「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

タグ:のだ塩 ( 37 ) タグの人気記事

のだ塩とブロッコリーの天ぷら

2015年 06月 18日
ちょっと前のことなんですが、朝日新聞さんから観光協会へ新聞が届きました!

というのも、今月6月5日の朝日小学生新聞に、
野田村の「のだ塩」の話題が載ってたんですよ~!



東京世田谷区に住む小4の男の子の投稿なんですが

「岩手奥州に住む祖父母が山菜のタラの芽を送ってくれました。
 届いた荷物の中には、「のだ塩」も入っていました。
 タラの芽の天ぷらにかけたらとってもおいしかったです。」
(概略)

というもの☆(カラー写真付き!)


岩手県南の奥州市の方が「東京の孫にも山菜を美味しく食べてほしい・・そうだ、のだ塩だ!」と(思ってくれたのかは定かではありませんが)野田村のお塩を一緒に送ってくれたのが嬉しかったです!o(´◇`*)

孫さんがそれを新聞に投稿してくれたのもさらに嬉しかったです!

さらにそれを送ってくださった朝日新聞の方の心遣いも嬉しかったです!

f0238398_09045885.jpg
紙面の写真は男の子の笑顔がめんこかったので
こっちはのんちゃんで代用(?)


ウチでも久しぶりに天ぷらを・・と、先日職場の方に「ブロッコリー天ぷらにするとおいしいよ!」と教えていただいたので、産直でブロッコリー(120円)買ってきてブロッコリーの天ぷらにのだ塩付けて食べました。(*^~^*)bうまいっ


「のだ塩」は薪を燃料にして、海水を4日間じっくり煮詰めて作るミネラル分の多い自然なお塩です。
天ぷらのほか焼魚・焼肉・おにぎりなど、素材の味を味わいたい際にはぜひ「のだ塩」を使ってみてくださいemoticon-0171-star.gif



〔お問合せ〕観光物産館ぱあぷる:0194-78-4171
〔ご購入はこちらからも!〕


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2015-06-18 09:18 | うまいもん | Comments(8)

ソルトロード・ハイキング!野田村・塩の道を歩こう会

2014年 10月 20日
さる10月19日(日)、良いお天気のもと『塩の道を歩こう会』が行われました~!


このイベントは、かつて野田地方で塩作りが盛んだったころ、内陸部まで牛の背に塩を乗せて運んだ「塩の道」を歩くというトレッキングイベントで、春と秋の年2回開催されています。

野田村商工会青年部で参加してきましたので、イベントの様子をお届けしますよ!

f0238398_11153368.jpg
野田村役場からバスに乗り、スタート地点に移動しました

今回歩くのは、野田村日形井地区から和佐羅比山(わさらびさん)へ行くコース。

野田・塩の道を歩こう会 実行委員会の小野寺さんを先頭に、出発!

f0238398_11163313.jpg
お天気は絶好のハイキング日和♪ だけど・・・


いきなり坂道をずんずん登ることに。。

参加者の皆さん、さすが登山に慣れていらっしゃいますね。

f0238398_11173815.jpg
こいぇ~(つらい)・・・

「野田塩ベコの道」は人里はるかに遠く淋しい道ではありますが
険しい道ながら豪雨にも負けない気骨を持っているそうです

f0238398_11180010.jpg
秋の色に染まる木々のトンネルを抜けていきます


『音による牛の識別と、獣害予防のためではあるが、
 リンリンと響く鈴、ゴロンゴロンと鳴るトヂ鐘、
 ザックザックと鳴るシマダ鐘、
 その音は渓谷清流のせせらぎに調和し、
 木の間から洩れる声自慢の牛方節となじみ合い、
 素晴らしい風物詩がしのばれる。』
(野田村発行「のだ塩ベコの道」より引用)


f0238398_11184757.jpg
保育園児や小学生もがんばって歩いていました!


当時、一人の牛方が追う牛の群れは7頭までだったとか。
半月にも及ぶ道中もあったそうです。

f0238398_11192347.jpg
あれに見えるは村の最高峰・和佐羅比山・・・

休憩をはさみつつ、歩くこと約2時間・・・

和佐羅比神社入口付近で、少し早い昼食タイムです!!

f0238398_11201574.jpg
みなさんお疲れ様でした~
おまちかね!豚汁のおふるまいです。


f0238398_11212037.jpg
美味しくておかわりしてしまいました


用意してくださった豚汁と、持参したおにぎりに“のだ塩”をかけて大変美味しくいただきました。
当時の牛方さんも、こうして塩むすびを食べたのかな?




さぁ、食べて休んで体力も少し回復。
あとひとがんばり・・・!
f0238398_11213694.jpg
再びしゅっぱ~つ。頂上は近いぞ!


f0238398_11233279.jpg
上の方は紅葉が進んでいて、とてもきれいでした!


そして登ること、約50分・・・・

f0238398_11235719.jpg
祠のその先に・・・



ついに野田村の最高峰・和佐羅比山(814m)頂上に到着しました~!

f0238398_11242333.jpg
素晴らしい眺め! 素晴らしい達成感!!

「きれーい!」
みなさん歓声を上げて大喜びしました。
f0238398_11244999.jpg
幸いお天気が良く、野田村が一望できました!
f0238398_11251214.jpg
教えてもらって気が付きましたが、なんと久慈市の文化会館アンバーホールも見えました!

f0238398_11252623.jpg
ちなみにここ和佐羅比山には、エフエム岩手の中継局(77.0MHz)もあるんです!



たっぷりと景色を堪能して、さあ下山いたします。
f0238398_11270518.jpg
下りはいくらか楽・・・

f0238398_11275733.jpg
久慈市山根町上戸鎖にゴール!!
約12キロの道のりでした。お疲れ様でした~!
f0238398_11280461.jpg
この後バスで野田村役場前に戻り、解散式を行いました。


塩の行商は決して安易な渡世ではなく、一家の生活がかかっていたため、
牛方が無事に帰ってくると家族はもとより近隣縁者を集めて感謝したそうです。


というわけでご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました(*^▽^*)


(ハル)

【関連記事】



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-10-20 11:58 | 行事・イベント | Comments(2)

ありがたや「のだ塩」天然塩の製塩現場

2014年 06月 11日
こんにちは!

本日はワタクシ、野田村の特産品である天然塩「薪窯直煮製法のだ塩」の魅力についてお勉強しようと 役場の産業振興課の皆さんにご一緒してまいりました!



野田村の海岸では、古くから製塩が行われていました。
戦後の最盛期には130余りの塩釜で賑わったという野田の製塩ですが('j')/

現在は国民宿舎えぼし荘のちょっと下にある、ここ『のだ塩工房』一ヶ所で作られているそうです。
f0238398_16012718.jpg
サーフボードのんちゃんが目印の「国民宿舎えぼし荘」


f0238398_15384934.jpg
ここなのだ!!!

以前、野田港にあった塩工房が津波で流され、平成24年にこの高台に新たに建てられたということで、モダンなデザインのきれいな建物です。
事前申込が必要ですが、見学することもできます。

f0238398_15384932.jpg
中に入ると、4基の窯が並んでいました!蒸気がもわっ。





塩工房の職人さんは、現在3名

のだ塩は、昔ながらの直煮製法で4日間海水を薪で煮詰めてできるそうですが・・・どんなふうにお塩を作っていらっしゃるんでしょう。



朝はまず、なべの掃除から始まるそうです。

f0238398_15384963.jpg
<ガッガッ!シャーッシャーッ>
はぁ~、念入りなのだ


製塩した際に出た石膏(セッコウ)などの不純物をキレイにはがします。
f0238398_15422671.jpg
おお・・・ぴかぴかになったのだ!!

そしてここに、海水を入れます。
f0238398_15384911.jpg
「これは3日間煮詰めたかん水だよ。これを1日煮詰めると塩ができるんだ」


最後まで同じ釜で煮詰めるんじゃなくて、いったん掃除したきれいな窯で製塩するんですね。

f0238398_09400911.jpg
あったかいねえ~

釜に薪をくべて、ゆっくり・じっくり煮詰めていきます。

そしてお次は、泉沢さんと共にトラックで「野田港」へ移動。
f0238398_15384931.jpg
震災前はここに塩工房があったのですが
現在は車で片道20分かけ水汲みに来ます

のだ塩の原料となる海水は、地下5メートルの自然ろ過された綺麗な地下海水を使っているそうです!

f0238398_15384999.jpg
荷台のタンクに入れて工房へ運ぶのだ


f0238398_15384901.jpg
<ザーッ>

f0238398_15384975.jpg

充填したら、再びのだ塩工房に戻り、タンクに移動します。

f0238398_15384969.jpg
舐めたらしょっぱいかな・・・


火加減を調整しながら、じっくり煮詰め、海水を足し続けます。

海水を煮詰めていくと、はじめに石膏(硫酸カルシウム)が結晶化するそうです。これは塩ではないので、除去が必要です。

なべにもどんどん石膏が付着しいていくので、それもこまめに取り除きます。

f0238398_10172380.jpg
白いけど塩じゃないんだね


小野さんがなんかのぞいてます。なんですかそれ?
f0238398_15541113.jpg
「これは塩分濃度を測る機械ですよー」
ハイテク。



f0238398_15484198.jpg
役場のマッチーも薪くべに挑戦。
あっつ! あっつ! あっつ!

薪も重いし、薪くべで厚い手袋は黒く焦げています。
今は涼しいのでちょうど良いぐらいだそうですが、夏場は大変な暑さになります。

それぞれの窯で、海水が減ったら足し、減ったら足しを繰り返し・・・
これを3日間煮詰めて濃縮させます。

f0238398_15495113.jpg
薪入れの合間に、塩をこす布のお洗濯も・・・




ところ変わって、車で5分程離れた「マリンローズパーク野田玉川」(野田玉川鉱山)
f0238398_15505077.jpg
『マリンローズ行きたい!!!』
ここはまた次にね。


このお隣で、薪割りをやってるんだそうです。
わ~、丸太がたくさん!
f0238398_15513146.jpg
そうかー、燃料ないと塩づくりできないもんねー


職人の野竹さん、もくもく機械で薪割り。
f0238398_15521708.jpg
<メリメリメリ・・・>


そして乾燥期間を経てちょうどよく乾いた薪が、工房へ運搬されます。
薪の乾燥具合によっても燃え方が変わるので、良い薪を作るために手間ひまかかっているそうです。
f0238398_15524735.jpg

さて時間を早めて夕方。
あっ、なんだか表面がキラキラしてきてる! 塩の結晶だ!!('jj')/
f0238398_15533857.jpg

結晶が沈んでは、また新しい塩の結晶が浮いてきます。

この海水には苦汁(ニガリ)が含まれていて、とても苦いものです。
結晶化したニガリが入るすぎると味が悪くなってしまうため、良い頃合いを見てお塩だけを取り除くんだとか。


というわけで、できた塩をすくいます!!

まだまだかと思ったら、底にはたくさんの塩ができてました
f0238398_15545036.jpg
『塩だ!塩だ!』

f0238398_15574099.jpg
『けっこう重そうだねえ・・』


すくった塩の水分(ニガリ)をちょうどよく脱水して、乾燥室で丸1日~ 乾かします
f0238398_15584263.jpg

乾かした塩は、商品パッケージに入れる前に、人の手で検査が行われます
f0238398_15590366.jpg
マッチー『ふるうの楽しいな~』

のんちゃんも挑戦してみますが・・・
f0238398_15595041.jpg
『ゴミ見えないよ?』

「全体から見ると、多少は石膏などの不純物が混じってるんですよ」
大量な塩を、全部を人の目と手でチェックするんですか・・・大変な作業ですね・・・
f0238398_16012210.jpg

検査が完了したら、袋詰めして完成!!
f0238398_16003400.jpg
やった~~ できた~~~


1.5~2トンの海水を4日間かけ煮詰めてできる塩は、わずか約25kg。 ('jjj')/


f0238398_13481337.jpg
職人さんたちの大変なご苦労を経て作られた”のだ塩”
まさに“手塩”にかけて作られたこのお塩は、まろやかで甘味のある塩味です。

f0238398_15554648.jpg
の『手間かかってるんだねえ・・・』
「そうだよー」






-お問合せ先-

のだ塩工房(見学)
※見学の際はお電話でご予約をお願いいたします。
  〔住所〕〒028-8202 岩手県九戸郡野田村玉川2-62-1(国民宿舎えぼし荘 敷地内)
  〔TEL〕国民宿舎えぼし荘 0194-78-2225
  〔営業時間〕10:00~16:00(要問合せ)

薪窯直煮製法のだ塩(購入)
  〔価格〕50g袋・205円、100g袋・391円、200g袋・720円、40g瓶・339円
     ※上記価格は物産館ぱあぷる販売価格(税込)です。
  〔問合せ〕(株)のだむら 0194-78-4171
  〔販売店〕道の駅のだ・観光物産館ぱあぷる 他、村内小売店

  emoticon-0171-star.gif通販は『ネットぱ@ぷる』からもどうぞ!

(ハル)




[PR]
by noda-kanko | 2014-06-11 14:12 | お土産・お店 | Comments(0)

駅弁だ じぇじぇ! いわて北三陸のだ塩ほたて弁当

2014年 06月 05日
♪ちゃらっ ちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ ちゃらちゃら♪

と久々に「あまちゃん」のテーマソングを口ずさんでみましたが(/゜ー゜)/



三陸鉄道北リアス線・陸中野田駅で販売しております駅弁

鮭いくら弁当」からバトンタッチし、6月3日からニュー弁当となっておりますemoticon-0171-star.gif

f0238398_15214568.jpg
その名も、
のだ塩 ほ ・・・


f0238398_14535851.jpg

「のだ塩ほたて弁当」です!!(>▽<)ノ

去年もございましたが、今年もお目見え♪


パカッと開けますと☆
f0238398_14510561.jpg
じぇじぇ!('jj')

味付きごはんの上には 三陸産の海の幸

蒸しうにあわび茸ワカメと そして

荒海育ちの野田村産ホタテ
(やわらかい中成貝を使用)

帆立は炙って”のだ塩”入りの特製タレがかかっております

f0238398_15122428.jpg
もうお口の中で 絶妙な美味しさのハーモニーを奏でます(>Д<)


それから野田村産椎茸の甘煮、菊の甘酢和えタコの柔らか煮が小部屋に並びますemoticon-0152-heart.gif

こちらもまた良い名わき役!




というわけで、この三陸・野田の美味しさをたっっぷり贅沢に詰め込んだ「のだ塩ほたて弁当」、お1つ800円で 道の駅のだ・ソフトクリーム販売所にて午前11時頃から限定数販売です♪
f0238398_16003741.jpg

このホタテ弁当、7月にはさらにリニューアルするとのことですよ!

それはぜひ食べ比べたい・・・

今のうちにぜひご賞味くださいね~~


f0238398_15121837.jpg

-お弁当データ-

いわて北三陸 のだ塩ほたて弁当
  〔販売場所〕道の駅のだ(三陸鉄道北リアス線 陸中野田駅)、午前11時頃より販売
  〔販売価格〕800円
  〔販売数〕1日10個限定
  〔ご予約〕観光物産館ぱあぷる TEL:0194-78-2106
    *ご予約の数量限定はございません。
    *ご予約は前日15時まで受付します。
 
(ハル)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-06-05 16:32 | お土産・テイクアウト・お店 | Comments(0)

塩の道を歩きませんか

2014年 05月 19日
国道45号沿い「道の駅のだ」は、いつも賑わっています!
f0238398_15551164.jpg
今日も平日ながら、たくさんの方がのだ塩ソフトクリームを召し上がっていました。ソフトクリームがますます美味しく感じる季節になってきましたね(*^▽^*)

こちらは、道の駅のだの顔でもある牛方像・・・
f0238398_15551018.jpg
その昔、牛の背に塩を乗せて運んだと言われる「野田塩ベコの道」。
この牛方にちなんだウォーキングイベントが、毎年5月と9月に開催されています!

先人たちの築いた歴史を振り返ると共に、自然に触れながら歩くイベントです。

なんと本日締め切りなのです!(ギリギリ告知ですみません・汗)

ウォーキングしてみたい!という方は、ぜひ観光物産館ぱあぷる(TEL:0194-78-4171)までお問合せください♪


-イベントデータ-

【開催日時】 平成26年5月25日(日)
【参加料】 大人(高校生以上)1,000円、小人(小・中学生)500円
【募集定員】 40名 
※定員に達した時点で締め切ります。
【募集締切】 平成26年5月19日(月)
【申込先】 観光物産館ぱあぷる 0194-78-4171
f0238398_15592018.jpg
(ハル)

【関連記事】


人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー ◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~
[PR]
by noda-kanko | 2014-05-19 16:07 | 行事・イベント | Comments(0)

これはうまい!! 鯖ごはん

2014年 03月 06日
まだまだ寒いです(>_<)
朝、カーテンを開けたらうっすらと雪が積もっていました。

今日は、吹雪いた1日となりました。
f0238398_1544175.jpg


野田村では、またインフルエンザが流行っていると聞いています。
受験生は十分気を付けてほしいですね。そして、明日は高校入試が行われます。
受験生のみなさん頑張ってください!!


さて、今日はおいしいものをご紹介します。

震災後、初めて野田村で行われたお祭り「ぱあぷる春まつり」でデビューした、のだ塩&北三陸産サバ使用の「のだ塩 さばめしの素」
f0238398_10302015.jpg

もう召し上がってみた方、いらっしゃいますか?

この「のだ塩 さばめしの素」は、平成23年3月11日の東日本大震災の津波により洋野町八木港にあった長根商店の原料倉庫や三浦商店のさば加工場が全壊し、その後再建について相談する中、翌年の平成24年3月に「のだ塩」製造再開をきっかけに商品の企画が持ち上がり、試行錯誤を繰り返して出来上がった逸品です。

また、平成24年度「いわて特産品コンクール」において、最高賞である「岩手県知事賞」を見事受賞しています。


そして今回、こちらの「のだ塩 さばめしの素」箱入りも発売になりました。
(1箱:1,350円)
f0238398_15343050.jpg


箱の中には、お米(2合)・出汁(スープ)・サバ1枚入っています。
f0238398_10503942.jpg

お米は、岩手県雫石産ひとめぼれ「たんたん米」。
出汁(スープ)には、国産のごぼうとにんじんが入っていて、ウニの出汁が決め手の磯風味。それにしても・・サバはでかいですね!!


というわけで、ジャーにお米と出汁(スープ)、サバを入れスイッチをピッ!!
f0238398_11235582.jpg

しばらく待ちます♪
ワクワク(^^♪ 出来上がりが楽しみです。


チク!タク! チク!タク! 1時間程経過・・・。




ピィ~~。  炊けました!!
開けた瞬間、と~ってもいい香り。

まぜまぜして、茶わんに盛ります。
f0238398_1314837.jpg

つやつやしたお米!!

いただきま~す(^v^)♥

お米はモチモチ! 生臭ささもなく、味もちょうどよくおいしい!!
冷めてもおいしい鯖ごはんです。
子供もおいしい!と、ぺロっと食べていました。
(※長時間保温すると、サバ特有の臭いが強くなることがあるそうですので注意が必要です。)


あっという間に食べ終わった鯖ごはんでした。
ごちそうさまでした(^_^)


昔ながらの直煮製法で作られた「のだ塩」と、北三陸産の鯖を惜しげもなく使った
「のだ塩 さばめしの素」。ジャーがあれば、箱に入っている具を入れてスイッチを押すだけで簡単にできます。
ぜひ、お試しあれ♪

ただいま観光物産館ぱあぷるで販売していますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

ネットぱあぷるでは、「のだ塩 さばめしの素」1袋 850円(税込)をお買い求めいただけますので、そちらもご覧ください。


他には、「のだ塩 炊き込みごはんの素」 1袋350円
f0238398_169545.jpg


岩手限定 「のだ塩ポテト」 1箱 (18g×3袋) 420円
f0238398_16152835.jpg
 

などなど、「のだ塩」を使った商品がたくさんありますので、ぜひ野田村へいらしてください。



お店データ
☆☆観光物産館ぱあぷる☆☆
[住所] 岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
[TEL]0194-78-4171  [FAX]0194-78-3370 
[営業時間]9:00~18:00(11月~3月は17:45まで)



ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2014-03-06 17:17 | テイクアウト・お土産 | Comments(4)

ホタテたっぷり★野田村ホタテ和風ドレッシング発売中!!

2013年 11月 28日
震災後に生産した野田村の特産品である「ホタテ」「のだ塩」を使った、
“野田村のホタテ和風ドレッシング”が新登場しました!
f0238398_1631738.jpg

企画は(株)のだむら。東京都内でお披露目が行われまして、
今月15日より野田村の観光物産館ぱあぷるで販売されています!


専門の業者さんが考えたレシピで何回も試作品を作ったそうですが、
玉ねぎの甘味によっても味が変わってしまったり、時間が経っても分離しにくくするために寒天を入れたり・・・試行錯誤してできあがったそうです!



こちらがドレッシングの材料である野田村産ホタテ♪♪
f0238398_16271241.jpg
おいしそう!このまま食べたいくらい(>_<)

この「野田村のホタテ和風ドレッシング」は、
ななんと総量150mlのうち約4分の1がホタテという贅沢な仕上がりになっています!




こちらが作りたてのホタテドレッシング。
f0238398_17322066.jpg
ホタテのうまみたっぷりで、サラダ、和え物、温野菜はもちろん、パスタ、グラタン、チャーハンと幅広く使えるそうです☆

私はシンプルにレタスと豆腐のサラダで食べてみましたが
ドレッシングはとろりとしたペースト状で、
ホタテの風味に玉ねぎのシャキシャキ感もあり、後味もあっさりしていて美味しかったです!!(*^-^*)b



厳しい野田湾の荒海で大切にホタテを育ててくれている漁師さんのためにも
野田村の海の恵みを全国にアピールしていきたいという生産者の思い。
ぜひみなさんに食べてもらいたいと思いました。


この野田村のホタテ和風ドレッシング、
「茹でたパスタに和えると美味しいのよ!」ということで、
次回はぜひパスタで食べてみようと思うあっこでした。

ブログをご覧いただきありがとうございました。



ただいま、野田村の道の駅のだ「観光物産館ぱあぷる」のみでの販売になっております。
商品のお買い求め・通販につきましては、
下記・観光物産館ぱあぷるでまでお問い合わせください。


☆☆商品データ☆☆
野田村のホタテ和風ドレッシング 525円(税込)
観光物産館ぱあぷる
 【住所】岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
 【TEL】0194-78-4171
 【FAX】0194-78-3370
 【営業時間】9:00~18:00(11月~3月は17:45まで)
 emoticon-0171-star.gifネットぱあぷる http://pa-puru.com/
(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-11-28 17:49 | お土産・テイクアウト・お店 | Comments(2)

地元人おすすめランキング1位になりました!

2013年 11月 26日
野田村に来たら、「のだ塩ソフト」
f0238398_9274152.jpg


先週日曜日、11月24日にテレビ朝日「シルシルミシルさんデ~」で、
≪地元の人300人が選ぶ 北リアス線 おすすめランキング≫で、
見事1位に輝いたのだ塩ソフト!



嬉しいですねぇ~(*^。^*)♪♪♪
もぉ~ホントにおいしいんですよ!!
私も大好きで、野田村に来た方には必ずおすすめしています(^_^)v



その「のだ塩ソフト」、ご紹介したいと思います。

野田村の海水を煮詰めて作る「直煮(じきに)製法」で作っている天然塩・のだ塩と野田村産の食用菊の粉末を使用した「のだ塩ソフト」は、ここ道の駅のだ・ソフトクリーム販売所で買えます。
f0238398_120547.jpg

さっそく、ソフトクリーム販売所では、列ができていましたよ(^.^)/~~~
「テレビを見たよ~」と買いにきてくれた方もいたそうです。


f0238398_10153621.jpg

右側が、のだ塩ソフト! 【250円】
左側は、たっぷり食べたい方へジャンボソフト! 【350円】


のだ塩だけではなく、野田村の食用菊の粉末も隠し味的に入っているので、ふつうのバニラよりもほのかにクリーム色をしたソフトクリームとなっています。

野田村の食用菊を作る方がだんだん減ってきている中、野田村の菊をなくしたくない!なんとかしなくては!という思いで、のだ塩だけではなく食用菊も入れて作ってみたという話も聞きました。今では、食用菊を作っている農家の方は、野田村玉川地区で10件ほどのようです。



絶妙な塩加減で、バニラの甘味が引き立ち、濃厚かつ後味スッキリ!!
甘いの?しょっぱいの?・・・と最初は思い、おそるおそる食べた記憶があります。
・・が食べてみると、もう!クセになり何回も食べたくなる。
飽きのこない「のだ塩ソフトクリーム」です。


また、カップの「のだ塩アイス」もあります!
f0238398_10464636.jpg

中身はまったく一緒です♪
こちらは、「観光物産館ぱあぷる」「国民宿舎えぼし荘」で販売しています。


なかなか、野田村まで来れない方には・・。
【ネットぱあぷる】からこちらのカップの、「のだ塩アイス」をお買い求めいただけますので、ご利用ください。



その他には、山ぶどうシャーベットどんぐりアイス!
f0238398_10565918.jpg

のだ塩煎餅アイス
f0238398_10571715.jpg

南部煎餅でのだ塩アイスを挟んだものとなっています。
こちらも、中身は一緒です。
これもおいしいです(^O^)♪



これから冬になり寒くなりますが、寒い時こそ冷たいアイス!!
地元の人が選んだ1位の「のだ塩ソフト」!



是非、召し上がっていただきたい1品です。





-お店データ-


道の駅のだ・ソフトクリーム販売所
〔住所〕 岩手県九戸郡野田村大字野田31-31-1
〔TEL〕 0194-78-4171
〔営業時間〕 9:30~17:00(11月~3月は16:30まで)
〔定休日〕  不定休(月2回) 年末年始(12/30~1/1)
        

ブログをご覧いただきありがとうございました。
(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-11-26 15:09 | 新聞・テレビ・雑誌掲載 | Comments(0)

第17回 北リアスソフトバレーフェスタin野田

2013年 11月 21日
日に日に、最高気温も低くなってきています(>_<)


みなさんは、風邪などひいていませんか?
f0238398_10315652.jpg
f0238398_1032815.jpg



さて、先週末11月17日(日)に
『第17回 北リアスソフトバレーフェスタin野田』が行われました。
f0238398_1171320.jpg

f0238398_1181251.jpg


野田村体育館で開かれた、北リアスソフトバレーフェスタは青森県八戸市・盛岡・花巻・金ヶ崎・二戸・一戸、そして、宮古市・山田町・大槌町と県内外から49チームが集まり、熱戦を繰り広げました。
f0238398_132054.jpg

f0238398_1333895.jpg

昨年は、43チームの参加だったようですが、
今年は、6チーム増えて49チームで行われました。
f0238398_1355816.jpg

体育館には、きゅっ! きゅっ!と靴の音が響いていましたよ。
(なんだか、学生時代を思い出します(・o・)
f0238398_1361882.jpg


●ヤングの部 (年齢制限なし) 
●シルバーの部 (40歳以上)
●ゴールドの部 (50歳以上)  
●レディ―スの部 (年齢制限なし)

の4つの部門に分かれて競技が行われ、入賞チームは次のとおりでした。


◎ヤングの部  
  第1位 ドルビーノ ワン (八戸市)
  第2位 Fine (久慈市)
  第3位 ドルビーノ ツー (八戸市)

◎シルバーの部
  第1位 ワンステップ (久慈市)
  第2位 しもくん (久慈市)
  第3位 そけいマリーンズB (宮古市)

◎ゴールドの部
  第1位 フェニックス (久慈市)
  第2位 リベンジ (大槌町)
  第3位 オランダ島 (山田町)

◎レディ―スの部
  第1位 南アルプス (野田村)
  第2位 まっしゅTWO (滝沢村)
  第3位 タカチャンズ (山田町)


 
昨年に引き続き、入賞されたチームもあったようです。
レディ―スの部では、なんと!野田村のチームが第1位と、素晴らしい結果を残していただきました。 おめでとうございました(^.^)/~~~



体育館の中では、いろいろな出店もありました。
f0238398_14543727.jpg


f0238398_14331014.jpg

おっと!
こちらのおにぎり!
f0238398_14334174.jpg

あれ?どこかで見たことがある!!


そうです!
野田村で開催された「うんめぇ~NODAまんぷくマルシェ」でも登場した、
スマイルおにぎり~♪
「かわいい~❤」と女性の方に人気を集めていました。
目は、海苔で! 鼻は、ハム! 口は、人参! 
と、表情がそれぞれ違ってどれもかわいらしいおにぎりでした。


次に・・。
f0238398_1434160.jpg

野田村山ぶどうサイダーに、のだ塩かりんとう、箱菓子と、
村外の方にもおすすめのお土産品も並んでいました。



手作りのエコクラフトバックやタオルマットも!
f0238398_14342893.jpg

色鮮やかなバックはとても素敵ですね。



そして・・。
「のだ塩ラーメン」!!
f0238398_14345393.jpg

のだ塩が入ったシンプルなスープですが、
しっかりとした旨味で食べたらクセになるおいしさの「のだ塩ラーメン」。
選手の方に、このあったかい「のだ塩ラーメン」は人気のようでした。

のだ塩ラーメンは【ネットぱあぷる】からも購入できます。
気になったあなた、是非召し上がってみてくださいね(^_^)♪



震災の年も開催された北リアスソフトバレーフェスタ!
来年も引き続き開催の予定ですので、たくさんの参加をお待ちしております。



参加された選手のみなさん、お疲れ様でした。
そして遠くからの参加、ありがとうございました。






さぁ、私はこれから国民宿舎えぼし荘さんで行われる、
「ボージョレーヌーボーを楽しむ夕べ」へ行ってきます(*^_^*)☆

後日、ご紹介しますのでお楽しみに♪
いってきま~す!!



ブログをご覧いただきありがとうございました。

(あっこ)



人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-11-21 17:56 | 行事・イベント | Comments(4)

ぴょんぴょん舎×野田村 ポスター撮影!!

2013年 07月 29日
こんにちわ(^_^)

最近、天気も悪く雨ばかりな野田村です。
時には「やませ」も!!
f0238398_923521.jpg


先週、盛岡にある焼肉・冷麺【ぴょんぴょん舎】さんの、
〈短冊ポスター〉の撮影が野田村で行われました。。

そこで、選ばれたのが野田村の「のだ塩」と「のだ塩らーめん」です!

ぴょんぴょん舎さんの、「生マッコリ セン」とのコラボポスターです。
f0238398_9472379.jpg

「生マッコリ・セン」は加熱殺菌加工をしない“生”のお酒で、ほのかな酸味と微発泡のさわやかな飲み口はどんな料理にも相性の良い味わいです。平成23年度には、岩手ふるさと特産品コンクールで岩手県知事賞受賞!!ただいま、「生マッコリ・セン」の賞味期限を長くするため、開発中とのことでした。

なぜ、野田村で生マッコリの短冊ポスター撮影かといいますと・・・。
去年は、ぴょんぴょん舎さんで岩手県33市町村それぞれのグルメと「生マッコリ・セン」をタイムアップしたCM33パターンを制作され、放送されました。そこで今回は、去年に引き続き岩手県33市町村それぞれのグルメと「生マッコリ・セン」の短冊ポスタ―を制作されるそうなんです!

すごい!すごい!  とてもありがたいお話です。
ぴょんぴょん舎さん、ありがとうございます。

ということで、まずは「のだ塩工房」さんにて撮影です。
f0238398_103281.jpg

出来立ての「のだ塩」をザルにどっさり!!
f0238398_10203439.jpg

こちらの「のだ塩」を持って、撮影をしました。
f0238398_10303694.jpg


続きまして、陸中野田駅にあります「レストランぱあぷる」にて撮影です。
f0238398_1045114.jpg

f0238398_119493.jpg

f0238398_11123267.jpg

おいしい「のだ塩らーめん」! あっさりしながらも深みのあるスープに細いちぢれ麺がピッタリです!!

そして、無事撮影は終了しました。
ポスターは、生マッコリの卸し店へ掲出されます。
岩手県33市町村の撮影が終わってからなので、来年の掲出になる予定だそうです。

出来上がりが楽しみですね(*^。^*)

遠い所、撮影に来ていただきありがとうございました。


(あっこ)




人気ブログランキングバナー 人気ブログランキング シーズンバナー
◆もっと岩手県ブログが読みたい方は 《人気ブログランキング・岩手》 へどうぞ~


[PR]
by noda-kanko | 2013-07-29 11:48 | うまいもん | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル