなっちゃうんですよ...)


おすすめ4セットだけでなく、『ネットぱあぷる』にある商品ぜんぶが対象だそうですので、ぜひこの機会にご利用ください。
ただ12月末発送分までということで、大変残念ながら「のだ焼き」は(受注製作のためそれまでにお送りできないということで)除かせていただいております。うーん残念、すみません。。



というわけで承り期間は来月12/16(金)まで
送料無料は、先着100名に達した時点で終了となります。
ご興味のある方は ネットぱあぷる さんをのぞいてみてください♪


また「道の駅のだ」さんでは先日ホームページも立ち上げたということで、
よかったらそちらものぞきに行ってください~♪
↓ ↓ ↓
道の駅のだ



【関連記事】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-30 16:34 | お知らせ | Comments(0)

プチプチ食感!? 山葡萄ケーキ

2011年 11月 25日
あっ、のだ塩入り蒸し焼きいもだー!
f0238398_16112297.jpg

冬限定のこの商品。ソフトクリーム販売所でもお求めになれますよ♪


というわけで今日は、道の駅のだ「観光物産館ぱあぷる」さんから新商品のお知らせでーす。
f0238398_16112494.jpg

「山ぶどうの風味と、山ぶどう粉末のプチプチ感が美味しいですよー」


野田村産山葡萄の粉末使用「山葡萄ケーキ」 ¥120です
f0238398_1612731.jpg


こちらのケーキには、山葡萄のジュースを絞った残りの皮や種を粉末にしたものが入っています。なので、食べてみるとプチプチッという面白い歯ごたえが!!
f0238398_1611251.jpg

山ぶどうはとっても滋養があるのは皆さんよくご存知かと思いますが、
ポリフェノールや鉄分などの栄養は、皮と実の間に凝縮されているんだそうですよ~。


こちら売上の一部は、野田村役場の支援金となります!!
f0238398_16534026.jpg


あっ、支援といえば・・・この夏出た復興商品も紹介させてください!

のんちゃんが鮮やかにプリントされた南部煎餅のんちゃん煎餅』!!
f0238398_16112057.jpg

「ぷ、プリントって・・・!!( ̄Д ̄;)」
と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、
食用インクを使用しているのでもちろんそのまま食べられます。

でも食べちゃうのがもったいない~


南部煎餅2枚入りなので、水あめをサンドして水あめせんべいにできます。
f0238398_16112399.jpg

でも水あめは別になっているので、お好みで食べられるのが嬉しいですね♪


あら、こうするとホタテみたい
f0238398_16111957.jpg

では、いっただっきま~す。

バリ.. バリ.. バリッ
f0238398_16112697.jpg

・・・・
食べにくいわ! 昔と変わらず!


でもこの水あめの甘み、南部煎餅の小麦の香りと ほのかなしょっぱさ・・・

やっぱり・・・たまりません(>∀<人)☆

たちまち幼き日にタイムスリップしたのでありました。



以上2品のご紹介でしたが、皆さまもぜひお試しあれ♪



-お店データ-


観光物産館ぱあぷる(道の駅のだ内)
TEL 0194-78-4171
道の駅のだウェブサイト
ネットぱ@ぷる(通販)



人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-25 16:49 | テイクアウト・お土産 | Comments(4)

「ワン・ワールド・フェスタinのだ」開催のお知らせ

2011年 11月 24日
来月にあるイベントのお知らせです!!
f0238398_9501866.jpg

12月11日(日)に、野田村日形井「苫屋」さんにて
『2011ワン・ワールド・フェスタinのだ』
(エコトーク&エルスカンク ライブ)

が行われることになりました。

今回のイベントは、
エルスカンクのライブについてはどちらか..と言えば若者が対象かもですが、
『いろりトーク』(エコトーク)はぜひお子さんや、環境に関心ある方々にご参加いただきたいと思います♪

お茶やお菓子も出ます!
ぜひお誘いあわせのうえご来場ください。

冬の南部曲り家は寒ぅございますので、あたたかい恰好でどうぞ!!


-イベント情報-

ワン・ワールド・フェスタinのだ


〔場所〕 南部曲り家民宿&カフェ 苫屋(とまや)
〔日時〕 12月11日(日)
〔入場〕 無料・申込不要

■13:00~15:00 『いろりトーク』
「ドイツのエコ生活」
ゲストスピーカー:マルクス・ロスケンさん
日頃からできるエコ生活やドイツのクリーンエネルギーを活用した街づくりについて。

「食から考える環境と健康の話について。」
粒針文子さん(岩手県環境アドバイザー&環境健康学トランスレーター)

■15:00~ 『エル スカンク ディ ヤーディ(EL SKUNK DI YAWDIE) ライブ』
岩手から登場したアコースティックなデュオ。
日本、韓国、アイヌの血を持ち岩手に生まれたshow441(ショウヨンヨンイチ)と、南米の打楽器「カフォン」やドラム演奏を行うKATUSI(菊池勝志)。ギターとカフォンによるシンプルなレゲエサウンドをお楽しみください。
エルディヤード(エルスカンク ブログ)

〔お問合せ〕公益財団法人 岩手県国際交流協会
TEL:019-654-8900 / FAX:019-654-8922
http://iwate-ia.or.jp/

☆暖かい恰好でお越しください!

ちなみに盛岡・アイーナ会場となる「2011 ワン・ワールド・フェスタ in いわて」は12/4(日)に行われます。

人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-24 10:20 | 行事・イベント | Comments(0)

復旧した下安家サケマスふ化場

2011年 11月 22日
今日は、三鉄の橋梁に登れることになりました。

ミッションは、この秋に復旧作業が完了した下安家(しもあっか)漁協の「サケ・マスふ化場」の写真撮影・・・
・・の便乗です!(岩手日報さんごめんなさい・汗)
f0238398_106428.jpg

三陸鉄道北リアス線 安家川橋梁は、昭和49(1974)年3月に完成したわが国初のPCトラス橋で、長さ=302m、高さ=33mと三陸鉄道の中では最も高い位置にある。構造は、PCトラス7連(支間45m×6連、27m×1連)となっている。トラス部部材にはオートクレーブ養生による設計基準強度800kg/cm2の超高強度コンクリートが使用された。
社団法人日本鉄道建設業協会様より引用)
f0238398_106411.jpg

けっこう珍しくこの橋梁を見学するためにいらっしゃる方もあるそうですよ



三陸鉄道の方のご同行のもと橋梁へ登り、線路を歩きます。(三陸鉄道のお許しなしに入ってはいけませんのでご注意を
f0238398_1063284.jpg

・・・・・ん?


♪風の中のす~ばる~~
f0238398_1063237.jpg

あっ!

NHKの番組みたい!

かっこいいですよ!



なお三陸鉄道北リアス線・陸中野田-玉川間が被災したため、この線路は現在使用されていません
線路は錆び、草木も生えています
f0238398_1063794.jpg



で肝心の写真ですが、壁の隙間が狭いため
f0238398_1123464.jpg

狭いなぁ・・・

「線路の下に降りた方が良いだろう」ということになり降りることになりました。
f0238398_1064288.jpg

はしご高っ!

カン...カン...カン...
f0238398_1063720.jpg


あまり下は見ないように
f0238398_1064250.jpg


結構苦労して橋中央らへんまで進みます。
それでは撮影です。


海側はとてもいい眺めです。国道45号が見えますね。
写真下に見える建物が、営業中の「小野旅館」さんです!
f0238398_1064252.jpg

安家川河口にある下安家漁港に・・・
f0238398_1063771.jpg

カモメも寒くて身を寄せ合ってるのでしょうか
f0238398_1064074.jpg


そして反対側を見ると
津波で落橋した、安家川に架かる下安家橋。津波は安家川を逆流しながらあふれ、右側に見える川沿いの家々は流失こそしなかったものの、ほとんど被災しました。
f0238398_1034971.jpg

中には取り壊した家もありますが、直して暮している家、またそのままの家もあります。


その向こうに見えるのが大きな被害を受けた下安家漁協(島川良彦組合長)。
下安家漁協は県内でも最大級のサケ・マスふ化場施設を備えます。
f0238398_1064030.jpg

国や県、村などの行政からの支援を受けながら、事務所や倉庫、動力室、養殖池などの復旧が急ピッチで進められ、ほぼ従来通りにサケの採卵が行えるほどに施設は回復しました。


「秋サケまでに」を合言葉に、被災直後から組合員総出でがれき撤去と復旧に励んだという下安家漁協さん。
岩手の漁業を守るという決意のもと、来春には例年並み以上の放流を目指しているそうです!!


赤々とした山の中に佇む漁協とふ化場。
一見すれば、津波で壊滅状態になったなんて思えない風景でした・・・・



三陸鉄道さん、岩手日報さん、野田村役場さん、ありがとうございました!


下安家漁業協同組合
岩手県九戸郡野田村大字玉川第2地割14
電話 0194-78-2353


【関連リンク】



人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-22 11:24 | 村のお便り | Comments(0)

「いわて三陸 復興食堂」in野田村が開催されました!

2011年 11月 21日
昨日11/20(日)に、「世代間交流ふれあいフェスタ byいわて三陸復興食堂 野田村総合センター会場」が開催されました。
f0238398_13532414.jpg

会場には、今日駆けつけてくださった「八戸せんべい汁」の応援ソングが賑やかに流れていました♪
f0238398_1384298.jpg

このイベント、岩手県が主催で、岩手県奥州市出身のミュージシャン松本哲也さんが代表を務める実行委員会が運営していて、これまで県内の沿岸約20カ所で開催されています。

さまざまなところからご支援で来てくださる団体様のほかに、地元からも出店しています。
f0238398_1384839.jpg

な、な、な、なんと、すべて無料ですぅぅ。。


地元・野田村のお母さんたちが作った、
野田村育ちの「南部福来豚」(なんぶふくぶた)使用、山ぶどうの豚角煮(!)
f0238398_1384423.jpg

食べた人が「絶品!! こんなうまいの食べたことないよ」と申していましたが、私はあとでと思ってたら早くも完杯しちゃってた...(涙)


それからこちらの大鍋の、おでん500人前(こちらも完杯)。
f0238398_13114817.jpg

唯一「おでん」だけは(汗)ちゃんと食べられたんですが、とっても美味しかったですよぉ~~。あんまり美味しくて、涙を流すおばあちゃんもいたとかいなかったとか・・・。


こちらはつきたての杵つき・きなこ餅
f0238398_1384250.jpg



そして前々回に取材しました、仮設住宅などのお父さんたちが作った箸置き
f0238398_1384612.jpg


防潮林だった黒松の薪割り体験&デモンストレーションも行われました!
f0238398_1384615.jpg

よいしょっ!!
乾燥もさせてないし、黒松はすごく「しない」そうで、割れにくそうでした。


それから野田村商工会青年部による「希望のリースプロジェクト」では、この大きなリースに皆さんからたくさんの赤いリボンを結んでいただきました。
f0238398_1383660.jpg





そしてこちらは・・・ 横綱っ!?
f0238398_1383727.jpg

どすこい


今年の春めでたくB-1グランプリの正会員になり、「第6回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリinHIMEJI」にも初出展を果たした、久慈まめぶ部屋さんによるまめぶ汁!!
f0238398_1384154.jpg

久慈市山形町の郷土食で、このお汁の中に入っているお団子の中から、びっくり!黒砂糖とクルミがとろーり。甘みとしょっぱみが融合した、なかなか食べたことのないお味だと思います。



そっしってっ、B-1グランプリで4年間で第3位内という八戸せんべい汁
f0238398_1384498.jpg

岩手県北でも割とメジャーな郷土食。野菜汁に、モチモチ煎餅が入ってるんですよね。
これも、「すごーーく美味しかったーー」・・・って言ってました。
(並んだけれど4人前で完杯...。がくし。)

それから「久慈・音楽でまちづくり協議会」さんによる中華丼!
f0238398_1383917.jpg


こちらは復興食堂オリジナル、「たこ焼きそば」
f0238398_1385161.jpg

なんだかすごくモチモチの麺で海鮮風味の焼きそばだったみたいです。


お昼時はたくさんの行列。
f0238398_138536.jpg


そうそう、こちらの弘前大学人学部ボランティアセンターのみんなが配ってくれていたりんごもすっごく美味しかった!!
パリッと感と、甘酸っぱさと、みずみずしさが超絶妙。
f0238398_1384682.jpg

やっぱりんごは青森だね。買いたかった。今度買おう。



そして、総合センターの入口をくぐると・・・
f0238398_1385162.jpg

復興食堂のれん


中ではかわいい手作り体験コーナーや駄菓子コーナーありーの
f0238398_1385311.jpg



囲碁&将棋コーナー・健康チェックコーナー・ヨガ教室ありーの
f0238398_13384244.jpg



ドリンクコーナーではなんと、ビールもありーの♪
f0238398_1385092.jpg

ワタクシは飲んでません!!


そうそう、まるきんの心ちゃんによるお菓子づくり体験もあったんですよっ。。
ああ、見逃してしまいました・・・。調理室でやっていたのね。



そして地元団体によるステージイベントもあり、ラストには岩手県奥州市(旧水沢市)出身のシンガーソングライター・松本哲也さんによる生ライブも行われ、大変盛り上がりました。
f0238398_1383296.jpg




昨日の昼間は、先週の寒さがウソみたいなポカポカ陽気。
炊き出しの良~い香りや、にぎやかな音楽と掛け声に誘われて、
たくさんの方がご来場され様々な催しを楽しんでいました。
f0238398_1384498.jpg

ちょうど終わりごろに、雨が降り出したんですけれどもね・・・!



いわて三陸 復興食堂の関係者の皆さま方、
駆けつけてくれたたくさんのボランティアの皆さま方、
笑顔いっぱいのイベントどうもありがとうございました!!


【関連リンク】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-21 14:08 | 行事・イベント | Comments(0)

「乗馬・ふれあい体験広場」がありました!

2011年 11月 21日
11/19(土)、役場前・のんちゃん広場に
なんと・・・・・お馬さんがやってきました!!
f0238398_9475990.jpg

ひぇ~、おっき~い!!
大人が見ても迫力があったから、子どもから見たらほんとにおっきく目に映ったでしょうね!


トラックに乗って、たくさん来てくれましたーー。(全部で8頭だったかな?)
f0238398_9475321.jpg

雨もギリギリ降らなかったです。
f0238398_948117.jpg


どちらからというと・・・青森県青森市合子沢の青森乗馬倶楽部さんです!
f0238398_948060.jpg

ありがとうございます!!


広場に集まった保育園~小学生の子どもたちは、乗馬用の帽子を被り、お姉さんによいしょっと抱っこされて大きな馬の馬上へ。
f0238398_948260.jpg

「大人も乗って良いですよー」と言われましたが、子ども優先で遠慮しました。
(はじめに小田村長も乗ったそうですが・・・すれ違いで写真を逃しました!!)


今日は、ご支援団体による「野田村合同 七五三」も開催されたので、スーツ姿の男の子も乗馬体験を楽しんでいました。


カウボーイな感じの素敵なおじさん&お姉さんに手綱を引いてもらって、広場を2周ほどまわります。
f0238398_948164.jpg

「ぱっかぱっか」といい音♪


高くてちょっとこわいけど、楽しーい!
f0238398_948023.jpg

珍しい乗馬体験ができて、大喜びの子どもたちでした。


ホームページを拝見したら乗馬体験は通常¥1,000(約10分)・・・・今回ははるばる青森市から出張していただいたうえ体験料無料でした!青森乗馬倶楽部の皆さま、ありがとうございました!!




お次は日曜日の復興食堂レポです♪


【関連リンク】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-21 10:26 | 村のお便り | Comments(0)

お父さんたちのきっかけ

2011年 11月 17日
野田村沢山地区の、とある山小屋。

被災された皆さん・・・元ご近所だったおじちゃんたちで集まって、何やら作っていらっしゃいます。
f0238398_15171835.jpg

あの漁師で木彫師の深渡さんもご指導に
f0238398_15171942.jpg

まさに今日集まったばかりのメンバーで、みんなで薪ストーブにあたりながら・・・
f0238398_15531383.jpg

すてきな箸置き!
f0238398_15501710.jpg


そして今日、岩手朝日テレビさんが取材に見えられました。
f0238398_15531362.jpg

f0238398_155312100.jpg

f0238398_15172240.jpg

f0238398_15172234.jpg


「モノ(商品)になるかは今からだ。

 今日何人か集まってくれて本当に嬉しい。
 しかしこれから増えるかもしれないし、減るかもしれない。

 でも、とにかく始めることが何より大事なんだ。」

と語る大沢さん。


会の名前さえまだないわけで
実はちょっとフライング取材じゃないかしら、と心配に思ったんですが

被災され家や仕事をなくしたお父さんたちが見て、「おらたちもやってみっかな!」と思っていただけたらいいな。。と取材を見ていて感じました。


岩手朝日テレビ 「IATスーパーJチャンネル」(18:17~)、11/23(水・祝)の放送になるそうです!
詳しくはぜひ、放送をご覧ください。


寒い中、どうもありがとうございました。
人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-17 16:01 | 村のお便り | Comments(0)

初雪と☆ おいしい天然鬼ぐるみ

2011年 11月 16日
さむーーーい!!
昨夜はつに、ついに、雪が降りましたね!たぶん初雪・・・。

山の方では午後もまだ、昨夜の雪がちょこっと残っていました。
f0238398_17172875.jpg


今日はまた「苫屋」さんにご用事があって行ってきました、ら・・・
f0238398_17172959.jpg


ひゃー、干し柿が増えてるー!!
f0238398_17172750.jpg

すごい量だ。。
ずっしりと垂れ下がって、囲炉裏の煙にいぶされてます。


その傍らではちょうど、「福来豚(ふくぶた)チーム」のなかはらさんが、商品の発送準備中でした。

「福来豚チーム」さんは、仮設住宅のお母さんたちの手仕事チームではないのですが、その応援チームとして活動されています! 売り上げは被害に遭われた方々への応援資金に使われるそうです。
f0238398_17172915.jpg

野田村の銘柄豚・南部福来豚の養豚業のかたわら、鬼クルミを拾って、殻から剥いて商品にしているそう。
なかはらさんは、フランパンでかるく炒ってから、亀裂ができたところに包丁を入れて割るそうです。胡桃割りは使わないんですって。ウチではいつも金槌だったんですが、今年のお正月はこれで試してみようかしら。

もちろん、味は太鼓判!!岩手(東北?)では「すごくおいしい」ことを「くるみ味」っていうほどです。
f0238398_17263452.jpg

そしてこれは殻。「鬼」っていうくらいですから相当硬いです!!
実は「殻を利用したい」というニーズ、ぼちぼちあるんですよ。
ガーデニングにも使えるんですって。


こちらは乾燥させて、殻も剥いた山栗。小さいけれど味はしっかりしてます。
f0238398_8575412.jpg

乾燥しているのでそのままでも食べられるけれども、一晩ぬるま湯でうるかしてから、ご飯に入れたり栗きんとんにしたりできるんですって。



今準備している商品は、青森県八戸市のかふぇ・れすとらん 宇宙の贈り物(そらのおくりもの)さんで取り扱ってくださるのだそうです!
支援したい気持ちをくんでくささって、本当にありがたいですね。。



また、今度の日曜日11月20日に野田村で行われるイベント『いわて三陸 復興食堂』では、「福来豚チーム」のおかあさんたちで、おでんや南部福来豚の角煮も出すそうですよ~!
f0238398_17285486.jpg

岩手県奥州市(旧水沢市)出身のシンガーソングライター松本哲也さんの総合プロディースということで、当日はご本人による生ライブもあります!!
さまざまなご支援によるイベントもりだくさん。ぜひおいでください♪


-イベント情報-


世代間交流ふれあいフェスタ byいわて三陸復興食堂
〔日時〕 11月20日(日) 11:00~15:00
〔場所〕 野田村総合センター
〔主催〕 岩手県
〔問合せ〕 復興食堂事務局 岩手県盛岡市本町通1-9-39
      (Tel: 019-651-2085)

人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-16 17:38 | 村のお便り | Comments(2)

野田村産山ぶどうわいんSHIZUKU ~くずまきワイン工場より

2011年 11月 15日
『山ぶどうわいん SHIZUKU』(しずく)は、
じっくり熟成してから収穫する、糖度17度以上の野田村産山ぶどうを100%使用したワインです!
f0238398_16564890.jpg

コクのある甘み、山ぶどうのフルーティーな香り、キレのある酸味で、
女性にもおすすめの飲みやすい赤ワインです!
(※新発売と書いてありますが、できたのは2年前です)

が~

現在、観光物産館ぱあぷるの店頭では、しばらく前から在庫切れでございます。。
f0238398_16571471.jpg

しょんぼり・・・


で・も

ただいま、葛巻町の「くずまきワイン」さんで2011年の新物を作ってる最中で
来月、12月上旬に発売予定とのこと!




というわけで今日は、「くずまきワイン工場」さんにおじゃまいたしました!

葛巻町(くずまきまち)さんは、野田村とはお隣のお隣です。
f0238398_14145478.jpg


スキー場もある平庭高原の美しい白樺林を抜けて
f0238398_1434659.jpg

きれいですねぇぇ。新緑の白樺林も好きだけど、落葉した白樺林も神秘的ですてき!



ここが目的地、くずまきワインさんです!
f0238398_1434862.jpg

下に見えるのがワイン売店&炭の科学館の「森の館ウッディ」、上の手前に見えるのが平庭高原体験学習館&地産地消レストラン「森のこだま館」、その奥にあるのがワイン工場です。

試飲や「ワインソフト」お目当てに来る方も多いのでは♪


そして最近完成したばかりだという「大樽リフレッシュハウス」・・・!
f0238398_1434571.jpg

す、すてきすぎるお手洗いです。。



くずまきワインさんは、葛巻町の特産物である山葡萄や山葡萄の交配種を原料としたワインを多く製造されています。

ウッディの売店では、くずまきワインさんの代表商品である、うさぎラベルの「ナドーレ」(山ぶどう約20%)や、りすラベルの「フォーレ」(山ぶどう約10~15%)、人気の「ほたる」(ナイヤガラ使用)などなどワイン全商品の試飲が無料でできます。(ジュースも試飲していただけます。)
f0238398_1433957.jpg

ナドーレもほたるも、飲みやすくって大好き~!


ちなみにこちらの「ゆい」は、葛巻町・八幡平市・九戸村・野田村・洋野町の岩手県北産山ぶどうを使用したワイン。
f0238398_1465962.jpg

山ぶどう4割にぶどう6割のブレンドで、やや甘口の飲みやすいワインで低アルコール7%。最近かなり売れてきてるそうです。
今日のお土産はコレにしましたが、美味しかったですよ~♪



さーーて、今日の指令は、野田村産「山ぶどうわいんSHIZUKU(しずく)」の出来具合の偵察(←?)です。工場の方へ行ってみましょう!!


実は車を降りたとたん、ぶどうの香りに包まれました。
この香りって・・・!
あっ、家で山ぶどうを絞ったとき、台所に充満してた匂い(笑)


ワイン工場の2階です。木像の建物で素敵です。
f0238398_1481330.jpg

壁にはたくさんのぶどうの写真。わ~、窓からワインタンクが見えますね~♪


ワインをつくる工程としては

まずこちらの除梗(じょこう)・破砕機で葡萄をつぶし
f0238398_1435665.jpg


60度ぐらいに温めてから(たしか...)圧搾機で果汁を絞り、
f0238398_1435684.jpg


赤ワインの場合には果皮や種子を含んだままの果汁が、白・ロゼワインの場合は圧搾機により果汁だけを搾り出し、発酵タンクに入れられます。

ちなみに一番忙しいのは10月ぐらいとか・・・。


今日案内してくださる、くずまきワインの大久保さん。
大きいタンクがたくさんです!!
f0238398_1435178.jpg

立ってる場所が高くてちょっとこわい・・・。
18キロタンクには、720mlの瓶で約2万本分のワインが入っているそうです!


ぱかっと蓋をあけると、わぁぁ、中は発酵中のワイン!!
「ちなみにこれは大野の山ぶどうワインです」 えっ、野田村じゃない。そうか。
f0238398_1433995.jpg

f0238398_1433888.jpg

f0238398_1434122.jpg

中は盛んにシュワシュワ・・・と発泡が沸きあがってかくはんしています。酵母が葡萄の糖分を分解して、アルコールと炭酸ガスに変わるんだそうです。

葡萄を食べるときの、あのぽたっと落ちるフレッシュな果汁の香り。

お・おいしそう・・・!!

「中に落ちないように気を付けてくださいね。窒息死しちゃいますから。」

ぎくっ。



そして参考にと見せてくださった、赤ワインの発酵タンク。
f0238398_1434913.jpg


こっちは「もろみ果汁」と言うそうで、果実も入ってますね。
普通ワインは、赤ワインはもろみ果汁で高温発酵、白ワインは果汁だけで低温発酵させるそうですが、山ぶどうの赤ワインの場合は果汁のみで低温発酵させるそうです。
f0238398_1435197.jpg

その方が、山ぶどうならではのフルーティな香りが良いのだとか。


こちらのロゼは、果汁だけですね。先ほど見せていただいたタンクより静かです。これから発酵するのかな。
f0238398_1435595.jpg

フラッシュたいてるので彩度が強いですね。。


主発酵は10日~2週間で終わるそうで、主発酵が終わったらしばらくの間タンク貯蔵して後発酵させ、それからオリ引き、ろ過、殺菌をするそうです。


最後にビン詰め・コルク打栓・ラベラーをして、めでたくワイン完成になるそうです!
f0238398_1435729.jpg



そして

いましたーー!こちらが野田村の山葡萄ワインだそうです!
f0238398_1435487.jpg

しずくちゃん!
2011年秋収穫の野田村産山ぶどう・3トンからできた約1500リッター、2100本分だそうです。実は2年ぶりの醸造なんですよ。


大久保さんは「私はまだ最後の段階の試飲はしてないんですが、(作る人が)
『これ美味しいっすね!』って言っていましたよー」
とおっしゃってました。
うーん、早くのみたいなぁ。


SHIZUKU(しずく)は、くずまきワインさんの主力商品「ほたる」、そして俳優の辰巳琢郎さんが命名したというワイン「蒼(あお)」の次に作ってくれるそうです。ありがとうございます~!!



今年は道の駅のだ内「観光物産館ぱあぷる」さんのほか、野田村内・久慈の酒販店での販売もプッシュしていく予定。(通販は1月~2月から行える予定です)
特にぱあぷるさんでは、東日本大震災復興ワインとして、1本売上につき30円を野田村に寄付することにしたそうです。


ボジョレー・ヌーヴォーの解禁は11月17日ですが、
SHIZUKUの2011年新酒は来月12月上旬の販売になります。
お歳暮にもいいですね。

お楽しみに!!



くずまきワインさん、大久保さん、ありがとうございました<(_ _)>
f0238398_1435690.jpg

またねー、ミルンちゃん♪


くずまきワイン
〒028-5403 岩手県岩手郡葛巻町江刈第1地割95-55
電話:0195-66-3111
(※見学はご予約の上ご来場ください)
くずまきワイン 2011年新酒「ほたる」(白)は12月1日発売♪



【関連記事】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-15 17:10 | テイクアウト・お土産 | Comments(0)

桜並木を夢見て

2011年 11月 14日
f0238398_11243527.jpg


このあいだの土曜日、東京都目黒区より伊藤登志子さんという方が野田村へ来てくださいまして、「苫屋」さんで会食が行われました。


伊藤さんは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナへ桜を寄贈し植樹する活動を行っているイピル・イピルの会という主婦のボランティアグループの代表を務めていらっしゃいまして、11月11日に宮城県気仙沼市で植樹を行ったその足で野田村まで来てくださいました。
f0238398_11575769.jpg




野田村へ桜を植樹してくださるという
本当にありがたいお話を夏前からいただいていたわけでしたが、
今回、初めての顔合わせとなりました!!
f0238398_11243683.jpg

写真左から、苫屋の宿主・坂本充さん、野田村役場総務課長の米田さん、小田祐士村長、イピル・イピルの会代表・伊藤さん、久慈市にお住いの会田さん(下)、商工会青年部長の大沢さん(上)、野田村役場総務総括主査の中村さん、苫屋・坂本久美子さん。


f0238398_11243658.jpg

やっとお会いできましたよ~~。
伊藤さん、遠いところありがとうございました!


櫻の具体的な植樹場所はこれからの検討となりますが
来年の3月11日に、第1回目の植樹が行われる予定です。



すてきなTシャツいただいちゃいました。ありがとうございます!
櫻の苗木の費用を作るために、このTシャツを作成し販売されるのだそうです。
f0238398_1157565.jpg

5年後・10年後の桜並木、そしてたくさんの皆さんでのお花見、、、
待ち遠しいですね!!


【関連記事】




人気ブログランキングへ (haru)

・野田村では災害義援金を受け付けています
・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2011-11-14 12:00 | 村のお便り | Comments(2)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル