「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

やませの姿

2012年 06月 29日
今日の夕方、写真を撮っていると海側に不審な雲が・・・
f0238398_17424839.jpg

もっこり。


むむ?
f0238398_17424748.jpg

!!
f0238398_17424870.jpg

あれは・・・!
あれは、幻(?)の笠雲やませ!!
(※この状態を「笠雲」って呼んでいいかは正直分かりませんが(´Д`;)ゝ)


青空で、くっきり半分かぶってて、こんないい状態めったに見ません!
すごーーーい。


ぐうぜん役場の特定課題対策課の方も、写真を撮りに立ち寄っていらっしゃいました(笑)
f0238398_17424838.jpg

おお・・・
f0238398_17543991.jpg


ぐうぜん三鉄まで通った!
f0238398_17424965.jpg

ちょっと!いそがしい!



雲の塊は水平線にずーっと。それから半島にすっぽり笠をかぶせていました。
f0238398_17424989.jpg

梅雨~盛夏にかけて、北海道や東北の太平洋岸に冷涼な夏をもたらすヤマセ。ヤマセが発生すると平均4~5度も気温が下がり、長引くと農作物にも影響しますが、時には雲が下界に降りてきたような幻想的な風景を見せてくれます。


皆さんもすてきな海辺の風景に出会えますように!
(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-29 17:52 | 村のお便り | Comments(2)

ソフトクリームの季節が来た!

2012年 06月 29日
ここ数日、とってもいいお天気が続いてる野田村です!
涼しい沿岸部も、さすがに6月に入ると日中暑くなる日も出てきますね。
f0238398_1510324.jpg



さて、野田村「道の駅のだ」の顔ともいえる、
「のだ塩ソフト」!!
f0238398_14234116.jpg

どでん。
今さらな感じもしますが、おさらいの意味もこめてご紹介したいと思います。


野田村の海水を煮詰めて作る「直煮製法」で作っている天然塩・のだ塩と、
野田村産の食用菊の粉末を使用した「のだ塩ソフト」はここ道の駅のだ・ソフトクリーム販売所で買えます!
f0238398_14234272.jpg

のだ塩ソフトは250円。
きもち小さ目な「ミニ」は50円安く
いやいやたっぷり食べたい!という方は+100円で「ジャンボ」!!


それからワッフルコーンがお好きな方は、+20円でカリカリのワッフルコーンにできます。私はワッフルコーン好き~♪
f0238398_1423412.jpg

左側がのだ塩ソフト¥250、右がジャンボソフト¥350

ちなみにジャンボは6段で、標準ワッフルコーン装備です。でかい。
今日のように日差しが強い日は急いで食べねばです。
f0238398_14234164.jpg

ほのかな塩味がバニラの美味しさをひきたてて、
濃厚すぎず後味さっぱりの絶妙な味わい!!
ジャンボでもペロッといけることでしょう!!


そして塩だけではなく野田村産の食用菊の粉末も入っているんですねっ。
f0238398_14505267.jpg

じぃ・・・。見た目にはよくわかりませんけど、隠し味的に入ってるんです!
ふつうのバニラと見比べていただくと、ほんのりクリーム色してます。



なお「観光物産館ぱあぷる」や「国民宿舎えぼし荘」さんにある、
カップの「のだ塩アイス」は、このソフトクリームと中身はまったく一緒ですよ。
f0238398_11454322.jpg


そうそう、同じく物産館などで売ってるのだ塩煎餅アイスも、
南部煎餅でのだ塩アイスを挟んでいるので中身は一緒です。
f0238398_1339325.jpg

これもうまいっ!!


この「のだ塩ソフト」、
生まれたのは今から8年前のことでございます・・・。


平成16年当時“ご当地ソフトブーム”が来たことと
その前年の平成15年に天然塩「のだ塩ベコの道」が製品化・販売開始したこともあり、ソフトクリームハウスのラインナップに加わったんだとか。


作っていただいているのは野田のおとなりのお隣・洋野町大野にある
「おおのミルク工房」さん。

のだ塩ソフトには、大野の美味しい牛乳が使われています♪

当時まだできたばかりのミルク工房さんで初のソフトのお仕事が、ここ野田村の塩ソフトだったといいます。大野の「夢みるくソフト」はそのあとできたんですね。
(牛乳の味わいが濃厚~で!大好きなソフトです!)



今からアイスが美味しい季節。
スタンプラリーついでに、ぜひいろんなご当地ソフトを味わってみてください。

普代村の「こんぶソフト」も食べてみたいぞーーo(*^▽^*)ノ

(haru)


-お店データ-


道の駅のだ・ソフトクリーム販売所
〔住所〕 〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田第31-31-1
〔TEL〕 0194-78-4171 (観光物産館ぱあぷる)
〔営業時間〕 9:30~17:00 (11月~3月は10:00~16:30)
〔定休日〕 無休
http://nodaeki.com/takeout/

いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-29 15:01 | お土産・お店 | Comments(0)

桜の芽が伸びています

2012年 06月 25日
桜の芽が少しずつ少しずつ伸びています。
f0238398_1538764.jpg

今年の3月11日。雪が降り、寒い日でしたね。
あの日、桜の植樹に来てくださった「イピル・イピルの会」の代表の伊藤さんが、わざわざ東京から様子を見にきてくださいました!!


皆さんに植えていただいた桜は今のところ順調に育っているみたいです。
「あと2,3年は植樹に来ますから、よろしくお願いしますね!」と笑顔でおっしゃってくれました。
f0238398_15414875.jpg

どうもありがとうございます!!


桜が咲くのは、5年ほどあと。
野田村の復興の足取りとともに、元気に育ってくれますように\(>0<)/
(haru)


【関連記事】



いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-25 15:54 | 村のお便り | Comments(0)

潮風かおるビアホールへGo♪

2012年 06月 22日
みなさーーん!

えぼし荘さんで、今日から「ビアホール」が始まるそうですぅぅ!
f0238398_17212453.jpg

サッポロ生ビールいかがですかぁ~☆ 飲み放題1時間1,500円ですよー。
f0238398_1721254.jpg

いいですねー。いいですねー。


会場はお二階のこちらと
f0238398_17212560.jpg

その奥のテラスでは、太平洋の海風を感じながら開放的に♪
f0238398_17215019.jpg

メニューは
野田村産タコ刺し、密かに人気のサーモン刺身、三陸近海産イカ刺し、寿司職人が焼いた厚焼き玉子、おまかせ刺身盛り合わせ、南部福来豚ステーキ、鶏肉のトマトソース煮、岩手県産和牛ステーキ・・・

それから
シニアソムリエ(兼えぼし荘支配人)のオリジナルカクテル! 「福来&のだ塩オン・ザ・ロック」 に 「モヒート・コワネティー(山葡萄)」
f0238398_17212465.jpg

こちらも要チェックです!


暑くなるのが待ち遠しいですねぇ!!


-イベントデータ-


国民宿舎えぼし荘 ビアホール
〔開催期間〕 6/22(金)よりオープン、毎週 金・土・日 開催
〔開催時間〕 19:00~22:00 
〔料金〕 飲み放題(おつまみ付き)1時間1,500円 (以降延長1時間あたり1,000円) 
      ※小人は800円でソフトドリンク飲み放題
〔送迎〕 道の駅のだ(陸中野田駅)、野田村役場前より、無料シャトルバスを運行いたします。
      詳しくは、0194-78-2225 までお問合せください。

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-22 17:38 | 村のお便り | Comments(0)

あの日を忘れない 野田村の被災地ガイド

2012年 06月 22日
今日は、国民宿舎えぼし荘さんをご利用いただくツアーの皆様のバスに乗り、
村内ガイドの付き添いをしてまいりました。


野田村ではまだ、いわゆる「震災ガイドプログラム(被災地ガイド)」や、「語り部プロジェクト」まではご用意できておりません。。(>_<)


去年は対応できなかったので、今年度に入ってようやく最近からですが、(お客さまがご用意したツアーの中で)ご要望があればご案内させていただいている形です。


というわけで今回の震災ガイドは、国民宿舎えぼし荘の坂下支配人。
f0238398_14122080.jpg

3.11当日は海岸沿いの国道で運転中に地震に遭い、
海の引き波や、津波がぶつかる様子を見たこと、震災から約3カ月ほど避難所になったえぼし荘の様子などなどお話しました。。
f0238398_178998.jpg

↑「道の駅のだ」からバスで3分程度。ここは病院跡地。
このような金属くずは、売却できるものについては業者に売却するそうです。
f0238398_1525264.jpg

かつての商店・住宅街と・・・
f0238398_1525975.jpg

防潮林、防波堤、今はさえぎるものがない海岸。
こういったところでは、被災前はどんな風景だったのかというお写真を準備しています。(でないと、想像してもらうしか手立てがありませんから・・・)
f0238398_15259100.jpg

あの折れた松の木を燃料にして海水を煮詰め、「のだ塩」を作ってるんですよー。


そこからまたバスで2~3分、野田村米田地区にある久慈地区災害廃棄物破砕・選別施設。
f0238398_153076.jpg

あっという間にこんなんなりました。
稼働は今月末からで、久慈地域の災害ごみ(主に可燃系)の破砕・選別を行い、県内や広域での処理となる予定です~。
f0238398_15307.jpg


それから今回お配りした、野田村の震災資料。
f0238398_14122030.jpg

震災当初の爪痕をほんの少しでも感じていただけるよう作ってみました


今日の皆様は30分程度の短いお時間でのご案内でしたが、
「来れて良かった」「自分の目で見ることができて良かった」と言ってくださいました。


当村は主要メディアでも取り上げられる機会が少なく、「忘れられた被災地」などと見出し付けられるときもあります。ただでさえそのような状況であるのに、時間が経ったらどうでしょう・・・。
東日本大震災の被災地、被災者の苦しみ、そして津波の教訓。それらを伝えたい、忘れたくない気持ちは皆さんあると思います。。



沿岸部へ想いをよせてくださる皆さま、ありがとうございます。

ぜひまた野田村へいらしてくださいねー!(*'ー'*)ノ~


※災害ごみの処理が本格稼働すると仮置き場の周辺で交通量や騒音の増加が予想されます。本事業へのご理解と交通安全への協力をお願いしますm(_ _)m
(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-22 15:44 | 野田村の旅 | Comments(0)

のだ塩、一安心?

2012年 06月 19日
道の駅のだ・観光物産館ぱあぷる等で販売しております「薪窯直煮製法のだ塩」ですが、生産が安定してきたところと、需要のピークが過ぎたこともあり、
「お一人様1袋」解除になったそうでーす(*>▽<*)
f0238398_11412472.jpg

たいへんご迷惑をおかけいたしました
f0238398_11245432.jpg

これからお中元シーズンでもありますので、
ぜひ他の商品と併せて贈りものにいかがでしょうか。
通販はこちらですよ♪


のだ塩は200g入で700円、100g入で380円。
野田村内の各「のだ塩取扱店」でもお買い求めいただけます。



****** 宣伝 ******

5月の中ごろに「レストランぱあぷる」でも撮影された、「ぴょんぴょん舎 生マッコリセン×岩手33」 テレビCMがただ今放送中です!
テレビ岩手「満点☆青空レストラン」(18:30~)の番組放送後で流れています。

岩手県33市町村のグルメと「生マッコリセン」がコラボレーションするCMで、現在まだ野田村、久慈市、雫石町の3市町村分ですが、野田村の「野田塩ラーメン」がトップバッターで出させていただきましたm(_ _)m
ありがとうございますm(_ _)m


CM映像は下記サイトからもご覧いただけます
http://www.pyonpyonsya.co.jp/iwate33/

(haru)

【関連記事】




いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-19 11:39 | お知らせ | Comments(2)

三陸鉄道キハ48「リゾートうみねこ号」の旅

2012年 06月 18日
今年の4月28日から、JR東日本のリゾート列車「リゾートうみねこ」が三陸鉄道へ直通運転しています。
f0238398_1256561.jpg

運転は土日休日限定で、区間は八戸―(JR八戸線)―久慈―(三陸鉄道北リアス線)―田野畑の区間です。


いわてデスティネーションキャンペーンにあわせて運行開始されているこの車両ですが、このキャンペーン期間(4月~6月)を過ぎても運行してくれます♪


少し前にこのリゾートうみねこに乗ってきましたので、
その様子をちょこっとだけご紹介します!



陸中野田駅 12:44
やってきました! 
f0238398_11301572.jpg

キハ48系の「リゾートうみねこ号」(3両編成)です
f0238398_12532359.jpg


ちなみに八戸―久慈は指定席もありますが、
三陸鉄道北リアス線からは自由席になります。

というわけで・・・

あらー団体さんとぶつかっちゃったー!( ゚д゚|||)

座れないー(笑)



と、このようなこともあるようですので、「それは避けたい」という皆さまは
問い合せしてからお出かけされることをおすすめします。はい。
(団体さんが入っていなくても乗車率が高かったら、それは仕方ありません。。)


それはともかく、「リゾートうみねこ号」はこんなすてきな車内♪
f0238398_11312663.jpg

窓がデカい!!
f0238398_11454231.jpg

向かって右側は座席を回して窓に向けることもできるんです!素敵~。
ちなみに運賃は普通運賃ですよ。


発車してほどなくすると、車掌さんによるアナウンスが流れます。

 「次の“野田玉川”までの区間は津波で被害を受けた区間となります・・・ 」
f0238398_11322424.jpg

 「進行方向左側、海をご覧いただいておりますが、震災前はこちらから海を見ることができる区間ではございませんでした・・・・」
f0238398_11332280.jpg

 「進行方向左側は、多くの住宅が立ち並んでいる土地でございました。
  津波によりまして野田村の皆さまの多くの財産が押し流された状況になっております。津波による野田村の被害状況は・・・」


十府ヶ浦のがれきの山を通るところでは
f0238398_1133297.jpg

 「進行方向左側では、野田村の皆様の大切な財産のかけらをご覧いただいております」


と こういったかんじの内容です。

アナウンス以外でも、車掌さんは団体のお客さま等のご質問に丁寧に答えていらっしゃいました!

(私はといえば 見慣れた景色より、乗客の皆様の反応が新鮮でございました)



十府ヶ浦トンネルを抜けると見えてくるのが、
野田村米田地区の災害廃棄物仮置き場です。
f0238398_1134846.jpg

4月の末ごろに安全祈願祭が行われましたが、あれから舗装工事もされ、ごみの選別・破砕機械などの中間処理施設ができています。
f0238398_11364677.jpg



次は“野田玉川”(野田村)です
f0238398_1137511.jpg

 「ここのホームにも津波の波がきております」

この近くの玉川海岸には、大河ドラマ「平清盛」にも出ている西行法師が来たとされる場所があります。

乗客の中には、廃校になり今はなくなった玉川小学校の思い出を語る方もいらっしゃいました



と、ここでで三鉄はゆっくり運行に。そう、景色の良いところでは速度を落として運行してくれるんです!

 「こちらの橋梁は高さ33メートル、長さ302メートルの安家川橋梁です。」
f0238398_1138927.jpg

 「下を流れる「安家(あっか)川」は、日本でも有数の清流として知られています」


そう、秋には鮭の遡上してくるこの安家川。落ちた橋や、新しくなった下安家漁協とサケマスふ化場もよーく見えますね。
f0238398_11382569.jpg

去年の冬に、この橋にのぼったっけなぁ・・・


 「堀内夫婦岩が見えてまいります。大津波でも切れることのなかったしめ縄をご覧ください」
f0238398_11432322.jpg


おーっ。確かに切れてませーん!
f0238398_1143468.jpg

ですね

f0238398_11444196.jpg

f0238398_11452798.jpg


いろいろな景色を堪能し、田野畑駅から折り返して再び久慈へ向かいます。
田野畑駅での停車時間は15分ほどです。


ちなみに「リゾートうみねこ」三陸鉄道北リアス線内では、このような乗車証明書をプレゼントしてくれます。
f0238398_11442471.jpg

旅の思い出ですねぇ~



陸中野田駅へ着いたのは14:13。
1時間半ほどの旅で、時間的にはちょうどよいかんじでした。
(久慈の場合、久慈発12:30→久慈着14:28と約2時間)


と ここで朗報
7月1日から、三陸鉄道北リアス線田野畑~久慈間フリー乗車券発売開始されます!
これは1枚1,500円(大人)で1日乗降り自由というお得な切符なので、ぜひぜひお早めにお買い求めください。


f0238398_12531584.jpg

あなたもすてきな鉄道の旅を♪
(haru)


-データ-


三陸鉄道株式会社 旅客サービス部
電話:0193-62-8900
http://www.sanrikutetsudou.com/


※追記
2015年現在「リゾートうみねこ」は青森県八戸市―岩手県久慈市間で土・日・祝日に運行しております。(野田村~田野畑村方面へは運行しておりません。)詳しくはJR東日本ウェブサイトにてご確認ください。
https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/umineko.html



【関連記事】




いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-18 12:01 | 野田村の旅 | Comments(0)

のんちゃん動画あっぷ

2012年 06月 15日
5月の末に立ち上げた、
野田村のマスコットキャラクター「のんちゃん」の公式サイト!

アクセスしていただいた皆さま、ありがとうございますm(_ _)m


先日、毎日新聞の方よりお電話いただきました。
のんちゃん動画を観ていただいたそうで、「動画おもしろかったです」と言っていただきました(社交辞令でも嬉しかったです・汗)


というわけで 毎日新聞県内版(6/14付)に掲載していただいてしまいました!
f0238398_16553798.jpg

ひゃぁぁ。
すみません・・・なんだかとってもすみません・・・


そして本日、動画第二弾(2本)をアップさせていただきました。
f0238398_16474331.jpg

f0238398_16474342.jpg

今回もまた 意味のないゆるい内容になっていますので、

お時間がある方 もしよろしければ

ご覧くださいませ!

 ↓   ↓   ↓
http://www.noda-kanko.com/nonchan/

これからも第3弾、第4弾と続いていく予定ですので、おたのしみにー

f0238398_164802.jpg

 「えっ、みえてる?」


★お知らせ★
ブログをお持ちの方で、「野田村のことを書いたことがあるよ♪」という方はご遠慮なくお申込みください。今月は6月18日(月)締め切りです!
Blog de 野田村全国発信キャンペーン


(haru)

【関連記事】




いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-15 17:00 | のんちゃん旅日記 | Comments(0)

海の幸 大漁ラーメン!

2012年 06月 15日
今日はランチタイムに、おいしそ~うな記事をアップしちゃいますよ!
f0238398_11441716.jpg

野田村役場前の横町地区仮設店舗 「十府ケ浦食堂」さんの・・・


これこれー! 「大漁ラーメン」!
f0238398_11441331.jpg

ほやラーメンも人気らしい


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、以前(十府ケ浦のところに建っていたころ)にもあったメニューなんです。仮設店舗でお店を再開してから約3か月経ちましたが、この6月からメニューに加えたそうですよ。


1600円の「大漁ラーメン」の全貌やいかに・・・!
f0238398_11441349.jpg

ひょー、カニ足に、ウニ・イクラまでのっかりましたーーヾ(;☆ω☆)ノ
f0238398_1144345.jpg

海の素材だけでダシをとっている黄金に輝く海鮮スープに、
カニ足、ウニ、イクラ、イカ、海老、ホタテ、ホッキガイ、ムール貝、ツブ、サーモンにめかぶ・ワカメ・とさかのり... 色とりどりの海の幸が大漁にのっかっています♪


おまちどうさまでした~ (ドドン!)
f0238398_11441444.jpg


い、いただきます。
f0238398_11441533.jpg

ゴクリ・・・ 


どれから食べようか迷っちゃう。
やっぱりこれを先に食べちゃおうかな! 貝からちゅるっと・・・
f0238398_11441576.jpg

んんん~~(*>_<*) 幸せ・・・


というわけで、ごちそうさまでした☆☆
f0238398_11441634.jpg

ひそかに 「『大漁』と『大量』とかけてたらどうしよう」 と心配しましたが
ラーメンもひと玉ということで、そんなことはありませんでした(笑)
ご覧のとおりバッチリ完食できましたよー。



ちなみに十府ケ浦食堂さんは、今月から始まった「北いわて のん美里 なつかし 未知のくに ぐるりんスタンプラリー」の加盟店でもあります♪
f0238398_1144169.jpg

この「大漁ラーメン」、通年でお召し上がりいただけるそうです。
野田村にお立ち寄りの際は、またボーナスが出ました際は!?(笑) ぜひぜひ召し上がってみてください。海の恵みに感謝しちゃうこと間違いなしですo(´▽`)o

(haru)

【関連記事】




-お店データ-


十府ケ浦食堂
〔営業時間〕 午前11時~夜9時
〔定休日〕 不定休
〔TEL〕 0194-78-2532
〔住所〕 〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割39-5  野田村横町地区仮設店舗
いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-15 12:02 | 飲食店 | Comments(0)

埋蔵文化財調査

2012年 06月 13日
また少しさかのぼった話題で恐縮ですが、
4月から野田村中平地区で埋蔵文化財の発掘調査が行われています。
f0238398_13572862.jpg

中心部の役場から車で5分程度です


高台であるこの場所を被災者の住宅再建のため宅地にしたいわけですが
この周辺は「中平遺跡」といいまして、彫るとけっこうお茶碗など土器が出てくるんです。


そういった埋蔵文化財が出土すると、「文化財保護法」に基づいて発掘調査が必要になります。
f0238398_1357275.jpg


ここでちょっと「中平(なかたい)遺跡」の歴史!
野田っこならみんな知ってるよね!


 ★昭和27年 野田中学校建設中に、たくさんの土器が出土

 ★昭和29年 岩手県指定史跡第1号に! 「野田竪穴住居群」

 ★昭和41年 岩手大学が、窪地で残る住居跡185箇所を確認!


・・・だそうです!(授業資料より引用)


ちょっと年季の入った看板ですが、こんなのも立ってます。
f0238398_13572742.jpg

中平遺跡は約5000~6000年前の縄文時代前期の遺跡です。
「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」を世界遺産へ登録しようという取組がされていますが、中平遺跡もそのうちの一つなんでしょうか。


今回は平安時代、1200年前に作られたと思われる竪穴住居跡が4軒、見つかりました。
f0238398_164299.jpg

土師器(はじき)、紡錘車(ぼうすいしゃ)が見つかってます。
紡錘車の中にはお茶碗を再利用して作られているものもありました!


というわけで先週、野田小学校6年生の授業で発掘体験が行われましたよー。
f0238398_13572855.jpg

本物の発掘体験ですか。すごいですね。


北海道や群馬から応援で派遣されてきている専門家の方や、県教育委員会の方からお話をお伺いします。
f0238398_13572968.jpg

「この周辺には”くぼ地”がいっぱいあります。ただ土がくぼんだだけと思うでしょうが、ここに家があったためにくぼんでるんです。」


竪穴住居は、穴掘ってそこに家を建てる。で、引っ越す前には燃やすんだそう。
その跡が、ながーーい時間たって「くぼ地」として発見されるんだね。
f0238398_1357301.jpg

各自の個室もないところで、家族みんなで住んでいたんですよ
f0238398_13573037.jpg


遺跡=お茶碗らしきもの  
f0238398_13572798.jpg

壊れているのが多いのは、ここを引っ越すときに置いていったような、もともと壊れたものなんですって。


やたら穴があると思ったら、シカの落とし穴なんだそう・・・
f0238398_1411360.jpg

たくさんのシカが走ってくると、落とし穴にすぽっと落ちるわけですね。


縄文土器や、「矢じり」も発見されています。ここで弓矢で狩りをして暮らしていたのかぁ・・・。
f0238398_13572986.jpg


さて、説明を受けたらさっそく発掘体験に! さぁ、何か出てくるかな??
f0238398_14313174.jpg


「すみませーん、これなんですかー」
f0238398_14321450.jpg

「あ、これ土器のかけらだね!」
えっ? もう出たの? すごい!


「すみませーん!これなんですかーー」
f0238398_1434767.jpg

「これも土器の破片だね!」

えっ、また発見?


こちらでは石を掘り当てていました。「ただの石だぁ」と見せてみると、
「これはすり減っていて、使った痕跡がある。台所用品の一つで、木の実とかをすりつぶした”すり石”だね」ですって!
f0238398_14404356.jpg

宝探しみたい。楽しそうだなー。


出るわ出るわ、短い時間でしたが、潮干狩りばりに遺跡が出てました。
f0238398_13573155.jpg

「5千年ぶりに触ってもらったんだね」と言われ、子どもたちとても嬉しそうでした。

専門家の方がおっしゃっていましたが、野田村の遺跡はかなり状態が良いんだそう。

歴史や先人の営みに触れて、地元への愛着が深まったのではないかなと思います!野田小6年生の皆さん、野田中学校の皆さん、貴重な経験ができてよかったですねー


私も正直あまり興味がなかったんですが(えっ)、
発掘の現場を見てみると先人の息遣いを感じて、とても興味がわきましたよ~!

f0238398_1450433.jpg

ここは7月で調査が終わり、埋め立てて宅地となります。

「昔の人も津波を経験して、海から離れたこのような安全な場所に、集落をつくったのでしょうね」とおっしゃっていました。

この調査では過去を知るだけでなく、将来の地域づくりにも役立つとよいですね!

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 
»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-06-13 15:00 | 村のお便り | Comments(2)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル