「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

【告知】二戸駅開業10周年「にのへえきまつり」

2012年 11月 30日
早いもので、11月も終わりですね!!

さて東北新幹線二戸駅、IGRいわて銀河鉄道二戸駅が、めでたく開業10周年ということで、明日あさってである12/1(土)・2(日)10周年記念イベント『にのへえきまつり』が開催されるそうです♪

f0238398_1136784.jpg


三陸の美味しいものが大集合する「三陸復興屋台村」、なにゃとやらなどの郷土芸能、キッズコンサート、北東北のご当地キャラの「着ぐるみまちぐるみPR大会」などなどイベントが盛りだくさんです。

なおこの「三陸復興屋台村」には、野田村からもまるきん 大沢菓子店さん《クッキーやパウンドケーキ》と、十府ケ浦食堂さん《海鮮ラーメン、イクラ丼》が出店するそうです!! (普代村・上神田精肉店さんの「南部福来豚ハッピーポーク串焼き」も気になります~)


また2日目の11時30分より、野田村なもみ太鼓も出演しますよ!



イベントの詳細は下のチラシをご覧ください。(クリックで拡大します)
f0238398_1136249.gif


しかし月日が経つのは早いものですね、
二戸駅ができてもう10年経ったとは...( ¨)←遠い目

開業の頃を懐かしく思い起こして、出かけてみるのもいいですね♪


-イベントデータ-


にのへえきまつり
〔日時〕 平成24年12月1日(土)・2日(日) 10:00~16:00
〔会場〕 東北新幹線二戸駅改札周辺及び
       二戸広域観光物産センター(カシオペアメッセなにゃーと)メッセホール
〔問合せ〕 東北新幹線二戸駅等利用促進イベント実行委員会
       Tel:0195-23-7210

(haru)

いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-30 12:00 | 行事・イベント | Comments(0)

2年ぶりのあなた? ふっくらぷりぷりホタテ

2012年 11月 28日
潮の流れが早く、エサとなるプランクトンが豊富な外洋で育つ“そと海育ち”の野田村産ホタテ。
f0238398_16372726.jpg


野田村ではここ毎年、12月に『野田ホタテまつり』というのを開催していました。
港に出荷前のホタテを一時保管するホタテの蓄養施設というのがあるのですが、
一年に一度、一般の方が蓄養施設から直接ホタテを購入できる冬の恒例イベントです。


津波で姿も形もなくなったこの蓄養施設ですが、この10月末に野田港に完成し、
今年は2年ぶりに「野田ホタテまつり」が復活することが決定しました!
f0238398_15351289.jpg

というわけで「道の駅のだ」から車で約1分、野田港です。
f0238398_16504380.jpg



じゃん!! そしてこちらが、新しいホタテの蓄養施設です。
f0238398_1535159.jpg

ぴかぴか。


おじゃましま~す
f0238398_15351699.jpg


野田湾で水揚げされたばかりのホタテを選別中です・・・
f0238398_15351480.jpg

↓毎日忙しく働く野田村漁協の安藤課長さん  と金子さん↓
f0238398_15351349.jpg


施設の中はこんな!
f0238398_15351366.jpg

震災前とほぼ同規模で、4トンから6トンのホタテを蓄養できるそう。


おおお・・・ がんばって大きくなった愛しきホタテちゃんよ。
美しい野田湾の冷却清浄海水で満たされた蓄養水槽内の居心地はどうだい?
f0238398_1535147.jpg

震災後の春に獲ったホタテの赤ちゃんを育て、1年半。
現在約10cmに成長!!
f0238398_15461136.jpg

例年のまつりだともう少し大きいサイズのホタテも含め、いろんなサイズが用意されていたけど、今年はこのサイズがせいいっぱい。


でも貝殻のサイズに見合わないくらい大きく旨みたっぷりの貝柱、繊細な味わいと歯ごたえは、野田村が全国に誇る逸品でございます!


実は野田村漁協さんではホタテPRのため都内のイトーヨーカドーのフェアに出したり、今年7月ごろからは盛岡材木町で毎週土曜日に行われている「よ市」や、地ビール醸造の「ベアレン」さんのビール工場イベントにも出張し、野田村産ホタテをスープや焼きホタテで販売しています。
安藤さんも行かれているそうですが、毎回とっても好評だそうです!


ちなみに現在は数が少なくイベント限定で出荷されているため、市場には出ていません。野田村の人もなかなか食べられない希少品です(笑)


よく今年「ホタテまつり」の復活に踏み切りましたね、とお聞きすると、
安藤さんは「ここまで来れたのも皆さんからのご支援のおかげですからね。
どうしても何らかの形で感謝を伝えたかったんです。」
とおっしゃっていました。
f0238398_15461097.jpg



野田村漁協野田養殖組合さんは震災後、まだ港にがれきが残っている状況の中でホタテガイの養殖をスタート。
f0238398_171387.jpg

ホタテガイの幼生「ラーバ」を採取する採苗器も大半が流され、沖合の養殖施設も全滅し、漁船もなくなり、ゼロからのスタートでした。
f0238398_1713826.jpg

ラーバを採取し、それを稚貝に育て、去年の12月には震災後初めて、4cmまで成長した稚貝を県内の養殖漁家に出荷しました。
f0238398_1713957.jpg




12/8(土)に行われる「野田ホタテまつり」では、約3トンのホタテが準備される予定だとか!
漁協さんは今年も焼きホタテやホタテスープ、朝に獲れた鮮魚なども販売します。
f0238398_16142218.jpg

△今月頭に行われた野田産業まつりで食べた焼きホタテ。美味しかったぁ~~。


その他えーと、いろいろ盛りだくさんすぎるので、それはまた続報で(>Д<)ゝ”
f0238398_16372748.jpg

漁協さん、お忙しいところありがとうございました!


-イベントデータ-


復活!野田ホタテまつり
〔日時〕 平成24年12月8日(土) 午前11時~夕方5時
〔場所〕 野田港
〔問合せ〕 野田村役場 産業振興課  TEL:0194-78-2926
詳しくはこちらのページをご覧ください。
(haru)

【関連記事】




いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-28 16:45 | 行事・イベント | Comments(4)

のだ村で暮らしてるのだ

2012年 11月 27日
今朝の野田村は雪が舞いました!
積もるにはまだ早いと思いますが、寒さは一段と厳しくなってきましたね{{{(>_<)}}}


さてさてこの度、村の定住・交流推進を担当をしていらっしゃる
野田村役場特定課題対策課さんで ブログをOPENしたそうです~!


担当のしもむんさんと、やまみんさんです!!
f0238398_1523318.jpg

しもむんさんは野田村出身で東京からのUターン、
やまみんさんは岩手県東和町出身で東京からのJターン。
どちらも野田村在住です。


やまみんさんにおいては野田村に来たばかりということで、外からの視点も含めての体験レポート、そして野田村に住んでいる様々な住民の方やその暮らし、魅力を発信していくそうです。

「隊長としていつものんちゃんが同行します♪」とのことでしたので、楽しみ!


まだ開設したてですが、
観光協会とは違う角度から見る野田村の魅力、ぜひぜひご覧くださいね。


そしてひいては・・・・・


「のだ村に暮らすのだ!」
http://nodateiju.exblog.jp/

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-27 15:26 | 村のお便り | Comments(4)

“のんちゃん”ぬいぐるみが当たる!

2012年 11月 22日
先日もお知らせしましたが、野田村のキャラクター『のんちゃん』ぬいぐるみが十数年ぶりにリニューアルして、(株)のだむらさんより販売となりました♪

そして先日、のんちゃんの生みの親・桜庭昇さん(右)へも(株)のだむらさんより贈呈されましたー!
f0238398_14113794.jpg

 「わーい、おとうさーん」


そこで野田村観光協会では、販売を記念いたしまして、
【のんちゃんぬいぐるみプレゼントキャンペーン】を行います(^▽^)ノ


今回のキャンペーンは、野田村内の飲食店、並びに宿泊施設に置いてある
『のんちゃん名刺』をゲットすると
ご応募いただけるしくみです!!

応募締切は12月20日(木)必着
抽選で10名様に当たります。



実は参加店さんへは昨日・今日からキャンペーン名刺を置いていただいているのですが、早くもご応募いただきました~



お正月のゴロ寝にのんちゃんをお供にしたい皆さま!(いるか?)
ぜひご応募ください。

f0238398_14113896.jpg

【参加店】 レストランぱあぷる、キッチン栄、洋食・旬彩料理みなみ、藤乃寿司、十府ケ浦食堂、新なぎさ食堂、国民宿舎えぼし荘、小野旅館、苫屋

★上記参加店にて「のんちゃん名刺」をゲットし、名刺に記載してある方法でご応募くださいませ。






あっ、そうだ、もう一つ宣伝がありました!! \(`・△・´)

野田村民の皆さま&日ごろ野田村のお店をご利用いただいている皆さま!
村共通プレミアム商品券、野田村商工会にて来週月曜日26日から予約受付開始ですよ☆ お忘れなくぅ~!!

(haru)

【関連記事】





いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-22 14:27 | お知らせ | Comments(0)

新巻鮭はお好き?

2012年 11月 14日
先日11月11日は「鮭の日」でしたね。
冬といえば新巻鮭のシーズン!
年末の贈答品として使われることの多い一品です。

私も新巻鮭を焼いてお茶漬けにするのが大好きo(*^▽^*)o



店先にずらりと並ぶにはまだ少し早い時期ですが、
先週、葛巻町の小屋瀬小学校の皆さんが『新巻作り体験』にいらっしゃいました~。
f0238398_995361.jpg

会場は、村中心部の仮設店舗に店をかまえる小野商店さん。

f0238398_99516.jpg

「よろしくおねがいしまーす!」

f0238398_9965.jpg

「こういうとこ来るの初めて~」

生徒さんが体験するのは鮭に塩をするところだけですが、小野さんが生鮭をさばくところを披露。
f0238398_99611.jpg

素晴らしい包丁さばきを見学したところで、いよいよ体験に入ります。


ででん。お出迎えするは立派な雄鮭。
f0238398_99731.jpg

4kg~4.5kgぐらい。今日は一人一匹だそうです!!


塩をすりこんで、5日間ぐらい寝かせて、水に浸けて塩抜きして、1週間~10日干すのか・・・ほうほう・・・
f0238398_99537.jpg

えー、実は私、自分で仕込んだ経験ないんです・・・
今日の小学生の皆さんと一緒です・・・



まずは尾から頭の方に向かってしごくように逆なでし、まんべんなく塩をすりこみます
f0238398_99441.jpg


目玉には特に塩をたくさん押し込みます こうすると中から塩が浸みていって生臭くならないんだそうです。ほうほう・・・
f0238398_99454.jpg

「目ーこわいー!」


実は葛巻町の小屋瀬小さん、野田村来村は今年度2度目だそうです。

前は夏に野田村の仮設住宅で交流活動を行い、「また行きたい」という生徒さんの声を受け、今回もまた訪問することになったとか。この日は交流活動、車いすの贈呈、新巻鮭作り体験活動など、様々な内容だったそうですよ。


塩をしたら袋に詰めて持ち帰り、学校で干すそうです!
f0238398_99826.jpg

「猫とカラスには気を付けてねー」


冬ならではの旬の味。できあがりが楽しみですね~。
f0238398_99794.jpg


かわいい子どもたちの歓声(と少しの悲鳴?)と笑顔にあふれた、荒巻作り体験でした。

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-14 09:41 | 村のお便り | Comments(0)

身に付けて♪ のだ塩御守りストラップ

2012年 11月 13日
11月11日に新発売となり、「観光物産館ぱあぷる」にも並んでいる新商品・・・

『のだ塩御守り』ストラップ
f0238398_10494760.jpg

野田村漁港から汲み上げた海水から直煮製塩で作られた「のだ塩」がストラップ付きのボトル瓶に入ったお守りです。

ちなみにお守りということで、(わずかながら)通気性のあるコルク瓶です。ここから邪気が入って塩が吸い取ってくれるわけです。

f0238398_10493257.jpg

昔からお塩はお清めに使われてきましたが、沖縄の方では塩(マース)を厄除けのお守りに持ち歩く習慣があるそうです。

そしてこちらのお守りですが、災難よけ、交通安全祈願、子安・水子観音の御利益がある「撫でベコ」にあやかりまして、盛岡・千手院さんにてご祈祷いただいています

前の記事でご紹介したように、のだ塩と撫でベコは切っても切れない物語ですものね。



さて実は!
先月、そのご祈祷に同行させていただきました!


紅葉まっさかりの中、盛岡出張です!


盛岡は鉈屋町(なたやちょう)の街中、狭い路地を入っていくと、千手院さん発見。
f0238398_10493315.jpg

本物の千手院です!!
野田村民として、訪れることができて大変嬉しいです!


あっ、入口にしっかり書いてありますね・・・
f0238398_10493390.jpg


趣のある御本堂
f0238398_10493471.jpg

天台宗なのですね。


お茶を出していただいた後、さっそくご祈祷していただきます。
f0238398_10493495.jpg

お寺でのご祈祷は初めてですが、「護摩(ごま)」と言って本尊様の前で火を焚き、ご真言を唱え 御祈祷するそうです。興味津津・・・。



↓御守りが入った段ボール
f0238398_10493591.jpg


↓煙が立ち込める室内で祈る(株)ぱあぷるの外舘支配人と町田さん
f0238398_10493584.jpg

け、煙で涙が止まらん...


そして御祈祷をしていただいた後、
本堂の撫でベコを見せていただきました!!


わぁぁぁ・・・・!
これが本家・撫でベコ・・・・! 感動のご対面です。
f0238398_10493220.jpg

「さん」付けだ

確かに野田のと同じですが、鉄製なので黒いですね。(野田のはブロンズ製なので、赤茶色なんです) 二百年分撫でていただいた背が剥げて、ピカピカと輝いています。

ちなみに願いごとが叶うと新しい座布団に撫でベコを座らせるというのが習わしだそう。


あれっ?ところで、小っちゃいのがいますね。

「いつの間にかいたんですよ。子どもを産んだんでしょうかねぇ」
f0238398_10493251.jpg

えっ(笑)


「ほんとうに、いつの間にかいたんですよ(笑)」


えっ

そ、そうなんですか!



身体堅固にご利益ということで
治したい場所を撫で撫でします❤
f0238398_1053095.jpg

私もこれでもかと撫でてきました!!!

持ちあげようとしてみましたが、とても無理でした。
猫ぐらいの大きさで45kg・・・・鉄って重いんですね・・・


千手院の住職さんと奥さまはとても素敵な方で、いろいろなお話を聞かせてくださいました。どうもありがとうございます。



というわけで、新発売ののだ塩御守りストラップ、お1つ500円。道の駅のだ・観光物産館ぱあぷるでお買い求めいただけます。
f0238398_1112174.jpg

ぜひお一つどうぞ♪

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-13 11:18 | 村のお便り | Comments(4)

野田の撫でベコ

2012年 11月 12日
野田に伝わる、撫でベコのお話をご存知でしょうか。


これは二百年ほど前の話だそうです。


野田村は古来より塩の産地でしたが、
その塩を盛岡や雫石、鹿角地方へと塩を運んでいました。
その塩を運ぶ際に登場したのが、主に牛(ベコ)だったそうです。

f0238398_1051772.jpg

f0238398_1361959.jpg

△「道の駅のだ」の物産館にあるジオラマ


ある夏の日、清右エ門という牛方が、
7頭の牛を連れて塩を内陸へ運んでいました。
f0238398_1113629.jpg

野田から七泊して八日目、あと一息で盛岡の塩宿に着くというところで、
暑さのために 背赤という名のベコが中津川に入ってしまいました。

なんということでしょう!それに続き ほかの牛も川に入ってゆき、
苦労して運んできた塩は川の水に溶けてしまいました。

 「この野郎!ぶっ殺してやっちょう!」

頭に血が上った牛方はそのベコを叩きいじめますが、
背赤は近くにあった千手院(せんじゅいん)というお寺に逃げ込みます。

そしてそこの住職が、追いかけてきた清右エ門を制止し「ベコには何の罪もない」と諭します。


住職の話を聞くうちに牛方も怒りを収めていき、
弱ってうずくまる背赤の背中を、涙を浮かべながら撫でます。

 「おれが悪かった、おれの追い方が悪かったんだ。
  許してくれ、死ぬが!この通りだ・・」

f0238398_10592290.jpg

しかし牛方や住職の祈りもむなしく、背赤はそこで死んでしまいます。



その後、牛方・清右エ門は盛岡の名工に、尺五寸(約45cm)、重量十二貫(45kg)の鉄製のベコを作ってもらい、千手院に寄進したそうです。



f0238398_12542885.jpg

△観光物産館ぱあぷるで販売しているミニ撫でベコ(幅約15cm/3,675円)


この小さな像は、現在も盛岡の千手院の本堂に安置されています。

身体堅固、交通安全、災難よけ、子宝と安産・水子観音としてご利益があり、二百年にわたって撫でベコさんは撫でられ愛されてきたそうです。

f0238398_1110167.jpg

△「千手院」は当時、盛岡市の山岸という場所にあったそうですが、
現在は場所を変えて盛岡市鉈屋町(なたやちょう)にあります。



そしてこの盛岡千手院にある撫でベコを石膏で象り、富山県の製作所で青銅(ブロンズ)に鋳造したものが、ここ野田村にあります。

「海蔵院」や「国民宿舎えぼし荘」をはじめ、村のそちこちで見ることができます。



野田のお菓子屋さん“まるきん”さんの銘菓「撫でベコ」
f0238398_12542937.jpg

バター風味の生地の中に、のだ塩入りミルク餡をつつんだ焼き菓子。
やさしい味で、大好きなお菓子の一つです



というわけで、今日は野田村に伝わる昔話のご紹介でした。
野田村へ来たら、ぜひ「撫でベコ」を探して撫でてみてくださいね。


次の記事では、撫でベコにまつわる新商品のお知らせです♪



-書籍データ-


野田塩ベコの道
f0238398_12593946.jpg
今回ご紹介した物語「千手院の撫牛」の原文は、村発行の『野田塩ベコの道』でご覧いただけます。観光物産館ぱあぷるでも販売しておりますので、ご興味のある方は手に取ってみてください。
【価格】1,500円


(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-12 13:03 | 村のお便り | Comments(0)

【告知】東京家政学院大学・町田キャンパス学園祭

2012年 11月 09日
ギリギリなお知らせですみません。

東京都町田市にある「東京家政学院大学・町田キャンパス」さんにて
11/10(土)・11(日)、オープンキャンパスと学園祭を開催されるそうですが、
ボランティアサークル並びに人間福祉学科学生有志さんによる「第2回岩手県野田村復興支援」として『のだ塩焼きそば』の模擬店を開いていただくことになりました。


こちらでは昨年も学園祭で物産展示販売していただき、
売上金ならびに義援金を野田村役場へご寄付いただきました。

f0238398_1694690.jpg


野田村直産ののだ塩焼きそば、南部福来豚、地野菜などを材料に
大学職員の皆様と素敵な女子学生の皆様が、愛情いっぱいに作ってくださいます!!


学園祭につきまして、詳しくは下記ホームページをご覧ください。
東京家政学院大学ウェブサイト

(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-09 17:11 | お知らせ | Comments(0)

ほっこり 冬の準備

2012年 11月 08日
最近また寒くなってきて、いよいよ冬の入口だなぁという感じ。



先日、野田中グラウンドの仮設住宅集会所を訪れた時に、
お茶のみサロンで編み物の講座を行っていました。

中に入ると女性の笑い声でとても賑やか。
でもさすが皆さん、手はしっかり動いています。

f0238398_13321638.jpg

こちらはメキシコ発祥の編み物“バスティドール”
ちょっと聞きなれない名前ですが、2本の板に打たれた釘に毛糸を上下に引掛け編んでいくみたいです
f0238398_13323862.jpg



こちらは靴下を作るときに出るハジキ(わっか)を使って作る“わっか編み”
f0238398_13334183.jpg

ハジキだから、産業廃棄物なんですって。へぇ~。
f0238398_13331690.jpg

指でわっかを編みこんでいくのですが、道具も不要だしなかなか簡単そう(・・・に見えました。)
f0238398_13332920.jpg

初心者でも1日あれば座布団一つ作れるとか。

どなたかのんちゃんのセーターでも編んでくれないかな~(笑)



時間が経ちご支援をいただくのも申し訳ないような気持にもなりますが
まだ「気持ちも落ち込みがちな季節、何かできることがあれば」と気にかけてくださる方もいらっしゃいます。今日の講師の方も東京からいらしてくださいました。ありがたいことです。

みんなが楽しく冬に備えられたら素敵ですね♪
(haru)


いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-08 13:30 | 小ネタ | Comments(0)

安家川、紅葉中!

2012年 11月 07日
今日で立冬。もう夕方の5時といえば真っ暗になりましたね。


さて、今日も朝から雨でしたが、昼前には晴れ間が・・・
今週は貴重な晴れ間!
紅葉シーズンを逃してはと慌てて下安家へ行ってきました。
f0238398_9362091.jpg



野田の中心街から宮古方面へ車で15分ほど。
野田で紅葉を楽しむスポットは数少ないですが、
その中の一つが玉川地区にある安家渓谷です。
f0238398_9364417.jpg

三陸鉄道の橋梁がかかる安家川の河口は比較的広いですが――


県道・安家玉川線を少し上流の方へ進むと、川も道路も狭くなります。
f0238398_9362269.jpg

うんうん、もうしっかり紅葉してますね!
f0238398_9415455.jpg


先週からの強風や雨で、葉っぱがたくさん落ちてます。
f0238398_9415457.jpg


あっ、もみじだ!もみじだ!(〃^▽^〃)
f0238398_9364124.jpg


もみじは赤くてもキレイですが、黄緑色も鮮やかでキレイですねぇ!
f0238398_9364314.jpg


安家川は日本では数少ない原始河川で、渓流釣りの川として全国的に有名です。
f0238398_9364441.jpg

f0238398_9364198.jpg

この道路は幅が狭くカーブも多いため、お車を停めるところは限られていますが、安全な場所を見つけて停車してくださいね。

写真を撮らないにしても、やっぱり川のせせらぎを聞きながらのんびり見たいですもんねー。
f0238398_9364364.jpg

f0238398_9362384.jpg

今年はちゃんと三脚もっていったですよ...


ちなみにこの道路を進んでいくとお隣岩泉町に入るので、途中でUターンして帰ります


紅葉もあっという間。
お隣久慈市さんの久慈渓流も本当にキレイですよ。
ぜひ、秋のドライブをお楽しみください。
f0238398_9364760.jpg

んっ?そういえば今年の紅葉撮影はあんまり寒くなかったな。コートも着てなかったし・・・・

(haru)



いつも応援ありがとうなのだ!
人気ブログランキングへ 

»人気ブログランキングへ


[PR]
by noda-kanko | 2012-11-07 16:36 | 村のお便り | Comments(2)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル