「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2014年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

【告知】文化と芸術と秋の味覚が集うとき in野田村

2014年 10月 30日
先日、今度の土日開催の「NODAまんぷくマルシェ」のご案内をいたしましたが
(⇒記事はこちら


NODAまんぷくマルシェ会場と目の鼻の先である野田村立体育館にて
同じ日程にもう一つイベントが開催されます!!


11/1・2開催の「第50回 野田村総合文化祭(展示部門)」と共に
本日10月30日(木)~11月2日(日)までの4日間、野田村村立体育館にて
(公財)岩手県文化振興事業団・野田村教育委員会共催の「文化・芸術が集うときin野田村」が開催されます!

f0238398_11020205.jpg

裏はこちら↓
f0238398_11020258.jpg


本日からということで、野田村立体育館へ行ってまいりました~!
f0238398_14581831.jpg
※野田村総合文化祭は11/1(土)・11/2(日)の二日間です。


こちら「平成26年度 岩手県立博物館移動展・第35回 埋蔵文化財展 合同展」の会場です!

f0238398_09202792.jpg
しだないさん!
これは!きもかわ系キャラだ!



この日は午後から岩手県立美術館館長の原田さんによる美術館長講座が行われまして、40名ほどが参加されました。
f0238398_15435865.jpg
「美術」の祖形である縄文や弥生時代のお話や、震災レスキューのお話など、興味深く拝聴しました。



そしてこちらでは・・・・
f0238398_15443241.jpg

f0238398_15025888.jpg
はっ、剥製!
アザラシがかわいぃぃ~。(傷がそのまま・・・)


f0238398_15003100.jpg
お~、でっかい。江戸時代の盛岡藩領内図です!
野田を見つけましょう!



f0238398_14594563.jpg
埋蔵文化展コーナー。
さまざまな遺跡の出土品がいっぱい!


f0238398_15012387.jpg
うきうきだんご!美味しそう!
「いわての食文化」コーナーに色々な食品サンプルがあります!



f0238398_11051329.jpg
蕨手刃(わらびてとう)。
写真は復元模型ですが、野田で出土したものも展示されてます。





地質部門・考古部門・歴史部門・生物部門・民族部門とさまざまな展示がありました!
どの部門も興味深くて、じっくり見ていきたいものばかりでしたよ...。

私は錦絵「陸奥国野田玉川」とか
イクチオサウルス(魚竜)の口とかじっくり見ちゃいました。

それぞれ解説もついているのですが、親切に説明してくださる「展示解説会」が
11月2日(日)12:30~、14:00~に行われます。φ(・ω・*)要チェック♪





そして11/1(土)午前中には『中平遺跡見学会』とゆーのもあるんですよ、お父さん!

今回も例によって復興道路(三陸沿岸道路)で出てきた遺跡です。
中平遺跡っていうと地元の方は「野田中のとこのね」と思うんですが、今回のは中学校からちょっと離れた場所になりますヨ!

f0238398_11020251.jpg
以前「伏津舘遺跡見学説明会」にいってまいりましが(⇒その時の記事
現場の空気と、専門家のお話に、とってもワクワクしましたー(*゚∀゚*)




野田村総合文化祭も第50回という大きな節目ということで、イベント目白押し!
展示部門のほか、さまざまなイベントが同時開催されます。

11月1日(土) 13:30~には、岩手在住のプロ金管奏者による金管四重奏アンサンブルと地元小中学校吹奏楽部と共演するコンサートがここ体育館にて行われるそうです。




と・いうわけで
JA会場「NODAまんぷくマルシェ」で食欲の秋!
そして体育館会場「野田村総合文化祭」で文化と芸術と歴史の秋!



土日はぜひ野田村へおでかけくださ~い。o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)o



-イベントデータ-

文化・芸術が集うときin野田村
  〔日時〕平成26年10月30日(木)~ 11月2日(日)/ 10:00~16:00(最終日は9:00~15:00)
  〔場所〕野田村立体育館(野田村役場 向かい)
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔入場料〕入場無料
  〔問合せ〕(公財)岩手県文化振興事業団 総務部 TEL:019-654-2235
      野田村教育委員会 事務局 TEL:0194-78-293

第50回 野田村総合文化祭 展示部門
  〔日時〕平成26年11月1日(土)10:00~16:00、2日(日)9:00~15:00
  〔場所〕野田村立体育館(野田村役場 向かい)、総合センター
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔入場料〕入場無料
  〔問合せ〕野田村教育委員会 TEL:0194-78-293

秋のスマイル大収穫祭 うんめぇ~NODAまんぷくマルシェ
(旧「野田産業まつり」)

  〔開催日〕【プレイベント】平成26年11月1日(土)11:00~15:00、
       【イベント当日】平成26年11月2日(日)10:00~15:00
  〔場所〕JA新いわて野田支所 特設会場
  〔駐車場〕野田村役場前 駐車場、JA新いわて野田 支所集出荷場周辺
  〔お問合せ先〕 野田村役場 産業振興課  TEL:0194-78-2926


【情報ページ】



(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-30 15:23 | 行事・イベント | Comments(0)

よく来てけさんした。また来てけさんし。

2014年 10月 28日
この週末(10/24・25・26)
「第11回 全国ほんもの体験フォーラムinいわて」というのが開催されました。

岩手日報さんでは26日(日)にど~んと見開きで取り上げられてましたね!

f0238398_13184596.jpg
10/25(土)の会場 久慈市文化会館アンバーホール




f0238398_13213298.jpg
会場入口では「久慈秋まつり」の豪華絢爛な山車2台がお出迎えしました!!
みなさん記念撮影されてましたねー




これは、地域のありのままの生活や自然に触れる「体験型観光」
先進地や自治体、観光産業関係者らが一堂に集まり、
広く情報交換や交流を目的とするイベントです。
毎年開催されておりまして、昨年は広島・山口で、来年は高知だそうです。


ワタクシは当日受入側として受付等お手伝いさせていただいたのですが
大きなスーツケースをお持ちの団体様がドンドコ会場入りされ
イントネーションもさまざまで「おお (〃゜△゜〃)」と新鮮でした



もうほんと
はるばる遠くからよく来てけさんしたですよ。

長旅お疲れ様でございましたm(_ _)m

f0238398_13284284.jpg
ゆるキャラがちりばめられた素敵なハッピを見かけ、思わすパチリ。
福井県美浜町様ですね・・・!これもまた遠くから!




アンバーホールの入口前やエントランスホールでは、
各市町村の物販コーナー。

f0238398_13333822.jpg

三陸の焼ホタテ・焼イカ・タコとんびとか。



f0238398_13255262.jpg
久慈琥珀さんとか大野木工さんとか 地域自慢の工芸品もとりそろえ



f0238398_13230066.jpg
野田村の「薪窯直煮製法のだ塩」も販売しました☆



f0238398_13261057.jpg
ドラマ「あまちゃん」でも登場した南部ダイバーさんだぁぁ!

f0238398_14275306.jpg
市町村PRコーナーの野田村コーナー


f0238398_13311984.jpg
1,000席以上あるアンバーホールの大ホールにたくさん!
(これは休憩時間なので若干まばらです;)


というわけで、10/25に開催された「全体フォーラム」では、

 ☆地元・田野畑村と久慈市の事例発表
 ☆タレントの高木美保さんによる記念講演
 ☆公開パネルディスカッション

が行われました。





そして翌日10/26(日)には久慈市・洋野町・野田村・普代村・葛巻町・田野畑村の6市町村それぞれで「課題別研究分科会」というのが行われまして、それぞれのテーマでパネルディスカッションが行われました~

f0238398_14332958.jpg
野田村会場には90名以上が集まりました!
遠くからありがとうございます。



各地(和歌山・徳島・奈良・宮崎)からコーディネーター・パネリストをお迎えし
野田村からは、野田村漁協野田養殖組合の組合長がパネリストとして参加いたしました。



f0238398_15040663.jpg

ご予約制の野田村のお弁当




野田村では周辺町村に比べると「体験型観光」はまだこれからですが
地域活性化に繋がり地元の良さを再発見できるスバラシイ取組みです!

当村でも、少しずつでも体験交流や民泊が身近なものになっていけばなぁと思います。

ちなみに野田村の体験観光についてご興味がおありの方は、
ぜひブログ「のだ村に暮らすのだ!をご覧くださいね♪



f0238398_14053064.jpg
ご参加者様へのお土産はのんちゃんグッズ(非売品)でした!



ご参加いただいた関係者の皆さま、
遠くからおいでいただき、誠にありがとうございました。

また野田村に来てけさんしemoticon-0152-heart.gif

(ハル)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-28 14:22 | 行事・イベント | Comments(0)

今週末は、野田村「NODA まんぷくマルシェ」

2014年 10月 27日
最近どうもお腹がすくような・・・

そうだ、食欲の秋なのです!




というわけで、各地で「産業まつり」が開催されておりますが
今週末はついにわが野田村でも開催いたしますよ!

その名も
「秋のスマイル大収穫祭 うんめぇ~NODA まんぷくマルシェ」!


f0238398_15044707.jpg

・・・マルシェ!?(o゚Д゚o)

”マルシェ”ってなに!?


(ふむふむ)


フランス語で“市場”という意味だそうです! へ~。

つまり、満腹市場ですね。野田村でフランス語がつかわれるとは・・・





実は昨年から「野田産業まつり」がグレードアップ&リニューアルして、
この「NODA まんぷくマルシェ」になりました。



以前は二日間のイベントでしたが

今は土曜に「プレイベント」が行われ
そして日曜にどーん!と「食の祭典」が開催されるそうですよ~!
(フードブースがフル出店するのは日曜日になります

f0238398_15593292.jpg
f0238398_15584754.jpg
f0238398_15584721.jpg

▲昨年度のイベントの様子☆ 大盛況ですね~!


11月1日(土曜日)のプレイベントでは、
お飲物を片手にごゆるりと♪ ¥2,000でビールや日本酒・ワインなどが最大4時間(11:00~15:00)飲み放題!の、フリードリンクイベントが行われます。
JA特設ブースでは、おふくろの味いっぱいの食堂(そば・豚汁・手作り団子ほか)、季節野菜の詰め放題、郷土料理販売(豆腐田楽・おでん・おからチップほか)、野田村のブランドポーク「南部福来豚(なんぶふくぶた)」の特売、特製焼き鳥などなどのフードブースもありますよ~★




そして11月2日(日曜日)はフードブースがフル出店!
野田村のうんめぇ~もの大集結となります!!
美味しいものを食べて♪ お得な野菜やお肉を買って♪
村体育館にて同日に行われる野田村総合文化祭(展示部門)もぜひご覧いただき、お楽しみください♪
イベントの締めくくりには景品(200点)付き餅まきも行われます。
エアートランポリンやキッズ向け体験コーナー、のんちゃんも出没しますよ!



▼決まった時間に限定販売を行う「スペシャルタイム」は計5回。
 ご来場時間に当たったら、ぜひブースをのぞいてみるべし!!

10:30~ ゆかべ(寄せ豆腐)(実演販売)
11:30~ 南部福来豚のしゃぶしゃぶ肉(限定販売)
12:30~ つくりたてスマイル弁当(限定30食)
13:30~ 野田村の郷土料理「けいらん」(限定50食)
14:00~ 荒海ホタテたっぷりの「荒海汁」(限定販売)



そうだー!
11月1日(土)夜6:30~ めんこいテレビ「山・海・漬」は荒海ホタテ特集ですよー!
(ただ変更の場合あり、だそうです;;)
f0238398_15264025.jpg

外海そだちの甘くて美味し~い
ぼくたちを食べに来てぇぇ~


と・いうわけで

野田村役場駐車場にお車を停めていただき、

徒歩1分の役場ウラ・JA新いわて野田支所の特設会場へゴー!




今週土日は、ぜひ野田村へお越しくださいね♪
f0238398_15070388.jpg

来たらのんちゃんみたいにまんぷくにしちゃう( ´-`)ノ ダ





【情報ページ】



-イベントデータ-

秋のスマイル大収穫祭 うんめぇ~NODAまんぷくマルシェ

  〔開催日〕平成26年11月1日(土)11:00~15:00、11月2日(日)10:00~15:00
  〔場所〕JA新いわて野田支所 特設会場
  〔駐車場〕野田村役場前 駐車場(のんちゃん広場)
  〔お問合せ先〕 野田役場 産業振興課  TEL:0194-78-2926




(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-27 15:29 | 行事・イベント | Comments(0)

2014紅葉情報 野田村安家川渓流(10/23)見頃を迎えています

2014年 10月 24日
こんにちは!
突然ですが、今週末ドライブはいかがでしょうか??


野田では海沿いの山も赤くなってきまして、
これはもう渓流は見頃だろうということで
さくじつ三脚持って安家川へ撮影にいってまいりました。


安家川に行くんだから、今日はのんちゃんもいっしょ!
(※安家川は、のんちゃんの生まれ故郷なのです)
f0238398_13482800.jpg
紅葉を見に行こうよう!


野田村の清流・安家川(あっかがわ)。岩手県道273号「安家玉川線」です。

f0238398_11400229.jpg
1週間前よりだいぶ色付いてる~



f0238398_11441595.jpg
わぁ~い。山が秋の色なのだ~♪


f0238398_11443940.jpg
赤いもみじがところどころにあるのだ~♪


安家川は、ダムがなく、川沿いの景色も美しい、岩手を代表する清流です。
渓流釣りのメッカでもあり、希少生物も多く、秋にはたくさんのサケが遡上します。

f0238398_11455998.jpg
車どおりもほとんどなく、
川の流れる音が心を落ち着かせます。

でも、いい天気だけどちょっと寒い~

f0238398_11453560.jpg
奥入瀬渓流のように赤や黄色の鮮やかな広葉樹が多いわけではありませんが、秋色に染まる安家渓谷はとてもきれいです。

f0238398_11454685.jpg
きれいだなぁ~



安家玉川線は道路がせまく、車を停められる場所は限られています。
見通しも悪いので、路肩駐車する際は対向車等にじゅうぶん気を付けましょう。


と、いうわけで「あっ、ここきれい!」と目を輝かせたら、
安全なところを見つけて路肩駐車し、カメラ持って歩いて戻ります(汗)

f0238398_11460796.jpg
f0238398_11461308.jpg
f0238398_11462535.jpg

いや~、やはり奥に行くにつれ色が鮮やかになっていき、
「きれー!(゚▽゚)」「いいね!(゚▽゚)」「もう少しだけ...(゚▽゚)」と
どんどん奥へ・・・。


結局往復で2時間ぐらいかかってしまいましたが、岩泉町へは入っていません。
岩泉町の安家川はどんな風景なのかな。

f0238398_11463395.jpg
ところどころにある、滝にときめいて・・・・

f0238398_11464771.jpg
故郷のにおいがするのだ~


そういえば、鮭が産まれた川に戻ることができるのは、その川の水のにおいを覚えているからではないかといわれています。川のにおいってどんななんでしょうねぇ。

お供してくれてどうもありがとう!のんちゃん。(⌒-⌒)



というわけで安家川の様子をお届けしましたが、
野田村の野田玉川鉱山 マリンローズパーク野田玉川も11月から閉洞になります。
安家川(野田村玉川)のドライブとマリンローズパーク、山ぶどう狩りなんていかがでしょう?!
よくばりすぎかな(笑)



今週末は高めの気温でお出かけには最適な陽気だそうですから、
ぜひ秋のドライブへお出かけになってみてください(゚▽^*)ノ☆



-スポットデータ-

安家川(あっかがわ)
岩手県道273号「安家玉川線」は現在嵩上げ工事中につき通行不可となっておりますが、県道のすぐ脇に273号線から国道45号に接続する迂回道路を設置しておりますので、案内表示に従ってお進みください。



(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-24 13:28 | 村のお便り | Comments(0)

手作り山葡萄ジュースの第二弾 山ぶどう踏みして作ったら美味しかったのだ

2014年 10月 23日
おはようございます。
本日はさわやかな秋晴れになりました!



さて、先週は野田村の農園に山ぶどう狩りに行き
そして自宅で山ぶどうジュース(原液)を絞りました
f0238398_09423015.jpg

ちょっと大変だったけど、とっても美味しくできて大・満・足!(*^-^*)ゝ

あれから毎日おちょこ1杯ずつ飲んでいますが、ヤマブドウパワーで心なしか元気かも!?



で、実はその山ぶどうジュース・・・
2種類作っておいたのです。


第一弾ではお鍋で煮る作り方前の記事)でしたが、
第二弾としてチャレンジしたのは 潰してから冷蔵庫に1週間保存しておく作り方です。


* * 作り方 * *

★洗って水気をきった山葡萄を、そのまま(房から粒をとらず)フリーザーバッグ等の食品用ポリ袋に入れ、中の空気を十分抜いてからしっかり閉めます。

フリーザーバッグを使うなら、大サイズので1キロちょい入りますね。



そうしましたら、粒を潰します。
ぜひここで“ぶどう踏み”を体験してみてはいかがでしょうか。

f0238398_11333852.jpg
「プチプチいう~!たのし~!」

毎年これを楽しみにしている娘っこ。大変喜んでます。


2つのジップロックに分けておいたので、娘っこ(下)にも踏ませます。
f0238398_11340976.jpg

1歳なので初ふみふみ

足の感覚が不思議なのか、とても楽しそうです。

途中でチャックの隙間ができて中身が出てきてしまいましたが、下にビニール袋を敷いていたので大丈夫です。備えあれば憂いなしです。



粒がすっかり潰れたら、”じく”を取りのぞきます。
f0238398_11343124.jpg
じくにくっついている実を取って、じくだけ捨てます



あれ? なんだか色がきれいですよ。
すでに美味しそうに見えるんですが・・・。
f0238398_11350181.jpg
おそるおそる味見


あれ?? お、おいしいです!

なぜか潰しただけなのに美味しい果汁ができちゃいましたが(笑)、
このまま冷蔵庫に1週間保存します。

1日目は30分ぐらいで終了~




1週間の間に2~3回取り出して、もみます。
f0238398_11352839.jpg
3日目。うーん、見た目の変化はあまりないかな?


さて、1週間経ちました!
f0238398_11361075.jpg
いや、1週間超えちゃいました...すみません...


ボウルにザルを重ね(あれば)さらしを置き、中身をあけます。
f0238398_11365318.jpg

澱(おり)が多いので、こうして濾した方がいいです。
丈夫なクッキングペーパーでも代用できるかな?



娘っこに絞ってもらいます。がんばれ。
f0238398_11370651.jpg
「ふぬ~~~~」

テーブルに上がって頑張ります。
嫌な予感がしたので、絞った果汁は少しずつ避難・・・じゃない、瓶に移しました。備えあれば憂いなしです。



というわけで、仕上げはおと~うさ~ん。
f0238398_13044634.jpg

じゃあじゃあ出ます



やったー、完成でーす!
f0238398_13051006.jpg
無加水・無加糖の100パーセント山ぶどう果汁、このとおり900ml弱できあがりました♪

事前に重さを量るのを忘れてしまったんですが、たぶん山ぶどう生果(房で)2.5キロぐらいかな~



煮た方の果汁と比較すると色も違って、煮ると紫が濃く黒に近いけど、こちらは「紫色」ですね。
比べると香りも違って、煮ない方はフルーティーな香りがします。
f0238398_13030215.jpg
さぁ、味見!

美味しいかな? やっぱり味見をするまでは心配・・・
f0238398_13053020.jpg
「これね~、お砂糖はいってないのに、あま~いよ(⌒0⌒)」

おおっ!
私もお味見してみます・・・

わ、ほんとだ、お、美味しいっ!!w(*゚o゚*)w

酸っぱすぎず、甘いし、心配してた青臭さもないし、飲みやすい!


鍋で煮る方法はとても濃厚なんですが、煮ない方はサラッとして「ジュース」っぽい。
これは手作りじゃないと飲めない味だと思いました・・・


うーん。
これは今年は、第二弾の方に軍配があがりました~!(* ̄□ ̄*)ノ
(前回は煮た方が美味しかった)


しかし、これはホントに『原料』に左右されると思います!!
野田村の山ぶどうが甘いから、この味が出たんですね。
(今年は特に糖度が高かったので・・・!)


★できた果汁は冷蔵保存して、早めに飲み切りましょう!




今年の野田村山ぶどう狩り園は今月いっぱいで閉園となりますが、なんとか今週末もお楽しみいただけそうですよ!

また、11月1日(土)・2日(日)の二日間行われる秋のスマイル大収穫祭 うんめぇ~NODA まんぷくマルシェでも、原液(ストレートジュース)や、山ぶどう生果の販売が行われる予定です♪
f0238398_15292800.jpg
野田村の山葡萄、美味しいよっ!
大地の恵みと、愛情たっぷり育ててくれている農園さんに感謝。

ぜひご賞味ください。



-体験データ-

野田村 山ぶどう狩り園
  〔シーズン〕平成26年9月26日(金)~10日31(金)まで
   ※状況により早期終了する場合がありますのでお問合せのうえご来場ください
  〔入園料〕無料
  〔料金〕1kg当たり300円(10kg以上もぎとりで1kgプレゼント)
   ※もぎとった山ぶどうを目方で買い取っていただくシステムです。
  〔問合せ先〕野田村山ぶどう生産組合
   TEL:0194-78-2926(野田村役場産業振興課 内)
  emoticon-0171-star.gif地図・各農園の問い合せ先など、詳しくは野田村観光協会ホームページよりご確認ください。
(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~







[PR]
by noda-kanko | 2014-10-23 09:22 | うまいもん | Comments(0)

大地の恵みがいっぱい!野田村の「しだみだんご」

2014年 10月 22日
野田村の「道の駅のだ」にある産直ぱあぷるさんの人気商品といえば、「しだみだんご」

”しだみ”とはドングリのこと。

ワタクシも大好きなお団子です!

昔からあるお団子ですが、どんな方が作ってるのかな~?

f0238398_15165525.jpg
↑まっ黒な餡が特徴の「しだみだんご」


と、いうわけで訪れたのは、野田村の港地区(野田港のある方)にある加工施設。
しだみだんごを作っていらっしゃるのは、
「しだみ伝承グループ」という5名ほどのグループだそうです。

f0238398_15160558.jpg
どんぐりだ~!
でもなんかよく見るのより大きめで長細いなぁ



「どんぐり」とは、ブナ科の木の実の総称
日本には20種類以上のブナがあるので、ドングリも20種類以上あることになります。

f0238398_15143063.jpg
↑これは『ミズナラ』のドングリなんですって!


”しだみだんご”にはドングリはミズナラやコナラを使用されるそうですが、
今まさにドングリ収穫シーズンだそうで、時間を見つけては拾いにいかれてるそうですよ。

ドングリ拾いは、しゃがんで手で地道に拾うんだそうです。
ひぇ~、材料の調達からやってるわけですね!! (゜ロ゜)




そのドングリをよく乾燥させて、硬い皮をむきます。
これも手作業で一つ一つ剥くそうですよ。(゜ロ゜)
f0238398_15143906.jpg

↑皮をむいたドングリ。茶色いピーナツみたい


ドングリは「タンニン」が多く含まれており渋みが強いので、アク抜きが必要です。
水を何度も取り替えながら、灰水でしぶみをとりながら柔らかくなるまで長時間煮ます。
なんと十何時間もかかるので、煮るのは1日仕事だそうです。(゜ロ゜)

f0238398_15144757.jpg
そして煮たドングリを「こしあん」にして”しだみあん”を作り、黒砂糖に塩少々、白砂糖で味付けします。
ちなみに、味付けしない(煮ただけの)ドングリはあまり味がしないとか・・、でもミズナラの木の香りが少しするかな?とおっしゃっていました。




この日はもう産直用の商品は作り終わったところで、
取材のためにわざわざ作ってくれました!ありがとうございます!(*´_ _)
f0238398_15145517.jpg

小麦粉を熱湯でねって、お団子を作ります


f0238398_15150446.jpg
お話している間にパパッとできちゃった。早い!

ピンポン玉ぐらい?に丸めておいた”しだみあん”を先ほど作った皮で包んで、さっさっさっと丸めて・・・
f0238398_15151172.jpg
いっちょあがり!お見事!


f0238398_15152760.jpg
これを熱湯で茹でれば完成です~♪


そうそう、演歌歌手の石原詢子さんも、NHK BSプレミアム「きらり!えん旅」のロケで、このしだみ団子づくりを体験されていったそうですよー!(ドングリ拾いまでされたそうです!)



f0238398_09011548.jpg

しっとりした、どんぐりのこしあん。

う~ん、美味しい!(ノ≧ڡ≦)
木の実の味と黒砂糖がよくなじんだ味で、やさしい、ほっとする味です。

小麦粉でつくったお団子はムチムチ・モチモチした厚めの生地が特徴ですが、反射ストーブやトースターやちょっと焼けば、香ばしくさらに美味しさUP♪

わが家ではたくさん買ったり頂いた時は、冷凍保存します。
レンジで解凍&温めれば(気を付けながらね)できたてアツアツの美味しさが復活します♪







野田村は昔、海沿いで涼しくお米があまり取れなかったそうです。
その対策として、雑穀や、栄養価の高いドングリを工夫して食べたとか。

『しだみ伝承グループ』(食の匠)の小谷地ハヨさんは、先輩であるおばあさん方からドングリを煮て食べる方法を習ったそうですが、当時は煮たどんぐりをきな粉砂糖で食べていたんだとか。
「しだみ団子」として商品化したのは今あるグループの皆さんなんだそうです。
f0238398_15151962.jpg
「こんな食べ方を根っこから考えた、昔の人はすごいよねえ」
30年以上お団子を作り続けているという小谷地ハヨさん。




そして、もともとは市日やイベントで販売していたものを、
平成4年にできた「観光物産館ぱあぷる」で販売するように。(その2年後「道の駅」指定)
そして今は、その隣に建った、今年12周年となる「産直ぱあぷる」の看板商品となっています!
「毎日朝早くから作るのは大変だけど、続けていきたい」とおっしゃっていました。


f0238398_09513538.jpg
産直では、小谷地さんたちの作るお団子がずらりと並ぶ。
”よもぎだんご”や”ひゅうじもち”も人気だとか
ワタクシも全部好きです!(まよっちゃう)


ちなみに毎月16日に野田村の愛宕神社参道広場で開催されている市日にも出店されています。



というわけで、今日は野田村の『しだみ団子』のご紹介でした。
とっても手間がかかっているのがわかりましたね・・・!(゜ロ゜)

ドングリってどんな味??と気になった方、
道の駅のだ内「産直ぱあぷる」でぜひお買い求めになってみてくださいね。
2個入り200円です★



emoticon-0171-star.gifきらり!えん旅 ~石原詢子 岩手・野田村へ~」、NHK BSプレミアムにて、今晩7時30分から放送です。BSが映る方、もしお時間がありましたらご覧ください!


(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-22 09:56 | 村のお便り | Comments(0)

「第1回野田村ボランティアまつり」が開催!

2014年 10月 21日
さて、前回記事「塩の道を歩こう会」と同日、
野田村役場前の村民広場では「第1回野田村ボランティアまつり」(野田村・野田村教育委員会・野田村社会福祉協議会主催)が開催されました!

f0238398_13253653.jpg
いいお天気で良かったですねー

f0238398_13245031.jpg
風船だ!


オープニングでは村長挨拶に続き、バルーンリリースが行われましたo(*^▽^*)o

f0238398_13275239.jpg
それでは、5、4、3、2、1・・・・

f0238398_13275283.jpg
わ~!
澄み切った青空に、色とりどりの風船がみるみる吸い込まれていきます



この日は、青森県より弘前大学ボランティアセンターさん、チーム北リアスさん、青森県立保健大学さんの学生さん、それから弘前のボランティアグループ『Fireman』さんがご参加くださいました!
f0238398_13322546.jpg
子ども達に人気のわたあめやポップコーンも販売★


ボランティアの学生さんがたは、元気のありあまる野田キッズ達の遊び相手をがんばってつとめてくれましたよ! おつかれさまでした~(^▽^;)
f0238398_13335773.jpg
↑これはなんか青森の遊びらしい。
穴の開いたクラブで
ボールをひょいっと投げて網のゴールに入れます。
むむむ、むずかしい。


f0238398_13445333.jpg
↑こちらでは軍手を2枚重ね(高齢者体験)して大豆つかみ。
むむむ、むずかしい。



こちらでは、「ドン菓子」(ポン菓子)のおふるまい♪
イベント中も時折『ドン!』といって、そのたびにびっくりしていました(>▽<
f0238398_13410873.jpg



こちらでは懐かしい昭和の“ひろさき駄菓子”が当たる「大王くじ」や、弘前りんごのプレゼントも!青森のりんご大好き、うれしい~!

f0238398_13412380.jpg

地元からは、手作り手芸品・工芸品の販売コーナーや・・・
f0238398_13361781.jpg

さをり織りやエコクラフトをつくる羽希羽季(うきうき)クラブの皆さん




食生活改善推進協議会さんでは「まめぶ汁」
f0238398_13363601.jpg
民生児童委員協議会さんでは「串もち」

f0238398_13384840.jpg

そして野田村社会福祉協議会さんの赤い羽根募金コーナーでは、ガチャガチャ募金を行っていました。

f0238398_13485469.jpg
ガチャガチャの中身はイベント限定のんちゃんバッジ♪


というわけで、ボランティアさんとたくさん触れ合ったイベントでした。

f0238398_13560756.jpg
震災ではたくさんのボランティアの方々が貴重な時間をさいて力を貸してくださいました。
3年半を過ぎた今もこうして野田村へご支援においでいただき、ただただ感謝しております。

ボランティアの皆さん、ありがとう!!<(_ _*)>

(ハル)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-21 14:33 | 行事・イベント | Comments(0)

ソルトロード・ハイキング!野田村・塩の道を歩こう会

2014年 10月 20日
さる10月19日(日)、良いお天気のもと『塩の道を歩こう会』が行われました~!


このイベントは、かつて野田地方で塩作りが盛んだったころ、内陸部まで牛の背に塩を乗せて運んだ「塩の道」を歩くというトレッキングイベントで、春と秋の年2回開催されています。

野田村商工会青年部で参加してきましたので、イベントの様子をお届けしますよ!

f0238398_11153368.jpg
野田村役場からバスに乗り、スタート地点に移動しました

今回歩くのは、野田村日形井地区から和佐羅比山(わさらびさん)へ行くコース。

野田・塩の道を歩こう会 実行委員会の小野寺さんを先頭に、出発!

f0238398_11163313.jpg
お天気は絶好のハイキング日和♪ だけど・・・


いきなり坂道をずんずん登ることに。。

参加者の皆さん、さすが登山に慣れていらっしゃいますね。

f0238398_11173815.jpg
こいぇ~(つらい)・・・

「野田塩ベコの道」は人里はるかに遠く淋しい道ではありますが
険しい道ながら豪雨にも負けない気骨を持っているそうです

f0238398_11180010.jpg
秋の色に染まる木々のトンネルを抜けていきます


『音による牛の識別と、獣害予防のためではあるが、
 リンリンと響く鈴、ゴロンゴロンと鳴るトヂ鐘、
 ザックザックと鳴るシマダ鐘、
 その音は渓谷清流のせせらぎに調和し、
 木の間から洩れる声自慢の牛方節となじみ合い、
 素晴らしい風物詩がしのばれる。』
(野田村発行「のだ塩ベコの道」より引用)


f0238398_11184757.jpg
保育園児や小学生もがんばって歩いていました!


当時、一人の牛方が追う牛の群れは7頭までだったとか。
半月にも及ぶ道中もあったそうです。

f0238398_11192347.jpg
あれに見えるは村の最高峰・和佐羅比山・・・

休憩をはさみつつ、歩くこと約2時間・・・

和佐羅比神社入口付近で、少し早い昼食タイムです!!

f0238398_11201574.jpg
みなさんお疲れ様でした~
おまちかね!豚汁のおふるまいです。


f0238398_11212037.jpg
美味しくておかわりしてしまいました


用意してくださった豚汁と、持参したおにぎりに“のだ塩”をかけて大変美味しくいただきました。
当時の牛方さんも、こうして塩むすびを食べたのかな?




さぁ、食べて休んで体力も少し回復。
あとひとがんばり・・・!
f0238398_11213694.jpg
再びしゅっぱ~つ。頂上は近いぞ!


f0238398_11233279.jpg
上の方は紅葉が進んでいて、とてもきれいでした!


そして登ること、約50分・・・・

f0238398_11235719.jpg
祠のその先に・・・



ついに野田村の最高峰・和佐羅比山(814m)頂上に到着しました~!

f0238398_11242333.jpg
素晴らしい眺め! 素晴らしい達成感!!

「きれーい!」
みなさん歓声を上げて大喜びしました。
f0238398_11244999.jpg
幸いお天気が良く、野田村が一望できました!
f0238398_11251214.jpg
教えてもらって気が付きましたが、なんと久慈市の文化会館アンバーホールも見えました!

f0238398_11252623.jpg
ちなみにここ和佐羅比山には、エフエム岩手の中継局(77.0MHz)もあるんです!



たっぷりと景色を堪能して、さあ下山いたします。
f0238398_11270518.jpg
下りはいくらか楽・・・

f0238398_11275733.jpg
久慈市山根町上戸鎖にゴール!!
約12キロの道のりでした。お疲れ様でした~!
f0238398_11280461.jpg
この後バスで野田村役場前に戻り、解散式を行いました。


塩の行商は決して安易な渡世ではなく、一家の生活がかかっていたため、
牛方が無事に帰ってくると家族はもとより近隣縁者を集めて感謝したそうです。


というわけでご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました(*^▽^*)


(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-20 11:58 | 行事・イベント | Comments(2)

2014紅葉情報 野田村安家川渓流(10/17)紅葉がはじまりました!

2014年 10月 17日
秋も深まってきましたね。
もうここしばらく朝のストーブが習慣になってしまいました。。


というわけで前回の記事から10日、
ふたたび安家に紅葉チェックへ行ってまいりましたよ!


玉川地区、国道45号・・・
安家川にかかる「下安家大橋」。
f0238398_16160121.jpg
左手に海岸と漁港があり・・・
f0238398_16161109.jpg

国道45号を右手に行くと、岩手県道273号安家玉川線となり、
小野旅館さん(赤い屋根)、三陸鉄道の下安家橋梁と、その奥に下安家漁協「さけますふ化場」があります。

f0238398_16162064.jpg
というわけで、行ってみますよ~

道が狭くなっていますので、気を付けて!

f0238398_16163934.jpg
川の流れる音が気持ちいいですね。
奥に行くにつれ、黄色や赤に色付いています。

f0238398_16164662.jpg
f0238398_16165335.jpg
こんなかんじで、紅葉がはじまっていました!
(岩泉町の方まで行ってみたいんですが、なかなか時間が取れずUターン・・・)


見ごろはもう少し先でしょうか。

朝晩が冷え込むとすぐですね。

冬が近づいてきました。みなさんも風邪などひきませんよう、あたたかくしてお過ごしください。


(ハル)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-17 16:23 | 村のお便り | Comments(0)

夜なべして作った山葡萄ジュースはうんめぇ~がったのだ!

2014年 10月 15日
さて、連休中に野田村の佐藤農園さんへ山ぶどう狩りへいきました。

山ぶどう狩りをした後は、原液を絞るわけで。

作り始めて4年目ぐらいですが、今年は上手にできるかな~~。

f0238398_09275150.jpg
先の記事でもぎとってきたばかりの野田村産ヤマブドウ。
6.5キロって、けっこうあるなぁ・・・

レシピは野田村山ぶどう生産組合さんの「ヤマブドウジュースの作り方」より。

【材料】
 ・ヤマブドウ(生果)2kg(作りやすい分量)→800~1,000ccのジュースができます

【用意するもの】
 ・ボウル
 ・ザル(目が粗めの鉄製のザルがこしやすい)
 ・ホウロウ鍋
 ・ヘラかマッシャー
 ・(あれば)サラシや木綿のふきん
 ・(あれば)エプロン
 ・(あれば)料理用手袋
 ・ジュースを入れる容器(瓶など)




時計は夜9時半。(ちなみにお子様方は就寝中)
よーいスタート!


f0238398_09311760.jpg

(1)山ぶどうを流水で洗い、水気を切ります

多すぎて家にあるボウルでは足りないよ・・・


f0238398_11323982.jpg
獲るときヤマブドウの種類はお聞きしなかったのですが、実が密集していますね!味見しても甘味が強いです。

f0238398_09322803.jpg

(2)ヤマブドウを房からはずし、一粒ずつにします。


よーし、やるぞー。
爪と指ががまっくろになりますので、できれば手袋をしたほうがいいですヨ。

f0238398_09332743.jpg
一房完了・・・・。
これは労働歌がいるな・・・。


※開園式で渡辺農園の奥様に「バーベキュー用のアミでやるよ~」と親切に教えていただいたのに、その網がわが家にはなかった・・・。

がんば!



30分かかって、3.5キロぐらいもぎもぎしました。
f0238398_09343434.jpg
↑ホウロウ鍋がないので、支援物資で貰った大鍋(24cm)


まだ半分ぐらい残っていますが、鍋の容量的にいいぐらいかなということで、ここまで。

f0238398_09390299.jpg
(3)粒を潰しながら煮立たせないように弱火にかけます。
※水は入れません。

加熱するとこすのが楽になり、色もきれいになります。
ふつふつとして山葡萄から水分が出始め、つぶしてみて実がやわらかくなっていればOKです。
※この時、煮立たせないように注意しましょう!

レシピ通り2キロぐらいなら、5~10分程度でしょうか。
私はもう少し多くなかなか温まってこなかったので、25分ほどかかりました~。

f0238398_09423015.jpg
ヘラだとなかなかうまくつぶせませんねえ。
湯気が出てきてフツフツとしてきて、だいぶ果汁が出てきました。もういいかな?

f0238398_09442720.jpg

(4)粒が潰れたら、ボウルにザルを重ねて皮と種をこします。

たまたまサラシがあったので、しぼるのに使いました。

f0238398_09505997.jpg
手でしぼるのはちょっと大変なので、新品のゴム手袋を使ってみましょう~。

f0238398_09483238.jpg
ぎゅう~~~~~
あちちち



渡辺農園のお父さんによれば、ここでしっかり絞ることで濃い味が出るそうですよ!
山葡萄は種も多く果肉が少ないので、ギュっと絞って果汁を出しましょう。

f0238398_09491747.jpg
ポタポタ・・・ わ~い、ジュースだ!


布でしぼらない場合は、ヘラやマッシャーなどで実をしっかりと潰しながら、ジュースをこし取ります。

f0238398_09524598.jpg
OH、山ぶどう染め!
でも澱(おり)がかなりつく。




なんせ量があるので、少しずつ分けて搾りました。

ちなみに開園式渡辺農園さんが果汁を絞ってくださった際は4キロぐらい使っているとおっしゃってましたが、木綿の布に一つにまとめてその上に重石を乗せて、自家製の絞り機でぎゅ~~~っと絞ってましたね。


★保存★
瓶で保存する場合は、熱いうちに瓶へ移し、ふたをして逆さまにして冷まします。冷めたら冷蔵庫で保存します。

f0238398_09530849.jpg
できたー!!!



1.1リットルぐらいは絞れました~♪
ん?でも、3.5キロから1.1リットル?
1キロから400~500ccしぼれるみたいなんだけど・・・若干少ないかな・・・



ん?
↓しぼりかす
f0238398_09554059.jpg
だいぶプチプチが残ってるΣ(|||▽||| )


これじゃ...まだ余裕で果汁が出るじゃないの(oT-T)o

けっこう頑張って絞ったつもりだったんですが、
やっぱりお鍋でしっかり潰した方がいいですね。
(加熱も足りなかったのかもしれません)



佐藤農園さんが愛情たっぷり育てたヤマブドウを無駄にはできない・・・
これは2番絞りせねば!
f0238398_09582551.jpg
★二番絞り★
絞りかすに加水(+お好みで加糖して)して、再び煮詰めます
(水のかわりにリンゴジュースを入れて煮てもOK!)


どれぐらい入れていいか分からないので、400ccほど加水してみます。
再び加熱。
そして同じように搾ります。

f0238398_10075314.jpg
できた~!
一番搾り1.1リットル+二番絞り1リットル!

※ちなみにまだ絞れそうだったので、次の日に三番絞りまでやりました。さすがに薄くなりましたが加糖もしたので美味しくできました。



さ、飲んでみましょうか・・・。
結構大変だったよ・・・、美味しいといいな・・・。

f0238398_10093674.jpg


濃いい! 甘い!
うまい~!(>~<)

甘い。(飲んでもあまり「くぅ~! (>*<)」ってならなかった・・・)
すごく美味しい。
苦労した甲斐があったというもの。


ちなみに二番絞りも十分濃くて甘くて美味しかったです。



時計は夜11時半をまわっておりましたが
一人、この出来立ての美味しさをかみしめたのでありました(*T▽T*)

f0238398_10434509.jpg

普通のぶどうの約8倍ものポリフェノール、3倍の鉄分、4倍のビタミンC☆
牛乳に入れても炭酸や焼酎で割ってもおいしく飲めますよ



皆様もぜひ、野田村産のヤマブドウで絞ってみてくださいね。ヾ( ^-^)ゞ
手間はかかるけど、絶対おすすめです!



というわけで次回は第二弾、「娘っこが足でふんだヤマブドウ果汁の味はどんな味?(仮称)」の巻。1週間後の予定です。おたのしみに(?)

f0238398_10100484.jpg

きれい。




-山ぶどう狩り園データ-

平成26年 山ぶどう狩り園

  〔開園期間〕平成26年9月26日(金)~10月31日(金)まで
        ※状況により10月下旬中に早期終了する場合があります。お問合せのうえご来場ください。
  〔開園時間〕午前9時~午後3時まで(要予約)
  〔入園料〕 無料
  〔料金〕  1kgあたり300円 
       (10kg以上もぎ取りにつき1kgプレゼント!)
  〔お問合先〕野田村山ぶどう生産組合
       野田村産業振興課 TEL:0194-78-2926

emoticon-0171-star.gif農園一覧・地図・ご予約先電話番号など、詳しくは観光協会のホームページをご覧ください!


【関連記事】



(ハル)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-15 11:06 | うまいもん | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル