「ほっ」と。キャンペーン

野田村通信ブログ(旧)

タグ:震災と復興 ( 72 ) タグの人気記事

【告知】東北お遍路巡礼地標柱除幕式 (10月16日)

2016年 10月 12日
こんにちは!akkoです。

さて、今度の日曜日(10/16)野田村中心部にある大鳥居が目印の愛宕参道広場にて、十六日市と同時開催で「東北お遍路巡礼地標柱除幕式」が行われます。
f0238398_11241669.jpg
東北お遍路プロジェクトとは、東日本大震災で被害を受けた東北の沿岸地域を中心として、慰霊・鎮魂のための巡礼地を選定し、千年先まで語り継ぎたい物語を「こころのみちの物語」として創出、民族や宗教を越えて多くの方々に巡礼路を巡って頂くことにより、東北各被災地の連携して経済的・文化的に復興を援助し、自立発展の一助となるようにと始まった活動です。

全体で62か所の巡礼地があり、その中で野田村は「大鳥居と楓の木」(愛宕参道広場内)が巡礼地となっています。そして今年6月に愛宕参道広場内に標柱が建設されました。
f0238398_13490739.jpg

6月に建設された標柱。(愛宕参道広場内)


こちらの標柱の完成を記念して、除幕式を「十六日市」と同時開催します。


当日は、ボリューム満点の豚汁おふるまい(なくなり次第終了)や餅まきなもみ太鼓無料縁日コーナーなどなどございます。


<関連イベント>
 ●被災地の今を切り取る「東北お遍路写真展」
  〔日時〕10月15日(土)~10月23日(日) 10時~21時
  〔会場〕野田村立図書館ロビー(野田村生涯学習センター内)

 ●素敵な笑顔を残そう!「誰でもうまく撮れる写真講座」
  講師:青柳健二氏(写真家)  ※予約不要
  〔日時〕10月16日(日) 13時~
  〔会場〕ねま~る(岩手銀行野田支店向かい) 


今週の土・日はイベントたっぷりな野田村です。
お誘いあわせのうえ、たくさんのご来場をお待ちしております\(^o^)/


-イベントデータ-
野田の市日に行こう。東北お遍路巡礼地標柱除幕式

〔日時〕平成28年度10月16日(日) 10時~11時頃(予定)
  〔会場〕野田村中心部「愛宕参道広場」
  〔駐車場〕野田村役場前 村民広場
  〔主催・問合せ先〕主催:東北お遍路プロジェクト 後援:野田村


ブログをご覧いただきありがとうございましたemoticon-0111-blush.gif
  
       


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら





[PR]
by noda-kanko | 2016-10-12 15:18 | 行事・イベント | Comments(0)

ひとつひとつ手作り~さをり織り~

2016年 07月 07日
こんにちわ~★★akkoです★★
今日は7月7日「七夕の日」ですね。
何をお願いしようかな・・夜は何を作ろうかな・・emoticon-0111-blush.gifと悩んでおります。
f0238398_14542365.jpg
道の駅ぱあぷるには七夕飾りがありましたemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif



さてさて、昨日は野田村の織姫!「さをりひろば野田」へお邪魔してきました。
f0238398_14192627.jpg
「さをり織り」は、大阪の主婦の方によって生み出された最も簡単な「はた織り」のひとつで、野田村では東日本大震災の支援がきっかけで、心の励みとしてスタートしたそうです。

さをり織を作るグループ「グラシアSAORIの会」さんは、震災で被災した野田村の女性が集まり活動されています。

f0238398_15490252.jpg
中へお邪魔してみると・・
色鮮やかなさをり織りがたくさん!

f0238398_09092860.jpg
バッグも素敵ですね~💛

バッグは人気があり、たくさんの注文があるそうですよ。
f0238398_09250852.jpg
ギッコン♪バッタン♪

セットされた縦糸に、好きな色の横糸をシャトルという道具で編んでいきます。
横糸の入れ方によっていろんな柄の出来上がりになるようで、「編んでみないと色の具合もわからないから、常に勉強だね~」とおしゃっていました。

f0238398_10172552.jpg
こちらは縦糸をセッティング中の様子です。
5本の糸をまとめてかけていきますがすごい速さでした。職人技ですね‼


f0238398_10121964.jpg

ひとつひとつの穴に糸を通すのも大変(>_<)

f0238398_09484167.jpg
縦糸の色でだいたいの全体イメージが決まってきますが、横糸の選び方も大事ですね。
糸の柔らかさは、編んだ後でも柔らかいままでした。手作りのあたたかさを感じます。


こちらがグラシアSAORIさんの作品。
f0238398_11304930.jpg
左が、これからの時期に役立つ扇子入れ。(ペンケースにしてもよさそう)
右の小さいのが、胸などにつけると素敵なワインポイントになりそうなピンバッジ

f0238398_11114319.jpg
こちらはコースター。形もかわいいですねemoticon-0152-heart.gif

f0238398_11291427.jpg
こちらは名刺入れいろいろな模様がありました。
お仕事でも使えてとても便利‼こんな名刺入れがあれば出すのが楽しみになりそう・・
f0238398_13235202.jpg
というわけで私も買いましたよemoticon-0136-giggle.gif

f0238398_13225518.jpg
さをり織りといっしょに頑張りますemoticon-0116-evilgrin.gif

f0238398_11123270.jpg
携帯電話が入るショルダーポーチ
今あまり作れていないそうですが、かわいい!


ちょっと見ると同じような柄に見えても一つ一つ違うもので、
作品を見てるだけで楽しくて時間が経つのがあっという間でした。

ストールの巻き方を教えて頂いたり、コーヒーを頂きワイワイお話しをして盛り上ったりと、初めて会った方達でしたがとっても優しくてお友達のように接してくれて、野田村のいい所のひとつだなと思いました。

外は雨が降っていましたが明るい気分になりました♬♬


f0238398_14471371.jpg
村内にある「農家食堂つきや」さんでは、お着物と一緒に素敵に展示販売しています。

f0238398_14490029.jpg
「パッと見て選んでも、身に着けて合わせてみるとまた違う。袋から出してみて、自分に合ったものを選んでほしい」と、ストールなどは袋は開いたまま展示してありました。
f0238398_14482962.jpg

「ご支援やボランティアでお世話になった皆さんに元気を恩返しできたら」という思いで、ひとつひとつ心を込めて手作りしているさをり織り。「グラシアSAORIの会」さんは野田郵便局隣にて現在は4名の方が活動されています。


野田村内では道の駅観光物産館や国民宿舎えぼし荘でも展示販売しておりますので、野田村にいらした際はぜひ作品をご覧ください。

ぜひ、さをり織りを身に着けて明るい気分になりませんかemoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0152-heart.gif


ブログをご覧いただきありがとうございましたemoticon-0111-blush.gif



グラシアSAORIの会 
  〔お問合せ〕TEL:0194-78-2300(狩野)
  〔村内取扱店〕道の駅のだ・観光物産館ぱあぷる、国民宿舎えぼし荘、農家食堂つきや
 
 


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


[PR]
by noda-kanko | 2016-07-07 16:04 | 野田の人びと | Comments(0)

野田村の新町地区災害公営住宅

2016年 03月 18日
先の日曜日に、高台移転先となる城内高台団地「新町(しんまち)」地区
村営災害公営住宅が完成したということで、内覧会へ行ってまいりました!

f0238398_09315700.jpg
じゃじゃーん!
家がたくさんある!!


先月のニュー県道の取材でも書きましたが、
城内高台団地は6ヘクタール74区画。
野田村役場からは徒歩で約13分、海からは約1.6km離れています。

野田村の災害公営住宅は県営と村営あわせて6箇所にあり、ここが最大の54戸となります。



村の災害公営住宅はすべて1戸建てで、A(2DK/55㎡)、B(2LDK/65㎡)、C(3LDK/75㎡)の3タイプに廊下あり/なしと全部で6タイプ
事前に入居申込みをされた皆さんの希望を取り、また場所も基本的には希望を受けて建設されました。
(希望場所がかぶった場合は抽選となりましたけどね~)
f0238398_09352547.jpg
この日は、応急仮設住宅やみなし仮設などで暮らしている皆さんをはじめ
一般の皆さんもたくさん見学に訪れました!
この日は全タイプ(5箇所)見学できます♪ ワクワク♪



建物は木の温もりを感じられるようなデザインの平屋建てで、外には屋外水道や物置も完備。家庭菜園も可能な土も備えたお庭もあり、また自家用車は2台ほど停められそうです。
ちなみに災害公営住宅は市町村で異なったオリジナル設計なんですって。
f0238398_11284517.jpg
玄関には、バリアフリーに配慮してスロープと手すりも設置されています。
また各住戸に縁側が設置されており、入居者と歩行者の日常的な交流を生み出す役割もしてくれそうです。

f0238398_09352576.jpg
ここはLDキッチン+3部屋のCタイプ(廊下あり)
隣接する部屋とは三枚引き戸になっており、広く使えるよう配慮したそうです


部屋はすべて洋室(フローリング)で、それぞれクローゼット付きです。
f0238398_09374871.jpg
Aタイプのキッチン
仮設住宅ではシンクの上にまな板を置いて調理する状態でした






5年間という長い間、応急仮設住宅やみなし仮設で暮らしていた皆さんにとって心待ちにされていた公営住宅の入居。

公営住宅は収入に応じ設定された家賃を払い生活する形で、
新しい家へのお引越しと新しいコミュニティに正直不安もあるけれども
今はやっぱり楽しみが大きいかな!


いよいよ4月1日以降より各世帯でお引越し開始となり、新生活がスタートします!

f0238398_11291262.jpg

-データ-

野田村の災害公営住宅
野田村全体計画戸数:100戸
  • 城内高台団地住宅:54戸(村整備)/H28.4入居予定!
  • 南浜高台団地住宅:6戸(村整備)/H26.8入居済
  • 下安家高台団地住宅:1戸(村整備)/H26.8入居済
  • 本町・旭町住宅:13戸(村整備)/H27.4入居済
  • 門前小路第1団地:8戸(県整備)/H25.4入居済
  • 門前小路第2団地:18戸(県整備)/H26.2入居済

詳しくは災害公営住宅整備事業 - 野田村ホームページをご覧ください。



この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


【関連記事】


[PR]
by noda-kanko | 2016-03-18 11:37 | 村のお便り | Comments(0)

野田村『灯り』を灯そう2016

2016年 03月 14日
天気の良い日が続いています。
今日はタクシーガイドの受入れが1つありました。
県南のツアーに参加したけれど、そこからこちらの方まで足を伸ばしてくれたと聞いて嬉しかったです!


え~・・・・
金曜日から土日もいろいろありましたが、
とりあえず11日の様子です。
f0238398_15260641.jpg
3月11日金曜日、村体育館にて東日本大震災犠牲者追悼式が行われ、震災が発生した午後2時46分に黙とうをささげました。



その夕方、夢灯り「『灯り』を灯そう」(村教育委員会主催)が行われました。
f0238398_15054930.jpg
会場の参道広場では賑やかな子どもたちの声が響いています

f0238398_15063620.jpg
株式会社トモスさまにご支援いただいたキャンドルに、野田小学校のみんなが思い思いに描いたイラストやメッセージの夢灯り約250個が設置されました
f0238398_15135584.jpg
きれいですね

f0238398_15155312.jpg
版画作品の学年もあります

f0238398_15063669.jpg
寒さは厳しいものの幸い風はなく
訪れた子どもたちは、キャンドルの間を走り、跳ねまわり・・・
f0238398_15081551.jpg
「お願い!ストップ!」「いいよー」
(T-T)b


f0238398_15092427.jpg
中には旅行で野田村に宿泊されていて、夢灯りがあると聞いてわざわざ来てくださった方も・・・。どうもありがとうございます。

f0238398_15455469.jpg
祈りと追悼の意味を込めたキャンドルの灯り。
あたたかいキャンドルのひかりと子どもたちの無邪気な笑顔が、みなさんの慰めとなりますように(∵`


寒いなか設置していただいた皆さま、ご支援ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら


[PR]
by noda-kanko | 2016-03-14 15:47 | 村のお便り | Comments(0)

*商店街フォト* 本町通りの皆さん

2016年 02月 25日
今朝もさぶかったですね~~~

商工会のとなりからはカンカンと工事の音が響いています。
そう、今週から大鳥居前の本町地区仮設店舗の解体が始まっているのです!

この用地は緑地公園になります。
f0238398_14335305.jpg
震災からもうすぐ5年・・・・
嵩上げ・土地区画整理事業が完了した本町地区にはどんどん家が建ってきています。
f0238398_13202132.jpg
というわけで今回は
本町地区にある6つの事業所さんにお邪魔しました!o(>▽<)9



まずは国道近くへ移設した本町地区仮設店舗から!
f0238398_11075016.jpg
鮮魚・食料品【小野商店】(小野さん)

f0238398_11075028.jpg
土木設計【福士土木設計事務所】(福士さん)


そして新しい店舗に移った2軒です☆
f0238398_11075073.jpg
床屋【理容白バラ】(北田さん)

f0238398_11075049.jpg
タクシー【トモエタクシー野田営業所】(馬渡さん)


そしてリフォームして頑張っている2軒です!!
f0238398_11075004.jpg
お米・食料品販売【佐幸商店】(佐藤さん)


f0238398_11075022.jpg
呉服店【徳屋】(佐藤さん)


この辺りには平成27年3月に本町・旭町災害公営住宅が、同年7月に岩手銀行野田支店、同年12月にコミュニティ複合施設『ねま~る』が建ち、これからさらに自力再建の住宅が増えることになります!!

ハード面の復興は進んでいる半面で、「村民の生活の復興」はまだ時間がかかりますが、一歩一歩進んでいます。



寒い中取材に応じてくださった皆さん、ありがとうございました(o_ _)o


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-02-25 13:38 | 野田の人びと | Comments(0)

東北お遍路~野田村愛宕神社の大鳥居とイタヤカエデ

2016年 02月 17日
神社・仏閣を訪ねまわり参拝をする巡礼「お遍路」。
お遍路と言えば四国。このあたりではあまりお遍路さんは見かけませんが、震災以来たまに月命日(11日)などにお坊さんたちが鐘を鳴らしながら歩いて拝みにいらしてくれています。


そんな折、先日「とうほくお遍路プロジェクト」というのを知りました。
東日本大震災で被災した青森、岩手、宮城、福島4県の沿岸部に鎮魂の巡礼路53箇所を選定。津波で被災した沿岸部のいまを、多くの人に知ってもらうのが狙いだそうです。


この鎮魂の巡礼ポイント、野田村にも1箇所ありまして
『大鳥居と楓』となっています
f0238398_13571543.jpg
野田中心部のシンボルで、13.4mの高さがある愛宕神社大鳥居

f0238398_15053697.jpg
大人の背丈以上まで津波が押し寄せ
鳥居は2年ほど前に改修工事が行われました



そして愛宕神社の参道広場に立っているのが、この楓の木。
f0238398_16015125.jpg
聞くとこの辺りでは「イタヤ」と呼ばれている木だそうです。
調べると『イタヤカエデ』というのがあるので、それかな?(イタヤカエデにも10以上品種があるそうですが....)
f0238398_14354724.jpg
木のうろにハチが巣を作ってクマが来たとかで、蓋がしてありますね。
ハッ、楓といえば・・メープルシロップ!?


木に詳しい村民Nさん他に聞いたところ「おそらく150年以上は経っているのでは」ということでしたが、ちょっと詳しい樹齢は分かりませんでした。

f0238398_13571586.jpg
昨年の春に撮った写真ですが(右端)、緑の葉を付けていますね~


また村の歴史に詳しい村民Kさんにお尋ねしたところ、
昔このあたりにあったお屋敷の木だと思うが、十年以上前の河川工事の時に切られることになったが、反対運動があり移植することになったそうです。
f0238398_16015159.jpg
昔あの辺に流れてた川縁にあったんだよ~

で何故この木がお遍路ポイントの一つとして挙げられているのかというと
明治29年の明治三陸大津波のとき、野田村にも大変な被害があったわけですが
津波の際、当時10歳だった男の子がこのイタヤの木にすがって助かったと言われているそうなんです。

f0238398_16111709.jpg
木の向こうに見える御山の上に愛宕神社があります

野田村誌によれば、真夜中の激しい地震に続いて襲い来る大津波、
人々は先を争い寺山や愛宕山へ逃げたそうです。
この時、真夜中の愛宕山頂に明かりが点っていて、登り終えた途端に消えてしまったという不思議な話もある――と記載されています。


お遍路ポイントは「1000年先まで語り継ぎたい物語性がある」などの基準に基づき選定されたそうですが、昔から防災のため語り継がれており、聞き取りをした範囲ではこの木のエピソードを知る村民の人も多かったです。

f0238398_14445612.jpg
2011年の東日本大震災では、愛宕神社に上る階段の数段目まで津波が来ました。
商工会の事務局3名も津波に追われこの階段を登ってなんとか難を逃れましたが、
無念にもこの階段を登る前に犠牲になってしまった方々もいらっしゃいました。。。

f0238398_14365258.jpg
『平成大津波到達点』とあります
薄くなった字に5年の歳月を感じますね



楓の木は塩害で弱りながらも、きょうも村を見守っています。


f0238398_15314031.jpg
(写真提供:野田村)

-詳細-

こころの道 東北お遍路プロジェクト
一般社団法人「東北お遍路プロジェクト」(仙台市)によるもので、東日本大震災の津波で被災した沿岸地域に震災慰霊の巡礼ポイントを設け、震災慰霊と震災のストーリーを1000年先まで語り継ぐプロジェクト。
  〔ウェブサイト〕http://cocomichi.jp/


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2016-02-17 15:09 | 村のお便り | Comments(0)

野田村 城内地区高台団地

2015年 06月 26日
こんにちは!最近三陸沿岸道路のトンネル工事の発破音にびびってるハルです。
爆発ってスゴい音ですね(ToT)


さて今日、ちょっと城内地区高台団地の写真を撮りに行ってきました。

野田村では津波で被災した皆さんが高台移転するんですが、その一番大きなところが「城内地区高台団地」(新町)です。



横から見るとこう。
f0238398_15234558.jpg
2013年1月の写真(下写真)と見比べると、ぺたーんとしてますね。標高50mの山はどこへやら・・・
ちなみに左側の上のほうのフェンスは、久慈工業高校です。
※久慈工業だけど野田村にあるのです
f0238398_15592551.jpg
横からでは高台団地がどんなか分かりにくいので、工業高校から撮ろうじゃないかと許可をいただき撮影。


工業高校は高いとこにあるので見晴らしがよい!のんちゃんも見える。
f0238398_16311994.jpg

海も防潮堤も見える!
f0238398_15234563.jpg
そして城内地区高台団地はというと・・・

f0238398_15234513.jpg

ぎょぎょー!

いつのまにこんなになってたの~!!??


3月末に造成工事が完了してから、ときどきガイドでも通って(横から)見てはいたんですけど・・・
まさかこんなに家の建設がはじまってるとは!!ビックリ!!


とにかくドドドド ガガガガ ガンガンガン ピーピーピー トンテンカンテンと工事&建設の音がすごかったです!

(この反対側では三陸道路の建設も行われてますしね...)



ひとつの山がたいらになり、それが宅地になり、一つの町になる。

なんだか人間の力のすごさといいますか、そんなところに驚き帰ってきました。

f0238398_15305127.jpg

-データ-

野田村 城内地区高台団地(新町)
被災した村民の集団移転先として整備を進める城内地区高台団地。事業面積は野田村で最大のおよそ6ヘクタール、74区画。造成工事完了後、平成27年4月から区画の分譲を開始しており、村の災害公営住宅54戸は3月に建設工事に着手、平成28年4月頃より入居できる予定。
「新町(しんまち)」という名称は、名称の募集、新行政区名称検討委員による選考会、居住予定の住民に対するアンケートを経て決定したもので、城内地区高台団地は平成27年4月から新行政区「新町」としてスタートする。


*6/29 本日同じ写真を撮影したので差し替えました


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。
野田村観光協会Facebookページはこちら

[PR]
by noda-kanko | 2015-06-26 16:00 | 村のお便り | Comments(0)

津波堆積物からわかる津波災害の歴史

2015年 03月 20日
もやもや白い世界になっている野田村ですが...
f0238398_15565134.jpg
今日もお勉強してきました!( ̄ロ ̄) ノ


村内なのですが、普段は立ち入れないところに特別に許可を得て入れていただき見学してまいりました。
なんの見学かと言いますと、岩手県立宮古水産高等学校さんが行っている
津波堆積物の研究・標本の作製です。

北海道大学名誉教授の平川理学博士のお話は私には少々難しかったですが、お陰様でガイドに役立ちそうです...!



emoticon-0171-star.gifツナミタイセキブツとは!

津波が運んできた泥・砂・礫(れき)が沿岸にたまっていった砂層のこと。
自然が残した津波の記録です。

f0238398_15281677.jpg
△段丘面の標高は約8 m 、段丘崖の高さは約5 m。一番上が現在なわけですが、一番下は7000年も昔の地層なんですって!

これだけの津波の記録を残している場所はなかなかないそうで、大変貴重なところだそうです。

後世に伝えるためにも、三陸ジオパークのジオサイトに登録され管理されれるといいですねー。
f0238398_15355309.jpg
△ぱっと目をひくのは白い土の層ですが、これは巨大噴火で十和田から飛んできた火山灰(十和田中せりテフラ)だそうで、これが「5400年前」という目安になるのだそうです。

f0238398_15362273.jpg
△茶色の層は海浜由来の砂や小石(礫)
黒い色の層は主に腐食した黒色土壌

もう少し上のほうには西暦869年の大地震「貞観地震」もあります


f0238398_16095361.jpg
△そしてこれは一番上。ちいさな砂利があります。
これは津波で流されてきた十府ケ浦海岸の玉砂利なのでしょうか...



emoticon-0171-star.gif調査して分かったこと!

この野田村の津波堆積物を調査してみたところ・・
7000年の間に13回も津波の地層があったことが分かったそうです。
つまり、だいたい500年に一度は岩手県沿岸に巨大津波が押し寄せていたことになります。


「500年ならもう当分ないな!」と思ったあなた!それは巨大津波の話です。
ここ約100年の間に3回も津波が発生し犠牲者が出ています。
(チリ地震が55年前、昭和三陸大津波が82年前、明治三陸大津波が119年前)


平川理学博士は「ここは北からも南からも来る大変な所。縄文の人も弥生の人も平安時代の人もみんな津波に襲われていて、先人たちはそれと上手に付き合ってきた。14メートルの堤防を作るとかそういうのは、現代の私たちの付き合い方ですね。6300年の中の2011年の津波があるということを知らなくてはならない」とおっしゃっていました。




なお、この地層を記録した標本は沿岸地区の小学校に寄贈するそうです。
「津波の恐ろしさを未来へ伝える碑石のように、この地層を減災教育につなげてほしい」とおっしゃっていました。
三陸の海の恩恵を受け、ともに生きる沿岸の人々だから、この教訓を未来に伝えていきたいですね!


この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

[PR]
by noda-kanko | 2015-03-20 16:07 | 自然・ジオ | Comments(0)

4年目の3・11 祈りを込めて

2015年 03月 12日
今朝も雪がちらちら、寒~い。{{(>_<)}}
それにしても春のドカ雪を期待するわけではありませんが、もう雪は積もらないのでしょうか~。



さて昨日は気温が低く、風が冷たい1日でした。
県と村の合同追悼式には遺族の方々、また岩手県知事をはじめ多くの来賓がご参列されました。

f0238398_09392127.jpg
f0238398_09263883.jpg
f0238398_09284516.jpg
f0238398_10080286.jpg
f0238398_10081747.jpg
f0238398_10085316.jpg
犠牲になった村民28人の名前が読み上げられ、震災が発生した午後2時46分、黙とうをささげました。


小田村長の式辞にもありましたが
野田村では今年度はいよいよ生活再建が本格化することとなり、復旧から復興へと事業がどんどん進んでいますが、穏やかな日常生活を取り戻すにはまだ程遠く、険しい道のりであることは否めません。

ともあれ今日は、「亡くなった方が安らかでありますように」とお祈りしました。




それから会場の入り口では、村内の方による短歌百枚大色紙展がありまして・・・
津波と復興を短歌にした作品、なんと100!!
f0238398_09344246.jpg
f0238398_10045424.jpg
f0238398_09390636.jpg
これを書いたのは村内の岩岡野雲さん。
よくこんなにすらすらと素晴らしい短歌を読めるものですね。。
この短歌の書かれた色紙は会場へおいでいただいた方に進呈されました。




そして夕方からは、教育委員会をはじめとする村の有志の皆さんや、地元小学生の皆さんで「夢灯り」が設置されました。
東京の株式会社トモスさんからご支援していただいたそうです。

いや~子どもたちが走る走る・・・こんなに寒いのになんでそんな元気なの!(゚□゚*)
f0238398_09450941.jpg
f0238398_09453653.jpg
f0238398_10281060.jpg
f0238398_09421116.jpg
f0238398_09421119.jpg
f0238398_09501154.jpg
f0238398_09421148.jpg
きれ~いemoticon-0115-inlove.gif


これまでご支援いただいた、たくさんの方に感謝です!!

この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。


【関連記事】


[PR]
by noda-kanko | 2015-03-12 10:46 | 村のお便り | Comments(0)

2015・3・11 東日本大震災津波岩手県・野田村合同追悼式を開催します

2015年 03月 02日
早いもので震災からもうすぐ4年になります。

3月11日、東日本大震災津波岩手県・野田村合同追悼式を開催いたします。
岩手県と沿岸自治体の合同追悼式は、2012年に陸前高田市、13年に大槌町、14年は山田町で行われました。
当日は東京都千代田区の国立劇場で行われる国主催の追悼式を生中継、地震発生の2時46分に黙とうをささげ、達増知事や小田祐士村長の式辞、献花などを行います。


emoticon-0171-star.gif東日本大震災津波岩手県・野田村合同追悼式

東日本大震災から4年を迎え、犠牲者に哀悼の意を捧げ、野田村の早期復興に向けた誓いを新たにするため、下記のとおり県と合同で追悼式を開催します。

〔日時〕平成27年3月11日(水)午後2時30分開始、概ね午後4時頃終了
〔場所〕野田村体育館(〒028-8201 岩手県九戸郡野田村大字野田20-14-2)
〔対象〕ご遺族のほか、どなたでも参列できます。
〔次第〕政府主催追悼式の放映、黙とう(午後2時46分)、式辞、追悼のことば、献花など
〔形式〕無宗教形式で行います。
〔参列について〕
  • 事前申し込みは不要です。献花用のお花は会場に用意します。
  • 服装は礼服・平服どちらでも結構です。
  • 会場及び周辺の駐車場には限りがありますので、できるだけ乗り合わせや徒歩でのご来場にご協力ください。


※報道関係者の方は野田村役場ホームページより詳細をご確認ください。
http://www.vill.noda.iwate.jp/



その他、予定されているものをお知らせいたします。


emoticon-0171-star.gif大震災津波と復興 ~短歌百枚大色紙展~
3月11日(水)午前9時~/野田村体育館
岩岡野雲氏による色紙展が村体育館で開催されます。


emoticon-0171-star.gif野田村夢灯り
3月11日(水)午後17時~20時頃/場所:愛宕参道広場(※悪天候時は中止
慰霊の祈りと復興の願いを込めて「夢灯り」が予定されています。
小学生の夢や希望を書いた夢灯りを飾ります。
たくさんの方々のご参加をお待ちしております。
f0238398_935478.jpg
昨年の夢あかりのようす

emoticon-0171-star.gifIBC岩手放送ラジオ
震災特集番組「東日本大震災から4年 ~忘れない3.11~」
3月11日(水)午後0時35分~午後4時30分
(斎藤徳美(放送大学岩手学習センター所長)、菊池幸見、奥村奈穂美)
野田村合同追悼式から中継、震災から4年の現状と課題について、沿岸各地からインタビュー、岩手の復興状況、今後の方針など放送予定です。
(私もこっそり出演するかもしれません・・)


emoticon-0171-star.gifニコニコ動画
「ニコニコ生放送」(いわて希望チャンネル)
3月11日(水)14:00~
野田村体育館で行われる「東日本大震災津波岩手県・野田村合同追悼式」の様子を配信予定です。
http://sp.live.nicovideo.jp/gate/lv210971861




この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。

[PR]
by noda-kanko | 2015-03-02 15:59 | 行事・イベント | Comments(0)
※記事の内容は取材当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。最新情報は直接店舗等にご確認ください。


「野田村通信ブログ」は新しいブログへ引っ越しました。【移転先】http://blog.noda-kanko.com/

野田村観光協会のFacebookにアクセス


by 野田村観光協会

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

最新の記事

カテゴリ

タグ

以前の記事

岩手県野田村リンク

外部リンク

記事ランキング

Blog parts

ブログジャンル