「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

野田村山ぶどうプロジェクト サポート会員募集中!

2016年 01月 29日
今週の中ごろ、「野田村山ぶどうプロジェクト」の支援を行っている横浜の(有)ネパリ・バザーロの代表・土屋さんと副代表の方が、野田村へ打合せにおいでになりました。

f0238398_09382318.jpg
左からネパリ・バザーロの土屋さん、村の民宿を営む坂本さん、ヤマブドウ栽培が盛んな根井地区に住むお母さん、ワイナリーの醸造長になる坂下さん

この日はワイナリーを運営することになる野田村の第三セクター(株)のだむらの方や地元の皆さんとともに、『野田村ワイナリーサポート会員』になってくれた皆さま方へお手紙の返信作業!
f0238398_09495666.jpg
お礼の気持ちを込めて1枚1枚に手書きでメッセージを書いていました





今日はワイナリー現地においでになり、「あらためて見ても、ここは本当に良いロケーション。たくさんの皆さんが集まるワイナリーになってほしい。」とお話していました。
f0238398_09382355.jpg
しかしやっぱりお寒そうでした~(私も寒かったもの..(^-^;)
遠いところありがとうございました





土屋さんは長年に亘りネパールの支援に尽力されています。「一時的な援助より継続的な仕事を」という声に応えフェアトレード(※)を開始。ネパールと国内の流通開発を根気強く重ね、顧客数は全国に約5,000人、小売店も約600店になっているそうです。
f0238398_09382386.jpg
東日本大震災の際、ネパールでの仕事づくりという経験を活かし、陸前高田市に椿の搾油工房「椿のみち」を開設。
ドレッシング「椿油と山葡萄」には陸前高田・八木澤商店さんの生搾り椿油、ネパールの天然ハチミツとブラックペッパー、そして野田村の山葡萄とのだ塩を、
また化粧品「Kune(クーネ)」 には陸前高田の椿油・きゅうり、大船渡のゆず、宮古市田老の真崎わかめ、奥州市の米エタノール、そして野田村ののだ塩を使用してくださってます!
f0238398_09382432.jpg
「kŭne(クーネ)」シャンプー・コンディショナーは、国民宿舎えぼし荘さんでも販売♪

f0238398_09405521.jpg
そしてバス付客室では、シャンプー・コンディショナー・化粧水をお試しいただけます☆


そして2015年、野田村では地場産品の「山葡萄」に着目し、「野田村山ぶどうプロジェクト」の支援を開始。
ワイナリーは農業振興、観光・食と連携した地域の活性化など、地域資源の活性化にも結びつく効果も期待されています。



サポート会員にお申込みくださった皆様、ありがとうございます!

ワイナリーを見守り、応援していただける方をまだまだ募集中!



-問合せ先-
株式会社のだむら(観光物産館ぱあぷる)
  〔TEL〕0194-78-4171 〔FAX〕0194-78-3370



(※)フェアトレード・・・発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組み。


▽ネパリ・バザーロさんのフェアトレード通販ショップ「ベルタ」

▽化粧品、ヘアケアアイテム「kune(クーネ)」


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】



[PR]
by noda-kanko | 2016-01-29 15:54 | 村のお便り | Comments(0)

3/12、VSMYBLUES 野田村ライブ決定!

2016年 01月 28日
ただいま冬期休業中の南部曲り家民宿の苫屋さん。
店主の坂本ご夫婦はこのお休みを利用して、愛知県名古屋市まで足を伸ばしたそうですよ~


なぜかというと・・・

名古屋のVSMYBLUES(ヴァーザスマイブルース)さんに会いに(*‘∀*)



知らない人は過去記事を読もう!というのもなんですので簡単にご紹介しますと、「VSMYBLUES」さんは名古屋で活動しているアマチュアバンド。
震災のとき支援物資を持ってきてくださったのをきっかけに、野田村に足繁く通ってくれて何度かライブしています!!

VSMYBLUESさんは4人メンバーなんですが、ボーカルの茜谷さんのソロプロジェクト「まほろばローリング」の新年会が、さる1/10に名古屋市内で行われ、そこで坂本さんは野田村のだ千年の松プロジェクトについてのお話と御礼をしてきたそうです。
f0238398_15592598.jpg
名古屋市内の会場にて!あ、野田村章Tシャツだ!
(写真提供/茜谷さん)

f0238398_15584099.jpg
チビのんちゃんも持ってくれてる!(写真提供/茜谷さん)


3/12(土)には再び野田村ライブが行われることが決定しております!
場所は野田村ワイナリー(仮)建設地の予定。
詳細は決まり次第お知らせします(⌒▽⌒)/


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】



[PR]
by noda-kanko | 2016-01-28 16:00 | 行事・イベント | Comments(2)

荒海早採り生わかめ(春わかめ)先行予約開始!

2016年 01月 26日
テレビ放送の告知です!!
今週末に放送される1月30日(土)夜18:30~、テレビ朝日の「ごはんジャパンという番組で、野田村の荒海ホタテが特集されるそうです!
よろしければ、ぜひ見てくださいませ(+´-`+)ノ




さてホタテ同様、野田村沖で養殖されている「荒海ワカメ」

この、岩手県北三陸に春を告げる“春わかめ”・・・
荒海 早採り 生わかめ先行予約を開始したそうですよ~♪

f0238398_15363277.jpg
荒海じゃないけど地元のスーパーで出てたんでさっそく食しましたemoticon-0152-heart.gif
香りが良くて、シャキシャキしながらも柔らかくて、美味しかった~~~



先週の大時化(しけ)で、沖で育てていたワカメも被害を受けてしまったそうです。。
数は少ないですが、先行予約ということでご注文を受け付けます。


最高品質とされる新鮮な新芽のわかめ。
完全予約制の100セット限定です!
ぜひこの時期にしかない旬の味をお楽しみください。
f0238398_1561336.jpg
サッと茹でて麺つゆやドレッシングで♪
お味噌汁やラーメン・うどんにもぐー

f0238398_13124358.jpg
鮮やかなグリーンに変わるのが楽しい!”しゃぶしゃぶ”
「ワカメってこんなに美味しいんだ!?」と驚くこと間違いなし!です。


f0238398_15285395.jpg

*新鮮なわかめをお届けするため収穫当日の産地直送となることから、天候や海の状況等により商品配送日が特定できません。恐れ入りますが、代引き(着払い)、配達指定不可でお願いいたします。


emoticon-0171-star.gif発送は2月中で、収穫当日にご注文いただいたお客様に発送のご連絡をいたします。

emoticon-0171-star.gif冬期の天気や海の状況は変わりやすく、場合により商品の出荷ができない場合があります。その際は事前にお客様にご連絡いたしますので、何卒ご了承ください。




2月に無事、美味しいわかめが出荷できることを信じて~~!!(○ `人´ ○)


ご予約は観光物産館ぱあぷる・通販はネットぱあぷるからどうぞ!
 ↓ ↓ ↓

-ご予約・お問合せ先-

観光物産館ぱあぷる
  〔TEL〕0194-78-4171
  〔FAX〕0194-78-3370
  〔予約期間〕平成28年1月26日~2月12日
  〔通販〕ネットぱあぷる


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】



[PR]
by noda-kanko | 2016-01-26 17:22 | うまいもん | Comments(0)

プロカメラマンに学ぶ!商品写真撮影セミナー

2016年 01月 25日
先週は二日間にわたり、北三陸「あまちゃん」観光推進協議会主催の「商品写真撮影セミナー」に参加してきました(´▽`)ノ
こういう場で写真を教わるのは初めてですよ!

f0238398_14445368.jpg
講師は岩手県内を中心に親子で活躍される滝沢市在住のカメラマン、松本伸先生と松本晃先生。

松本伸さんは、県内全戸配布されている県政広報誌「いわてグラフ」の表紙を長年担当されていらっしゃるということで、冒頭にプロジェクターで過去の子どもシリーズの写真をBGMと共に見せていただいたんですが・・・
良い写真すぎて開始30秒で目頭が熱くなる私(TωT)
もう明治安田生命のCMみたいな感じで.....わが子とダブるんですよおぉ~~




基礎講習はわりとすぐ終わりまして、さっそく実技に。
「自分は人物写真が基礎。商品写真にも応用できる」ということで商品写真に限らず色々教えていただいたのですが、なんと北限の海女観光PR隊のお二人もモデルとして(!)お越し頂いておりまして...
f0238398_14491465.jpg
「リクエストに答えますよ!」素敵な笑顔のジュンさんとりほさん
私は潮騒のメモリーズポーズをリクエスト(*'▽'*)

先生がお手本を見せてくれた後、参加者ひとりずつ自前のカメラで撮影。(やっぱりカワイイ~~!)




また、それぞれの皆さんが持ち込んだお花やお料理、商品の写真撮影。
こちらはお菓子屋さんの箱詰めチョコレート。「あれを取りのぞいて、あれを詰めて、こういう角度で・・」と詳しくアドバイス。
f0238398_15351470.jpg
そのあと松本先生おもむろに・・・。
f0238398_14562118.jpg
箱から出して並べちゃうの!?
「これ食べてみたいなー」

ぼかさず見た目を写すカタログ用写真と、食欲をそそる写真の撮り方を熱心に教えてくださいました。


物産館ぱあぷるさんでは「山ぶどうピューレ」。商品写真の中でも難しいといわれるビン商品です。
f0238398_14591874.jpg
ピューレは三種類。3本並べて撮っていた佐々木さんには「自由に並べてみて」とアドバイスがあり、オシャレな写真に!



こちらでは南部煎餅。ベストな枚数や撮る角度など教えていただき、椅子に上って真上から撮影!
f0238398_14583642.jpg

お店の方、一般の方、観光に携わる・情報発信を仕事とする方など、20名前後の皆さんが参加されました。
プロから直接指導してもらえるということから、皆さんここぞと写真を撮っていました!

コレは某参加者の方のビフォー・アフター。
f0238398_22245463.jpg

私も色々持ち込んでみたんですが、思ったより一つの商品の撮影にかける時間が長くなり、一つしか撮影できず・・・。そう、とにかく一つの被写体にかける手間と時間が違う!!

テクニックとともに、被写体への愛情・向かい合う姿勢など・・・
写真を撮るときのだいじな心得も教えていただきました~~。

f0238398_16240218.jpg
「写真は取った人の心が伝わる」ということは
グルメ・スイーツなら上手く撮れるかもしれません・・



予想以上に実技が多く、学ぶものが多いセミナーでした!
教えていただいたことを1つでも多く活かして写真を撮っていこうと思います!


松本伸先生と松本晃先生、久慈商工会議所の皆さん、どうもありがとうございました。


f0238398_15491753.jpg
キャラクター大集合で井戸端会議
(あっ、アマリンが枠外に;;)



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-25 16:35 | お勉強 | Comments(0)

野田港 大唐の倉

2016年 01月 25日
先週の金曜日、ジオに関連するパンフレットに掲載するお写真を撮るため
ボランティアガイドの吉田さんと野田港へ行ってきました。
f0238398_11064469.jpg
↑この縞模様の崖が大唐の倉です
海の被害はどうだったべなぁ・・


すると寒風吹きすさぶ中、大唐の倉の下で崖を観察しているお父さんが・・・
f0238398_10585675.jpg
何してんですか~ って、S屋さんじゃないですか。

f0238398_10585634.jpg
よく海に来ているというS屋さん、「この大しけでまた崩れてね・・」と崩れた岩場を見ていました。

f0238398_11002906.jpg
すごい波の威力で削られた崖。いろいろな石がむき出しになっています。
「こういう所から貝が出てくるかと思いきや、ないんだよ。大昔は海から離れた場所だったんだろうね・・・」

そう、この「大唐の倉」(だいとうのくら)、お隣の久慈市から野田村にかけて広がっている「野田層群」というおよそ3千万年前に形成された地層。
かつて久慈沖で活動した火山の痕跡が残されており、白い層は火山灰と灰が水に流されて堆積した凝灰断層で、植物化石も発見されています。

ジオパークの写真を撮りに来たんですが、まさにジオな話になりましたネ!(´・▽・`)

f0238398_11043751.jpg
貝殻は下にいっぱい落ちてるのだ
しかしシケでごみもいっぱい流れついていました

S屋さんは年中通っているので、色々なものを見つけたりするそうです~。


というわけで掲載用の写真をばしばし撮って帰ってきたんですが、
見てくださいこの写真!↓
f0238398_11064453.jpg
右のS屋さんが小人になってる!(笑)
(もしくは左の吉田さんが巨人)


野田港の大唐の倉、近くで見上げるとその迫力に圧巻です!
でも上だけでなく、下の方も観察するのもいいかもですね。
f0238398_13590340.jpg
吉田さんお気に入りの風景
海と野田富士「和佐羅比山」


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-25 14:04 | 自然・ジオ | Comments(0)

七福スタンプ抽選会 ~まちの薬局さん~

2016年 01月 20日
さる1月15日、『復興!! 七福スタンプ 第10回抽選会』が行われました!(*>∀<)o

今回は中心部にある個人薬局「まちの薬局」さんが会場です!!
f0238398_11450825.jpg
野田村には診療所が1つ、薬局が二つあり、そのうちの1つがこちらの「まちの薬局」さんです。

入口にはいつもクリスマス、お正月、ひな祭りなど四季折々のディスプレイがされていて、はなやか!
f0238398_11445329.jpg
薬局と言えばオレンジのサトちゃん&ピンクのサトコちゃん
入口は店主が四季折々で飾りつけしています


長年、野田村スタンプ会・副会長、商工会役員に携わる「まちの薬局」さんの店主・中野 町さん。(いつも大変お世話になっておりますm(_ _)m)
f0238398_11471202.jpg
そう、店主が「まち」さんで「まちの薬局」さんなんです!
店内はくつろぎのスペースや大きなテレビもあり、ゆっくりお話しできます♪

茶道や吹奏楽・生け花、手芸や小物作りなど多彩な趣味をお持ちで、「仕事で使うから」と言いながら、パソコンで色々作ったりも!すごい(*゚0゚)
趣味を持って生き生き暮らすのが健康にも良いのでしょうね!






「今はもうないけど、この通りはいろいろなお店があって・・昔の賑やかな商店街が大好きだった」という中野さんは、昭和56年に開業してから長年にわたり村のかかりつけ薬局として商店街の移り変りを見てきたそう。

5年前の震災の時はここにおり、二階から津波に飲み込まれる商店街を見たそうです。自分のお店の1階も1mほど浸水、めちゃめちゃになった店舗を片づけながら業務を行い、流された村の診療所の臨時再開に合わせて3月末に再開。
「あと10年は頑張りたい」とご家族と従業員の皆さんで元気に頑張っています。



というわけで七福スタンプ抽選会、いよいよ抽選です♪ダララララ...(←ドラム音)
f0238398_13320878.jpg
ジャン!

いつもですと商品券3千円のところ、今回はお年玉としまして5千円分の商品券10名様+まちの薬局特別賞1名様の当選が決定いたしました。
おめでとうございます!!*:・゜\(⌒▽⌒)/*:・゜

ご当選者は「広報のだ」2月号に掲載されます。お楽しみに★



というわけで、今年もぜひ、お買い物は野田村スタンプ加盟店でどうぞ♪
みなさまも七福スタンプを集めて貼って使って抽選会にご参加くださいね!


★七福スタンプ抽選会の応募方法★
 七福スタンプ500円満点台紙(大きい方)の右上に、お名前・住所・電話番号を明記した上でお買い物にご利用ください。加盟店から集められた満点台紙を抽選券として、およそ3ヶ月に1回抽選会を開催いたします。ご当選者は広報のだで発表いたします。
f0238398_15035044.jpg
<七福スタンプについてのお問合せ>
野田村スタンプ会(野田村商工会)
TEL:0194-78-2012


-データ-

まちの薬局
  〔住所〕〒028-8201 岩手県九戸郡野田村野田第28地割26−1
  〔TEL〕0194-78-2081
  〔営業時間〕午前 9:00~午後 7:00(木曜日は午後6時まで)
  〔定休日〕土曜日、日曜日、祝祭日
  ※保険調剤には七福スタンプは付きません。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-20 14:20 | 村のお便り | Comments(0)

今年一番の雪

2016年 01月 19日
昨日は暴風・波浪警報が出ましたが、恐ろしいほどの高波で、今日も海沿いの道路が通行止めとなりました。。被害がないと良いですね。
f0238398_16231922.jpg
今朝は10cmほどの積雪となりました。
量はそれほどではないけど湿った重い雪で一苦労!日中も気温が4度まで上がり、だいぶ解けてシャーベット状になりました。
f0238398_16233040.jpg
押してなのだ!

f0238398_16295074.jpg
きれいなのだ・・

f0238398_16283324.jpg
しゃっこいのだ!

f0238398_16284464.jpg
やったー、かまくらなのだ~!!

のんちゃんと野田村の小学生の皆さんは、冬休み最後の日を楽しめたかな。
皆さま、雪道の運転・お足下には十分お気を付けて!ヾ(*'-'*)

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-19 16:37 | 村のお便り | Comments(0)

小正月行事 〜どんと焼きとモチとなもみと〜

2016年 01月 18日
今朝起きると雪が積もっていました!
商工会は海に近い所なので雪かきをするほどではなかったのですが、今年一番の積雪となりました。
今はみぞれで、風がかなり強くて波が高いです!


さて先週金曜日は1月15日小正月ということで(*'▽'*)
無病息災、五穀豊穣を願って、役場前広場ではどんと焼きを始め、だんごしば作り、餅つき、凧揚げなど賑やかに小正月行事が行われました♪

f0238398_14424140.jpg




村長さん始め皆様ビシッと立っておられますが、この日は冷たい風が吹いてそ~と~寒い!
f0238398_14433100.jpg
ご祈祷の後どんと焼きの火がともるとホッと一息。あ~、あったか~い。。と群がる大人。(私だけ?)でもどんと焼の火は厄を払うといいますからね~。
f0238398_15274040.jpg
一方風の子たちはこの元気!!
f0238398_14490457.jpg
冬休み中ということで小学生がたくさん。手作りの凧を借りて頑張ってあげていました。
f0238398_15462199.jpg
風もあって上手にあげてました♪


こちらではお餅つき&おふるまい
つきたての美味しいお餅と、あたたか~い甘酒がふるまわれました!
f0238398_15264399.jpg
杵でついたつきたてのきなこ餅、美味しい!


こちらでは村内保育所の皆さんがだんごしば作りを楽しみました。寒い中がんばりマシタ(*>ω<*)
f0238398_15384240.jpg
どうして木にお団子を指すのかな~??
五穀豊穣を祈るんだよ~。
f0238398_09493839.jpg

小正月行事のラストは、めでたい大黒舞と・・・
f0238398_15344690.jpg
力強いなもみ太鼓が披露されました!
f0238398_15343218.jpg
f0238398_10081212.jpg


広場から徒歩1分ほど離れた愛宕神社参道市場では新春初市が行われ、買い物客で賑わっていました。
景品付餅まき大会も行われましたよ!
f0238398_09500586.jpg
f0238398_15424262.jpg

そして夜は、「なもみ保存会」の皆さんによる「ナモミ」の練り歩きもありました。


今年は33件の家を回ったそうです。『ウオー、泣くワラスはいね~がああ』という恐ろしいなもみの声と、子どもたちの泣き声に悲鳴が聞こえていました。
f0238398_15512269.jpg
秋田のなまはげに似た、ずっと昔から行われている行事。
子どもたちは毎年この時期を恐ろしがって良い子にします


この見た目は恐ろしい“なもみ”、実はありがた~い、神様の使いです。あの怖い顔や大きな怒鳴り声は、病気や悪霊を追い払うため。悪事に訓戒を与え、子どもの健やかな成長を願います。

なもみ保存会さんは、今年は大体30人ぐらいの若者を中心とした有志の皆さんで活動。
「うちにもぜひ来てほしい!」という野田村民の方は、来年ぜひ野田村役場(なもみ保存会)までご連絡ください...(笑)
f0238398_10165755.jpg
今年はお札もデザイナー仕様に!!


★冬の風物詩!三陸鉄道の「こたつ列車」にもなもみが登場しますよ!
今冬運転期間:平成27年12月5日(土)~平成28年3月27日(日)の土休日 および平成28年1月4日(月)
お問合せ電話番号:0193-62-8900 (三陸鉄道株式会社)
http://www.sanrikutetsudou.com/?p=3549


※さんくすなもみ写真提供kさんm(_ _)m

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-18 16:00 | 村のお便り | Comments(0)

開業にむけて始動する野田村ワイナリー

2016年 01月 15日
今日は小正月行事でした。とても寒かったですが、賑やかに行われましたよ~~。
そのご紹介はまた後日としまして、今日は新春インタビュー第2弾!


さて若干前の話ですが、野田村の「山葡萄ワイン紫雫」が「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2015」で2年連続の銅賞を頂きました!!
f0238398_15223342.jpg
物産館にずらーりと並んでおります!
f0238398_16033769.jpg
昨年の秋に村内で収穫された山葡萄で作った紫雫2016も、3月に新酒として登場する予定です。楽しみですね~~❤





さて皆さんは野田村にワイナリーができるというウワサ、聞いたことありますか!?

実はこの野田村ワイナリー(仮)、
建物自体は今年3月に完成予定なんです!

えっ、すぐじゃないの!ほんとに??ということで、
(株)のだむらの坂下さん
にお話を聞いてきました!




ここは村内にあるマリンローズパーク野田玉川(野田玉川鉱山跡)
その隣にあるのが、野田村ワイナリー(仮)として生まれ変わる建物です!
f0238398_14225399.jpg
旧レストハウスを改修してワイナリーになります

――ここにはどんな施設ができるんですか?

(坂下)現在は(株)のだむらで倉庫として利用していますが、この建物がワイナリーになります。
ワイナリーとしては小さいですが、まずは6トン(8千本)のワインを作るのが目標です。現在の委託醸造で4千本なので、2倍となりますね。

その左側にテイスティングできる建物を新しく作ります。完成は3月末の予定で、ワイナリーの名称はこれから一般公募します。

f0238398_14170256.jpg
「この海が見える場所にテイスティングカウンターができます!!」


――運営はどちらが?

(坂下)野田村の第三セクターの企業、株式会社のだむら(社長・小田祐士村長)です。のだ塩製造部門に続き、ワイナリー部門ができるわけですね。

f0238398_16190432.jpg
マリンローズパーク野田玉川(現在冬期につき休洞中)
坑道内は年間を通して安定しているので、ワインの保管に最適。


f0238398_16182718.jpg
目の前の公園には親子が遊びに来ていました

――なぜ野田村にワイナリーを?

(坂下)野田村は県内2位のヤマブドウ産地です。

野田村のヤマブドウは品質が良く、村やヤマブドウ生産農家さんの未来のためにも、地元ワイナリー開業は社長の夢でもありました。
そこに復興支援で「のだ塩」を使っていただいていた(有)ネパリ・バザーロさん(横浜)との出会いから、この話が動き出しました。

地元ワイナリーを開設し、オリジナルワインを醸造し、観光、交流人口を増やすという目標のもと、地元の震災復興を進めるために発足した「野田村山ぶどうプロジェクト」(※)として販売面などで協力・ご支援をいただいています。
f0238398_16031664.jpg
f0238398_16031689.jpg
野田村は県内2位のヤマブドウ産地。
ヤマブドウワインも好評いただいています!


――ワインの醸造は、坂下さんが務めると聞きましたが・・。

(坂下)はい。私が醸造長となり、もう1~2人補助として付いていただくことになっています。
10月末から12月末までの3ヶ月間、岡山県の「ひるぜんワイナリー」さんで研修を行ってきました。

f0238398_15144654.jpg
11月末、雪に包まれるひるぜんワインさん(坂下さん提供)

――坂下さんは今まで、国民宿舎えぼし荘さんでの支配人、またシニア・ソムリエとしてご活躍されていましたが、ワイン醸造の研修はいかがでしたか。

(坂下)タンクを洗ったり、撹拌したりと、とにかく肉体労働でしたが、ひるぜんワインの皆さんにはとても良くして頂きました。
研修としては短い期間でしたが、3カ月間色々な事をさせていただきましたし、大変勉強になりました。
今までソムリエという飲む立場だったので、作る立場に立って随分見方が変わりましたね。
f0238398_15211277.jpg
岡山のワイナリーで研修生として働く坂下さん
(ひるぜんワインさん撮影、坂下さん提供)


――ここではいつワインの醸造が始まる予定ですか?

(坂下)今年の秋から醸造開始になります!
建物が完成したら許可を取ったり、タンクなどの設備や備品の準備をしたり、その他諸々・・秋の醸造に向けてやることが山積みですね。



――どのようなワインができるんでしょうか。


(坂下)野田村産の山葡萄はとても品質が良い。この山葡萄を使って、複雑な味わいで芳醇な風味を大切にしたヨーロッパスタイルのロゼ・赤の2種類を作りたいと思っています。

できれば二次発酵までさせ、樽に寝かせて香りを付ける。熱処理せずフィルター殺菌で作る”生詰ワイン”で、なるべく手を加えないワインにしたいと思っています。
f0238398_14270352.jpg
『タンクで醸造した後、樽で寝かせて香りを付けたい』


――ワイナリーへの想いを聞かせてください。

(坂下)ワイナリーはいろんな可能性があります。観光もだが、地元のコミュニティになるような場所にしたいし、“地酒”として野田村のワインをもっと広げたい。そして願わくばヤマブドウ生産者も増えるなど、生産農家さんが夢を持てるよう、皆さんに愛される良いワインを作りたいですね。

f0238398_11511130.jpg

「応援してくれる皆さんのためにも頑張りたい」と坂下さん。
ワイナリーの本格始動は秋から。皆さんもぜひ応援をお願いします!!

f0238398_11512111.jpg

★野田村ワイナリーサポート会員募集中です!★
商品購入代金(1口2万円or5万円)を先にお支払いただくことにより、ワイナリーの施設建設や機械設備資金が得られます。2017年から5~6月頃、商品をお届けします。

▼野田村ワイナリー サポート会員制度のご案内(野田村山葡萄倶楽部)
http://yamabudou.jp/nodamurawinery/


-問合せ先-

株式会社のだむら(観光物産館ぱあぷる)
  〔TEL〕0194-78-4171 〔FAX〕0194-78-3370



(※)「野田村山ぶどうプロジェクト」・・・多くの社会貢献活動を行っている神奈川県の有限会社ネパリ・バザーロ(代表/土屋春代さん)により、東日本大震災の長期支援として2015年にスタートした。詳細については有限会社ネパリ・バザーロの、「東日本大震災支援活動 活動報告」(PDFファイル)よりご覧ください。



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-15 16:00 | 村のお便り | Comments(2)

野田村商工会50周年記念式典が開催されました

2016年 01月 14日
少しご無沙汰してしまいました~(・Θ・;)


さて野田村商工会は昭和40年(1965年)4月に創立。現在は会員約131人で活動しています。
というわけで今年度、野田村商工会は創立50周年を迎えました!!

そして昨日1月13日、村内国民宿舎えぼし荘にて記念式典と祝賀会が開催されました。
f0238398_13520015.jpg
多くの来賓の皆様、そして歴代会長をはじめ、商工会員の皆様など関係者ら約80名の出席者が半世紀の節目を祝うとともに、地域経済の発展に向け決意を新たにいたしました





式典に先立ち、江戸時代から続く老舗の醤油店・株式会社八木澤商店の代表取締役 河野 通洋様に、「どんな時も展望を掲げ、社員と共に人間らしく生きる未来へ」と題し記念講演をいただきました。
f0238398_13510234.jpg
東日本大震災の大津波で壊滅的な打撃を受けた岩手県陸前高田市。8割もの事業所が被災した中で、逆境に立ち向かった八木澤商店さん。

支援物資の配送作業にとどまらず、「地方経済を担っているのは中小企業。雇用を守り、一社もつぶさせない!」と、まわりの経営者に呼びかけ、地元中小企業救済のための活動にも奔走したお話を伺い、皆さんにやる気と元気を与えて頂きました。


f0238398_13510218.jpg
中野富雄商工会長からは、「これからも東日本大震災からの復興支援を最優先課題として取り組み、中心市街地の賑わい拠点の形成、地域活性化など、『地域に最も近い経済団体』として役職員・会員が一丸になって積極的に取り組みたい」と挨拶。会員事業所に勤務する優秀な従業員の永年の功労に報い、8名の皆様方に表彰状と記念品を贈呈しました。
f0238398_15530788.jpg
f0238398_13510202.jpg
祝賀会は賑やかに行われ、盛会裏に終了することができました。


お忙しい中ご出席いただきました皆様、ありがとうございました。



【PS】
↓野田村プレミアム商品券、明日1/15がご利用期限です!! お手元に1枚残ってたりしないか、ぜひご確認のほどよろしくお願いいたします~~。m(_ _)m
f0238398_16235545.jpg


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-01-14 15:56 | 村のお便り | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル