「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

“三陸ジオパーク” 野田村

2014年 01月 31日
みなさん、「ジオパーク」をご存じですか?
聞いたことはあるけれど、詳しくは分からない・・・という方も多いのではないでしょうか。


さる1月29日(水)、国民宿舎えぼし荘で行われた野田村商工会女性部新春セミナーにて「ジオパークとは」をテーマに講演が行われ、ジオパークについて学んできました。
f0238398_1328084.jpg
講師の北三陸大地の恵み・ジオパーク推進連絡会 会長 梶田民夫氏


emoticon-0171-star.gifジオパークって何?
「ジオ」とは地球や大地を表す言葉。そして「ジオパーク」とは、大地の成り立ちから現在までの地形や地質、歴史、動植物、人の暮らしを含めた、地球活動の歴史を主な見どころとする自然の中の公園です。

日本には「三陸ジオパーク」を含むジオパークが32地域あり、そのうち6地域が世界ジオパークとなっています。(現時点)

※世界ジオパーク・・・ユネスコが支援する「世界ジオパークネットワーク(GGN : Global Geoparks Network)」の審査を受け、加盟を認定された地域。
日本ジオパーク・・・日本ジオパークは、GGNとは別に、日本ジオパーク委員会の認定を受けた国内版のジオパークです。


ジオパークは地質に関する自然遺産を保護するだけでなく、教育や地域の活性化に活かしていこうとする点で、主に保護を目的とする「世界遺産」と異なります。また場所だけでなく、そこで行われている活動(例えば教育プログラム、ガイド養成、地域振興策など)や、運営組織も重視されています。



emoticon-0171-star.gifジオパークに認定されるメリット
ジオパークの目的は、その認定を活用して地域を活性化させることにあります。
ジオパークに認定されるということは、地形や地質などの自然の魅力に”お墨付き”をもらうことになるので、観光客が訪れるきっかけとして期待されます。

またもう一つの効果として、地元の自然の魅力を見つめ直そうという動きにつながるという点もあります。地域の自然を知り、過去の災害を知り、その教訓を後世に伝えていく上で、ジオパークというしくみを活用した地域防災教育は非常に大きな意味を持ってくるものと期待されます。



emoticon-0171-star.gif三陸ジオパークとは
2013年9月に日本ジオパーク委員会より認定され、青森県八戸市から岩手県、宮城県気仙沼市までの沿岸全16市町村で構成される日本最大のジオパークとして誕生しました。
三陸の大地は地球史を語る上で欠かすことのできない、およそ5億年前まで連続的に遡れる大地の記憶が眠る場所です。

三陸ジオパークでは、地球の活動によって形成されたさまざまな自然の造形や、歴史、文化など、全体で130ヶ所のジオポイントが設けられました。北山崎(田野畑村)、龍泉洞(岩泉町)、浄土ヶ浜(宮古市)などの景勝地や、橋野高炉跡(釜石市)などその土地の自然と文化のつながりがわかるもの、そして東日本大震災津波の被害の大きさを物語る場所。三陸地域には、壮大なスケールでジオ(地球)を体感できる場所がたくさんあります。


emoticon-0171-star.gif野田村のジオパークの見どころ
野田村には、「十府ヶ浦」「野田玉川鉱山跡」「塩の道」の3つのジオポイントがあります!!


1.十府ヶ浦
☆観察のポイント☆ 紫色の「小豆砂」、8,500万年前頃の琥珀や海の生物など、特有の地質が、平安の歌人にも愛された風光明媚な海岸線を作り出していることを、実際に歩きながら確認する
f0238398_15483578.jpg

「道の駅のだ」から車で3分程。三陸復興国立公園の中に位置する、野田村の景勝地です。
海岸の南側にある米田海岸(土内地区)には、8500万年前の白亜紀後期の久慈層群玉川層の地層があり、海生動物の化石や牡蠣化石の密集層も確認されています。


米田・土内地区周辺で育った方が、「子どものころ近くの山に行って土を掘って遊んでいたら、確かにオレンジ色の石が出てきたな~。小さい頃は琥珀だなんて思わなかったけど、今思うと琥珀だったんだね!」と話していました。

f0238398_15494125.jpg
6月頃には、野田村の花である「はまなすの花」が見ごろとなります。
きれいなピンク色で、甘~い香りがします。



昨年12月3日、十府ヶ浦海岸の南端にある土内地区・国道45号沿いに、
「玉川・土内くんのこほっぱ跡のジオサイト解説板」という看板が設置されました。
f0238398_9593187.jpg
これを設置した「くんのこほっぱ愛好会」さんは、三陸ジオパーク構想が始まる以前から、琥珀の歴史や文化を伝承するべく標柱を設置していました。
しかし東日本大震災での津波により流失し、「三陸ジオパーク」が日本ジオパークとして認定されたことを機に、琥珀の歴史や文化を内外に発信すべく、北三陸大地の恵み・ジオパーク推進連絡会と共同し、新しくジオサイトの解説板を制作し設置されました。



「くんのこほっぱ」って何?
久慈地方の方言で、くんのこ=琥珀・ほっぱ=堀場、つまり琥珀の採掘場を意味します。
ご存じの方も多いと思いますが、久慈地方は国内最大の琥珀産地です!

琥珀といえば久慈市と思われがちですが、野田村の玉川・土内地区でも昭和初期から昭和33年頃まで琥珀が採掘され、軍需物資(塗料など)や医薬品の原料として出荷されていたそうです。
看板にも記載されている震災後のがれきの撤去作業中に発見された琥珀は、東日本大震災の大津波で崖の土や岩が崩れて流出されたものとみられています。




2.野田玉川鉱山跡
☆観察のポイント☆ 国内最大規模の層状マンガン鉱床を持つ鉱山を通して、白亜紀の大規模な火成活動と、それによってもたらされたジオの恵みを知る。
f0238398_16372450.jpg
かつて日本有数のマンガン鉱床だった野田玉川鉱山。
明治38年頃から開発が進み、坑道は地下420m、総延長は28kmに及びます。
野田玉川鉱山の鉱床は、海のプランクトンの一種である放散虫の骨格などが深海に溜まってできた岩石(チャート)に、1億2千万年ごろ(中生代前期白亜紀)の火成活動でマグマが貫入した際、その熱でチャートが変形してさまざまな種類のマンガン鉱物が晶出したものです。

現在は閉山して、「マリンローズパーク野田玉川」として坑道の一部(約1.5km)を公開しています。
(※11月~4月下旬までは冬期休業中です!)

野田村はマンガンをふくむ「ロードナイト(バラ輝石)」とよばれる鉱物がとれることで有名です。深いピンク色の鉱物で、原石の中からわずか2千分の1に満たないものが宝飾品「マリンローズ」として加工・販売されています。



3.塩の道

多くの鉄山があり、鉄釜が入手しやすかったことから直煮での製塩が盛んになった野田村。
この塩の道を牛の背にのせ、内陸部の盛岡や秋田への運んだ道が「野田塩ベコの道」です。塩だけでなく、海産物や特産の鉄も運ばれるなど、三陸地域の経済を支えた交易路でした。

効率の良い塩田が瀬戸内などで盛んに開発される時代にもめげず三陸沿岸で直煮製塩が明治末期まで続けられた理由は、次の4つが挙げられます。
1、三陸はリアス式海岸であり、豊かな塩木山が海近くまでせまり、海水を汲みやすい。
2、九戸地方の砂鉄鉱山は、全国でも有名であり、鉄釜が安く手に入ったこと。
3、藩の多くは自給自足を原則として、製塩を奨励するのだが、南部藩の生産量は不足であった。
4、野田地方は、耕地も少なく冷害を受けやすく米の確保には製塩に頼ることが多かった。また村内6カ所で大きな鉱山が経営され、その飯米を得るために野田塩の必要があった。



ということは、このあたりは野田玉川鉱山などの鉱山が多くあり、そこで働く人も多かった。
しかし米があまり取れない地方なので、働く人達に食べさせるためにも直煮製塩を行い塩を作りそれを米に変えた。
その塩は、塩焚き用の木が多い山が近く、海水を汲みやすい十府ヶ浦海岸をはじめとする海岸で行われた・・・

と、すべて繋がっているわけですね!!







・・・というわけで今回の講演をお聞きして、野田村でも化石や琥珀が採れることを知りました。

また今まで何気なく見ていたものは、本当は長い長い歴史の中で出来上がったものなんだなぁと、改めて確認することができました。

そして、さらに、まだまだ発見されていないものがこの地に眠っているかもしれない!自然の壮大さを実感できる場所があるかもしれない!と感じました。



日本ジオパークに認定された「三陸ジオパーク」!!
目指せ、「世界ジオパーク」!!!  ですね。


「三陸ジオパーク」について詳しくはこちらをご覧ください!
http://sanriku-geo.com/

ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-31 18:06 | 自然・ジオ | Comments(0)

南部福来豚 ホルモン鍋

2014年 01月 29日
昨日は日中、暖かく感じた一日でしたが、
今日はまた寒さが戻り、冷たい風も強く吹きました。

そんな日には“南部福来豚 こだわりホルモン鍋”はいかがですか。
ご紹介します。
f0238398_9452915.jpg

野田村特産の南部福来豚は、天然ミネラルが豊富な海藻粉末、ゴマ、クエン酸、ビタミンEなどを強化したこだわりのエサで育てられた、重厚でコクのある南部福来豚です。そしてこの南部福来豚のホルモン鍋、製造元は、お隣久慈市にあります「焼肉 福次郎」さん。初めは、久慈市の物産館などで販売していたようですが、昨年10月末くらいから観光物産館ぱあぷるでも販売を行っています。


さっそく、南部福来豚ホルモン鍋をゲットしに、観光物産館ぱあぷるへ!!

ありましたよ~♪
焼肉 福次郎がつくる 南部福来豚 こだわりホルモン鍋~♪
f0238398_11151553.jpg

(1.5~2人前用 500g 580円)
観光物産館ぱあぷる内 冷凍コーナーにあります。

レシピや作り方も書いてあるので、あっという間にできちゃいます(^v^)
●材料●(1.5~2人前)
 ・ホルモン鍋....1パック
 ・豆腐...........約1/2丁
 ・キャベツ.......120g
 ・長ネギ........20g(1/4本)  
  お好みでニンニクスライス、ニラ(20g)、赤唐辛子など


① 鍋の中にキャベツを入れてその上にホルモン鍋1パックを入れて加熱します。

② 10分程煮込んだら、豆腐、ニラ等を入れてさらに加熱し
   野菜が煮えたら出来上がり。
f0238398_11595578.jpg
 
今回は、お家にあった牛蒡とぶなしめじ、
さらにニンニクスライスも一緒に入れて作ってみました~。

ホルモンの食感、弾力があり食べごたえバツグン!!
スープはあっさりとした醤油味!!
ん~おいしい(>_<)!! スープまで全部飲んでしまったわたしです。
どんどん、箸が進みました。
お酒のおつまみにもピッタリ!!

さらに、〆には・・・。
うどん、ご飯を入れて雑炊にしてもおいしいと思います!

お店の味を家庭で楽しめる、ホルモン鍋!!お家にある野菜で簡単に作れるので、
ぜひ、みなさんも一度召し上がってみてください。


お買い求めは、観光物産館ぱあぷるへ。
南部福来豚ホルモン鍋 1パック(1.5~2人前) 580円

また、発送も行っています。
観光物産館ぱあぷるまでお電話でお問合せください。



☆☆観光物産館ぱあぷる☆☆
 【住所】岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
 【TEL】0194-78-4171 
 【FAX】0194-78-3370
 【営業時間】9:00~18:00(11月~3月は17:45まで)


ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-29 18:05 | テイクアウト・お土産 | Comments(4)

~日清食品グループ CSR活動「百福士プロジェクト」第11弾~

2014年 01月 27日
最近、インフルエンザも流行りだし、野田村でも、少しずつインフルエンザの方が増えてきています!手洗いうがいをしっかりし、インフルエンザに気をつけましょう。


さて、先週金曜日(1月24日)に野田村立野田小学校では、
~日清食品グループCSR活動「百福士プロジェクト」第11弾~
「子どもたちの夢、応援します。東北の未来へ RUN RUN!プロジェクト」が、野田小学校6年生34名を対象に行われました。
f0238398_15351182.jpg

まずは、受付を済ませて6年生の教室にお邪魔しました。
f0238398_1540138.jpg

日清食品グループでは、社会貢献活動を注いだ創業者・安藤百福(あんどうももふく)さんの志を継ぎ、50年間に100の社会貢献を行う「百福士プロジェクト」を2008年より実施しているそうです。そして、今回の「東北の未来へ RUNRUN!プロジェクト」は、全日本実業団対抗駅伝競走大会で2度の日本一に輝いた日清食品グループ陸上競技部が行う社会貢献活動で、子供達に陸上競技を通じて「夢や希望を持つ大切さ」「あきらめない心」「走ることの楽しさ」を伝え、明日への活力につなげてもらおうと実施したものです。

今回野田小学校へ訪問してくださった、日清食品グループ陸上部に所属する小野裕幸(おのひろゆき)選手<群馬県出身>と矢澤曜(やざわよう)選手<神奈川県出身>の2名の方です。あまちゃんの曲に合わせて登壇しました。
f0238398_1643080.jpg

(左側が小野選手、右側が矢澤選手です♪)

自己紹介では、小学生の頃は走るのはあまり得意ではなかったと話す矢澤選手。
ですが、箱根駅伝1区区間賞出雲駅伝1区区間賞という成績を残している矢澤選手です。スゴイですね~!!

小野選手、矢澤選手も生徒と一緒に席座り、クリエイティブシンキング(創造的思考)について学びました。
f0238398_9142355.jpg

●クリエイティブシンキング、6つのキーワード●
 ①まだなにもないものを見つける。
 ②なんでもヒントにする。
 ③アイディアを育てる。
 ④タテ・ヨコ・ナナメから見る。
 ⑤常識に囚われない。
 ⑥あきらめない。

こちらの6つのキーワードをもとにホームルームを行い、子供達に「あきらめない心」と子供達の「創造力」を高めました。そして最後には、子供達それぞれの夢をボードに書いてもらい、発表しました。 

まず、小野選手と矢澤選手の“夢”
f0238398_932726.jpg

オリンピックでメダルをとる!! 小野選手。
f0238398_9334584.jpg

あきらめなければ達成できる!と教えられる先生・トレーナーになる!! 
矢澤選手。

そして・・。子供達は!!
f0238398_9395178.jpg

・看護師になりたい。
・大工さんになりたい。
・NBAで得点王になる。
・看護の仕事をし、外国に行って人を助けたい。
・パティシエになって、美味しいスイーツを作り、みんなを幸せにしたい。

など、たくさんの“夢”を発表してもらいました。
その中でも、一番印象に残ったものがありました。

それは!!
自衛官になって、震災の起きた地域に行き、
    東日本大震災の経験者として人を助けたい。


という発表です。小学6年生でもうすでにこのような夢があり、しっかりとした考えを持っていてすごいなぁと感心しました。私が、小学6年生の時の夢はいったいなんだったのか・・・。これからも頑張って、それぞれの夢を達成してほしいなと思うホームルームでした。

次に、体育館に移動して「ランニング教室」を行いました。
f0238398_1015638.jpg

体操・ストレッチをした後、小野選手、矢澤選手の2人の指導で、もも上げやクラウチングスタートの動きを学びました。
f0238398_10172376.jpg

担任の先生も一緒に!!

続いて、“こおり鬼”を行って遊びの中で走ることの楽しさ、スポーツの楽しさを学びました。
f0238398_10255210.jpg

また、クラスを4チームに分け、矢澤選手も加わりリレーを行い交流しました。

最後に矢澤選手が20km~40kmの長距離走を、普段走るスピードで体育館を走り、後ろを追いかけて6人の生徒が走るという体験も行いました。
f0238398_10462991.jpg

速い!!
短距離走並みの速さで驚きました。この速さで、長距離を走るなんて・・・。
さずが、プロだなぁ~。と思いました。
矢澤選手と一緒に走った生徒は、「早くてスピードが追いつかなかった((+_+))」と、話してくれました。

f0238398_112825.jpg

みんなで、集合写真!!(パシャリ)
素敵な思い出ができましたね。

教室に戻り、選手の方と一緒に給食の時間です!!
f0238398_1182416.jpg

f0238398_1194183.jpg

「10年ぶりに、給食を食べるよ~。」と、子供達と楽しそうに給食を食べていました。

f0238398_11113918.jpg

この日の給食のメニューです。
懐かしい、給食の匂いに美味しそうだなぁ・・・。と思いながら学校を後にしました。

今回の活動をして、小野選手は「期待以上に生徒が喜んでくれた。長距離の練習も楽しみながらできるんだ!と思いながら、体育の授業をしてほしい。」と、メッセージを送りました。
子供達も、今回のトップアスリートの選手達とふれあいを通じて、「夢や希望を持つ大切さ」・「あきらめない心」・「走ることの楽しさ」を学び、それぞれの“夢”に向かって頑張ってほしいと思います。


私も、子供達と授業を受け、楽しい時間を過ごしました。
また、私自身も学ぶことがありました。テレビでよく見る箱根駅伝!
選手の走る速さにも驚かされました。
私も、夢を持って、あきらめない気持ちで頑張っていきたいと思います。

みなさんの“夢”は何ですか?


ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-27 13:39 | 村のお便り | Comments(0)

春も近い!!早採りわかめ

2014年 01月 22日
先日、新聞で震災後、3度目となる早採りワカメの収穫が始まったという宮古市・重茂(おもえ)の、「早採りワカメ」の話題がありました。

今年もまた「早採りワカメ」の話題が聞こえてきて、まだまだ寒い日は続いていますが、すぐそこまで春がやってきているのかなぁと感じますね。

野田村でも、玉川地区や下安家地区で早採りワカメの収穫が行われ、大鳥居のすぐ近くにある小林魚店では、早採りワカメの販売を行っていました。


早速お邪魔しました。
商工会から歩いて1分、小林魚店です。
f0238398_15535194.jpg

[春ワカメあります!]というチラシが張ってあります。

店内には、カレイやイカ、鮭を干したもの。
f0238398_15575122.jpg

これも焼いて食べたらおいしいんですよねぇ。
f0238398_15581096.jpg

新鮮なお魚。ナメタガレイやタラ!、タコ!
タラはフライで食べるとおいしいよ~と小林さん。


そして・・
ありましたよ!ありましたよ!!
野田村産 早採りワカメ~ヽ(^。^)ノ

f0238398_13594567.jpg

f0238398_1359598.jpg

漁師さんの頑張りで、今年もおいしいワカメが育ちました。

小林さんも、「今年のワカメは柔らかくてちょうどいい!良いワカメだ~。」と
おっしゃっていました。

北三陸・野田湾のきれいな海で育ったワカメは、肉厚で歯ごたえがあり、香ばしい磯の香りが堪りません!!野田村が全国に誇る特産品の一つでもあります。

お味噌汁やラーメン、サラダに。そして今の季節ですと鍋焼きうどん等に入れて食べてもおいしい(>_<)!!シャキシャキとした所感が堪りません!!

で・す・が!!
この寒い季節には、なんといっても“鍋”ですよね~。

みなさん!!しゃぶしゃぶはお肉だけではありませんよ(^v^)♪
早採りワカメは“しゃぶしゃぶ”で食べるのが一番おすすめです!!

若いワカメ、とてもいい匂いがします。
f0238398_14322515.jpg

まずは、水洗いをして、少し大きめにざっくり切ります。

昆布だしに、白菜、豆腐、水菜、ささみのお肉を入れた鍋でしゃぶ♪しゃぶ♪
f0238398_14403052.jpg

鍋に入れた瞬間に、きれいな緑色に変身!
f0238398_14471018.jpg

わが家では、あっさりと!!ポン酢をつけて食べるのが定番です~。


口に入れた瞬間磯の香りがし、シャキシャキ・コリコリとした歯ごたえ、ワカメの茎の部分は熱湯に入れるとめかぶのようにトロトロな食感になり、またこれもおいしいのです(>_<)!!茹でたては最高です!!
ん~おいしい!! 

こちらの早採りワカメは、3月頃まで販売予定だそうです。


採ったばかりの“ワカメ”をすぐ食べれるなんて、どんなに幸せなことか!
三陸に生まれてよかったなぁと思う瞬間でした。



―お店データ―
 小林魚店
  
  ●住所 〒028-8201岩手県九戸郡野田村大字野田26-15-2
  ●TEL 0194-78-2055  
  ●営業時間 午前8:00~午後7:00
  ●定休日 毎週日曜日
  ●交通 道の駅のだより徒歩7分




ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-22 09:07 | 村のお便り | Comments(0)

晴れの小正月行事

2014年 01月 17日
1/15(水)に、野田村村民広場(のんちゃん広場)で開催されました、
[小正月行事]、寒かったのですがいいお天気でした。
f0238398_11583439.jpg

f0238398_11592617.jpg


まずは、小田村長よりご挨拶。
f0238398_11541616.jpg

そして祈とうの後、「どんと焼き」スタート!!
f0238398_164540.jpg

f0238398_16134238.jpg

バチバチと音を立てて燃え上がりました。
保育園児は並んで手を合わせます。
f0238398_16184349.jpg



そして、小正月といえばだんごしば作り♪
村内3箇所の保育園児も参加して賑わいました。
f0238398_1628126.jpg

紅白のお団子を、小さい手で枝に刺していきます。
f0238398_1631568.jpg

「健康な一年でありますように」
f0238398_16342356.jpg

お飾りも飾り、きれいに出来上がりました。

また、搗きたての柔らかい「きなこもち」とあったか~い「甘酒」がふるまわれました。
f0238398_16435225.jpg

臼と杵で搗くお餅は、とってもおいしいですよね~(>_<)!!
f0238398_16453179.jpg

f0238398_1650385.jpg

子供達も、おいしそうに食べています。

あったか~い甘酒。周りはいい匂いでいっぱいでしたょ。
f0238398_16521445.jpg



甘酒のいい匂いの中、めでたい大黒舞がスタート!!
f0238398_16581359.jpg

近くで見るとキラキラと衣装が輝き、とてもきれいでした。
赤い頭巾に打ち出の小槌、とってもめでたい踊りです。


さらに、村民広場からあるいてすぐの愛宕参道広場では、
“新春初市”
も開催されました。
f0238398_17191386.jpg

f0238398_17194323.jpg

そして、愛宕参道広場前でも大黒舞を披露していただきました。
f0238398_1772020.jpg

大黒舞の後には、大黒舞の会の皆さまにより、景品付もちまき大会が行われ、足元の悪い中でしたがたくさんの方で賑わいました。
f0238398_17104196.jpg


f0238398_1711183.jpg

餅まきの時のおじぃちゃん、おばぁちゃんは、元気いっぱいでした!!
子供にも負けず、お餅を目掛けて頑張っていました\(^o^)/

寒いながらも、気持ちよく晴れた楽しい雰囲気で、小正月の行事を楽しみました。


そして・・夕方から・・。
子供にはこわ~い“な・も・み”!!
f0238398_11385057.jpg

野田村なもみ保存会のメンバーが、
3組に分かれ、村内30世帯の家々をまわりました。

なもみさん達は、身支度を整えます。
f0238398_11512248.jpg

お面をかぶり!
f0238398_11585973.jpg


辺りがすっかり暗くなった、午後7時頃!!
(ドンドンドン!!)「うおおおお~~。」
f0238398_13114868.jpg

な:「いいうごど~きぐが~!!!」
子:「はいっ!」
なもみさんに囲まれ、子供達が見えない・・・。

ですが、なもみさんの向こう側では!!
f0238398_13181218.jpg

このとおり!! 大泣きの子供達でした。
ほんとに現れたなもみに、去った後も言葉が出ず放心状態の様子でした。

・・・というかんじで、
大きな面をかぶり、大包丁や長い棒を持った神様の使いである「なもみ」は、小正月の夜に山から下りてきて、五穀豊穣・無病息災・家内安全、そして子供達の健やかな成長を願いました。
f0238398_1514422.jpg

子供達は、よく頑張りました。
きっと、強くてたくましい人間に育つことでしょう!!

なもみさん! 寒い中ご苦労様でした。
来年もまた、頑張ってください♪


ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-17 16:34 | 行事・イベント | Comments(0)

模型復元プロジェクト展(野田村展)

2014年 01月 15日
去る、1月11日(土)~13日(月・祝)に開催されました、
ふるさとの記憶-いわて失われた街 模型復元プロジェクト展。
f0238398_10145163.jpg

野田村役場近く、野田村総合センター1Fロビーで行われ、
ロビー中央には、野田村中心部を再現した模型が展示してありました。
f0238398_1024996.jpg

f0238398_17114616.jpg

f0238398_155638.jpg

「ここが、私の家でした。こんなに家やお店があったんだね~。」
と、改めて模型にして気づいた所もあったようです。
何回も、模型を見ながら「懐かしいね~。」「ありがたいね~。」という言葉がこぼれていました。


こちらの、海岸に縞模様のように並べられている物、これは天日干しをしている昆布やわかめの様子を再現した模型です。
f0238398_1128811.jpg

昔は、海藻の時期になると昆布やわかめが、何10mもずらっと並べられていたようです。


次に、野田村での大きなイベント「野田まつり」の様子です。
f0238398_11534865.jpg

震災前、上組・中組・下組と3台の山車が運行されていた野田まつり。その様子も再現してありました。とても小さな模型ですが、細かい所まで各組の特徴を捉えた山車となっていて、すごいなぁ~と感動するばかりでした。

次に、約70年前に植林した1万本弱あった松林。
散歩コースになった場所でもあり、またパークゴルフ場もありました。
f0238398_16323100.jpg


そして、宇部川には鮭の遡上の様子も!!
f0238398_1633973.jpg



模型作りを手伝った澤里さん(野田中学校2年生)は、航空写真と照らし合わせて色を塗ることが一番大変でした。とおっしゃっていました。小学校の生徒さんも色塗りの手伝いをしてくれたことを教えてくれました。


また、会場内にはメッセージボード!!
f0238398_16441869.jpg

「すごく良くできていました。感謝しています!」等、感謝の思いが書かれていました。
村の方も野田村ができた~。と涙を出して喜び、
震災前の野田村の街並みの記憶を呼び覚ました模型となりました。

模型制作していただい皆さま、ありがとうございました。


そして、震災3年目にあたる平成26年3月には、盛岡市において復元された岩手県の沿岸部9地域の「模型」を一堂に集めた<特別展>の開催も予定されているようですので、ぜひ、そちらへも足を運んでいただき野田村の模型を見ていただきたいと思います。



ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-15 09:28 | 行事・イベント | Comments(0)

明日は小正月行事♪

2014年 01月 14日
最近、毎日「今日も寒いですね~。」の会話から始まります!
最高気温0度前後と、寒い毎日ですね・・・。

さて、野田村の『小正月行事』のお知らせです。

1月15日(水)、午前10時から恒例の小正月行事が行われます。
しめ飾りなどのわらや松などの草・木・紙類を燃やす「どんと焼き」
豊作祈願の意味を込めた「だんごしば(ミズキだんご)づくり」
餅つきなどの村の伝統行事を行い、無病息災・五穀豊穣を祈念します。
f0238398_10402062.jpg

(去年は雪の小正月だったんですね~。)


◆同日、愛宕参道広場にて「新春初市」も開催!!
午前11時からは、景品付もちまき大会もありますよ~♪
 (※翌月以降、16日開催です。) お近くにいらした際は、お立ち寄りください。


そして・・・。夕方からは村内一部の家々を「なもみ(鬼)」が歩きます。
「泣ぐ子はいね~が~。」
f0238398_10403439.jpg

「なもみ(鬼)」は、昔から五穀豊穣・無病息災・家内安全を呼び込むものとされています。子供達にとっては恐い「なもみ(鬼)」。今年子供達は、なもみにどんな約束をするのでしょうか。



★★小正月行事★★
 〔日時〕 平成26年1月15日(水) 午前10時~午前11時30分頃
 〔場所〕 小正月行事:役場前村民広場
 〔お問合せ〕 野田村むらづくり運動(はまなす運動)推進協議会
          野田村役場総務課 TEL:0194-78-2111
 
      *主な行事内容*
       ・どんと焼き(神官による御祈とう等)
       ・餅つき
       ・だんごしばづくり(ミズキだんご)
           
  ●どなたでもご来場いただけますのでぜひ、お越しください●



ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-14 11:20 | 行事・イベント | Comments(0)

いわて失われた街 模型復元プロジェクト展 

2014年 01月 10日
最近、毎日「今日も寒いですね~。」の会話から始まります。
今日は、最高気温もマイナスという、とても寒い1日でした。


さて、今週末1月11日(土)~1月13日(月・祝)に、
【ふるさとの記憶―いわて失われた街 模型復元プロジェクト展】(野田村展)が開催されます。
f0238398_1415158.jpg

(※岩泉町小本地区展は終了しました。)

東日本大震災の津波で、失われた街並みを再現した模型をきっかけに、心の奥底に埋もれていた景色を呼び覚まし、記録するプロジェクトが岩手県沿岸各地で進められてきました。今回メインで模型制作を行った、京都造形芸術大学・中村研究室の学生さん3名。去年の11月から模型の制作が始まり、約1か月間で模型が完成。去年12月には、村のみなさんの思い出を伺いながら、彩色作業を行いました。

そしてついに!!
明日から3日間、野田村総合センター1階ロビーで、
完成した模型の展示を行います。

詳しくは、“シリーズいわて ふるさとの記憶”をご覧ください!


お誘いあわせのうえ、ご来場をお待ちしております。



★ふるさとの記憶―いわて失われた街 模型復元プロジェクト展(野田村展)★
 〔日時〕 平成26年1月11日(土)→13日(月・祝)
 〔会場〕 野田村総合センター1Fロビー(野田村大字野田20-14-2)
       *入場無料*
 〔時間〕 午前10時~午後4時


 主催:NHK盛岡放送局
 模型製作:京都造形芸術大学 中村研究室、神戸大学 槻橋研究室
 〔問い合せ先〕 NHK盛岡放送局 電話:019-626-8811

 
ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-10 16:39 | 行事・イベント | Comments(0)

今日の朝は雪景色♪

2014年 01月 09日
寒い日が続いています。

太平洋沿岸は雪が少ないのですが、
今朝、カーテンを開けたら一面、雪化粧でした。
f0238398_15344128.jpg

10cm~15cmほど、積もりました。
除雪車も出ました。
f0238398_15383526.jpg
f0238398_15382336.jpg

子ども達は喜びますが、大人は朝から雪かきで大変ですよね。
雪かきされた皆さま、お疲れ様でした。

さて、こちらは今日の野田港です。
f0238398_15464130.jpg

f0238398_15471331.jpg

雪に覆われた野田港!!太陽の光が雪にあたり、キラキラとてもきれいでした。
が、風邪が吹くとさぶい(>_<)!!
f0238398_15493738.jpg

今日は、近くでカモメを撮ることができました\(^o^)/
よいしょ!っとカモメが飛ぶ瞬間をパシャリ!! 満足の1枚を撮ることができました。

そして、写真中央には防波堤!   徐々に出来上がってきました。
f0238398_1550277.jpg

震災前は12mの防波堤でしたが、新しく作っている防波堤は14mという高さで工事が進められているところです。


次に、こちらが十府ヶ浦海岸。
f0238398_1650121.jpg

f0238398_16502993.jpg

テトラポットと雪!   なかなかいいですね^_^


時々、こうして寒い中でも雪景色を見るのもいいなぁ~と思ってしまいますね。
積雪の多い地域の皆さま、どうぞお気を付け下さい。


ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-09 17:28 | 村のお便り | Comments(0)

杵で餅つき体験!!

2014年 01月 07日
みなさんは、どのようなお正月をお過ごしになりましたか?

昨年のある日、“苫屋”さんにお邪魔した時でした。
その時、苫屋さんにいらしていた野田村の小山さんご夫婦から、
「今度12月28日に、杵で餅つきをするからおいで~。」と声をかけてもらい、
小山さん宅にお邪魔させていただき、餅つき体験をしてきました。
f0238398_10372798.jpg



まず、蒸し器でもち米を蒸してもらい。
f0238398_1421722.jpg

約45分くらいだったでしょうか、蒸しました。
f0238398_142504.jpg

出来上がったもっちもちしたもち米は、そのまま食べてもおいしい!!

もち米を蒸している間に、小山さんが作った野菜たっぷりの鴨汁をいただきました。
f0238398_14284990.jpg

白菜、大根、人参、こんにゃく、きのこそしてわらびやふきなどが入っていて、
鴨の出汁が効いたとてもおいしい鴨汁でした。
ごちそうさまでした\(^o^)/


ということで早速、臼と杵を使って餅つきスタート!!
f0238398_14473642.jpg

臼にもち米を入れて、もち米が一通りつぶれるくらいこねました。
なかなか、大変な作業でした。

息子も初めての経験に楽しそうに、ペッタンペッタンとお餅を搗きました。
f0238398_1512094.jpg

苫屋さんの坂本さんに手伝ってもらいながら、頑張りました!!
子どもでも搗ける杵があって、よかったぁ~♪

さあ、次は大人の番です!!
f0238398_15413622.jpg

よいしょ!

そして・・私も挑戦!!
f0238398_15155910.jpg

よいしょ! よいしょ!!!
と、つい声が出てしまうほど、なかなか重い杵!(^_^)
そして、真ん中を搗くのがそれがまた難しく、「ゴン!」っと臼の縁を叩いてしまうことが何回もありました・・・(>_<)
力が必要な餅つき! 搗き終えた後少し息切れしていた私でした。

最後に、出来たお餅はまな板の上に置いて、均等に伸ばします。
f0238398_1531526.jpg

手の平で、同じ厚さになるように伸ばしていきました。
この作業もなかなか難しく、力が入りすぎると一部へこんでしまったり・・。


餅つきの後は、集まったみんなで薪ストーブを囲みながら搗いたお餅を食べたり、お話をしたりと、楽しい時間を過ごしました(^^♪
f0238398_9475998.jpg

f0238398_10364413.jpg

鴨汁にお餅を入れて食べたりと!
f0238398_15383055.jpg

毎年、12月28日に餅つきをしているという小山さん。
なかなか今では出来ない体験が出来て楽しかったです。
誘っていただいた小山さん。ありがとうございました。


そして、搗いたお餅を持って帰ってきて、くるみだれを作りました。
f0238398_1643155.jpg

すり鉢にくるみを入れて、粘りが出るまで摺り摺り・・・。
f0238398_16472818.jpg

f0238398_16482687.jpg

15分から20分くらい摺ったでしょうか。
くるみの油が出てきてねっとりしてきました。

そこに、水、砂糖、醤油、塩を混ぜた物を少しずつ加えていきました。
f0238398_117760.jpg

砂糖はたっぷり入れました。
f0238398_17210100.jpg

初めて作ったので、味加減があいまい。
今まで食べたくるみだれの味を想像しながら。
とにかく味見をして、醤油と砂糖を足しながら作りました。

そして、出来上がったくるみだれ~♪
f0238398_172347.jpg

ん~。おいしい~(>_<)!!

結局、くるみだれを作るのに1時間程かかりました。

焼いたお餅の上に、タラリとくるみだれをかけて!!
f0238398_100509.jpg

いっただきま-す\(^o^)/

自分で搗いたお餅に、自分で作ったくるみだれ!
搗きたてだったので、柔らかくてとてもおいしくたくさん食べてしまいました。

私のお腹ものんちゃんに近づいてきたかも・・・。
お正月の胃袋を整えるためにも、今日は『七草粥』を食べましょう!!


ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-01-07 11:49 | 野田の人びと | Comments(1)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル