「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2012年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

30日(月・祝)久慈市『丼-1グランプリ』!

2012年 04月 27日
明日からゴールデンウィークに入りますね!

明日はワタクシ、JR東日本の「駅からハイキング」in野田村に行ってまいります(>Д<)ゝ”
いやー、完走できるかなー。


さて、3連休の最後の祝日(月曜日)に、野田村のおとなり久慈市さんであるイベントのお知らせです。

『いわて久慈 丼-1 グランプリ』 <久慈市>
f0238398_1702136.jpg

岩手県北ナンバー1丼 決定戦開幕!ナンバー1を決めるのはあなた!!
初代グランプリはどの丼に? ふじポンも参戦だ!




ということで、地域ならではの食材を使った丼がずらりと並び
丼を召し上がっていただいた来場者が投票するこのイベント。
野田村から「国民宿舎えぼし荘」さんが参加するそうです~☆☆

野田村産ブランド豚・南部福来豚(なんぶふくぶた)を特製たれに漬けて炙った「南部福来豚炙り丼」は、お子さまから年配の方まで食べられる甘辛い、どこか懐かしい味に仕上がっています。(た・食べたい・・・(´д`;))

う~ん、朝ご飯を抜いてたっぷり堪能したいイベントですね!



盛岡で同日(4月29日(日)・30日(月・祝))開催の、ベアレン醸造所 工場ビール祭り「スプリングフェスト」にはちょっと行けないわ、というあなた! ぜひこちらへどうぞっ(笑)


-イベントDATA-


*** いわて久慈 丼-1 グランプリ ***

【日時】 平成24年 4月30日(月・祝) 11:00~14:00
【場所】 みちのく銀行久慈支店 駐車場(「久慈春まつり」特設会場)
【主催】 久慈商工会議所青年部 電話:0194-52-1000

☆ 出場丼 ☆
 洋風居酒屋レフリー(久慈市)・・・・・「ガパオ丼」
 国民宿舎えぼし荘(野田村)・・・・・「南部福来豚炙り丼」
 平庭山荘(久慈市)・・・・・「いわて短角牛 牛丼」
 磯料理喜利屋(洋野町)・・・・・「いかとイナダの漬け丼」
 焼肉・冷麺 福次郎(久慈市)・・・・・「南部福来豚 しょうが焼き丼」

 最後の挑戦者は当日会場で発表!!


◆前売りチケット◆
【販売期間】 4月29日(日)まで
【料金】 1枚250円(当日300円)×4枚つづり 1,000円(当日1,200円)
【プレイガイド】 久慈商工会議所青年部(久慈商工会議所) 0194-52-1000/久慈市観光物産協会 0194-66-9200/国民宿舎えぼし荘 0194-78-2225 ほか 

(haru)

いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-27 17:21 | 行事・イベント | Comments(0)

映るよっ GW突入!はちきゅんスペシャル

2012年 04月 27日
明日4/28(土)、めんこいテレビの「はちきゅん」という番組のスペシャルがあります。3時間の生放送で、野田村(のだ塩)も映るそうですのでお知らせいたします~♪

【番組名】 「GW突入!はちきゅんスペシャル 元気を出して 復興元年!」
【放送時間】 ひる12時~15時 3時間SP


野田村からは番組中、何度か中継が入ることになっておりまして
そのお時間が

(1回目)13時37分~ (2回目)13時57分~

ここらへんの予定だそうです!(※生放送なので前後する可能性があります)


ところで盛岡市内にイタリアンレストラン「SALUTE(サルーテ)」というお店があるのですが、ここのオーナーシェフは岩手県内の食材を前面に押し出して色々なお料理を提供してくれているそうです。

お聞きしたところによれば、その中でも”のだ塩”の使用歴は長いそうで!
カクテルの「ソルティドッグ」、これはグラスのふちに「塩」がついているカクテルですが、そのお塩に”のだ塩”を使ってるんですって・・・・!わお♪(*・0・*)

その「サルーテ」さんのVTRも入るそうですので、ご興味のある方はぜひぜひご覧になってみてください。


地産地消イタリアン酒場 SALUTE(サルーテ) http://salute2009.web.fc2.com/


それでは皆さま、どうぞよい週末を~~♪
(haru)

いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-27 16:21 | 新聞・テレビ・雑誌掲載 | Comments(0)

焼き物のある生活♪ のだ焼・陶芸体験

2012年 04月 26日
今回の舞台は、ここっ★
f0238398_11621100.jpg

野田村玉川にある 『のだ窯ギャラリーIZUMITA』 さんです。

こちらで今日は、
「のだ焼 陶芸体験」 をしてきます!!


のだ焼の陶工 泉田之也さんの作品。
昨年は、平成22年度岩手県美術選奨を受賞されました。
f0238398_116664.jpg

国内外で精力的に作品展を開かれています。


この日はなんと、泉田之也さん自らご指導くださるということで・・・

※いらっしゃらないときは素敵な奥さまか、お弟子さんがご指導くださいます


陶芸体験というと、「手びねり」「ろくろ」の2種類あります。

手びねりっていうと“ねんどこねこね”ですよね。
私はろくろをやったことがないので、ろくろに挑戦します!
(手びねりも小学校の頃に学校で一度やったっきりですが・・)


とりあえず何を作るか決めますが、1000円コースの粘土500グラムの場合
大きめの飯碗、コーヒーカップや湯のみでおひとつ作れるそうです。
そうだ、私は花瓶をつくりたいな・・・!


というわけで泉田之也先生がお手本を見せてくださいました!
f0238398_1162275.jpg

「こういう普通の作ったの、久しぶりだな~」

こうやって
f0238398_116577.jpg


こうして 
f0238398_116771.jpg

注)実際はもっと詳しく教えてくれております

できあがり!
f0238398_116242.jpg

おおお...きれいー!!

きれいです!そして早いです!(3~4分ぐらい・・?)
さすが先生!!


次はいよいよ私。少し緊張しますねぇ。

電動ロクロですので、足でペダルを踏むんですね。
f0238398_1161069.jpg

ご指導を受けながら作っていきます。

こうですか?
f0238398_116692.jpg


こうかな?
f0238398_1162773.jpg


こう・・・
f0238398_1161259.jpg

ぐにっ

せ、先生!どうしましょう!(´Д`;)
f0238398_116868.jpg

このような初心者でも泉田先生が助けてくださいます!


というわけで、なんとかできあがりました。
f0238398_1162924.jpg

わぁーい、やったー!
味のある作品ですね(汗)


今回チャレンジした”ろくろ”の場合は手早く作るものだそうで、私でも作業時間は10~15分ぐらいでした。

”手びねり”だともっとのんびりした体験になるかと思います♪


最後に、うわぐすり(釉薬)の種類を選びます。

器の形は同じでも、釉の種類で作品の顔ががらりと変わります。
釉の種類は鉄、銅、マンガン、ブロンズ、青緑など様々。
f0238398_116229.jpg

私は泉田さん自作である、わら灰釉を選びました。
f0238398_11342896.jpg

↑中央のカップがわら灰釉だそうです。



焼き上がりは約1ヶ月後!

どんなになるか楽しみ~~♪

できたらブログで報告しますね!


というわけで初の陶芸体験、
ちょっとドキドキしましたがとっても楽しかったです!!

初心者でも丁寧にご指導してくださいますので、興味のある皆さんはぜひぜひ、「のだ焼 陶芸体験」にチャレンジしてみてください☆


*定休日がありますが、GW期間中は営業されるそうです*


-体験詳細-


***** のだ焼 陶芸体験(予約制) *****

【体験料】 1,000円(粘土500g、焼代込)
 *体験料は土の量によって変わります。
 *完成品をお届けするまで1ヶ月程度かかります。引き取り、もしくは宅配でお届けとなります。

【場所】 野田村玉川「のだ窯ギャラリーIZUMITA」、または野田村日形井地区「アジア民族造形館」にある「陶工房」
【受け入れ人数】 ギャラリー:1人~7人、陶工房:1人~30人
【所要時間】 ロクロ15分~30分、手びねり1時間位
【予約】 ご予約が必要です。電話 0194-78-4341 にて承ります。
【営業時間】 10:00~18:00(毎週水・木、第4日曜定休)

陶工 | 泉田之也 http://yukiya-izumita.com/


(haru)

【関連記事】




いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-26 11:50 | 野田村の旅 | Comments(0)

盛岡ベアレン・スプリングフェストに野田村産ホタテが登場するよ!

2012年 04月 25日
もうすぐゴールデンウィークが始まりますね!

皆さんはもう予定を立てられましたか~??


さて、岩手県盛岡市にあるビール会社ベアレン醸造所、お名前覚えてる方も多いのではないでしょうか。
こちらのベアレン醸造所の工場で、今度「スプリングフェスト」という春の工場ビール祭りがあるそうです!!

どんなイベントかと言いますと、入場料の¥2,000(当日は¥3,000)で
11:00~17:00のあいだベアレンのビールが飲み放題!ヾ( ̄0 ̄;ノ

様々な出店者による販売あり、また子ども向けの遊具(無料)ありの、ご家族そろって楽しめるイベントなんだそうです。



このイベントで、ご縁があって野田村の食材を使っていただけることに・・・!

というわけで昨日、ベアレン醸造所の直営店である「ビアパブベアレン材木町」(盛岡市材木町)の調理長・タキカワさんが野田村へ来てくださいました。

「ビアパブベアレン材木町」といえば去年の11月、野田村フェアを開催してくださったあのお店でございます!!


タキカワシェフ、まずは野田港へ向かいホタテの水揚げに。
f0238398_16371364.jpg

着いていきます!!←追っかけ


この船は、野田村漁協野田養殖組合の組合長である小谷地さんの船です。震災のあと中古の漁船を買われたそう。
f0238398_1637161.jpg


ざぶーーんざぶーーん

すごくゆれるのに漁師の皆さんはビシッと立ってます。よく転ばないなぁー・・・
f0238398_16371668.jpg


5分ほど走ったでしょうか、外洋とダイレクトに繋がる野田湾の沖合いにホタテの養殖漁場があります。
f0238398_16371358.jpg

停めても揺れる船上。さすが波の荒い外海です。ここは潮の流れが早く、冷たい親潮と暖かい黒潮がぶつかりあうので、プランクトンが豊富なのです。
荒波にもまれてエサもいっぱい食べるので、美味しいホタテができるんですね。


ところでホタテの養殖方法はいくつかありますが(籠に入れるか、貝殻に穴をあけ吊り下げるか)、野田村ではネットやカゴで養殖しています。
この養殖方法だと、ホタテちゃんが自由に動けるのでストレスを与えない、きめ細かな成長管理ができる、そしてホタテの身もきれいなわけです。

ホタテがきれいということは、あまり洗わなくてすみますから、そのままの美味しさを食べられるんですね!



さっそくホタテの入った三角ネットを引き揚げます。
この入れ物も、成長段階に応じて入替を行うそうですよ~。
f0238398_16371447.jpg

これは震災の後にホタテの赤ちゃん(目に見えないくらい小さいの)を集め、それが育ったものです。先日、震災後初めて 種苗用として出荷されました。


大きさは6cmぐらい。
f0238398_16371472.jpg

成貝になる前の6~9㎝くらいの直径のものを「中成貝」と言います。


実は漁師さんの間でも、この中成貝サイズが一番おいしいと言われています!
f0238398_16371510.jpg

その中成貝サイズなんですが、岩手県内ではここ野田村漁協のみが独自の検査体制を持っており出荷を許可されています。えへん。


タキカワシェフ、船上で野田産ホタテを食します!!
f0238398_16371536.jpg

私もいただいてしまいました。。漁師さん、ありがとうございます!

どきどき・・・

パクッ!

!!
あまい、うまい~!
ふっくら
とした舌触り、繊細な味わい・・・・。
とろける~~!(*>∀<*)゚+.



ちなみに以前は、水揚げしたホタテは『ホタテ蓄養施設』で一時保管していました。そのホタテ蓄養施設も津波で流失し、まだ再建に至っていません。
ホタテが成貝になるまでには約2年かかりますが、それまでには蓄養施設もできる予定だそうです。安定供給まではまだまだ時間がかかりそうですね。



ともあれ、この野田村自慢のホタテ(中成貝)ですが、
「ベアレン スプリングフェスト2012」4月30日(月・祝)に登場するそうです!!(イベントは2日間ありますのでご注意を!)

予定ではスープ仕立てだそうですが、どんなお料理になるのかな♪♪


それから、「ビアパブベアレン材木町」さんで毎月第4木曜日に開催している『ビール会』にも登場するそうです♪ (明日ですね!!)


このあとタキカワシェフは、今年3月に復活した「のだ塩工房」や物産館などにもお立ち寄りいただいておりました。
f0238398_16371885.jpg

おかげさまで天然塩「のだ塩」も大好評だそうで、たくさんの方にお買い求めいただいています。塩工房はいつも忙しそうですね。
f0238398_16371830.jpg


タキカワシェフ、ありがとうございました!


というわけでビール大好き!美味しいもの大好き!な皆さん、

4月29日、30日は『ベアレン スプリングフェスト』へGOですよ~♥♥



-イベントDATA-


***** ベアレン スプリングフェスト 2012 *****

【日時】 4月29日(日)、30日(月・祝) 各日11時~17時(開場10時)
【場所】 岩手県盛岡市北山 「ベアレン醸造所」前 特設会場 (地図
【入場料】 (ビールを飲む方のみ) 前売り2,000円、当日3,000円

《チケットのお求め方法》
・工場直売所、直営レストラン(材木町店と中ノ橋店)※現金のみの販売
・お電話にて 019-606-0766 ※代金は銀行振込の前払、手数料はお客様負担
ウェブショップ ※販売手数料が5%別途かかります。

※販売期間:4月28日(土)まで (お電話、ウェブショップでは明日・4月26日(木)まで)


▽ベアレン工場ビール祭りブログ
http://baeren-beerparty.seesaa.net/

(haru)

【関連記事】





いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-25 17:23 | 行事・イベント | Comments(0)

震災がれきのゆくえ

2012年 04月 24日
今年の桜はちょっと遅め。
f0238398_15203119.jpg


昨日は、野田村内米田地区の災害廃棄物仮置き場で 『安全祈願祭』が行われましたよー。
f0238398_11582364.jpg


このがれき置き場に、選別・破砕機械などの中間処理施設が整備されるそうです。
f0238398_1225695.jpg

作業場の土地整備(コンクリートしいたり)をして・・・・
実際の作業開始は6月頃の目途。


関係者60人ほどが参列、安全を祈願しました。
f0238398_11585191.jpg


三陸鉄道の線路が近いですので、がれきの飛散防止のためにフェンスも作るそうです。
f0238398_115057.jpg


ところで災害廃棄物の仮置き場は、村内8カ所。

たとえば野田保育所跡地
f0238398_11482824.jpg

保育所は別の場所に建設されます。先日、地鎮祭が行われましたね。


そのすぐ近くの、村営住宅跡地と・・・
f0238398_11484335.jpg


そこからほど近い南浜地区(十府ケ浦)
f0238398_1149150.jpg

三鉄運行再開のときは、よくここで写真撮られました


あと道の駅から近い、新山地区(野田港そば)と
f0238398_11513170.jpg


そしてお隣久慈市に入りますが宇部地区 国道45号線沿い。
ここもかなりの山でしたが、分別して米田地区の2次仮置き場に運搬したそうです。
f0238398_11515162.jpg


あと、車で10分ぐらい離れて下安家にもあります。
f0238398_15212123.jpg


野田村の震災がれきは、推定約14万トン

岩手県内や青森県八戸、秋田県などでの処理を委託するそうですが、
現在片付いたのは約5%ほどだということです。

人気ブログランキングへ (haru)


・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-24 09:46 | 村のお便り | Comments(0)

野田村全国発信キャンペーンについて追加

2012年 04月 18日
本日の岩手日報 「紙風船」コーナーに、のんちゃんのミニのぼりが掲載されています!
f0238398_10415154.jpg

このあいだ岩手日報のお姉さんに取材していただいたものです。
載せなくていい数字も載ってますが(汗) ありがとうございました



さて、「Blog de 野田村全国発信キャンペーン」につきまして

携帯電話からのご応募が可能か、お問合せをいただきました。
(キャンペーンページ自体がPCのみ対応でしたので....)

というわけで、先日の記事の方と、またキャンペーンページに専用メールアドレスを掲載しております。そのアドレスをクリックして、必要事項をご記入のうえご応募くださいませ。モバイルユーザーの皆さま、申し訳ございませんでした(汗)


というわけで当選確率は高い予想ですので(笑) どしどしご応募ください♪
↓ ↓ ↓

【関連記事】




【関連ページ】




人気ブログランキングへ (haru)


・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-18 10:50 | お知らせ | Comments(3)

被災地応援くるみまんじゅう「興福」

2012年 04月 17日
ついに出来上がりました~!!

先月放送された「NHK・あさイチ」に登場した・・・
まるきん大沢菓子店さんから出たばかりのお菓子、その名も「くるみまんじゅう 興福(こうふく)」です!
f0238398_952211.jpg

まるきん大沢菓子店の代表、大沢欽弥さんです。

こちらのお饅頭は、甘さ控えめのこしあんに和グルミがたくさん入っていて、しっとりした生地の上にも和クルミを乗せて焼き上げています。この3月に一年ぶりに復活した野田村産の天然塩「のだ塩」も入っていて、味を引き立てています。
f0238398_9522244.jpg

和クルミの香ばしい歯ごたえがあって、とっても美味しいですよ~(*>_<*)♥

f0238398_9522225.jpg

 ぼくも味見したけど、これおいしいよ~!


これは、東日本大震災被災地支援チーム「SAVE IWATE(セーブイワテ)」さんで行っている三陸の和グルミプロジェクトから生まれたお菓子です!

三陸の和グルミプロジェクトとは、三陸の被災地で「仕事を失った」「収入がない」といった方々が、クルミを拾ったり、またクルミの殻むきを行いそれをセーブイワテさんが買い取り販売することで収入につなげよう!というプロジェクトだそうです。
f0238398_13181453.jpg

2011年秋、集まった和クルミはなんと23トン(230万個)!!ヾ( ̄0 ̄;ノ
その三陸産和クルミ(殻付き、むき実)は、いわて銀河プラザや岩手県盛岡市内の小売店、そしてAmazonなどネットで販売。


ところで和グルミには「鬼ぐるみ」と「ひめぐるみ」の2種類があり、大体が鬼ぐるみだそう。和グルミは洋グルミに比べて濃厚でコクがあり、フルーティ!
お菓子にしてももちろん美味しいわけです。
f0238398_13181990.jpg

というわけでこの「三陸産和クルミ」はお菓子にもなって登場。

おひとつは岩手県盛岡の老舗和菓子店 「造り菓子 竹芳」(ちくほう)さんで作られている和くるみ糖。醤油と砂糖で包み込み込んだお菓子だそうです!

そしてこのたび、被災地・野田村の「まるきん大沢菓子店」さんから「くるみまんじゅう 興福(こうふく)」が登場。


「“興”という漢字には、呼び起こす、起きる、始まるという意味があります。
福がたくさん興きますようにという願いをいっぱいに込めてこの名前にさせていただきました」
とお菓子職人の心さん。すてきな名前ですね。
f0238398_9522049.jpg

クルミを採った皆さん、殻を剥いた皆さん、のだ塩を作っている皆さん、
そしてそれを支援していただいた皆さん・・・
たくさんの方々の想い・願いの詰まったお饅頭なんですね。


「くるみまんじゅう興福(こうふく)」は1個150円、6個・箱入りで1,050円。
f0238398_9522080.jpg

まるきんさん、それから道の駅のだ(陸中野田駅併設)「観光物産館ぱあぷる」さんでもお買い求めいただけます。


また、まるきんさんでは、その鬼グルミの剥きくるみ、そして野田村の被災者の方々が作った手作り小物も販売しています。
f0238398_9522119.jpg

ぜひ被災地の応援をお願いいたします!

f0238398_10163910.jpg

ご注文、お待ちしております


-お店データ-


まるきん 大沢菓子店
まるきんブログ http://blog.goo.ne.jp/marukin-oosawa
住所:岩手県九戸郡野田村大字野田20-25-5
電話:0194-78-2538  FAX:0194-78-4126
営業時間:平日 朝9時~夜7時まで 土・日 朝9時~夜6時まで
定休日:第一、第三火曜日


【関連サイト】




【関連記事】




人気ブログランキングへ (haru)


・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-17 10:42 | テイクアウト・お土産 | Comments(0)

キャンペーンだよ! 「Blog de 野田村全国発信キャンペーン」

2012年 04月 16日
いつも野田村通信ブログをご訪問頂いている皆さま、ありがとうございます。

今日は「ブログを書いてるよっ」という皆さまにお知らせです。


野田村観光協会では、全国の皆さまからのご支援に感謝して、
ささやかながらキャンペーンをご用意いたしましたo(^∇^;)o

その名もBlog de 野田村全国発信キャンペーン


皆さまが野田村を訪れたときの思い出、感動した景色・風景、出来事など、
ぜひご自身のブログに写真つきで掲載してください。

掲載アドレスを添えてご応募いただいた方の中から、感謝をこめて
期間中毎月抽選で10名様(合計30名様)に、「I love 野田村バッジ」(2個セット)をプレゼントさせていただきます(*^▽^*)
f0238398_17271349.jpg

この野田村観光協会オリジナル「I love 野田村バッジ」は、
野田村マスコットキャラクター「のんちゃん」と「のだ塩ベコの道牛方像」の2個セット。缶バッジサイズは44mmです♪


そして・・・野田村観光協会オリジナルの非売品となっております!(`・ω・´)
バッジの台紙にも一工夫しておりまして、ここだけの“ドットのんちゃん”も隠れております~ (台紙は「しおり」にもぴったり♪)


なお、「もう前に行ってきてブログに載せたよ~!?」という方も、ご応募いただけますのでぜひ!
(※但し、平成23年3月11日以降とさせていただきます)


ぜひぜひ、I love 野田村バッジを手に入れてください...♥



【応募対象】 応募者自身が運営するブログに、野田村に関する記事を、写真付で掲載していただける方

【応募期間】 平成24年4月16日(月)~7月16日(月)の3カ月間

【締め切り】 毎月15日  ※土日祝日にかかる場合はその翌日
        (5/15(火)、6/18(月)、7/16(月))

【ご応募方法】  野田村観光協会キャンペーンページ 専用応募フォーム
※携帯電話などからは、キャンペーン専用メールcmpn2012@noda-kanko.comへ《掲載アドレス》《氏名、住所》をご明記の上、ご応募ください。


★ご応募、キャンペーン詳細はこちらをクリック!
           ↓  ↓  ↓
Blog de 野田村全国発信キャンペーンページ

人気ブログランキングへ (haru)


・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-16 17:33 | お知らせ | Comments(2)

三陸に春を告げる魚「ママス」

2012年 04月 13日
東日本大震災から13ヶ月が経ちましたね。

野田港では今、2年ぶりに三陸に春を告げる魚 真鱒(ママス)の漁が始まっています!
f0238398_15374526.jpg

ママスは銀鱗の輝きが美しく、味も素晴らしい高級魚です!

お聞きするところによれば昔、エリザベス女王が日本を訪問された際に三陸産のママスを献上したというお話もあるとか。


ママスは鮭の仲間で、”サクラマス”とも言います。
大きさは1.5kg~3kg程度。獲れるのは3月末~5月までで、今が旬!
f0238398_15374544.jpg

味はまさに絶品で、様々な魚を食べ尽くした漁師さんたちも太鼓判。
「食べると隣の人の頭をはたくほどうまい」んだとか(^△^;)


塩焼きにするだけでも、焼魚とは思えないほど上品でまろやかな風味が口の中に広がります。ほかに煮付けにしても美味しいそうですよ。


そしてもう一つが、やはり2年ぶりとなる『塩蔵わかめ』ですー!
野田村産の塩蔵わかめは、全国どこに出しても恥ずかしくありません(`・ω・´)
f0238398_15375638.jpg

お湯にくぐらせ戻せば、たちまちピンとした美味しいワカメに早変わり。

「ワカメの味噌汁が苦手」だとか言っちゃう人、
このシャキシャキわかめを食べてごらんなさい!


というわけで、ここ小林魚店さんではママス(1本)2kg前後で5,000円。(送料別)
ご希望の方には、サービスで切り身にしてお届けするそうです♪
f0238398_16144479.jpg

2kg前後のママスを切り身にすると、大体18切れぐらいに。


そして小林さんでは、このママスの切り身と塩蔵わかめ、干しまつもをセットにした
『野田村応援 春の三陸セット』も販売するそうです♪
f0238398_1612497.jpg

ママスの切り身(8切)、塩蔵ワカメ(1袋250g入)、干しまつも(1袋3枚入)のセットで3,800円(送料別)
※干しまつもをすき昆布とチェンジすると3,400円(送料別)



野田村の各漁協で200隻以上あった漁船も津波でほどんど流され、残った船はたった数隻。一年経ち船も増えてきたとはいえ、まだ10隻や20隻ほど。
そのせっかく水揚げできたお魚も、商店街周辺から人が減ったことや、また風評被害も絡み合い、売れ残る状態だそうです。


「買っていただく」ことを通じて、ぜひ応援をおねがいします。
三陸、野田村の"今"をお届けいたします。

f0238398_15375480.jpg

おいしいよっ!


-お店データ-

小林魚店


* 所在地:〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田26-15-2
* Tel :0194-78-2055
* 営業時間:午前8:00~午後7:00
* 定休日:毎週日曜日
* 交通:三陸鉄道北リアス線陸中野田駅から徒歩5分
* 通販⇒なにゃどやらねっと

人気ブログランキングへ (haru)


・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-13 17:08 | テイクアウト・お土産 | Comments(2)

岩手日報の新しい記者さん

2012年 04月 12日
今日は、岩手日報 久慈支局の記者の方がご挨拶&取材に来てくださいました。


前任の方は三浦さんという男性だったんですが(大変お世話になりました)、
今回は若い女性の方です!!
久慈支局ではナント20年ぶりの女性記者だそうですよ~。
f0238398_1627838.jpg

笑顔がとってもかわいい志田さんです♪ \(*^▽^*)/

さっそくのんちゃんの洗礼を...じゃない、ミニのぼりを持ってもらいました。


岩手日報・久慈地域の取材を担当されるということで、これからたくさんお世話になると思います。もしも皆さんのところに取材に行ったら、こころよく&あたたかく答えましょう!d(>_・ )


岩手日報さん、今年度もどうぞどうぞよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ (haru)


・野田村役場公式ホームページ(災害・復旧・生活などの情報はこちら)


[PR]
by noda-kanko | 2012-04-12 17:25 | 村のお便り | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル